「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

サルトリイバラ

2006年04月30日 20時12分00秒 | Weblog

 
いいお天気になりました。やや時折「風邪」が強く吹きました。
鉢植えの洋ラン「セロジネ」に潅水し、戸外に出してやりました。
今日の「ハウスメンテ」は、「雪害」で撓んだ、テレビアンテナの支線を張ることでした。
DIYで、「ターンバックル」と言う金具を買ってきて、支線をカットして、その金具を挟み込んで、ピンと張るまで、回転させるだけです。二ヶ所にそれを行いました。
最近は、毎日のように梯子に登っているので、大分なれてきました。でも、そんな「慣れ」が怖いのですね。

千葉7区の選挙結果をテレビで面白おかしく取り上げているのを見ました。「ジャンケンポン」か「自転車」かということなどでした。どうも「自民・武部」のオリジナル発想」かどうかは分りませんが、道行く大人を捉まえて「ジャンケン」を挑むようなことでは、些か、有権者も「引いて」いたようです。
「自民・武部」は「汚名挽回に意欲を燃やしているようですから、「ラチ」が開かなかった「ジャンケン」から、「拉致問題」の横田早紀江さんを引きずり出すなんて「幼稚」な考えを起さないといいのですがね。
しかし、今回の「横田さん」の活躍は、全国民が賞賛していることは、間違いないところでしょう。
ただ、「北朝鮮」の暗黒政府としてみれば、米大統領まで動かした「横田さん」をある意味では、憎い存在となったことには間違いないようで、一部関係者には、よほど注意することが肝心です。

「同期生」の友人の娘さんから「メール」を戴きました。偶然パソコンで「同期のHPを見つけられたようで、その同期生は平成12年に他界され、「父がネットに乗っている」と感激のメッセージでした。
こんな時、「ホームページ」を開いていてよかったと、感激します。

今日の写真は、裏山の雑木の中に蕾をつけていた。「サンキライズ」(サルトリイバラ)です。
松山地方では、この葉で、「柏餅」を包みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大任を果たした横田さん

2006年04月29日 17時42分19秒 | Weblog

 
午後3時頃「雷鳴」が轟き、しばらくして「雨」になりました。
今年は、未だ「薪ストーブ」も活躍しています。
「薄ら寒い」気温です。
土手も「雑草」が茂り始めたので、少しずつ抜いてやらねばなりません。
「スイカズラ」や蔦が伸びて、厄介です。

「拉致問題」の横田早紀江さんがアメリカ大統領と、会見し、堂々たる態度で、「ブッシュさん」も、今後の対北朝鮮への態度にも、変化をもたらすことを約束したようです。
大変な成果ですね。

「村上ファンド」が、阪神と阪急の合体を模索しているようですね。
関西の電鉄の両雄が、再編成されることになると、大きな変化となるでしょう。

「春遍路」の人たちが、歩いて峠を下ってきます。
そういえば、「民主党」の元菅代表も、年金の問題で、「頭を丸めて」遍路されました、ところが同じ状況だった「小泉首相」は、責任のひとかけらも感じずに、就任記録を伸ばしていますね。

今日の写真は、庭には、ほとんどが「紫色」の花々ですが、「黄色」の「プリムラ」も咲き始めました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「母は強し」

2006年04月28日 20時19分25秒 | Weblog

黄砂」の影響も幾分和らいできたのか、最近にない見通しのいいお天気になりました。
今日も「ハウスメンテ」をしました。
夕方は、散歩に出かけました。
風も穏やかでいい気分でした。

「堀江被告」の保釈に、報道陣が群がりましたね。
すっかり「ダイエット」が進んで、入所時より若く見えました。

「拉致問題」の横田早紀江さんがアメリカの下院で、スピーチ、大活躍ですね。
また、「大統領」とも会見するようですから、可成の運動前進になることは間違いないでしょう。
はたして、「北朝鮮」がどのような反応を示すかが、今後の課題です。

今は野山を散策するにも丁度いい季節です。
道辺には、色とりどりの草花が咲き乱れています。
食卓で彩りを添えてくれる「旬」の物、食欲をそそるようです。


今日の写真は、散歩道にもう「タンポポ」が穂綿を広げていました。
「キビタキ」が渡ってきて、家のすぐそばで、囀り続けています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「環境汚染」

2006年04月27日 19時15分41秒 | Weblog

昨日とは打って変わった「晴天」になりました。
夕べは、「雨」も降っていましたが、朝からいいお天気でした、でも「黄砂」があり、抜けるような青空とはいきません。

いよいよ、「ホリエモン」が保釈になるようです、「保釈金」3億円は、既に支払い済みとか、イヤーあるところにはあるものですね。ポンと払うことが出来るのはたいしたものです。
しかし、株主の訴訟が待っているのですから、万一、敗訴でもすると、その賠償金は、桁が違うことになるでしょうね。

「姉歯建築士」が東京地検に書類送還、拘置所入りですね。心情的には、世間から同情視されてはいますが、罪は罪、潔く全てを供述し、腐りきった「建築業界」の裏を暴露してもらいたいものです。

広島県三原市で起こった「山陽自動車道」での、交通事故による「タンクローリー」からの有害化学物質の塩化第二鉄液は、川を赤く染めてまるで「恐怖映画」のようでした。
「チェルノブイリ原発」の爆発から20年、大気は未だに汚染物質が満ち溢れているようです、こんな環境汚染問題は、「BSEの米牛肉問題」と同様に、注視し、今後の地球を真剣に考えないと、地球滅亡と言うとんでもない結末になってしまいそうです。

今日の写真は、我が家の「スズラン」の花芽が伸び始めてきました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【尼崎事故】から一年。

2006年04月26日 17時49分57秒 | Weblog

午後3時頃から、「雨」になりました。

朝から雲っていたので、「車庫」の屋根の補修をしました。あちらこちらに穴が開き、とうとう4箇所に「パッチ」を施す姿となりました。「補修作業にも、慣れて作業は順調でした。

そういえば、「JR尼崎、列車転覆事故」から昨日が丁度一年目でしたね。
相次ぐ「交通機関」の事故でも、列車事故としては、記録的な犠牲者がでました。
本当にお気の毒です。合掌。

「姉歯建築士」と「イーホームズ」に端を発した「耐震偽造事件」も今日、関係者8人が逮捕されました。
いずれもが「責任逃れの自己弁護」、果たして事件の全貌が解明されるのでしょうか?
まだまだ「偽造の核心」には、程遠い「別権」での逮捕ですから、これからが事件の本質に迫っていくことになるのでしょう。

日本の、「米基地移転」に億2千万円ということでした。
ところがこれだけではすまないようです。
アメリカが明らかにしているようですが、今年度の予算では、米軍の日本の基地にかかる予算は、3兆円ということです。
「国内の安全料」にしては高すぎますね。
これ以外に、「防衛庁」の経費がプラスされると、日本の国防費は、膨大なものとなります。
今、しっかりと勉強して、増大する「自衛隊」について「知る」事からはじめなければなりません。

愛媛県警から、提出された資料、ほとんどが「黒く塗りつぶされた」まるで、「怪文書」のようです。「仙波さん」の裁判に証拠として提出されたようです。
こんなわけのワカラナイ証拠で、新装が解明されることは無理でしょう。
それよりも、「ウィニー」で流失した「情報」の方が信頼が置けるという皮肉な事態がでているようです。

今日の写真は、お昼ごろ、近くの山で見つけた「いたどり」と「蕨」です。
未だ出始めたばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次期総裁レースの行方。

2006年04月25日 19時19分10秒 | Weblog

今日も、朝から「黄砂」が舞い、すっきりとした「青空」と言うわけには行きませんでした。
でも、気温も和らいで、過ごしやすさは、いい感じでした。
友だちが松山から、「久万カントリー」で、「コンペ」があるので、「旬の筍」を届けてくれるということで、ゴルフクラブまでいきました。樹木の芽吹きと、「ツツジ」の花盛りは見事でした。
その足で、「父二峰の診療所」に行き、薬の受け取りと所長との「きのこ談義」をして、「内子のからり」と「大洲」まで出かけました。
山々の「ツツジ」も今が盛りでした。

日本の、「米基地移転」に六億七千万円と昨日書いたのですが、新聞によると7億2千万円ということでした。
「立ち退き料」にしては高すぎますね。
では、米軍は、基地の使用料を日本に支払っていたのでしょうか?
もし、月々の使用料を払っていたのなら、「不動産賃貸」から言うと、何がしかを払うことも仕方がないのでしょう。
しかし、未だかつて、「基地の使用料」を日本に払っていたとは聞きません。
どうも、国民感情としては、膨大な経費支出が、どのような義理立てでしなければならないのか、政府は、いつこうに説明しようとしないのは、なぜでしょう。

千葉7区の補欠選挙の結果は、ポスト小泉レースに微妙な影響を与えそうです。
「安倍官房長官」も、小泉路線の踏襲ばかりでは、危機的状況となってきたようです。
勿論、ご本人は、「総裁選」に出るとは言っておらないようです。本人がしゃべっていましたね。

今日の写真は、「内子のからり」の川淵に植わっていた大木の「桐」です。
薄藤色の大輪の「花」が咲いていました。
吊橋の欄干越しに撮影しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「芝桜」です。

2006年04月24日 17時58分36秒 | Weblog

今日は、晴れるのは晴れたのですが、「黄砂と花粉」混合で、ぼんやりと近くの山々もぼやけて見えました。

「薪ストーブ」の煙の抜けがよくないので、「煙突掃除」をしました。
直径15センチくらいの煙突ですが、90度に曲がるジョイント部分が、ススで、4cmくらいの煙の通り道しかありませんでした。
「ススだらけ」になって、綺麗に掃除ができました。
汚れたついでに「車庫」の波板の押さえピンを交換しました。おっとり刀で、屋根に登りました。ほぼ直すことができましたが、もう少し手直ししなければならない箇所もありました。

「千葉7区」の補欠選挙で、「民主党」が僅差で勝ちましたね。
自民「武部幹事長」は、鎮痛な面持ちで、会見していた姿は、哀れでした。
「小沢代表」の選挙戦術なのか、自民公明も、手痛い一敗。
今後の政局にも影響が出そうですね。「小泉首相」も、最後の勝負に敗退しての引退は、「小泉チルドレン」も、安閑とはしておられなくなりましたね。

日本の財政は逼迫しているというのに、「米基地移転」に六千七億円もの出費をするという、なんとも気前のいい事をやってくれますね。
これも、国民の「血税」が使われるのですよ。


今日の写真は、我が家の土手に植えている「芝桜」です。綺麗に咲いてくれています。
今の時期、一斉に咲き出す花々は、心を豊にしてくれますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「たらの芽」の天婦羅。

2006年04月23日 20時03分38秒 | Weblog

今日も、朝は「霧」が発生し視界は100メートルくらいでした。
午後3時過ぎやっと太陽が顔を覗かせました。

庭の狭い花壇には、「青や紫」の花に交じって、黄色の花も咲き始めました。

「竹島」の「海洋調査」を巡っての「日韓」の深刻的な混乱は、一先ず、先送りされたようです。根本的な解決は、全く「日韓」相譲ることは、当分ないことでしょう。

今日、今年初めての「たらの芽」を捕りテンプラにして、「旬を食す」と言う感じでした。
この写真で見えている「車庫」の屋根の押さえ器具が「除雪作業」で、破壊し、台風でも来ると大変なので、部品を買い込み補習しました。端の手の届く範囲はいいのですが、屋根に乗らなければいけない場所は、果たしてどうしたものかと悩んでいます。
明日は、足場を組んでやってみようと思っています。

そんな矢先、新居浜市で63歳の男性が、屋根のペンキ塗りをしていて、転落し、亡くなられるという報道がありました。
どうも、「雪下ろし」などの転落事故も多発した冬でした。

安全第一で、体を動かすようにしましょう。

今日の写真は、我が家の土手に植えている「花桃」ですが、蕾からここで登場しているのですが、もう「満開」です。

この「花桃」の右に「カイドウ」が蕾をつけています。
こちらは後一週間もすると花盛りとなることでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「真の謝罪」は「犯さない」事。

2006年04月22日 20時13分01秒 | Weblog

今日も、低気圧の寒冷前線の関係で、「冷たい雨」が日中ずーと降っていました。

矢張り、「日韓関係」は、「竹島」の「海洋調査」を巡って、会談は、平行線のままです。

岐阜県中津川市で、女子中学生を殺害と言うニュースが飛び込んできましたね。
殺害した容疑で逮捕された高校1年の少年(15)は、涙を流して反省しているということです。
普段は大人しく、明るい性格の生徒だということですが、この種の事件では、周囲の人たちがインタビューに答える「決まり文句」のようです。

犯行後、「謝罪」をするというパターンは、現代の常識のように、大人が、しかも社会的地位のあるひとたちが、テレビで「謝罪」する姿を見続けていると、子供たちも「ああして、謝罪すれば、いいんだ」とばかりに思うやもしれませんね。
形だけの謝罪の前に、「己に恥じない」自己管理が出来てこそ、一人前の人間であろう。
自分の罪の意識が欠如し、「責任を他人に押し付け、自己保身に終始する」そんな姿を、上げれば霧のないくらい日常的になってしまっている。

どうも、こんな世相を背景としているのか、「春」は未だ遠いと言う感じがしてなりません。

今日の写真は、我が家の前の草叢で見た「キビタキ」です。とっさのことで、カメラを構えましたが、デジタルズームでしたので「ピンボケ」しました。美しい声で、林に響く「囀り」は、一流です。
お店できるような写真ではありませんが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「竹島問題」

2006年04月21日 19時39分48秒 | Weblog

今日も、低気圧の寒冷前線の関係で、「冷たい風」が吹きました。未だ本格的な春らしさは遠いようです。もう四月も下旬と言う今でさえ・・・。

矢張り、「日韓関係」は、「竹島」の「海洋調査」を巡って、かつて無いほど険悪な状況になってきました。外務政務次官が、急遽、韓国入りし、会談を重ねているようです。
「領有権問題」とはいえ、「漁業権」が絡んでいるのですから、関係力国ともに、ゆずることの出来ない根深い問題ですね。
かつて、「李ライン」として、韓国が領土権を主張しているのですが、そのことは、既に「撤回」されているのですね。

「拉致問題」で、アメリカの下院公聴会に、「横田めぐみさんの母親」が出席するそうです。
この際、アメリカの世論を喚起し、共同歩調が取れるといいですね。

どうなることでしょう、「原油価格」は、日ごとに新高値を更新しているようです。
厳しい世の中になってきました。
そして、追い討ちをかけるように「増税」がウワサされるようになりました、国民の生活はどういう方向に進むのでしょう。

「格差社会」は、確実に広がっています。「勝ち組」と「負け組」なんて嫌な言葉も平然と「国会」で語られるようになりました。
「負け組」も結構ですが、あくまでも、「法の平等」は、堅持してもらわねば話しになりませんね。

今日の写真は、我が家の前の草叢で発見した「アミガサダケ」でしょう。最近は、国内でも「トリュフ」が見つかっているようですね。一株で20万円もの買い手があったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加