みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!小林久隆研員、8~9割の治療が可能に!2020年実用化目指す!

2018-01-18 18:33:03 | 健康
副作用なし癌治療『光免疫療法』

日本でも2018年3月から治験開始!

末期癌、相当量の癌、

転移した癌でも治せる!

8~9割の治療が可能に!

楽天・三木谷氏が取締役会長!

小林久隆・米国立衛生研究所

(NIH)主任研究員、

2020年世界同時実用化目指す!

三木谷浩史会長が資金支援を即決!




がん光免疫療法:将来、がんの8~9割の治療が可能に/確実に効果が期待できる仕組み――開発・治験の2氏に聞く/ 日本でも2018年3月から治験スタート- 毎日新聞(記事は下記に)

小林哲@kbts_sci:がん光免疫療法 3月から日本でも治験開始

がん光免疫療法の臨床試験(治験)が3月から、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で始まります。


副作用なし癌治療《光免疫療法》日本も今年中2017年に臨床試験開始!楽天・三木谷氏が取締役会長!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!小林久隆主任研究員!世界同時実用化目指す!そもそも総研、2017年6月29日!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!-みんなが知るべき情報/今日の物語







がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!早ければ3年後に臨床試験開始!



フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


がん光免疫療法:将来、がんの8~9割の治療が可能に/確実に効果が期待できる仕組み――開発・治験の2氏に聞く/ 日本でも2018年3月から治験スタート- 毎日新聞


がん光免疫療法 将来、がんの8~9割の治療が可能に/確実に効果が期待できる 仕組み――開発・治験の2氏に聞く

がん光免疫療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員(左)=米メリーランド州のN IHで2017年8月、永山悦子撮影



■がん光治療治験の仕組み



近赤外光と新たに開発した薬剤を使ってが んを治療する「がん光免疫療法」の治験が、 日本で3月に始まることになった。米国で先 行して2015年に治験が始まったこの治療 法は、がん細胞をピンポイントで攻撃でき、 副作用が少ないうえ、対象となるがんも幅広 くなる可能性があるため、国内の患者の期待 は高い。この治療法を開発した米国立衛生研 究所(NIH)の小林久隆主任研究員、国内 初の治験を実施する国立がん研究センター東 病院(千葉県柏市)の土井俊彦副院長に、それぞれ治験や治療法への期待を聞 いた。【永山悦子】

◆小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員

――2011年12月、マウスの実験でがん光免疫療法の発表をしてから約6年で日本での治験が始まることになった。

いろいろな方の支援をいただき、ここまでこぎつけることができた。今振り 返ると早いようにも思うが、「少しでも早いこと」が多くのがん患者の皆さん の役に立てるということを十分に理解していたので、私にとっては「早く、早 く」と焦りながらあらゆる可能性を探って過ごした長く感じられる6年だっ た。

――世界中から問い合わせのメールが届いていると聞いた。

全てを合わせると1100人くらいになる。7割ほどが日本からの問い合わ せだ。毎日のようにメールが届くため返事が追いつかない。今も200人以上 に返事ができておらず、心苦しく思っている。

反響の大きさに驚いている一方、これまでもさまざまな「新治療」が登場し ているが、がん細胞だけを取り除くという点や、その仕組みが科学的に分かり やすいということで、「この治療法は理にかなっている」と感じてもらえたの かもしれない。

――日本の患者の皆さんが一番知りたいこと が、「いつ自分は日本で治療を受けられるよ うになるか」ということだと思う。

日本では、米国で現在実施しているものと 同じ頭頸部がんの治験が始まることになり、 今後は現行制度にある「医師主導治験」など の形で、現在の治験で使っている抗体が有効 と考えられる他の種類のがんについても使用 が可能になるだろう。もちろん、希望するす べての方が使えるようにするには、正式に薬 や治療法として厚生労働相の承認を受けなければならない。それまでにはもう 少し時間が必要になる。

この治療法は、がん細胞の表面に出ている「抗原」にくっつく性質を持つ 「抗体」に、近赤外光を当てると反応してがん細胞を破壊する化学物質を結び つけた新しい薬剤を使っている。がん細胞にくっつく「抗体」は、既に抗がん 剤になっているものが多くあるほか、それ以外にも多く見つかっている。さら に多くの種類のがんが対象になるように、次の抗体を毎年一つずつでも増やし ていきたいと計画している。順調に進めば、10年以内には8~9割のがん患 者の皆さんが使える抗体をそろえることができるのではないかと考えている。

――光免疫療法によって具体的にどんながんが治療できるようになるのか。

私は、がん細胞の表面に結びつく抗体を使ってがん細胞をピンポイントで攻 撃する方法と、がん細胞への免疫細胞の攻撃を抑えている「制御性T細胞」と 呼ばれる細胞を壊す方法の2本立てを検討している。制御性T細胞を壊すと、 がんを守る「門番」がいなくなり、免疫細胞のがんへの攻撃が始まるという仕 組みだ。

それらが実現すれば先ほど述べたようにがんの8~9割の治療が可能になる のではないかと考えている。特に、この治療法では、がん細胞をピンポイント で破裂するように壊すため、周辺の元気なまま残っている免疫細胞の活動が活 発化し、がん細胞の破壊が促進されることは大きいと思う。

――論文ではマウスの実験で高い効果が出ていたが、人でも同じような効果 を期待してよいのか。

光免疫療法では、細胞を包んでいる膜を化学物質の反応を使って破り、細胞 を殺す。細胞膜が破れれば、細胞は絶対に生きていけない。細胞が細胞として 存在できるのは、膜があるからだ。光免疫療法では、核を持たないバクテリア も細胞膜を壊して殺すこともできる。基礎研究から臨床研究へ移行する際、 「ネズミでできたことがヒトにできるかは分からない」と言われることが多い が、私たちは「この治療法は違う」と考えている。がんの細胞膜を物理化学的 に破壊するという動物種に関係ない方法を使っているからだ。バクテリアでも マウスでもヒトでも同じということになるはずだ。

――これまでのがん治療法との違いは何か。

従来のがんの治療法は「手術」「抗がん剤」「放射線」が3本柱とされてい た。ところが、いずれも「毒をもって毒を制す」治療法だ。手術では、がんだ けではなく対象の臓器を大きく傷つける。抗がん剤は、投与すると全身に「細 胞を殺す毒」が巡り、正常細胞への影響が避けられないから、多くの患者が抗 がん剤の副作用に苦しむ。

放射線治療にも課題がある。私は放射線科医だったが、放射線治療後に副作 用で悩む患者を多く見てきた。放射線を当てるのがピンポイントであっても、 その部位はいわば「焼け野原」になってしまう。つまり、がん細胞や近くの正 常細胞だけではなく、組織を再生する「幹細胞」も死んでしまうため、治療し た場所の細胞が再生されることはなく、「瘢痕(はんこん)」と呼ばれる硬い 組織ができてしまう。その結果、飲み込みができにくくなったり、唾液腺がや られて口内炎で苦しんだりする副作用が残ることになる。

さらに、放射線を当てるとがん細胞よりもはるかに先に免疫細胞が死んでし まう。がん細胞を攻撃する能力を持つ免疫細胞が治療によっていなくなり、免 疫細胞がいない状態でがん治療を続けなければならなくなるという矛盾は大き い。

――光免疫療法が実用化されると、3本柱の治療は不要になるか。

不要になることが理想だが、これまでにはない仕組みの治療のため、やって みなければ分からないところがある。そのために治験の症例をさらに増やし、 さまざまながんの種類を対象に実施していこうと考えている。まず既存の治療 が効かなかった患者の方から治験を始め、既存の治療との組み合わせも考えて いこうとしている。

――2015年に米国で始まった治験では、高い効果が確認されている。

これまでどの治療でも効果がなかった頭頸部がんの患者を対象にした治験で は、想定したような結果が出ている。例えば、のどの奥全体にがんが広がって いる患者の方の場合、光を当てると赤かった部位が白くなる。1日たつと患部 の組織がポロポロとはがれ落ち、1週間後には周囲から新しい粘膜が貼り始め た。そして、1カ月後にはほとんど分からなくなった。光免疫療法は、がん細 胞をピンポイントで攻撃するため、周囲の細胞や組織を再生する幹細胞は正常 なまま残っており、その幹細胞が新しい粘膜を作り出したと考えられる。1度 光を当てただけで、ここまで効果のある症例もあり、手応えを感じた。

これまでに学会などで公表されているデータによると、患者15人のうち1 4人のがんが3割以上縮小し、そのうち7人はがんがなくなった。一方、最初 の治験で実施した1度光を当てるだけの方法では、がんが残る患者もいた。今 後、治験の症例を増やして、どのような患者に効くのか、効かない場合の対応 をどうするかを検討していきたい。

楽天の三木谷浩史会長が支援を即決

――実用化に向けたハードルはどのように越えたのか。

最も高かったハードルは、治験を実施するための資金を得ることだった。こ の治療の現実性や有効性をなかなか理解してもらえず、簡単に進まなかった。 そんなとき楽天の三木谷浩史会長が支援してくれたことは大きかった。13 年、三木谷さんが、がんを患っていたお父さんの治療を検討するため、私と初 めて会ってから、わずか1週間で支援を決断してくれたことが、治験までの期 間の大幅スピードアップに貢献したと思う。

現在の治験で使っている薬剤に、三木谷さんのお父さんの名前にちなんだ 「RM1929(三木谷氏の父は1929年生まれの三木谷良一さん)」とい う名前が付いたのは良い考えだと思った。残念ながら三木谷さんのお父さんは 2013年11月に亡くなったが、そこで終わりではなく「続けてやろう」と 言ってくれたことに感謝している。

――研究に取り組むとき、小林さんの背中を押してくれるのは何か。

何よりも実際に患者の皆さんの役に立てるものを作ることだ。研究自体はス トレスが多く楽しいものではないが、「必ず役に立つ」という思いは心が折れ ない助けになっていると思う。

光免疫療法の方法は、私が理論的に考えられる中では最高のものだと考えて いる。しかし、まだ完成されたわけではなく、他の抗体を使ったり制御性T細 胞を対象としたりする治療や、より効率よく、より深い部位のがんを治療でき る治療方法の改善など、取り組んでいく課題は多くある。それらの課題を解決 し、希少がんも含めたより多くのがん患者の皆さんに届けたいと考えている。

◆土井俊彦・国立がん研究センター東病院副院長

――がん光免疫療法は、国内の医療者にもまだ十分知られていない。なぜ東 病院は最初の治験を実施することになったのか。

「当初からこの薬への興味があったか」と聞かれると、やや微妙なところも ある。しかし、学会などで発表されたこの治療法の仕組み、米国で先行して実 施された治験の結果などを見ると、基礎研究と実際の臨床の結果が合致する部 分が多く、多くの臨床開発に取り組んできた中でも「ブレイクスルー(既存の 技術などからの飛躍)」になる可能性を秘めていると判断し、「やってみた い」と考えた。

この治療法を開発した小林先生を招いた勉強会では、小林先生が帰れなくな るほど参加者から質問が殺到した。さまざまな新たな治療法について勉強会を 開いているが、こんなことは過去にはなかった。それだけがん治療に携わって いる医師らにとっても興味深い治療法ということだ。

今後、国内で医療を受けられる場を作ることが必要

――なぜ、そこまで興味深く感じたのか。

治療の戦略が非常にすっきりとしていて分かりやすい。がん表面にあるたん ぱく質(抗原)に結びつく「抗体」を使い、近赤外光に反応する化学物質が付 けられているため、薬剤が結合した抗体ががん細胞のみに結合し、光が当たる ことによってがん細胞を選択的に死滅させる。光が当たりさえすれば確実に効 果が期待できるという仕組みは、これまでにはないものだ。

――実際の治療では、薬剤だけではなく、機械を使うためにも承認が必要に なるのか。

近赤外光は人体に無害だが、これまで治療では人体に投与したことがない波 長の光になるため、念のためきちんとした治験の手続きを踏むことが求められ る。

――米国で始まった治験の結果はどのように見ているか。

米国の早期の段階であれだけの安全性と有効性のデータが出ていることは、 日本においても有望であることはかなり期待できる。

――日本の患者の皆さんからの期待も大きい。

今までの免疫療法は、十分な科学的な根拠や検証がないものが大半だった。 免疫チェックポイント阻害剤(がんが免疫細胞の活動を抑えている「ブレー キ」を外す仕組みの薬)の登場によって大きく変わったものの、その恩恵を受 ける患者の方は1~2割程度と少ない。がん光免疫療法では、我々がきちんと した段取りで治験を実施し、患者の皆さんへ届ける道筋をつけたい。海外で治 験が実施されていても、日本の患者の皆さんは簡単には受けられない。国内で 受けられる場を作ることが必要だ。

また、国内で実施することによって、治療の詳細や全体像を把握することが できる。患者の皆さんにとっては、期待だけを持って見ている場合とは異な り、自分にとっての治療のメリット、デメリットを見極めることが可能にな る。その点は大きいと思う。今も「標準治療を受けずに光免疫療法が使えるよ うになるのを待つ」と話す患者の方がいるが、「あなたにとって、今優先すべ き治療は何かを考えてほしい」と伝えている。

――国内の治験はどのように進められるのか。

最初は、頭頸部がん患者が対象になる。米国の治験で、既に安全性は確認さ れているが、人種の差による予期せぬ副作用が起きないかを確認しなければな らない。このため、最初の治験は、日本人への安全性を確認する目的で少人数 に実施することになる。

頭頸部がん以外のがんについても、検討していきたい。現在使っている薬剤 は、がん表面にあるEGFR(上皮成長因子受容体)に結びつく抗体を使って いる。EGFRは頭頸部がんだけではなく、食道がん、大腸がん、胃がん、胆 道がん、一部の膵臓がんなどの表面にもあり、内視鏡を使える部位であれば近 赤外光も比較的容易に当てることができるので、それらのがんが対象になる可 能性がある。日本は内視鏡や腹腔鏡の技術が優れており、患者の負担が小さい 形での治療が広がっていってほしいと考えている。

<がんの半数消失>3月から治験スタート




ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず! - みんなが知るべき情報/今日の物語





末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語





カレー粉の効能が凄い!癌、認知症、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる! !漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!秘密はスパイスにあった! - みんなが知るべき情報/今日の物語


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



コーヒー「大腸がんリスクを半減」肝臓がん、子宮体・子宮頸・卵巣がん、認知症…アルツハイマー!/もちろん癌、習慣生活病の原因となる砂糖、炭水化物の多食、血糖値急上昇の食習慣を改善、適度な運動をしましょう!

重曹の効用は凄い!アメリカ合衆国陸軍は放射線障害防止に重曹を推奨【米軍も認める効用】癌・被爆・肝臓病・インフルエンザ・腎臓病・胃潰瘍・痛風・虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも!重曹は元々、胃の薬です!食品添加物の重曹でもOKです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!




癌、あらゆる病気に【 奇跡の起こる尿療法】意外と飲みやすい!自己抗原、生命根源物質ソマチット!癌免疫を改善して強化!強力な「抗酸化作用」名優・森繁久弥さん、今も元気なキッシンジャー博士も実践!(ブログ管理人)朝、夜、安眠にも!1日数回でも、一回コップ半分位を!味はしょっぱい、なんだ飲みやすい、って感じですよ!奇跡の無料医療ですから、医療マフィアには封印したい真実です! - みんなが知るべき情報/今日の物語




緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!
医者が実践のインフルエンザ・風邪予防『お茶』を一口二口こまめに飲む!お茶のペットボトルおき診察!患者さん一人のたびに!カテキン効果!
緑茶、ほうじ茶、抹茶、粉末緑茶、紅茶、ウーロン茶などの茶のカテキン効果!モーニングショー、2018年1月112日 - みんなが知るべき情報/今日の物語



米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! カナダでは、もっとも多い治療法は「何もしない」なのだ…!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている。米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん検診「陽性」でも99%は問題なし?陽性になった1万人ほどの人のうち、本当に癌である人は126人です!がんになる人は、そんなにいない!「陽性」でも99%はガンではないということです!意外と知らないデータの真実医療ジャーナリスト市川衛…近藤誠医師が言う【癌もどき】でしょうか!日本人の半分が癌になる?のは癌もどきの状態の多くの人々が必要のないがん治療を受け命を落としたり、縮めたりしているわけしょうか!医療ジャーナリスト市川衛…医師に、自分が癌にかかった時、現在、癌治療で最も効果的であるとされる「抗がん剤、放射線治療」などを受けるかと訊ねると、ほぼ100%が受けないと答えているのは有名な話ですが、同様に「がん検診」や「定期検診・人間ドック」などについて訊ねると「一切受けない」と答えます!※下記に癌対策の記事もあります! - みんなが知るべき情報/今日の物語







フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter



地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【国賊】埼玉県議会、原発再... | トップ | 安倍政権【年金詐欺にご用心... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康」カテゴリの最新記事