ああ 人生、山あり谷あり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2018-06-30 16:14:45 | 日記

◎わが友に贈る◎

「あの人に会うとホッとする」と慕われる

誠実と真心の人に!

友の心を軽くするのが仏法者の振舞いだ!

〈名字の言〉 2018年6月30日

 新しい命が誕生した喜びを、地域全体で分かち合いたい――この願いを
込め、世界に一つだけの椅子を贈る取り組みがある。本紙6月12、19日付
12面で紹介した、「君の椅子」プロジェクト▼椅子は、確かな腕を持つ家具
職人が一流のデザイナーと組み、一脚一脚、手作りする。子どもの生まれた日
と名前を刻み、「生まれてくれてありがとう」「君の居場所はここにあるからね」
との思いが託されている▼プロジェクトの磯田憲一代表が言っていた。
「この椅子は、自分がこの世に誕生したことを肯定してくれた証し。椅子を受け
取った子どもたちが将来、『産んでくれてありがとう』との思いを持つ大人に
育ってほしい」と。他者に思いをはせる想像力が、地域のつながりを豊かにする
▼大阪府北部の地震で、自助・共助・公助の役割を改めて考えさせられた。
阪神・淡路大震災で多くの人命を救ったのは「共助」だった。共助とは、
つまり「地域のつながり」。災害から復興するスピードの違いは自己資金や行政の
力ではなく、地域のつながりの強さ、と指摘する研究者も▼子どもは、人に愛され
れば人を愛する大人になる。地域に愛されれば地域を支える大人になる。地域力の
低下が叫ばれるからこそ、自分から心通うつながりを広げたい。(川)

〈寸鉄〉 2018年6月30日 

 仏法で学んだ事は、どしどし口に出せ―戸田先生創価の伝統は実践の教学
      ◇
 学生部結成記念日。俊英よ徹して学びゆけ!民衆凱歌の世紀を開く主役よ
      ◇
 奉仕する事が私の宗教―偉人。我らは「菩薩行」に邁進。最極の人間の行為
      ◇
 読書習慣のある子供は好成績の傾向―学力調査。親子で良書を繙く機会を
      ◇
 30年以内の大地震発生の確率、各地で増大と。日頃の備えを点検。油断なく

◎青年の譜

自我(じが)常楽(じょうらく)の人生を雄々しく歩む友
庶民文化を謳歌(おうか)する 無限創造の友
階級論理を止揚(しよう)しつつ戦う勇敢(ゆうかん)な友
新生命の形成に不断の努力惜しまぬ友
社会に根ざし栄光と不動の道を征(ゆ)く友
家庭革命に勝利し 幸の鐘(かね)を乱打する友

◎今日の予定

支部唱題会


コメント

きょうの聖教から

2018-06-29 11:38:51 | 日記

◎わが友に贈る◎

地区の勝利を支える「副役職」の皆さまこそ

広布前進の要なり!

豊かな経験を生かす励ましの達人に感謝!

〈名字の言〉 2018年6月29日

 学生部が先日発表した日中学生意識調査。中国に対する印象について、
「良い」「まあ良い」と回答したのは40%だったのに対し、中国地方に
限ると75%以上で、とりわけ岡山県で高い結果となった▼意識調査を
講評した岡山県華僑華人総会の劉勝徳会長は、岡山には日中友好協会の
初代理事長はじめ中国と友誼を結んだ先人が多いと指摘。さらに岡山県の
学生部がその精神を継承し、留学生との交流を継続していることを高く
評価した▼岡山学生部では毎年、大学祭で日中に関する展示を行う。
きっかけは両国の政治的関係が冷え切っていた5年前。一人の学生部員が
中国人留学生を訪ね、両国の相互理解のために何かできないかと持ち掛けた。
そこから手作りの卓球大会が生まれ、定例の交流会や広島での平和研修会等が
実施されてきた▼50年前、池田先生が「日中国交正常化提言」を発表したのは
学生部総会の席上。この時の真情を先生は“学生部員の中から、提言の実現のために、
生涯、走り抜いてくれる同志が必ず出るに違いない”とつづった▼固定観念を破るのは
柔軟な知性であり、新しい時代を開くのは青年の情熱である。あす30日は学生部の
結成記念日。師との誓いを忘れぬ学友ありて、日中友好の金の橋は輝きを増していく。(柑)

〈寸鉄〉 2018年6月29日 

 SGIは青年に非暴力の精神が発現するよう活動―博士。平和への潮更に
      ◇
 良き友に守られた人生は絶対に負けない―戸田先生。異体同心の絆は無敵
      ◇
 「はやぶさ2」が3億キロ離れた小惑星に到達。我らは生命の大宇宙を探究
      ◇
 気温の上下による「寒暖差疲労」に注意。充実の睡眠・適度な運動を心掛け
      ◇
 小学校で水害学習を推進―国交省。非常時の行動は平時の備えあればこそ

◎青年の譜

あの地にも この地にも
あの職場にも この家庭にも
友は戦い 友は勝った
この素顔の歓喜(よろこび)は 万波とうねり
はや 第三の勢力となる
※きょうの予定

地区唱題会

コメント

きょうの聖教から

2018-06-28 09:27:18 | 日記

◎わが友に贈る◎

疲れた時こそ一節でも一行でも

御書を拝していこう!

実践の教学の中でこそ生命は鍛えられる。

〈名字の言〉 2018年6月28日

 大阪北部地震から10日となった。ガスなどのライフラインは復旧したが
8000棟を超す住宅の被害は深刻だ。被災者の一日も早い生活再建を
祈らずにはいられない▼今回の地震で、各企業の「BCP」と呼ばれる
取り組みの重要性が、さらに増したといわれる。これは、災害に直面
した際、早期に復旧させるため、事前に準備する事業継続計画のこと。
東日本大震災を機に導入が進んできた▼ある企業では、東日本大震災
で現地の生産拠点が被災して以来、災害対応を見直してきた。今回の
地震では発生後、即座に従業員の安否を確認。部品調達先の被災状況の
情報収集を行った。特に問題のないことが分かり、迅速に企業活動を再開
できたという(「京都新聞」20日付)▼災害への備えの重要性は企業に
限ったことではない。家具の耐震補強、避難場所と経路の確認など、個人で
できる対策がある。阪神・淡路大震災を経験した友は、地震が起きた時、
身の安全を守るため、どう行動するかを具体的に決めていた。それが今回
の地震で生きたと語っていた▼いざという時には、とっさの判断が必要だ。
その判断をしっかりと支えるのが、平時の入念な備えにほかならない。
防災は常に「自分」の問題。時を逃さず、今こそ行動を起こしたい。(嶺)

〈寸鉄〉 2018年6月28日 

 御書「法華経を弘通せん者は如来の使」。さあ勇み語れ。その人に福徳厳然
      ◇
 真剣さなくしては何事も成し遂げられない―文豪幹部よ最前線に飛び込め
      ◇
 策で解決した場合、また同じ問題で悩む―戸田先生。題目の剣で突き破れ
      ◇
 夏は全国的に厳しい暑さ―3カ月予報。熱中症に注意。小まめに水分補給
      ◇
 防災対策は自助で7割が決まる―識者。各家庭の備え確認。教訓を生かせ

◎青年の譜

あの地にも この地にも
あの職場にも この家庭にも
友は戦い 友は勝った
この素顔の歓喜(よろこび)は 万波とうねり
はや 第三の勢力となる

コメント

きょうの聖教から

2018-06-27 17:26:30 | 日記

◎わが友に贈る◎

広布のリーダーは粘り強く包容力豊かに

友の話に耳を傾けよう!

皆をさちの光で照らす励ましの太陽たれ!

〈名字の言〉 2018年6月27日

 仕事で疲れ、家に帰ってきて寝転がる。そのとき、部屋の天井に星空が
広がっていたら、どれほど安らぐだろう……そんな思いから、世界初の
光学式家庭用プラネタリウムは誕生したという▼制作したのは大平貴
之さん。ギネスにも認定されたプラネタリウム・クリエーターである。
大平さんは「満天の星を見上げて感動する人の感性は今も昔も変わらない」
と訴える(『プラネタリウム男』講談社現代新書)▼東北文化会館の一角に、
「言葉の力で立ち上がる」というコーナーが設置されている。来館した友が、
願いや復興への思いなどを記した、色とりどりの“星形”の付箋が壁いっぱいに
貼ってある▼珠玉の言葉がつづられた“星々”を見ていると、勇気が湧いてくる。
その中でも、群を抜いて多い言葉は「一家和楽」。きらめく星々が、見上げる
人を静かに包み込むように、いつも自分を見守ってくれる、わが家族や“創価
家族”がいる。そのかけがえのない存在は、無限の希望となって人生を開く力
となるに違いない▼先の大平さんの信条は「人間は可能は証明できるが不可能は
証明できない」だという。打開は不可能と思われる苦境も、必ず可能に転換する!
――希望を胸に不屈の前進を続ける、創価の友の生き方と重なる。(代)

〈寸鉄〉 2018年6月27日 

 関西が「栄光勝利月間」。常勝不屈の魂は赤々と!変毒為薬の実証を今こそ
      ◇
 未来会の日。誓いを貫く人生は尊し。次代担う後輩を育て総仕上げの道を
      ◇
 地涌の菩薩は「同時に涌出せり」と法華経に。世界広布を進める学会が証明
      ◇
 夏の車中、エアコン停止15分後に熱中症の危険水域。子や高齢者は要注意
      ◇
 会館・個人会場で節電の取り組みを。室温設定・小まめな消灯などを徹底

◎青年の譜

われらは遂にこれを見つけた
本源的人間への挑戦
これ人間革命の戦いなりと
いま一人より起ちて
七百万の民衆(とも)となる

コメント

きょうの聖教から

2018-06-26 11:41:49 | 日記

◎わが友に贈る◎

「健康」は幸せの土台 バランスのとれた食事

適度な運動を習慣に 健やかな生活リズムで

一日一日を健やかに!

〈名字の言〉 2018年6月26日

 じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょのすいぎょ
うまつ……。落語「寿限無」はテンポのよい言葉遊びとして、子どもにも
人気だ。歌人・俵万智さんも、まだ幼かったわが子と競争しながら暗唱
したという▼声に出した言葉は「心にまかれた小さな種」と俵さん。
その時は分からなくても、いつか、ふと意味が分かることもある。
「将来それが芽を出し、どんな場面で花を咲かせるかと思うと、わくわく
する」と(『かーかん、はあい』朝日文庫)▼教学部任用試験(仏法入門)
の勉強会でのこと。入会間もない新会員の友や会友は、耳慣れない仏法
用語に四苦八苦。それでも、御文や法理の解説を聞き、理解が進むにつれ、
一人一人の表情が生き生きと変わっていくのが印象的だった▼学会の伝統は
「実践の教学」。池田先生は「『自分の心の中にある思想』を人に語ること
によって、自分自身の智慧がいっそう輝き、豊かになっていく。語れば語る
ほど、その思想を、よりはっきりとつかみ、自分自身のものにしていける」
と。今回学んだ仏法の哲学を周囲に語ることで、自身の理解が深まり、
信心の幹が大きく成長していく▼任用試験に挑戦した人は全員が“信心の
勝利者”。心からたたえ励ましつつ、共に幸福の対話を広げよう。(値)

〈寸鉄〉 2018年6月26日 

 SGIが掲げる人間革命の哲学こそ良き世界の鍵―市議。民衆世紀の指標
      ◇
 「言は紙上に尽し難し」御書。直接会って語る!歓喜の連鎖をわが地域に
      ◇
 仏法は逆境の人が必ず幸福になる信仰―戸田先生励ましの光を苦闘の友へ
      ◇
 国連憲章の調印記念日。市民の声で人類の議会は充実。学会は力強く支援
      ◇
 国際麻薬乱用撲滅デー。社会に広がる魔の誘い。皆で若者守れ!断固根絶

◎青年の譜

日蓮が仏法は 太陽の如し
われらが信仰もまた太陽たり

体系と純誠(じゅんせい)と悟性(ごせい)の大道を
蘇生の実証のために
怒りをはらみて われらは進む

◎きょうの予定

米店別配達員会


コメント