みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

コーヒー「大腸がんリスクを半減」肝臓がん、子宮体・子宮頸・卵巣がん、認知症…アルツハイマー!

2016-04-29 19:16:38 | 健康
コーヒー「大腸がんリスクを半減」

肝臓がん、 子宮体・子宮頸・卵巣がん、

認知症…アルツハイマー!


もちろん癌、習慣生活病の原因となる

砂糖、炭水化物の多食、

血糖値急上昇の食習慣を改善、

適度な運動をしましょう!


コーヒーの逆襲。1日2杯飲むと「大腸がんリスクを半減」―米研究 - まぐまぐニュース!


コーヒーはがんに効果有りは本当か? | JIJICO [ジジコ] - 毎朝3分の知恵チャージ/国立がん研究センターの調査よると、なんと、肝臓がんを抑える効果は「ほぼ確実」、子宮体がん肝臓がん、大腸がん、子宮頸がん、卵巣がんを抑える効果は「可能性あり」と判定されているそうです。



『がんになりたくなければ』『ボケたくなければ』毎日コーヒーを飲みなさい。毎日1杯のコーヒーが肝臓がん発生リスクを半分に減らす!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

コーヒーの逆襲。1日2杯飲むと「大腸がんリスクを半減」―米研究 - まぐまぐニュース!

みなさん、コーヒーは好きですか? 私は自他共に認めるコーヒー好きで、もう何年もの間、1日も欠かさずコーヒーを飲み続けています。しかし、コーヒーに含まれるカフェインなどの成分は、代謝の低下や冷え性悪化の原因となるなど、どちらかといえばあまり身体に良いイメージはありませんよね。ところが最近の研究で、コーヒーは大腸がんのリスク軽減に一役買っているという結果が発表され、コーヒーについての常識が変わりつつあるようです。
これまでの常識を覆すコーヒーの健康効果とは?

コーヒーを日常的に飲むと、アルコールなどによる肝臓へのダメージを低減させるという研究結果については、以前の記事でもご紹介しました。

一日にコーヒーを2杯飲んだ場合、肝硬変にかかる確率を約40%も低下させるという何とも驚くべき研究結果が得られたのです。

CBS NEWSによると、さらに今回、アメリカで行われた研究ではコーヒーを飲むことで大腸がんのリスクを50%近くも減らせることが分かりました。

「がん予防効果の原因として考えられるのは、おそらくカフェインではなく、コーヒーを焙煎する際に放出されるカフェイン以外のたくさんの成分によるものだと思われる」と語るのは、本研究の主管研究員でありクラリット・イスラエル国立がんコントロールセンターのセンター長でもあるガッド・レナート医師。

「これらの研究結果は、必ずしもコーヒーそのものが大腸がんのリスクを軽減させることを実証できるものではなく、あくまでもコーヒーがリスクの減少に何らかの形で関係している可能性があるということを示しているにすぎないが、その関係性はとても強く現れている」と、レナート氏は話します。

そして、「何年もの間、コーヒーは体に悪いのかどうか不確かだったが、現在ではコーヒーが体に良いのだと断言できる証拠がある」とも語っています。

南カリフォルニア・ノリス総合がんセンターの研究者たちをはじめとするレナート氏の研究チームは、今回の研究のために、大腸がんと診断された北イスラエルの男女5,100人以上を調査し、過去に大腸がんにかかったことのない男女4,000人のデータと比較しました。

すべての被験者は、エスプレッソやインスタントコーヒー、ノンカフェインや濾過したコーヒーを含め、どれくらいの量のコーヒーを飲んだのか、また、親族の中にがんになった人がいるかどうか、食習慣や身体的な運動量、喫煙の有無などについて報告しました。

その結果、1日あたり1~2杯のコーヒーを飲むと、大腸がんのリスクを26%軽減させることが明らかになり、さらに1日に2.5杯以上のコーヒーを飲んだ人たちは、50%もリスクを減少させたという結果が得られました。

また、大腸がんのリスクはどんな種類のコーヒーを飲んでも同じように減少するそうです。

「この研究結果は、他の研究結果と矛盾しない」と、アメリカがん協会のがん解析部副会長スーザン・ギャプスター医師は言います。

また、ボストンにあるハーバード・メディカルスクール医学部準教授アンドリュー・チャン医師は、「コーヒーとがんリスクの軽減との関係性を証明するための根拠はたくさんある」と語ります。

そして、「さらにコーヒーは、がんがどのように発達するのかを知る手がかりになるかもしれず、そうすれば、一般的な大腸がんについての知識をより深めることができるはずだ」と付け加えました。

この報告はCancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention誌で発表されました。

大腸がんはアメリカ国内において男女ともに3番目に発症率の高いがんです。

男性の1位は前立腺がん、2位は肺・気管支がん、女性の1位は乳がん、2位は肺・気管支がん。

そのうち男性の約5%および女性の4%が、生涯続く長期のがんに侵されているのです。

ちなみに日本における2013年のがん死亡者数は合計36万4872例、うち男性21万6,975例、女性14万7897例。

死亡者数を多い順に部位別で見ると、男性の1位は「肺」、2位は「胃」、そして3位が「大腸」となっており、女性に関しては1位が「大腸」、その後2位「肺」、3位「胃」と続きます。

男性は大腸がんによる死亡者数が3番目に多く、女性に関しては死亡者数1位が大腸がんとなっており、私たちも他人事ではありません。

コーヒー好きはもとより、普段コーヒーをあまり飲まない人も、「がん予防の一環」として1日数杯、取り入れてみてはいかがでしょうか。

Image by: shutterstock

Source by: CBS NEWS, Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention, 大和薬品, 国立がん研究センター

文/貞賀 三奈美


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

コーヒーはがんに効果有りは本当か? | JIJICO [ジジコ] - 毎朝3分の知恵チャージ/国立がん研究センターの調査よると、なんと、肝臓がんを抑える効果は「ほぼ確実」、子宮体がん肝臓がん、大腸がん、子宮頸がん、卵巣がんを抑える効果は「可能性あり」と判定されているそうです。

2016年2月12日 11時27分

ざっくり言うと

国立がん研究センターは、がんとコーヒーの因果関係を発表した
調査によると、コーヒーが肝臓がんを抑える効果は「ほぼ確実」とのこと
また、子宮体がんを抑える効果は「可能性あり」と判定されたという

コーヒーはがんに効果有りは本当か?

2016年2月12日 11時27分

コーヒーを飲むことはがんの予防に繋がる可能性が高い

『コーヒーが病気の予防に繋がる』というニュースが最近話題に上がることがふえてきました。昨年の春頃にも国立がん研究センターが『コーヒーと緑茶摂取で死亡リスクが低減』するという発表があり、大きな話題となりました。今回発表されたニュースは『死亡リスク』というなんとなく大雑把な感じではなく、もう少し突っ込んだ疾患名とコーヒーとの因果関係が発表されました。

そうです、国民の多くが心配している病気『がん』の予防にコーヒーが繋がるかもしれない、という報告が国立がん研究センターより発表されたのです。

国立がん研究センターの調査よると、なんと、肝臓がんを抑える効果は「ほぼ確実」、子宮体がんを抑える効果は「可能性あり」と判定されているそうです。

それではその裏付けとなっている調査はどのような調査なのでしょうか?どんな医薬健康情報もその裏付けとなっていることが肝心です。

国立がん研究センターは当然ですが、食品と疾患についての研究をしている機関ではありません。しかし、どのような生活習慣の人がどのような病気になりやすいか?という研究はがん患者を減らしていくために行っています。その研究方法が『コホート研究』と言われている手法です。国立がん研究センターでは、1990年から開始され、現在も追跡調査が続けられています。簡単に説明すると大勢の人の生活習慣を調査して、どんな習慣の人がどんな病気になりやすいとか、なりにくいとかを調べる調査です。

今回の調査では前述の通り、コーヒーとがんとの因果関係について、肝臓がん、子宮体がん、大腸がん、子宮頸(けい)がん、卵巣がんに対しての評価をそれぞれ発表しています。

「肝臓がん」のリスクを下げる効果=ほぼ確実
「子宮体がん」のリスクを下げる効果=可能性あり
「大腸がん」「子宮頸がん」「卵巣がん」のリスクを下げる効果=データ不十分
このような結果がでました。

コーヒーがなぜがんの予防に繋がるのかがわかっているわけではない

では、なぜコーヒーを飲むと肝臓がんや子宮体がんのリスクを下げることができるのでしょうか?国立がん研究センターはコーヒーがガンに作用するメカニズムを研究しているわけでは無いので直接的な効果の理由はわからないということです。

ですから、コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんや子宮体がんに関して、飲まない人よりはリスクが下がっているという事はデータから見ると間違いないのですが、その理由がなぜかはまだ良くわかっていないのです。コーヒーの中の特定の成分が作用しているということがわかっているわけではないので注意が必要です。しかし、これから研究が進むことで、その理由が明確になることを期待したいですね。

コーヒーが体に良いからといって飲みすぎには注意を

健康によいというイメージが強まってきているコーヒーですが、カフェインの過剰摂取により死亡事故なども起きていることから『ガンのリスクが下がるから』と、がぶ飲みをするようなことだけは避けていただきたいと思います。

コーヒーを飲んでいると確かにある特定のガンのリスクは下がりますが、コーヒーを沢山飲むことでカラダにどんな影響があるのかというリスクは未知数です。また、医薬品として認可されないかぎり、サプリメントや食品でコーヒーに含有されている特定の成分を濃縮させて大量摂取することも安全性の面では不安がありますので、この情報を元にしたサプリメントの販売等には注意をしたいですね。

どんなものでも『過ぎたるは及ばざるが如し』です。フードファディズムという言葉をご存知でしょうか?フードファディズムとは、食べものや栄養が健康と病気に与える影響を、熱狂的、あるいは過大に信じることであり、日本人は特に信じやすい傾向にあります。特定の食品を偏って摂取することは、リスクを伴うことも知っていただければと思います。

効能効果を食品に期待して食べることはできるだけ避けたほうが良いでしょう。それよりも、コーヒーをゆっくりと味わって、ストレスから開放されて、リラックスすることが何よりのがん予防に繋がるかもしれません。

【早川 弘太:健康コンサルタント】


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…



乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…


アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇~食べる順番で予防~モーニングB



がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



凄いぞ!味噌汁の長寿ホルモン…癌、糖尿病、認知症、動脈硬化、メタボ、内蔵脂肪、脂肪肝など!1日3杯以上…塩分も問題なし!アディポネクチン…生活習慣病、ダイエットの味方…


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり


重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇


ココアで記憶力が良くなる!カカオの「フラボノール」で記憶力が若返る!認知症、高血圧、大腸がん、糖尿病、便秘改善、ピロリ菌、心臓発作、脳卒中予防など…カカオプロテインの力…そして受験生に…/60代の記憶がが30代に!3か月間ココアを飲めば…記憶力が10才若返る!甘くないチョコレート… ココアも砂糖なしで…。


元気になる!ココア、低砂糖チョコレート!疲労回復、滋養強壮、アルツハイマー認知症、記憶力、糖尿病、記憶力、糖尿病、便秘、 大腸がん、ピロリ菌、心臓発作、脳卒中予防、美肌、 熟眠、生活習慣病!


熊本地震【九州島】全体が大きく動いている!川内原発に飛び火の危機…大変動はこれから始まる!川内原発の沖合まで続く日奈久断層…>井村隆介准教授・鹿児島大学…




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気バンド、アジカン後藤/... | トップ | 直下型地震「日本で一番危険... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む