「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

ここまできた、「カンニング」。

2011年02月28日 15時44分25秒 | 社会


【今日の写真】 いよいよ、今日で「如月」も終り明日からは「弥生三月」となります。
「蝋梅」です。老舗の和菓子屋さんの店頭の鉢植え3枚目です。


今日は、昨夜来の雨がしっかり降り続け、午後3時頃にはやっと「雨」が上がってきました。
「体調」は今日も、右腕の痺れを感じ、「神経痛」はちくちく、と言うか「ぴりぴり」と言うか痛みは続いています。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が26、27両日に実施した合同世論調査で、菅直人内閣の支持率は18・7%と、前回(12、13両日実施、産経新聞社調査)から2ポイント下がり、過去最低を更新した。20%を割ったのは、政権発足後初めて。不支持率は66・7%で3・8ポイント上昇した。
 平成23年度予算案や予算関連法案が年度内に成立しない場合、45・2%が衆院の解散を、24・2%が退陣を求めた。引き続き政権運営にあたるべきとの回答は26・2%だった。また、予算成立のために野党案を取り入れるよう求める意見は80・9%に達した。
 ♪どうにも止まらない、と歌の文句ではないが、「菅政権」の支持率も止まる所を知らない奈落の底のようですね。国民は、手かせ足かせの「菅政権」をじっと見ているようです。

【カイロ大前仁】閣僚や外交官の離脱が相次ぐリビアで、最高指導者カダフィ大佐(68)の愛人とみられる女性も国外脱出することが判明した。AP通信などが報じた。追い詰められた状態のカダフィ氏は「最愛の女性」にも見限られた模様だ。
 女性はウクライナの看護師ハリーナ・コロトニツカさん(38)。9年前からリビアの病院で勤務していたところをカダフィ氏に見初められ、専属の看護師となり、常に帯同しているという。内部告発サイト「ウィキリークス」が暴露した米外交公電は、2人が愛人関係の可能性があると分析していた。
 最愛のま女にも国外逃亡されたカダフィ、とうとう時間の問題になってしまったようですね。

京都大の入試(2次試験)の試験時間中に、数学(文系)と英語の問題がインターネット上の質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿された問題で、京大が不正防止策を強化するため、来年度の入試から、携帯電話の試験会場への持ち込みを全面禁止する方向で検討に入ったことが28日、わかった。一方、高木義明文部科学相は同日、同志社や立教、早稲田の各大学でも入試に関する同様の投稿が確認されたことを踏まえ、3月に控える国公立大2次試験の中後期日程から、携帯電話の持ち込み禁止を検討する方針を明らかにした。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

先が見えてきたカダフィ。

2011年02月27日 15時34分14秒 | 社会


 【今日の写真】 いよいよ、可憐な野の草花が活動を始めました。「オオイヌノフグリ」です。ブルーの淡い色が魅力ですね。そういえば、今朝、外で「初音」を聞くことができました。もう立派に「ホーホケキョ」と囀っていました。

今日も、「春霞」の懸かったような空です、散歩に出かけると、雪害で折れた生木がたくさん見受けられました。そして、山からの「雪解け水」がごうごうと音を立てて流れていました。

「体調」はまだ本調子とはいえない状況です。まあ、一期に良くなるという「病」ではないので、適当にお付き合いしていくほかはないようです。

リビア前法相が暫定政府樹立へ、「カダフィ離反」促す、との報道ですね。それによると、
[ラバト 26日 ロイター] リビアのクリナ紙電子版は26日、カダフィ政権による反政府デモ弾圧に反対して辞任したアブドルジャリル前司法書記(法相)が、同国東部で暫定政府の樹立に着手したと伝えた。
外交筋によると、今回の騒乱による死者は約2000人に上るとみられるが、アブドルジャリル氏はクリナ紙に対し、その責任は最高指導者カダフィ大佐のみにあると明言。大佐の出身部族であるカダドゥファ族の責任は問わない考えを示し、カダフィ政権からの離反を促した。
 いよいよ、行き着く先がみえてきたようですね。

なんともここまできましたか? 
25、26日に行われた入試問題の一部が、試験時間中にインターネットの掲示板に正解を求める書き込みとともに投稿された、京大では、試験会場への携帯電話の持ち込みを禁じてはいないが、試験中は電源を切るよう指示している。

 試験中の使用を見つけた場合は、不正行為とみなすことがあると受験生に周知している。会場には最低2人の監視員を配置しているが、今回の試験で携帯電話の使用を注意されたケースはなかったという。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

「リビア・カダフィーの狂気」

2011年02月26日 14時50分45秒 | 政治に物申す


 【今日の写真】 「サザンカ」です。昨日の「蝋梅」と同じ場所の町内の和菓子屋さんの店頭に鉢植えで咲いていました。

今日は暖かさも「春本番」を思わせる陽気です。何ヶ月ぶりかで「車」を洗ってやりました。ここ「雪国」では国道などに撒く「融雪剤」の関係で、車が塩分でねっとりと粘着性を持って、汚れがなかなか落ちません。

 国民に信頼される「総理」は、先ずは「ぶれない」ことですね。「マニフェスト」と言うことに、こだわり続け「時の流れ」を無視した政治は、これもある意味国民に迷惑な話です。
 しかし、「朝令暮改」では、これまた、国民を惑わせる何ものでもない「愚策」と言われるでしょう。
 「菅政権」は、ある意味で「存続」を賭けた危機的状況といわざるをえませんね。「支持率」然り、「党内の不協和音」然り、「沖縄基地問題」も然り、「予算案の先行き」然り、ハードルの高い障害物が行くてを遮っているようです。

「混迷と言えば・・・。」
「リビア情勢」も同じですね。
【ニューヨーク=柳沢亨之】リビア情勢を巡る25日の国連安全保障理事会で、カダフィ氏に忠誠を誓い続けていた同国のシャルガム国連大使が突然、カダフィ氏への非難演説を行って決別を宣言した。
 シャルガム大使は、カダフィ氏の高校時代からの友人で、同国国連代表部の部下全員が21日に決めた政権からの離反を拒否。だが25日の会合では、カダフィ氏をヒトラーやポル・ポトなど過去の独裁者にたとえ、「カダフィよ、お前のどんな残虐行為にも我が国民は屈しない。国連よ、迅速な決議でリビアを救ってほしい」と涙交じりに訴えた。各国大使は相次いで大使に近寄り、抱擁を交わした。

「NZ」の大地震は、日本人の消息不明者が28名と言うことのようです。早く救出できるといいのですが相変わらず「余震」で作業が中断するようですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

関東は「春一番」。

2011年02月25日 15時14分36秒 | 社会


 【今日の写真】 「蝋梅」です。町内の和菓子屋さんの前に鉢植えで咲いていました。久万高原町もいよいよ、「春」の到来のようです。
 気象庁は25日、関東地方に「春一番」が吹いたと発表した。昨年も同じ日に吹いた。
 同庁によると、この日は大陸からの移動性高気圧が張り出し、オホーツク海沖の低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んだため、関東地方で強い南風が吹いた。各地の最大瞬間風速は、午前11時までに東京で13.6メートル▽千葉17メートル▽横浜18.3メートル。
ここ久万高原町でも、かなり強い風が吹いて、杉の枯れ枝が散乱しました。



【カイロ時事】リビア政府部隊と反政府勢力は首都トリポリに近い複数の町で25日までに激しい戦闘を展開、首都攻防戦に突入する恐れも出てきた。最高指導者カダフィ大佐の配下には、軍をはじめ複数の武装組織があるが、大佐への忠誠度が高いのは政府機関の支配中枢である「革命委員会」に所属する民兵と、アフリカ人の雇い兵とされる。
 革命委所属の民兵は精強といわれ、カダフィ氏の五男ハンニバル氏が率いる部隊もある。AFP通信によれば、民兵部隊はトリポリの病院に侵入し、反政府デモ隊の負傷者を集団処刑したと伝えられている。首都の西約50キロのザウィヤで24日起きた戦闘では、反体制派が立てこもるモスク(イスラム教礼拝所)を重火器で攻撃するなど、過激な行動を取っている。
 反政府派への容赦ない弾圧に加わったのが、チャドやニジェール出身者らからなるアフリカ人雇い兵だ。デモ隊に無差別に銃撃を加えたほか、病院に乱入し、負傷したデモ参加者を射殺した疑いも持たれている。 

「ニュージーランド」の大地震は、発生から、生存の限界と言われる72時間が経過して、いまなお、捜索活動が続けられている。一刻を争う救助活動は「余震」妨げられなかなか進んでいないということのようです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

「カダフィー大佐」のあがき。

2011年02月24日 15時36分09秒 | 社会


 【今日の写真】 昨日、庭で撮影した「クリスマスローズ」の新芽です。雪の下でも、しっかりと活動していたのですね。次第に大きく展開して花を点けてくれることでしょう。

今日は、担当ドクターの診察日でしたので、「診療所」にでかけました。
受診目的は「帯状疱疹後神経痛」の改善でした。
ドクターは「想定内のことですが、やはりでましたか」と言うことでした。一回目の「鎮痛剤」が比較的効力の低い薬でしたから、今回は少し高めの薬に交換しましょうと、新薬を出していただきました。
 「帯状疱疹」そのものの経過は順調ですとのことでした。
ただ、「神経痛」の痛みは、なかなかきついもので、最終手段としては「ペイン対処」で神経ブロックという方法もあります。とのことでした。

「ニュージーランド」の大地震は、多くの犠牲者が新たに発見されているようです。日本人の若い語学留学生も、まだ消息がつかめないようです。
そして、その捜索を妨げているのが「余震」ですね。何十回と繰り返す「余震」では、捜索活動も進まないでしょう。

「カダフィー」の独善は、他国から集めた「傭兵」がその独裁者の命令で国民を無差別に「殺戮」しているようです。「カダフィー大佐」は、己の最後のあがきを国民を道連れにしようとしているとしか思えないですね。

「民主党の内紛」は、遂に例の「松木謙公農林政務次官」の辞職と言う形がでました。この「松木某」は「小沢一郎」の一の子分という立場ですね。党内でも「勝手にやめればいい」と、比較的冷ややかな目で見られているようです。 さーて、これから先はどう展開するのでしょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

「ニュージーランド地震」

2011年02月23日 15時53分20秒 | 社会


 【今日の写真】 昨日、庭にでていたら、近くのクヌギの枝で「シジュウカラ」が縄張り宣言か「恋歌」か、囀っていました。
いよいよ、「春」らしい野鳥の活動開始でした。


昨日の「ニュージーランド」の大地震は、未だにライフラインが途切れていて、情報も正確には伝わってこないようですが、大きな犠牲が出ているようです。わが国からも多くの若者たちや駐在者も多く、犠牲者も出ているようで、お気の毒です。

政府は23日午後1時40分、国際緊急援助隊67人を政府専用機で現地に向け出発させる。クライストチャーチには24日午前0時過ぎ(日本時間)に到着予定。菅直人首相は23日午前の衆院予算委で「まずは邦人の救出に全力を挙げる」と述べた。(産経新聞)

「リビア」の「カダフィー大佐」は、その地位を死守しているようですね。やがて大きな「民主化」の波は、「カダフィーを飲み込んでしまうことでしょうが、「ムバラク」といい、最後まであがく姿勢は
、日本の「元民主党代表・小沢氏」とも共通なのですね。

皇太子さまは23日に51歳の誕生日を迎え、これに先立って記者会見された。
 この1年を振り返る質問では、若者の就職難に「心が痛みます」とした上で海外留学の減少などに触れ、「若い世代に『内向き志向』が強まっていることも心配です」「外から日本を眺めることも大切」などと語られた。またタイガーマスクの主人公らを名乗る善意のプレゼントが広がったことを心温まるニュースに挙げられた。高齢になられた天皇、皇后両陛下を案じ、「皇太子としてお助けしなければならない」としつつ、公務のあり方の検討は「天皇陛下のお気持ちに沿って進めるべき」と述べられた。(読売新聞)



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

独裁者の末路。

2011年02月22日 14時48分25秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 昨日触れたとおもいますが、散歩の帰り道ご近所に咲いていた「タンポポ」です。やっと「春」らしい色彩を見ることができました。
しかし、今朝は「放射冷却」でまた冷たい朝を向かえました。日が昇ってやっとまた暖かさがもどりました。



「中東の狂犬」と言われた「リビア」の「カダフィー大佐」も40年間の驕った独裁政権が、倒れつつありますね。反米と反イスラムを掲げて、その傍若無人の行動は、取り付く島の無いやり口でした。
 それだけにいしたげられた国民の怒りは、「民主化」の波に触発されたということでしょう。
 その「中東」に「民主化」が沸々とわきあがりやがて「中国」にも伝播し始めたようです。
「報道によると」 
反政府デモが続くリビアで中国企業が相次いで襲撃を受けている。中国網は22日、リビア東部で住宅建設を行う中国企業の建設現場が襲われ、他の大手企業でも襲撃事件があったと報じた。今のところ死傷者は出ていないという。
 記事によると、リビア東部の都市アジュダビーヤーで現地時間20日午後6時ごろ、浙江省寧波市の華豊公司が手がける住宅建設現場が銃を持った現地の暴徒に襲われた。従業員約1000人はパソコンなど荷物を奪われ、現場から追い出されたが、今のところ死傷者は出ていない。従業員は徒歩で数百キロ離れた首都トリポリに向かおうとしており、リビアの中国大使館に帰国を希望しているという。

いまや世界に渦巻く「民主化」の波。そもそもの発端は、言論統制されていた国に漏れだした。「FaceBook」とツイッターというから、世界は「IT時代に突入」し、国の動性を担うこととなってきているということです。「中国と北朝鮮」いずれそれらが国民のターゲットとなり、「民主化」されていくことに繋がるのでしょうかね。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

菅政権の迷走。

2011年02月21日 15時35分59秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 「春」らしきお天気が来ました。庭の片隅に、「蕗の薹」の頭を見つけました。春の到来を告げるように、おまけに先ほど散歩の帰り道で「タンポポ」鮮やかな黄色もみつけました。

「中東」に津波のように広がる「民主化」のざわめき、それがとうとう「中国」にも伝播し始めたようです。上海での動きはまだ芽生えたばかりでしょう、しかし、当局は、徹底的に弾圧をし、「情報源」を遮断し、その対策を講じているようです。しかし、この種の「活動」は、弾圧したり、言論統制したりすると、益々その勢いが強くなる傾向にあります。
「報道によると」 
北アフリカ・リビアの反政府デモは20日夜、首都トリポリに波及し、数千人のデモ隊が最高指導者カダフィ大佐の支持勢力と衝突した。治安当局が実力で鎮圧を図るリビアのデモはこれまで、もともと反政府感情の強い同国東部などに限られていたが、首都に飛び火したことで情勢のさらなる激化は必至だ。一方、デモの中心地となった第2の都市ベンガジは同日、一部兵士がデモに加担し、反政府側の手に落ちた模様だ。
との報道のように、武力で鎮圧すると、逆効果という側面があるのでしょう。

鹿児島・阿久根市で20日、市議会の解散の賛否を問う住民投票が行われた。
 この結果、議会解散の「リコール」が成立したと言うことです。またまた、混迷が続きそうです。

「民主党政権の菅内閣」の支持率がまた大幅ダウンということです、遂に20パーセントを割ったと言う調査さえ出ています。
 もう国民は、「何も決められない内閣」と言う印象を「小沢処理」で印象付けられたようです。
内部の造反もまたそれに拍車をかけたようです。
 ここは、しっかりと世論の動向を見据えて間違いの無い舵取りをしなければなりません。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

党内雪解けはまだまだ先。

2011年02月20日 15時04分52秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 午後2時頃「製材所」からお電話があり、「今から薪を持っていきます」とのことでした。しばらくすると10トン車が来て、お隣さんの敷地からダンプで荷降ろししてもらいました。ここ一週間くらいは、細々と節約しながら焚いていましたので、なんだか急に「財産」が増えたような気分です。

「中東」の「独裁者支配国」が次々と反政府デモや「王制打倒」の活動が日に日に盛んになってきています。

鹿児島・阿久根市で20日、市議会の解散の賛否を問う住民投票が行われている。
 この住民投票は失職した竹原信一前市長を支持する市民グループが請求したもので、市内21か所の投票所には朝早くから市民が投票に訪れている。20日午前11時現在の投票率は24.71%と、竹原前市長の解職を決めた住民投票の時に比べて4.28ポイント低くなっている。投票は一部を除いて午後7時まで行われ、午後8時10分から開票される。
この問題は、当愛媛県にも関係する問題です。元「県警の不正経理を内部告発した仙波さん」が副市長として出向いているからです。

「民主党」も、ぎしぎしときしむ音が聞えてくるようです。
なんですか「樽床議員」は、全く節操も何もないと言う人物だったのでしょうか?
股座膏薬のようにあっちにべったりこっちにぺったり、権力と言う味が忘れられないのか、いい加減にしろと言いたいですね。
「鳩山の前総理」も、もう論評する価値さえないという御仁ですね。「Twitter」では、「皆さんのご意見をお聞かせください」なんて殊勝らしいことを書き込んでいますが、もう、誰も相手にはしないでしょう。お気の毒です。「鳩山さん、あんたはしばらく黙っていなさい」と言いたいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント

「新燃岳」の爆発噴火。

2011年02月19日 15時25分23秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 写真になるような被写体を探してぐるっと近所を歩いてきました。何もありません。仕方なく先日まで雪をすっぽかぶっていたお地蔵さんを撮ってきました。陽の光も「雨水」が今日ですので、やや春めいたという感じがします。

昨日はまた「新燃岳」が爆発的噴火をしましたね。「報道」によると・・・・。
噴火が続く霧島連山・新燃岳で、18日午後6時16分、爆発的噴火がまた起こった。
鹿児島地方気象台によると、黒っぽい噴煙は、火口上3,000メートルまで上がり、およそ8km離れた霧島市に待機していたFNNスタッフも、「ゴー」という地鳴りのような音を感じたという。

それかあらぬか、「民主党」も、大噴火前夜と言う感じがし始めました。
全く国家の難事を弁えぬ「政治家」として恥ずべき行動と言わざるをえません。16名は政治家としての資質に大きな問題があるようです。
今こそ「ITの力」を発揮して、16名を徹底的に追求する姿勢を持たないといけないとおもいます。
「鳩山の前総理」も、情けないと思います。もっと筋を通したお方と思っていたのですが、「菅内閣」を無能呼ばわりするほど、あなたは何かをやったのでしょうかね。

【NNN報道】
中東各国で反政府デモが激化している。バーレーンでは治安部隊がデモ隊に向けて発砲した。また、クウェートやジブチでも新たに反政府デモが起きた。
 バーレーンで18日、首都・マナマ中心部の広場に集まっていたデモ隊に向けて治安部隊が発砲、60人以上がケガをした。また、イエメンでも首都・サヌアなどでデモ隊と治安部隊などの衝突が相次ぎ、18日だけで5人が死亡したという。
次第に広がっている「独裁政権」の各国、本当の「民主化」まで到達できる国がいくつあるのでしょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ



コメント