ああ 人生、山あり谷あり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-08-31 14:30:36 | 日記


◎わが友に贈る◎

未来部育成に携わる全て方に心から感謝!

尊き真心で広布は盤石。

どこまでも宝の友と栄光の道を歩みゆこう!

◎名字の言◎

御書に「日本国の一切衆生に法華経を信ぜしめて仏に成る

血脈を継がしめんとする」(1337ページ)と。日蓮大

聖人が妙法を説く対象もまた「全ての民衆」であり、仏法

の英知で一人一人を照らされた▼「教学部初級試験・青年

部教学試験3級」が9月24日に行われる。課題や悩みに

直面しながら挑むメンバーもいるだろう。しかし、研さん

を通して、目の前の苦難を乗り越えるヒントを必ず発見できる。

その確信で、受験に臨む友にエールを送りたい。仏法とは万人

に開かれた「人生勝利の法則」である。(値)

〈寸鉄〉 2017年8月31

 世界で人々を結ぶ学会の対話こそ平和をつくる力―識者。偉大な民衆運動
      
 「学生部の日」55周年。英才よ徹して学べ!皆が知勇兼備の指導者と育て
      
 現在の限界を乗り超えろ―詩聖。壁に当たった時が勝負。深き祈りで前へ
      
 人は感動する度に健康に―医師。共に泣き、笑う。学会活動こそ長寿の大道
      
 親子の問題の多くは会話の少なさに起因―教授。家族で触れ合いの時間を

コメント

きょうの聖教から

2017-08-30 13:46:22 | 日記

◎わが友に贈る◎

愚痴は福運を消す。感謝の唱題は

万代の幸を築く。自ら境界革命すれば

環境は必ず変わる!

〈名字の言〉 2017年8月30

病院で闘病中の子どもたちに道化師(クラウン)が笑いを届ける

「ホスピタル・クラウン」という活動がある。これに長年携わって

きた大棟耕介氏は“B級サービス”を勧める▼例えば、正月に病院を

訪問したら、道化師が子どもたちにお年玉を渡す。ただ中身は日本

のお金ではなく外国の小額の紙幣。手にした子どもが“空想の世界

旅”を楽しめるようにとの工夫である。氏は身の丈を超えた1回の

サプライズ、すなわち“A級サービス”より、継続可能な小さなサプ

ライズの方が人の心を打つと強調する(『道化師流コミュニケーシ

ョンとサービス』生産性出版)

〈寸鉄〉 2017年8月30

 民衆の生活に飛び込んで広宣流布していくのだ―恩師。最前線を駆け回れ
      
 「世間のことわざにも一は万が母といへり」御書一人への励ましに魂注げ
      
 平和を支えるのは正義を愛する心―哲人。破邪顕正の創価の青年こそ主役
      
 各地で水難事故相次ぐ。僅かな油断が悲劇生む。積極的声掛けで注意喚起
      
 防災週間開始。災害時の備えを再確認。家族で避難場所の共有など盤石に

コメント

きょうの聖教から

2017-08-29 07:10:13 | 日記

◎わが友に贈る◎

わが盟友の壮年部は皆が一騎当千の師子だ。

黄金柱の誇りを胸にいかなる試練も乗り越え

勇敢に信心の勝利劇を!

◎名字の言◎

近所付き合いは断たれた。娘へのいじめも心配だった。だが

同志のために学会の正義を証明する”と地元を離れず、勝訴

を収めた。当時を婦人が振り返る。「あれほどの迫害にも、

地域から退転者は一人も出なかった。こっちが本当の勝利だね」

困難を前にして“こんな状況では無理”と諦めるのは、ある意味

でたやすいだろう。そうではなく“状況は問題ではない。今、ここで

生き抜き、勝ち抜く”と腹を決められるか。苦難に負けない不屈の心から、

大輪の人生勝利の花が広がる。(城)

〈寸鉄〉 2017年8月29

 会長に続く後継の陣列を見ると平和実現の勇気が湧く―市議。断固応えよ
      
 国際部の日。友情のネットワークを拡大!心に橋架ける模範の世界市民に
      
 善き事は飾り気がなく目立たない―文豪。幹部は地道な訪問激励を今日も
      
 国連の「核実験に反対する国際デー」。生命破壊の兵器許さぬ思潮を今こそ
      
 日中韓13市の市長らが宣言。「若者交流に継続的に取り組む」。希望の未来へ

コメント

きょうの聖教から

2017-08-28 11:09:33 | 日記

◎今週のことば◎

「一念一身 法界に編まねし」題目の力は宇宙大なり。

誓願の祈りで地涌の拡大の波動を!

世界の若人と共に!

◎名字の言◎

都内のある壮年部は毎週の集いで、壮年部指導集『黄金柱の誉れ』

(本社刊)を学ぶ。代表が心に刻んだ学会指導を通し、広布と人生

の熱い思いを伝えている▼先日は、8月24日「壮年部の日」を

決勝点として進む、57歳の友が発表した。彼は5年前、人生に

行き詰まる。勤める会社の将来が見えず、「長いトンネルに入っ

たようでした」。先輩は全力で励ました。「今こそ題目だよ」。

信心根本に艱難辛苦を乗り越えてきた先輩の確信が胸に響いた

▼その後、会社は倒産の危機に。忍耐の日々が続いたが、彼は

題目と学会活動に一段と力を注ぐ。民事再生法が適用された会社に残り、

再建に尽力した。周囲は「彼は本当に前向きになった」と目を見張る。

「(精神的な)基礎体力がつきました。どんな困難も真正面から受け

止める、逃げない自分になった感じです」

〈寸鉄〉 2017年8月28

 「法華経を経のごとく説く人にあひがたし」御書。無上の師と進む誉れ高く
      
 東京・葛飾「広布師弟原点の日」60周年。新時代開く対話を!共戦の誓い赤々
      
 人間は精神を高める為に生まれた―教育者。昨日よりも今日!挑戦の心で
      
 投資話による詐欺多し。「必ず儲かる」との甘い話は裏がある。騙されるな
      
 南海トラフ地震の予知は困難と。自助・共助が防災の要。家庭・地域で備えを


コメント

きょうの聖教から

2017-08-27 12:04:10 | 日記

◎わが友に贈る◎

我らの信心は本因妙。毎日が新しい出発だ!

「いまここから」「まず自分から」

勇気と挑戦の一歩を!

◎名字の言◎

教育本部の友は言う。「子どもの健やかな成長には、“何が

あっても自分を受け入れてくれる人がいる”という絶対的

な安心感が必要」と。炎暑に焼かれ、風雨に打たれても、

屋根となって子を育む。それを無償の愛というのだろう

未来部躍進月間も大詰め。親だけでなく地域の皆で“

ましの翼”を広げよう。学会の庭こそ、宝の鳳雛たちが使命

の大空へ羽ばたくための安心の世界である。(之)

〈寸鉄〉 2017年8月27

 会長の人間主義こそ時代超えて永遠に輝く思想―識者。青年よ学び広めよ
      
 「総秋田女性の日」。婦女一体の麗しきスクラム。師弟の天地に人材の花を
      
 生命力の弱い者は、強い者に負ける―戸田先生。故に題目。苦しい時こそ
      
 「挨拶の仕方で一人一人の教育が分かる」文豪。爽やかな振舞で友情結べ
      
 医師が勧める夏バテ対策―1位は「睡眠」と。規則正しい生活を祈り根本に

コメント