「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

国民栄誉賞。

2018年03月02日 14時34分12秒 | 五輪


【今日の写真】 
今日の写真は、「セロジネ」三日連続の登場です。
ついにここまで開花した「洋ラン・セロジネ クリスタータ」です。
一昨日、一番花を発信したのですが、もうこんなに、先を争っているように一斉に花開きました。
ご覧戴く皆様からもお褒めのコメントをいただいています。「セロジネ冥利」に尽きるところです。これから4月終わりころまで咲いててくれるのもありがたいです。


【身近な話題と体調】
 今日は、爽やかな青空です。少し風はあります。西側の竹藪から時折風に吹かれる竹同士がこすれあって、猫のうなり声のように聞こえて来ます。外に出ても寒さは感じません。
 本日のコンディションは、体重が76.8(+100g)、体脂肪は25.0(+0.7P)です。



【羽生選手】テレ朝 news3/2(金) 6:50配信
『羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ スケート界で初』
 政府は、平昌(ピョンチャン)オリンピックのフィギュアスケートで金メダルに輝いた羽生結弦選手に対し、国民栄誉賞を授与する方向で最終調整に入りました。

羽生選手は前回のソチオリンピックに続き、2大会連続で金メダルを獲得という偉業を達成しました。国民栄誉賞が授与されればスケート界では初めてとなり、個人としては最年少での受賞となります。


【私見】*先ず、異論のないところでしょう。けがが完全に治っていない状態での五輪優勝金メダルですから、だれもまねのできない偉業ですね。先日は、将棋の「羽生さん」今度はスケートの「羽生さん」何かしら因縁を感じますね。


コメント

冬季五輪に華。

2018年02月25日 15時07分29秒 | 五輪


【今日の写真】 
今日の写真は、我が家で雪に埋もれた二週間、やっとそれも融けて、目(芽)を覚ました「沈丁花」です。まだ背景に残雪が映り込んでいます。やっと遅い「春の風」のここ久万高原です。


【身近な話題と体調】
 今日は、凍結するといけないので使っていなかった水道蛇口が水漏れしていると、家内からの声でした。もう23年も過ぎると、「ハウスメンテ」があちらこちらと出てきます。蛇口の「コマ」をDIYへ行き買ってきて取り替えしました。
今、このコメントを入力している途中に、大音響とともに屋根の樋で固まった氷が雪とともに落下しました。これで二度目で、もう一回分くらい残っています。
 本日のコンディションは、体重が76.4(-100g)、体脂肪は26.3(+0.4P)です。


【カーリング女子】2/25(日) 12:37 デイリースポーツ配信
『カー娘、万感メダルセレモニー「首がこりそうなぐらい重い」』
カー娘、万感メダルセレモニー「首がこりそうなぐらい重い」
銅メダルで五輪マークをつくるLS北見の左から藤沢、本橋、鈴木、吉田夕、吉田知=江陵カーリングセンター
 日本カーリング史上初のメダルとなる銅メダルを獲得した女子日本代表のLS北見が25日、韓国-スウェーデンの決勝戦後に行われたメダルセレモニーに出席し、銅メダルを首に掛けた。
 表彰台ではチーム創設者の本橋麻里(31)が涙。「掛けてもらう直前にはもう涙が出てきていた。重みを感じました」と、チーム立ち上げから8年分の思いがこみ上げた。スキップの藤沢五月(26)は「メダリストになったんだなっていう実感が沸いてきた」と、感慨深げ。ただ、決勝を観戦し「表彰式の前に決勝をやっているのを上からみて、あの場所にいたかったなという思いが湧いてきた」と、4年後への気持ちも再確認した。


【私見】*昨夜テレビ中継を観戦しました。いやいや、がんばりましたね。銅メダル結構です。お疲れさんです。

コメント

平昌五輪の初の金・銀。

2018年02月17日 15時09分13秒 | 五輪


【今日の写真】 
今日の写真は、屋内で咲いた「クリスマスローズ」今年の第一号です。
寒さに萎縮して咲かないだろうとみていたのが、厳寒の中、春を告げるかのように開花しました。
淡い色彩が、まだ早い春の気配を知らせに来てくれたようです。


【身近な話題と体調】
 今日は、心地よい青空ですが、時折「春一番」のような突風が吹いています。
各地で強風注意報が発せられているようです。
テレビはどこも平昌オリンピックのフィギヤースケート許ですね。まあ4年に一度ということですから、お付き合いしましょう。雪がまだたくさん残っています。もうカチカチに凍り付いて除雪も難儀します。
 本日のコンディションは、体重が76.9(-200g)、体脂肪は24.9(+0.2P)です。


【平昌五輪】テレ朝 news2/16(金) 11:48配信
『平昌五輪フィギュア 羽生が金、宇野が銀
日テレNEWS242/17(土) 14:16配信
フィギュアスケート男子シングルフリーで、羽生結弦選手が2大会連続の金メダルを獲得。宇野昌磨選手が銀メダルを獲得した。今大会、日本勢初の金メダル獲得となった。

去年11月のケガから見事な復帰を果たした羽生結弦選手。ブランクを感じさせない圧巻の演技で2大会連続の金メダルを獲得、この種目では66年ぶりの連覇を達成した。

そして、初のオリンピック出場となった宇野昌磨選手が、オリンピック初出場で銀メダルの快挙。


【私見】*快挙ですね。日本勢初の「金メダル」素晴らしいです。またワンツーフィニッシュもまた素晴らしいことです。

コメント

「東京五輪」のスタート。

2016年08月24日 14時30分34秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の画像は、三日くらい前の我が家の前の空き地に育っている「独活(うど)」です。「独活の大木」とはよく言ったもので、天に向かって勢いよく伸びて花を咲か生いました。「いました」と過去形にしたのは、実は今日の午前中に「シルバー人材」のメンバー三人で、おもに生えていたのは笹竹ですが、それらとともになぎ倒されてしまいました。


【私的な出来事と体調】
今日は、うす曇りです。台風10号の影響でしょうかね。直射日光がさえぎられている分やや気温も低いようです。今日のガーデニングの予定は、刈り取られた草木を捨て場に運ぶことです。
 体調は体重が76.2kg(+200g)、体脂肪率23.6(+1.1P)です。


【東京五輪に向けて】 日本テレビ系(NNN) 8月24日(水)13時55分配信
 『オリンピック旗到着 吉田主将らが意気込み』
 開催都市に引き継がれる「オリンピックフラッグ」が24日午前11時半ごろ、東京の羽田空港に到着した。その後、空港では「オリンピックフラッグ到着歓迎式」が開かれ、東京都の小池百合子知事や日本選手団の吉田沙保里主将らが4年後の東京大会に向けて意気込みを語った。


* さてさて、東京五輪に向けてのスタートが切れるわけですね。これからもいろいろと、高いハードルを越していかないといけない、何かとトラブル続きが心配されますね。

コメント

2億2千万円の「おもてなし」?

2016年05月15日 14時33分11秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の写真は、玄関飾りです。活けた花は「マーガレット」です。
わが町内には、群生してまるで「マーガレット通り」のようです。
我が家にもいつの間にか育ってこの時期は、花の匂いが庭に漂っています。


【私的な出来事と体調】
 今日は、朝から靄っています。寒くもなく暑くもなく丁度いい気候です。セカンドマシンでは、20年前に購入していた「クラシックコレクション」のCDを再試聴しています。今日はショスタコーピッチやシベリュウスなどです。
 体調は体重が77.6g(±0g)、体脂肪率24.9(+0.2P)です。


【どうなってるの】日本テレビ系(NNN) 5月14日(土)17時45分配信
 『五輪招致問題 元代表「会社はもうない」』
 東京オリンピックの招致をめぐり2億円あまりの不正な送金があったとされる問題で、送金先の会社の元代表を名乗る男性が14日、NNNの取材に対し、「会社はもうない」「捜査には協力している」と語った。
 この問題は、東京オリンピックの招致が決定した前後、シンガポールの銀行口座に日本から約2億2000万円が送金されたもの。この口座は国際陸上競技連盟のディアク前会長の息子に関係するブラック・タイディングス社のもので、その住所をたずねるとアパートが建っていた。
 「(Q捜査当局と話した?)全面的に協力しています。(会社は?)もうありません」-会社の元代表を名乗る男性はこのように話す一方、業務内容や日本側から受け取った金額については「話したくない」などとして答えなかった。
 JOC(=日本オリンピック委員会)は支払った2億円あまりについて「招致活動のコンサルタント料だった」と説明しているが、フランスの金融検察当局は民間組織間の贈収賄などの疑いで捜査している。


* 続報・・送金先の会社はもうなかった。どうも怪しい金と言わざるを得ない。2億2千万円の「おもてなし」だったのかなー。
コメント

誘致疑惑は深まる。

2016年05月14日 14時46分16秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の写真は、今の「ポインセチア」です。おとぼけですね。
「ポインセチア」といえばクリスマス時期の植物でしょう。
ところが我が家の鉢植えのそれは、いま葉が真紅に染まっています。
彼は、去年のクリスマスころは、赤化せず緑の葉でしたよ。


【私的な出来事と体調】
 今日は、朝からさわやかな晴天、風もさわやかで、家内は窓や押し入れなどの扉を開放して風通しをしています。
デジカメ用の三脚を発注したのが届きましたなんとも軽量で「なんじゃこりゃ」との気分でした。まーあちゃちなのは我慢しましょう。
 体調は体重が77.6g(-100g)、体脂肪率24.7(+0.1P)です。


【送金したのは事実】テレビ朝日系(ANN) 5月12日(木)13時40分配信
 『「招致はクリーンな形」官房長官 “買収疑惑”否定』
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡り、日本側が国際陸連の関係者に金銭を支払った疑惑が報じられた問題で、菅官房長官は「招致はクリーンな形で行われた」と強調しました。
 菅官房長官:「(金銭疑惑を)全く承知しておりませんし、2020年東京大会の招致についてはクリーンな形で行われたと認識している」
 そのうえで、菅長官は「フランスの司法当局から要請があれば、その内容を踏まえて適切に対応する」と述べ、捜査に協力する考えを示しました。一方で、オリンピック組織委員会に対する日本政府独自の調査は行わない方針です。


* 不思議といえば不思議ですね。JOCなぜ送金したのか、送金した事実は、取り消しようのない現実をどういう内容の支払いだったのか明確にしなければならないだろう。現金の「おもてなし」はなんだったんでしょうかね。

コメント

なにを「おもてなし」したのか?

2016年05月13日 14時56分51秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の写真は、わが庵の周辺に咲き乱れている「クサイチゴ」の花です。
五弁花でよく目立ちます。初夏から夏にかけて赤い実がなり、たくさん取れれば「ジャム」にするとおいしいものです。


【私的な出来事と体調】
 今日も、朝からいいお天気ですが昨日ほどの日本晴れには及びませんね。
デジカメ用の三脚を発注しました。明日には届けられるでしょう。安物買いです。ついでに、リビングのカーペットも注文しました。
 体調は体重が77.7g(+300g)、体脂肪率24.6(-0.5P)です。


【お・も・て・な・し】日本テレビ系(NNN) 5月13日(金)12時35分配信
 『文科相・五輪相“そのような事実はない”』
 2020年の東京オリンピックの招致に絡み、不正な送金が行われた可能性があるとしてフランスの検察当局が本格的な捜査を始めたことについて、ともに招致にも関わった馳文科相と遠藤オリンピック・パラリンピック担当相は13日午前、「そのような事実はない」との認識を示した。
 馳文科相「我々とすれば、そういった不審というか、一切ない中でやってきたつもりですから」
 遠藤五輪担当相「その当時(招致時)東京都の招致活動は、各都市の中でも一番フェアな活動をしているという評価を得たと自負していたので、そういうことはないのではないかと」
 また遠藤五輪担当相は、今後の東京側の対応について「スポーツ庁が東京都あるいはJOCに確認するので、まずはその結果を見守っていきたい」と述べた。


* 東京オリンピック誘致でのワイロ疑惑。どうも今度の東京大会は、「ケチ」付き通しですね。「おもてなし」はなんだったんでしょうかね。

コメント

聖火台のない五輪競技場。

2016年03月06日 15時37分19秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の写真は、一昨日、定時の「診療所」の日でした。
例によってのいつもの写真の「田園風景」です。「春近し」という佇まいです。
少し「春霞」っぽいものが覆っていました。これから木々の新芽が動き始めるようです。


【私的な出来事と体調】
 今日も、修理からかえってきた、「Dellマシン」をWindows-7のまま駆動させています。
慣れているので使いやすいといえば使いやすいです。
昨日、チェーンソーで薪の材料を短く切る作業をしたので、左の腕の筋肉が痛いです。
いよいよ明日から「傘寿」です。
今日の体重は77.4g(±0g)、体脂肪率25.4(+0.8P)です。


【聖火台のない五輪競技場】スポーツ報知 3月6日(日)5時3分配信
『森五輪組織委会長、一番悪いのは馳浩文科相「聖火台のない国立は風呂のない家だ」』
山梨県で行われた会合のあいさつで聖火台問題について言及した森氏
 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の聖火台設置をめぐる問題で、大会組織委員会の森喜朗会長(78)が5日、建設の事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)と馳浩文部科学相(54)に責任があると発言した。
 山梨県内のスポーツ関係者や政財界約500人を前に「聖火台を忘れてオリンピックの競技場を造るというのは、親が家を建ててあげて子供たちが喜んで入ったら、トイレも風呂もなかったという感じですよ」と批判した。
 さらに「日本スポーツ振興センターという少し頭のおかしな連中が、聖火台を忘れた設計図を作った」と指摘。聖火台の設置場所を巡る混乱に「組織委員会ばかりが悪者」「私が悪いと怒られる」などと批判を受けていることに対し「一番悪いのは馳浩(文科相)です。文部科学省です」と言い放った。


* 水掛け論はいい加減でいいが、なんとも無様といえば無様です。しかも誰も気が付かなかったというミステリー付きですらね。

コメント

五輪組織委員会の森元総理の責任。

2015年09月05日 17時10分52秒 | 五輪


【今日の写真】 
 今日の写真は、今日午前中の買い物の帰り、我が家の目の前の空き地の「萱」の株元で共生している「ナンバンギセル」が今年も元気に立ち上がっていました。周辺には、たくさんの群生がありました。


【私的な出来事と体調】
 今日は、曇り空で、時折パラパラと小粒の雨が降っています。日が射さないのを幸いに戸外で、「山茱萸」を剪定しました。21年前に道後から同道した木ですが、大きくなりすぎて、窓からの景色を眺めるのを邪魔していました。「トリマー」と言う電動工具を使ってばっさりと、大胆に剪定しました。まだ汗ぐっしょりです。
 マイコンディションは体重が76.1kg(+100g)、体脂肪率23.1(-0.1P)です。


【五輪エンブレム】TBS系(JNN) 9月5日(土)12時38分配信
 『エンブレム撤回問題、「森元首相は会長辞めるべき」』
 武村元官房長官はTBS番組「時事放談」の収録で、オリンピックのエンブレム撤回問題の責任をとって森元総理は組織委員会会長を辞めるべきだという考えを示しました。
 「今回のエンブレムは、まさに森会長の組織委員会そのものの責任。言われる前に責任を取るべき」(武村正義 元官房長官)
 武村氏はこのように述べ、森元総理がエンブレム撤回問題などの責任をとって組織委員会会長を辞めるべきだという考えを示しました。また、元伊藤忠商事社長の丹羽元中国大使も「会社ならクビだ」と指摘し、責任者を明確にして辞任すべきだと厳しく批判しました。


* ごたごたが続く「東京五輪騒動」、責任者が出てこない奇妙な現象、やはり、組織委員会の会長が責任をとって「スッキリ」させるべきだと思われる。民間会社で、例えば「東芝」の「粉飾決算問題」でも、トップが責任をとって辞任した、森元総理は、「ゴルフ辞任」の時のように「責任問題」の認識が欠如しているようだ。

コメント

人間とワイロ。

2015年09月03日 15時21分25秒 | 五輪



【今日の写真】 
 今日の写真は、ビフォーとアフターのつもりで二枚縦に並べたのですが、何とも撮影角度が違っていて、どちらが前でどちらが後か判然としません、一応上が、草刈り前で下が刈った後なのです。
恐らく、「下の方が草木が茂ってるぞ」とクレームがつきそうですね。(笑)


【私的な出来事と体調】
 今日も、「秋雨前線」の影響で、不安定な空模様は変わりません。気温の方はさらに低くなってきました。
なんか、「東京オリンピック・パラリンピック」ごたごたが続きますね。
コンペティションと言う行事は、何かと「疑惑」が渦巻くようですね。
純粋と思われている(世間から)絵画界の審査会もいろいろと疑惑が囁かれるのが常ですね。
先ず噂の筆頭が「芸術院会員」の選考のようです。地方で候補に選ばれた該当者は、まず上京して、「タクシー」を呼ぶのだそうです。
そのタクシーは、「選考委員」のお宅を巡回して、丁重に挨拶して「お土産」を置いて回るように道順通り、回れるようにセットされているというのです。
 「日展」をはじめとする各「公募展」でも、審査員同士がが、系列の弟子の作品を通すように、取引しているというのです。
「去年は選考していただいたので、今年はお宅の○○さんの作品を摂りましょう」と言う風になっているようです。
ことほど左様に、選ぶという「主観的」なことに、私情が働くことになるのでしょう。
先ほど迄、小雨交じりの空模様です。
 マイコンディションは体重が76.3kg(+300g)、体脂肪率22.9(+0.7P)です。


【東京五輪】日本テレビ系(NNN) 9月3日(木)14時16分配信
 『エンブレム応募要項“今月末までに”で作業』
 2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムについて、大会組織委員会は、今月末の理事会までに応募要項をまとめる方向で作業を進めている。

 佐野研二郎氏のデザインが白紙撤回され、新たに公募されるエンブレムの応募要項について、組織委員会は今月28日の理事会までにまとめたい意向。また、ここ最近の大会のエンブレムは、開催4年前までに決められており、組織委員会は来年8月のリオデジャネイロオリンピックを前に、できるだけ早い完成を目指しており、関係者の中には「スポンサー企業の商品にも関わるので、年内には完成させたい」と話す人もいる。

 また、「前回の選考過程が閉鎖的だ」と指摘されたことから、情報を開示して透明性を高めたい一方で、途中段階でデザインを公開すると、第三者に先に商標登録される危険性もあり、慎重に選考方法を決める方針。


* 難しい問題ですね。しかし、一度躓いたことが、次もと言う危惧がありますね。とかく金が絡むと「純粋性」が翳りがちになるのも世の常ですよね。

コメント