宮崎信行の国会傍聴記

政権交代ある二大政党政治の実現をめざして。国民に開かれた衆議院と参議院を通じた報道をめざして。

【英国の事例】二大政党の得票率と、二大政党とも40%台は、47年ぶりの高水準、2017年総選挙

2017年06月09日 22時47分37秒 | 英国の事例
 2017年6月8日(木)に行われた英国総選挙で、二大政党の得票率がともに40%を超え、これは1970年総選挙以来の高率で、二大政党の復活貴重が鮮明になったことが分かりました。 2017年総選挙は、過半数政党がないハングパーラメント(宙ぶらりん議会)となりましたが、保守党は議席を330から318に減らしました。しかし、得票数は前回より230万票増えていて、1365万票、得票率は42.4%となり、6 . . . 本文を読む
コメント

【英国の事例】2017年総選挙は与党・保守党第1党も、ハングパーラメント(宙ぶらりん議会)に、二大政党の得票率は1917年以降最多【追記有】

2017年06月09日 17時45分30秒 | 英国の事例
 英国議会総選挙は、2017年6月8日(木)の午後10時=グリニッジ標準時=に締め切られました。日本時刻の9日(金)朝6時から始まった、BBC開票特番では、午後1時過ぎぐらいに全体の方向感が見えました。 定数650(過半数326)のうち、4つを除いて、現時点で確定。保守党が317議席となり、第1党ながら現有の単独過半数を失いました。労働党は261議席と躍進し、スコットランド民族党は35議席に敗退。 . . . 本文を読む
コメント

[英国の事例・マスコミ編]あやかりたい?ディビッド・ディンブルビー記者(78歳)が、1979年以来10回連続でBBC開票特番メーンキャスター、BBCが「報道」

2017年06月04日 22時18分03秒 | 英国の事例
[写真]BBCのデイビッド・ディンブルビー記者、BBCホームページから。 英国の公共放送、BBCは、解散動議が可決された翌日の、2017年4月20日(木)付で、同局でのデイビッド・ディンブルビー記者78歳が、1979年総選挙開票特番以来、10回連続で、2017年開票特番のメーンキャスターを務めると報道(発表)しました。 上記BBCニュースは、ディンブルビー記者の後継者にも言及しました。テレビの世界 . . . 本文を読む
コメント

[英国の事例]テリーザ・メイ首相(保守党党首)は2度目の試練? 今週金曜日(日本時刻)2017年総選挙投開票へ

2017年06月04日 21時58分13秒 | 英国の事例
 [英国の事例]のエントリーでは、「ロンドン時間(グリニッジ標準時)」「日本時間」「英紙タイムズに載った付け日」に関して、鈍感に書いていこうと考えます。記者、研究者の方は、ご自身でご確認ください。 このエントリー記事で引用する写真は、すべて、英紙タイムズ(The Times)の(2017)年の紙面(学校法人早稲田大学所有)を個人的な研究用にカラーコピーしたものを、その一部だけ、筆者・宮崎信行がカメ . . . 本文を読む
コメント

[英国の事例]メイ議員(首相)「早期の総選挙動議」を提出し、賛成522、反対13で可決・成立

2017年04月19日 21時04分09秒 | 英国の事例
[画像]早期に総選挙を行う動議を提出し、やや緊張気味に趣旨説明する、メイ議員(首相)、英国議会インターネット審議中継からスクリーンショット。 テリーザ・メイ議員(メイデンヘッド選挙区、保守党)は、さきほど、2017円4月19日(水)の午後12時57分過ぎ(グリニッジ標準時=日本時刻の午後8時57分過ぎ)、庶民院本会議に、 「早期に総選挙を行う動議」を提出しました。 趣旨説明するメイ議員は、やや緊張 . . . 本文を読む
コメント

メイ首相、庶民院を解散し、2017年6月8日(木)EU離脱総選挙断行 仮に労働党が勝つなら8年ぶりの政権交代【再追記】

2017年04月18日 19時32分54秒 | 英国の事例
 テリーザ・メイ首相(保守党党首)は、2017年4月18日(火)の朝11時過ぎ(=グリニッジ標準時=日本時刻同日夜7時過ぎ)、首相官邸で記者会見し、 庶民院を解散し、2017年6月8日(木)に総選挙を行う、と電撃的に発表しました。 英国の任期は5年間。2011年任期固定法があるので、それとの兼ね合いはどうか、今後、私の方で、報道なども参考に、そのことを調べてみます。 解散総選挙は、今世紀になってか . . . 本文を読む
コメント

英国議会議事堂周辺で刃傷沙汰、本会議は話し合いで散会、翌日は定刻通り開議を発表、トビアス・エルウッド議員の振る舞いに賞賛

2017年03月23日 06時48分24秒 | 英国の事例
[写真]下述のBBCニュースのツイッターから。 英国議会議事堂の近くで、2017年3月22日(水)、刃傷沙汰があり、庶民院本会議が中断したまま閉会しました。 バーコー議長らがコメントを発表し、メイ首相(保守党党首)は首相官邸で黒い服でスピーチしました。 英国議会両院はSNSで、翌日23日(木)の議事は定刻通り始まると伝えました。 事件発生時刻は報道によると、午後2時40分頃。水曜日ですので、この3 . . . 本文を読む
コメント

スタンディングオベーションは英国議会でもめったに起きない

2016年10月01日 17時40分46秒 | 英国の事例
[画像]スタンディングオベーションを贈られる、キャメロン首相(当時、手を振る男性)、メイ内相(当時、現首相)、ハモンド外相(現蔵相)ら、2016年7月13日の英国庶民院本会議、YouTube動画からスクリーンショット。 スタンディングオベーションの話も週を越すことはないと思うので、英国の事例です。 実はアングロ・サクソンの英国の議会でも、スタンディング・オベーションはめったにありません。 めったに . . . 本文を読む
コメント

英国の事例 テリーザ・メイ首相が就任 保守党党首

2016年07月13日 23時59分59秒 | 英国の事例
[写真]テリーザ・メイ英首相、英首相官邸ウェブサイトから。 この記事は、2016年7月21日に投稿しましたが、さる、2016年7月13日(水)=英現地時刻=、テリーザ・メイ英庶民院議員が保守党党首となり、エリザベス女王から首相に任命されました。 昨年5月の総選挙で、デービッド・キャメロン首相(保守党党首)が、苦戦する中、EUとの関係で国民投票をするとし、総選挙は意外にも勝利したうえ単特過半数獲得し . . . 本文を読む
コメント

キャメロン首相、パナマ文書をG8サミット(伊勢志摩サミット)の議題に 英国の事例 

2016年04月11日 23時59分59秒 | 英国の事例
[画像]第2次キャメロン内閣、英国議会インターネット審議中継からスクリーンショット。 英国議会の庶民院は、2016年4月11日(月)、本会議を開きました。 ここでは、通例は水曜日の午前11時半(現地時間)に対決するキャメロン首相(保守党党首・3期)と、コービン影の首相(労働党党首)が対決しました。  これは、当日午前10時半までに動議(Early Motion)が出た場合は、全閣僚が出席しなけれ . . . 本文を読む
コメント

英国の事例 庶民院外務委員会にブレア元首相呼ばれる シリア問題

2015年12月12日 08時39分47秒 | 英国の事例
 2015年12月11日(金)、庶民院外務委員会にブレア元首相が、証人(参考人?、Witnesses)として呼ばれました。 午前10時30分から11時44分まで、委員の質問に答えました。 5月の総選挙で、第2次キャメロン保守党内閣は、単独過半数を得たので、元首相・労働党党首のブレアさんを呼びやすかったのかもしれません。 議題はシリア問題。 イラク戦争で米英同盟として開戦したブレアさんですが、終始険 . . . 本文を読む
コメント

英国の事例【追記・お詫び・訂正有り】

2015年12月03日 07時42分26秒 | 英国の事例
 政権交代ある二大政党政治のさきがけである、英国議会(750歳)について長年研究してきました。 ただ、このブログに書くと、「日本人には無理」などといった心無いコメントが寄せられるため、 避けていました。私のように、英語を聞いて書き取れる者に対する劣等感もあるのでしょう。 2015年12月2日(火)午前11時35分から午後10時過ぎにかけて、=日本時刻では、おおむね2日夜8時35分から翌朝7時過ぎに . . . 本文を読む
コメント

バーコー(Bercow)庶民院議長が衆議院法務委員会を傍聴し「日本は民主主義のリーダーだ」

2015年08月05日 14時46分54秒 | 英国の事例
 [画像]英国庶民院を取り仕切る、バーコー庶民院議長、2015年7月21日、英国議会インターネット審議中継からスクリーンショット。  英国庶民院のジョン・バーコー(Mr.John Bercow)議長が2015年8月5日(水)、衆議院法務委員会を傍聴し、激励しました。 この日は、日本では初めて「可視化」を導入する、刑事訴訟法改正案と、それに対する自公民維修正案が審議中。奥野信亮委員長が、山 . . . 本文を読む
コメント

菅直人さんが英国公式訪問へ 内閣と議会運営を視察 

2009年06月02日 09時01分34秒 | 英国の事例
 きょうはさわやかな朝ですが、さわやかと言えば、菅直人代表代行。6日~10日まで英国を公式訪問し、「官僚と内閣」について視察することになりました。外遊の成果は岡田幹事長ら執行部に報告し、政権交代後の政権運営に反映させます。 急ごしらえの代表選で米国大統領選のディベートをとりいれた中央代表選挙管理委員長の古川元久さん(愛知2区)も同行します。 先週の党首討論(Question Time)の後、英国庶 . . . 本文を読む
コメント