みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

TPP「食の安全」自衛に限界も!海外産の検査すり抜け懸念…世界一厳しい日本の残留農薬、添加物基準は…

2015-10-21 15:11:38 | TPP
TPP「食の安全」自衛に限界も!

海外産の検査すり抜け懸念…

世界一厳しい日本の残留農薬、

添加物基準は守られるのか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

東京新聞:「食の安全」自衛に限界も 海外産の検査すり抜け懸念:経済(TOKYO Web)
主婦連合会の山根香織参与は「外食ではメニューに詳細に材料の表示がしてあるわけではないので、消費者は安全かどうか確かめられない」と話す。

東大大学院の鈴木宣弘教授も「成長ホルモンを投与した牛肉など、体に害がある食材を使う外食チェーンや加工会社は増えてくるだろう」と心配する。

検査体制への懸念もある。二〇一四年度は二百二十二万件の輸入の届け出があったが、全部検査をするのは無理。

約二十万件を抽出検査したところ、八百七十七件の違反があった。農薬の基準を上回っていた食品のほか、

国内で承認されていない遺伝子組み換えのパパイアなどがあったという。輸入量が増えれば検査を擦り抜けてしまう食品も増えるだろう。


考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク/世界一厳しい日本の残留農薬基準は守られる?



東京新聞:TPP関税撤廃 「聖域」3割守れず 農家ら批判の声 :経済(TOKYO Web)

各、全文は下記に…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東京新聞:「食の安全」自衛に限界も 海外産の検査すり抜け懸念:経済(TOKYO Web)

「食の安全」自衛に限界も 海外産の検査すり抜け懸念

2015年10月21日 朝刊

 環太平洋連携協定(TPP)で農林水産物の八割以上の関税が撤廃されることになり、より多くの外国産の食品が流入することが予想される。

安い食品を使えば外食や食品加工業界は原材料費を抑えることができる。

ただ、残留農薬や食品添加物など、食の安全を不安視する消費者も多く、すでに自衛策をとっている大手企業もある。 (白山泉、中沢佳子)

 政府は「TPPに日本の食品表示基準を変更する規定はない」と説明する。日本の消費者が気にする遺伝子組み換え食品については、大豆やトウモロコシなど八種類の農作物と、これらを材料につくった豆腐や納豆、スナック菓子など加工食品は、遺伝子組み換え作物を使っているかどうかの表示義務がすでにある。

 ただ、食品表示法に基づく表示義務は容器や包装が対象で、レストランやファストフード店には規制がない。

主婦連合会の山根香織参与は「外食ではメニューに詳細に材料の表示がしてあるわけではないので、消費者は安全かどうか確かめられない」と話す。

東大大学院の鈴木宣弘教授も「成長ホルモンを投与した牛肉など、体に害がある食材を使う外食チェーンや加工会社は増えてくるだろう」と心配する。

 検査体制への懸念もある。二〇一四年度は二百二十二万件の輸入の届け出があったが、全部検査をするのは無理。約二十万件を抽出検査したところ、八百七十七件の違反があった。農薬の基準を上回っていた食品のほか、国内で承認されていない遺伝子組み換えのパパイアなどがあったという。輸入量が増えれば検査を擦り抜けてしまう食品も増えるだろう。

 これまで国内ではマクドナルドの期限切れ肉の使用問題や事故米の不正転売事件など、食をめぐる問題がたびたび起きて、消費者の食の安全への意識はますます高まっている。外国産を使うことで消費者の信頼を失ってしまうことを恐れる企業は多い。

 「消費者の国産への信頼感は強い。TPP発効後は安い産地の食品を使うかもしれないが、不安をなくすのに苦労するかもしれない」と話すのは、牛丼チェーン「すき家」などを展開するゼンショーホールディングスの担当者。すき家で使っている牛肉はすべて米国、豪州、メキシコからの輸入肉。十年前に食品安全の専門部署を設けて、肉のほか、魚や野菜なども残留農薬や遺伝子組み換え、重金属などの検査をしている。

 流通大手のイオンも輸入品を含む食品の検査を自主的に行い、保存料や着色料などの添加物や残留農薬を調べている。「国産でも外国産でも、検査して安全と判断した物なら産地は問わない」と担当者は話している。

 TPPの発効後、企業には今まで以上に食の安全を守る取り組みが求められることになるが、ある外食産業の関係者は「食材の調査などはノウハウや資金力のない企業には難しい」と問題点を指摘している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク/世界一厳しい日本の残留農薬基準は守られる?

世界一厳しい日本の残留農薬基準は守られる?

遺伝子組み換え食品以外にも、「食の安全・安心」に関わることで、アメリカから規制緩和を求められていることはあるのでしょうか?

私たち消費者にとって懸念されることといえば、農薬と食品添加物の問題でしょうね。
特にアメリカが不満をもっているのは、ポストハーベスト農薬と言われ、収穫後の農産物に使われる殺菌剤や防かび剤などへの規制です。収穫前に散布する農薬と比べて農作物に残留しやすいことから、日本ではポストハーベストの使用は禁止されています。

日本の残留農薬基準は世界一厳しい水準で、すべての農薬成分について作物ごとに基準値が設けられています。2002年に中国産冷凍ほうれん草から基準値を上回る農薬が検出され問題になりましたが、そのときの農薬「クロルピリホス」も、コメについていえば、日本の基準は0.1ppmに対してアメリカはその60倍の6ppmとなっています。単純には比較はできませんが、残留農薬の基準は日米で大きな隔たりがあることは事実です。この基準の違いを貿易の大きな壁だと考えるアメリカは、当然ポストハーベスト農薬の使用規制緩和を要求してくるでしょう。
日米レモン戦争

米国で柑橘系に使われる農薬で日本では使用禁止だったOPP、TZBが日米間の問題になったの。

結局、アメリカの圧力で、農薬ではなく食品添加物であるとして合法化されたのよ。
日米レモン戦争
 
アメリカで認められている食品添加物は約3000種!



高濃度の残留農薬は発がん性などの危険が指摘されていますが、同じように食品添加物も子どものアレルギーなどで問題になっています。食品添加物はすでにあらゆる加工品に使われていますが、規制が緩和され、いままで日本では許可されていなかった添加物が大量に入ってくるとしたら、それも不安です。

食品添加物に関しても、日本の基準は非常に厳しいといわれています。
現在、日本で使用できる食品添加物は約800種類、それに対してアメリカでは約3000種類の食品添加物が認められています。3000種類の食品添加物がいきなり解禁されるということはないにしても、アメリカがかなり強硬に基準値の緩和を求めてくるのは明らかです。
その国の決めた安全基準を、「厳しいから緩めろ」と他国が要求し、それがまかり通ってしまうなんて……、ほんとうに許せない話ですよね。

ナナちゃんのように若い人や子どもを持つお母さんが、TPPを身近な問題として考え、「これはおかしい!」と声を上げていくことが大切です。

牛肉、遺伝子組み換え作物、残留農薬、食品添加物……の規制緩和は、日本が守ってきた「食の安心・安全」を揺るがすことは明白です。その影響の大きさを考えただけでも、TPPは国家間の問題ではなく、私たち1人1人の健康に関わる問題、子どもたちの将来にも影響する問題だということを1人でも多くの人に分かって欲しいのです。

使用が認められている食品添加物 日本:約800種、アメリカ:約3000種

穀物類にポストハーベスト使用が認められている農薬の残留基準値(単位 ppm)図表、詳細はこちら↓

考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク/世界一厳しい日本の残留農薬基準は守られる?


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東京新聞:TPP関税撤廃 「聖域」3割守れず 農家ら批判の声 :経済(TOKYO Web)

TPP関税撤廃 「聖域」3割守れず 農家ら批判の声 

2015年10月21日 朝刊

 政府は二十日、環太平洋連携協定(TPP)で関税を撤廃する品目を正式に発表し、日本が「聖域」としていた農産品の重要五項目のうち約三割の撤廃に踏み切ることを明らかにした。十一月中にもTPPの経済効果を試算し、国内農業への影響緩和策を含めた「政策大綱」を策定して補正予算を編成。細部を調整中のTPPの協定案とともに国会に諮るが、聖域の一部撤廃には批判が出ている。

 五項目はコメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖(甘味資源作物)だが、細分化すると計五百八十六品目になる。五項目については二〇一三年に衆参両院の農林水産委員会で「関税の撤廃は認めない」と決議している。約三割の関税を撤廃することになったことについて、甘利明TPP担当相は「重要五項目のコア部分は守れた」と理解を求めた。

 工業品も含めた全品目では95・1%を撤廃する。TPP政府対策本部などは同日、都内で開いた説明会で「各国がほとんど関税を完全に撤廃する中、日本は95%にとどめた」と農業関係者に理解を求めたが、出席者からは「非常に厳しい結果だ」との声が相次いだ。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

TPPは軍事的な中国包囲網!政治・経済・軍事と一体となった米国戦略である!国民も政治家もほ殆ど知らない!メディアは伝えない、兵頭正俊氏/CIA前副長官、米国の大富豪・投資家ジョージ・ソロス氏、日中戦争を企む、第三次世界大戦⇒日中戦争を企む、各国の戦争屋勢力!ポチ安倍晋三を利用し…新たな世界大戦の可能性!

TPP交渉に首藤信彦氏「日本はイカサマ麻雀にハメられた」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ


米国の凋落、経済成長を各国に求める!米財務長官…沈みゆく貧困大国アメリカ…日本の金と自衛隊を狙う!生き残れない国へ加速!米の貧困大国の姿は日本の近未来!


「1億総活躍」の虚構!日本はブラック国家へ!復興、福祉、教育、原発事故など置き去り/西谷修、論考2015/生活不安、軍事に膨大な費用!戦争法から経済へ国民の目先移す!


日本国民は、米国こそテロリスト国家、侵略戦争国家である事を深く知るべきだ!安倍日本も戦争国家に狂乱する!ああ、日本はもう戦争国家アメリカなんだ。と、世界は知り、想ってしまった。海外だけでなく、日本国内でも悲惨なテロが起き続けるだろう。アメリカは『国境なき医師団』にも殺戮攻撃した。安倍軍の日本兵も殺戮軍隊となる。


恐ろしき国、日本!原発事故作業員19ミリシーベルトで白血病!福島は20ミリで帰れ!作業員、労災初認定!



地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


--
から送られてきた高速メモ帳
コメント

<ワシントンに裏をかかれた安倍> オバマは北京に「TPP参加」を要請していたことが発覚!!

2013-06-04 13:15:46 | TPP
<ワシントンに裏をかかれた安倍>

オバマは北京に「TPP参加」を

要請していたことが発覚!!

このことは、ワシントンに

信頼されていない安倍を

改めて裏付けたことになる。


本澤二郎の「日本の風景」(1315)より

安倍の改憲論は、アジアや

ワシントンのリベラル派からすると、

戦後の国際秩序を否定することでもある。

国連への挑戦ともなる。

そもそも憲法を擁護する義務を負っている

政府首脳が、改憲を主導することは憲法が禁じている。


<ワシントンに裏をかかれた安倍>

安倍にとって、アメリカが推進する
TPPに参加する最大の理由は、
それが中国を封じ込めるためのものだからである。

そのためには、日本の経済的不利益は
仕方のないものだ、との判断がある。

反共主義者にとって、中国との友好はNOなのである。

これは理屈以前の思想的感情論である。
だが、事情が一変してしまった。

オバマは北京に対しても「TPP参加」を
要請していたことが発覚したのだ。

安倍は、オバマに裏をかかれたようなものだ。

このことは、ワシントンに
信頼されていない安倍を、改めて裏付けたことになる。

<TPPに中国参加を要請>

中国政府もこの事実を認めている。
しかも、前向きに検討している。
参加することで、中国封じの策略を跳ね返せるからだろう。

むろん、中国も参加することになると
合意形成に相当の時間がかかることになる。

日本経済を根こそぎ略奪されかねない事態も
踏ん張り次第で、それを返上することも可能であろう。

「関税ゼロ」という目標は、単なる希望でしかないことになる。
参加国が合意できる貿易ルールをまとめるしか方法はない。
これは悪いことではない。当たり前の経済ルールである。

<面子丸潰れのナショナリスト>

要するに、TPPに中国が参加するようになれば、
安倍の目論見は失敗したことになる。
安倍のメンツは丸潰れであろう。


6月7日の米中首脳会談が、新たな注目を集めることになった。

安倍の改憲論は、アジアやワシントンのリベラル派からすると、
戦後の国際秩序を否定することでもある。国連への挑戦ともなる。

そもそも憲法を擁護する義務を負っている
政府首脳が、改憲を主導することは憲法が禁じている。

2013年6月3日記

「ジャーナリスト同盟」通信 : 本澤二郎の「日本の風景」(1315)より抜粋引用


TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏


アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】
コメント

【TPP参加悲観論】国民も国会議員もダマしてきた亡国官僚の!!卑劣な手法は許し難い。

2013-04-06 08:57:00 | TPP
【TPP参加悲観論】国民も国会議員もダマしてきた亡国官僚の!!卑劣な手法は許し難い。

☆世間が大震災一色になれば、TPPに関する情報を出さずに済む。
☆国民的議論をさせないで、11月に滑り込み参加表明すればいい。

☆参加の話は直前の10月ごろに急浮上さ せて強行突破すればいい」と、
☆こんなプランを口にする官僚が実際、いたのだ。

☆何でもいいから参加したい日本に対して、
☆米国は『それならまず、入場料を払え』と言ってきた。
☆米国がこれまで規制緩和を求めてきた自動車やBSE、
☆郵政の問題をまず解決せよ、ということ です。

☆この中には『米国車の最低輸入義務台数を設定せよ』
☆というような理不尽な要求も含まれていた。

☆しかし、それを国民に知らせたら、TPP反対論が湧き起こる。
☆だから、内緒で交渉を重ねてきたのです」

☆米国が入り口で妥協しなかったからです。

☆そのたびに頭を下げて、妥協する秘密交渉が
☆何度も繰り返されてきたわけだ。

☆良識ある官僚は、そこまでして参加で突き進む官僚に
☆「そんなことを国民に隠して、
☆あとで日本がたいへんなことになったら、どう責任を取るのか」
☆と迫ったこともあったと いう。

☆しかし、はき違えるな、我々の仕事は、
☆国民を騒がせないことだ、と切り返された。

☆自分を何様だと思っているのか、亡国官僚の卑劣な手法は許し難い。

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏


アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】


image

ゲンダイネット 2013年4月4日より
…………………………………………………

【TPP参加悲観論】国民も国会議員もダマしてきた亡国官僚

【政治・経済】 2013年4月4日 掲載

最初から米国の言いなりだった 大新聞・TVは今頃になって、
TPPの問題点を取り上げているが、ふざけた話だ。

問題点はとっくに分かっていたのに、
官僚の情報操作に乗っかり、見て見ぬふりを決め込んできたのである。

東大大学院の鈴木宣弘教授(農学国際専攻)も
「この間、TV局のスタッフがTPPのメリット、
デメリットを並べようとしたら、
メリットが見当たらなかったとか言うので す。

もっと早く気づいて報道してほしかった」と呆れていたが、
本当だ。TPPの真相はなぜ、覆い隠され、国民に伝わらなかったのか。

TPP交渉は2011年11月、野田首相(当時)がハワイで
「参加に向けて関係国と協議する」と
表明したことが事実上のスタートだ。

これは、実を言うと、大震災の直後から練られていたシナリオだ。
内閣官房は大震災を“チャンス”と捉え、
抜き打ち参加表明をもくろんだフシがあるのだ。

「世間が大震災一色になれば、TPPに関する情報を出さずに済む。
国民的議論をさせないで、11月に滑り込み参加表明すればいい。
参加の話は直前の10月ごろに急浮上さ せて強行突破すればいい」と、
こんなプランを口にする官僚が実際、いたのだ。

大マスコミの報道を見ていると、
安倍首相が初めて参加表明に踏み込んだように見えるが、
真相はまったく違う。

「野田首相のハワイでの表明のあと
一部の官僚が秘密交渉を始めたのです。というより、
この間の交渉は米国に参加を承認してもらうための事前交渉でした。

何でもいいから参加したい日本に対して、
米国は『それならまず、入場料を払え』と言ってきた。
米国がこれまで規制緩和を求めてきた自動車やBSE、
郵政の問題をまず解決せよ、ということ です。

この中には『米国車の最低輸入義務台数を設定せよ』
というような理不尽な要求も含まれていた。
しかし、それを国民に知らせたら、TPP反対論が湧き起こる。
だか ら、内緒で交渉を重ねてきたのです」(鈴木宣弘氏)

<「国民を騒がせないことが仕事」>

交渉参加の入り口から、無理難題を吹っかけられ、
それでもポチのごとく、シッポを振ってきたのが日本の一部の官僚なのである。

TPPにメリットがないのは当たり前。
最 初から米国企業のための、米国企業による協定なのだ。
この間、カヤの外に置かれていたのは国民だけではない。

民主党の国会議員が交渉内容の開示を求めても、
官僚は「情報収集とアイデアの交換をしているだけ」とスットボケてきた。

「この2年間、彼らはウソをつき続けてきたのです。
国民や国会に何も説明しないまま、
国を売るような協定のお膳立てを着々と進めてきたのです。

民主党政権がなかなか正式 参加表明ができなかったのは、
国民の懸念が大きかったからではありません。

米国が入り口で妥協しなかったからです」(鈴木宣弘氏)

そのたびに頭を下げて、妥協する秘密交渉が何度も繰り返されてきたわけだ。

良識ある官僚は、そこまでして参加で突き進む官僚に
「そんなことを国民に隠して、
あとで日本がたいへんなことになったら、どう責任を取るのか」
と迫ったこともあったと いう。
しかし、「はき違えるな、我々の仕事は、国民を騒がせないことだ」と切り返された。

自分を何様だと思っているのか、亡国官僚の卑劣な手法は許し難い。

ゲンダイネット 2013年4月4日より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141778

本当なのか安倍首相のTPP参加のメリット【聖域や国益など守れるハズなし】交渉の余地がなく!
http://kimito39.at.webry.info/201303/article_77.html
コメント

TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞【すでに交渉の余地ない!?】

2013-03-30 10:00:27 | TPP
TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞【すでに交渉の余地ない!?】

☆日本政府には、民主党政権当時から米国と事前協議を続けていたため
☆「議会への通知には、さほど時間はかからない」と楽観論があった。

☆ところが、いまだに米国は議会通知をしていない。
☆先行参加国は四月下旬にインド ネシアでの
☆閣僚級会合で日本の参加を協議する見通しだ。

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏

image

東京新聞 2013年3月30日
…………………………………………

■TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞

安倍晋三首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉に
参加を表明してから二十九日で二週間が経過した。

米国などの先行参加国で
日本の参加を承認する手続きが思いのほか進まず、
交渉入りを急ぐ首相には焦りの色が出始めた。 (TPP取材班)

菅義偉官房長官や甘利明TPP担当相ら関係閣僚は二十七日深夜、
都内のホテルに急きょ集まった。

首相から「各国との事前協議を加速させるように」と指示を受けた ためだ。
各国から収集した交渉に関する情報の分析などを行ったという。

日本がTPP交渉に参加するためには、
米国やオーストラリア、ニュージーランド
といった先行参加国の承認が必要。

承認に向け各国と調整する政府内の動きが鈍いと
感じた首相が、ハッパを掛けたとみられている。

首相が急ぐのは七月に開かれるとみられる
参加国会合に日本も確実に参加するためだ。

その後の会合は九月になる。米側は年内に交渉をまとめたい意向。
日本の主張を通すためには早く参加する必要がある。

米国では、外交交渉を始める際は議会に通知して
九十日間協議する手続きを経る慣例がある。

七月の交渉に参加するには今月中か、
遅くとも四月半ばには日本のTPP交渉参加を
米政府から議会に通知してもらわなければならない。
首相が二週間前に参加表明したのも米国の九十日ルールを考慮したからだ。

日本政府には、民主党政権当時から米国と事前協議を続けていたため
「議会への通知には、さほど時間はかからない」と楽観論があった。

ところが、いまだに米国は議会通知をしていない。
先行参加国は四月下旬にインド ネシアでの
閣僚級会合で日本の参加を協議する見通しだ。

米通商代表部(USTR)のマランティス代表代行は
参加国間の議論を重視する姿 勢は示したため、
議会通知は四月下旬以降になるとの見通しが強まっている。

そうなれば、七月の交渉入りができない可能性が高まり、
首相が参加表明を急いだ意味がなくなる。

政府内では「七月から交渉に入らないといけない。
閣僚級会合の前に通知してもらうよう、
米政府にもう一度根回しをしなければいけない」との声が出 ている。

東京新聞 2013・2・30より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013033002000138.html

image

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11483726878.html

【TPP】関連ブログ


TPP関連記事のスクラップです。 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
コメント

【TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知【安全保障、 遅れて参加する日本】

2013-03-27 09:39:33 | TPP
【TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知【安全保障、 遅れて参加する日本】

☆TPP参加は、安全保障の観点からすれば、明らかにマイナスなのだ。

☆これを受け、TPP応援団の大新聞は
☆「強力布陣」などと持ち上げているが、どうも怪しい。
☆なにしろ、トップの甘利からして、
☆ホントに分かってるの?という感じなの だ。

☆本人は「日本にとって都合のいいルールをつくった方がいい」と勇ましい。
☆しかし、昨年12月から参加した
☆カナダとメキシコは、すでに口出しできない状態。
☆遅れて参加する日本がルールをつくれる可能性は低い。



TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏




ゲンダイネットより
…………………………………………

【TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知

2013年3月26日

「安全保障の役割も果たす」 TPP参加交渉に向けた政府の体制が整ってきた。

安倍首相は100人規模の対策本部の設置を決定。
甘利TPP担当相を本部長に据え、
対外交渉担当の70人を指揮する首席交渉官に鶴岡外務審議官、
国内対策担当の30人を束ねる国内調整総括官に
佐々木豊成官房副長官補を起用する方針だ。

これを受け、TPP応援団の大新聞は
「強力布陣」などと持ち上げているが、どうも怪しい。
なにしろ、トップの甘利からして、
「ホントに分かってるの?」という感じなの だ。

本人は「日本にとって都合のいいルールをつくった方がいい」と勇ましい。
しかし、昨年12月から参加した
カナダとメキシコは、すでに口出しできない状態。
遅れて参加する日本がルールをつくれる可能性は低い。

国会でも、「公的医療保険のあり方は議論の対象となっていない」
「食品安全の緩和は議論されていない」と答弁していたが、
TPPはすべての分野を議論するはず。
にわか に信用できるものではない。

極めつきはNHKの番組での発言。
「東アジアの安定化要因になっていく」
「安全保障の役割も果たす」と強調したが、
専門家はむしろ、安全保障が脅かされると危惧してい る。

関税の撤廃は、サトウキビや肉用牛、豚の飼育が盛んな
鹿児島以南の南西諸島の島々にとって大打撃だ。
石垣島などの離島は人口減少が避けられない。

そのため、東海大の山 田吉彦教授は著書
「日本国境戦争 日本の海をめぐる攻防」で、
人口減は離島の防衛力を低下させると指摘。
尖閣防衛の最前線が危うくなると警告している。

<離島防衛はガタガタ>

また、TPP参加で南西諸島の住民が激減した場合、
陸上自衛隊と海上保安庁の1万人規模の人員増が必要になると予測。
その費用は人件費だけで毎年845億円、
それ以外 の装備費で約9000億円に及ぶと見積もっていた。

TPP参加は、安全保障の観点からすれば、明らかにマイナスなのだ。

この問題を甘利大臣に会見でぶつけたジャーナリストの横田一氏が言う。
「政府は関税撤廃の試算を公表しています。

それなら、離島防衛のマイナス効果も試算していなければ不十分。

そのことを甘利大臣に問いただすと、
『風が吹いたら桶屋が儲か るという
論理展開をしていくと際限がなくなる』と答えています。
あまりの知識不足に呆れました」

この程度の大臣が、これからTPP交渉の陣頭指揮を執っていくのだ。
日本の国益が守られる保証は全くない。


ゲンダイネット 2013・3・26 より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141616

★★★★★★★★

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)


TPP関連記事のスクラップです

TPPブログ
【tpp】
コメント

安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相【 号外、衆院選は無効 一票の格差訴訟で広島高裁】

2013-03-25 18:00:01 | TPP
安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相【 号外、衆院選は無効 一票の格差訴訟で広島高裁】

号外、昨年の衆院選は無効 一票の格差訴訟で初判断 広島高裁 朝日新聞 2013・3・25
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8693279.html

【7月参院選の意味を再確認しておきたい】

☆何よりも重要な点は、7月参院選で
☆安倍政権支持・補完勢力が参院で過半数、 絶対多数を確保すると、
☆2016年までの3年間に、日本の諸制度、国のかたちが、
☆書き換えられてしまう可能性があることだ。

植草一秀の『知られざる真実』ブログ
2013年3月25日 (月)より
……………………………………………………

■安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相

7月参院選の意味を再確認しておきたい。

何よりも重要な点は、7月参院選で安倍政権支持・補完勢力が参院で過半数、 絶対多数を確保すると、2016年までの3年間に、日本の諸制度、国のかたちが、書き換えられてしまう可能性があることだ。

昨年12月16日の総選挙は違憲選挙である。

違憲選挙だから、当然、無効選挙にならねばならない。

裁判所は選挙の無効を宣言するべきである。

しかし、この国の司法は、政治権力から独立していない。

司法は、行政権の支配下に置かれているのが実態である。

行政権の支配下に置かれている司法が、総選挙を無効とする判断を示すことは ないだろう。

つまり、現在の安倍政権が衆院を解散しない限り、2016年夏まで、国政選 挙が行われない、「空白の3年」が生まれることになる。

政治勢力は多党乱立のように見えるが、これは一種の「偽装」、=「目くらま し」の策謀であると思われる。

同種同根の政治勢力が多党に分立して、それぞれが一定の投票を獲得し、議席 を占有する。

国民の多様な意見を吸収しているように見せかけて、実は、これらの勢力が同 種同根だとすると、特定の政治勢力が国会を支配することになる。

結論を先走って述べれば、自公 +みんな維新は広い意味で同種同根である。

民主の大半も同種同根である。

この自公+みんな維新+同根民主によって国会が占領されてしまえば、大政翼 賛政治になる。

参院選の結果、この大政翼賛体制が構築される可能性が高まる。

「同種同根」の根本は、「対米隷属」である。

当面の具体的なテーマは、辺野古・原発・TPPだが、この三大問題につい て、対米隷属を軸にものごとが決着してしまう可能性が生まれている。

安倍晋三氏は、すでにこの三大テーマである、辺野古・原発・TPPについ て、地雷を埋め込んだ。

重要なことは、その地雷が火を噴くタイミングが、すべて、参院選後に設定さ れたことだ。

安倍氏が三つのテーマについて、前のめりの姿勢を示した理由は、地雷の埋め 込み作業を、できるだけ参院選と引き離すためであったと思われる。

早い段階で地雷を埋め込んでしまい、参院選のころには、この地雷についての 認識を薄れさせるのだ。

この三大問題を参院選の焦点から外し、参院選を乗り越える。

地雷が火を噴くのは参院選が終わってしまったあとだから、地雷が火を噴いて 主権者が後悔しても、もう手遅れである。

批判が強まっても、国政選挙がないから、主権者が意思を表示する機会は存在 しない。

2016年までその怒りを持ち続けるほど、主権者の意思は強固でない。

主権者はそのように見くびられている。

政権のシナリオに全面協力しているのがマスメディアである。

TPPも政権が創作したイメージストーリーが流布されて、主権者を丸め込む ことに成功しつつあるかのように見える。

「TPPを正確に説明すると世論はTPP反対に変わる」

http://uekusak.cocolog -nifty.com/blog/2013/03/post-4d4a.html

主権者は真実を知らされず、政府が創作した虚偽のイメージによって誘導され てしまっている。

こうした、イメージによる誘導こそ、「情報操作」そのものである。

政治権力がマスメディアを動員して実施するイメージ操作=大衆誘導こそ、大 政翼賛体制の政治の大きな特徴である。

TPPにおいては、政府が美辞麗句を並べ立て、日本の主権者が被害を蒙る肝 心のポイントについては一切触れずに、抽象論だけで情報操作を展開した。

その象徴が安倍晋三氏の記者会見発言内容だ。

「世界の国々は、海外の成長を取り込むべく、開放経済へとダイナミックに舵 を切っています。

日本だけが内向きになってしまったら、成長の可能性もありません。

TPPはアジア・太平洋の「未来の繁栄」を約束する枠組みです。

全ての関税をゼロとした前提を置いた場合でも、我が国経済には、全体として プラスの効果が見込まれています。

TPPの意義は、我が国への経済効果だけにとどまりません。日本が同盟国である 米国とともに、新しい経済圏をつくります。そして、自由、民主主義、基本的 人権、法の支配といった普遍的価値を共有する国々が加わります。

こうした国々と共に、アジア太平洋地域における新たなルールをつくり上げて いくことは、日本の国益となるだけではなくて、必ずや世界に繁栄をもたらす ものと確信をしております。

共通の経済秩序の下に、こうした国々と経済的な相互依存関係を深めていくこ とは、我が国の安全保障にとっても、また、アジア・太平洋地域の安定にも大 きく寄与することは間違いありません。

今がラストチャンスです。この機会を逃すということは、すなわち、日本が世 界のルールづくりから取り残されることにほかなりません。

残されている時間は決して長くありません。だからこそ、1日も早く交渉に参 加しなければならないと私は考えました。」

抽象的な美辞麗句だけで押し切ってしまうという不誠実な姿勢が鮮明に示され たものだ。

「核心に触れず美辞麗句で TPP押し売りの不誠実」

http://uekusak.cocolog -nifty.com/blog/2013/03/tpp-766e.html

メディアが肝心な具体的問題点を明らかにせず、主権者をムードだけで洗脳し てしまう。

この状況が維持されて、参院選を迎えれば、安倍政権支持勢力・補完勢力が参 院でも多数を握ってしまうだろう。

参院選後、辺野古、原発、TPPの地雷が火を噴くことになる。そのときに なって後悔しても遅いのだ。

この事態を回避するには、「対米隷属」勢力に対抗し得る政治勢力が、最低で も参院3分の1議席を守ることが必要だ。

そのための方策を打ち立てないと手遅れになる。

続きは本日の メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
第526号「辺野古・TPP・原発反対の「静かなる革命」を展開」
「植草一秀の『知られざる真実』」ブログより
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7d95.html
コメント

【自民の異常、自滅?】圧力に屈したテレビ朝日、モーニングバード「そもそも総研」放送中止の謎!

2013-03-24 10:00:36 | TPP
【自民の異常、自滅?】圧力に屈したテレビ朝日、モーニングバード「そもそも総研」放送中止の謎!

☆圧力に屈したテレ朝もテレ朝だが、
☆安倍自民党は、やっぱりおかしい・・・

☆自民党は、自ら墓穴を掘っている。大西英男なる男を記憶に留めておこう。



☆NHKじゃなくてテレビ朝日、
☆8時からの【モーニングバード】で、
☆丁度、安倍晋三総理がTPP参 加を表明した直後の放送だった。

☆そこで孫崎亨という評論家、これ外務省出身だが、
☆この人がTPPというのは
☆『もう交渉の余地は ない。決まってるんだ。
☆今からでは手遅れだ。』

☆あるいは『これアメリカの国家利益に奉仕する枠組みで、
☆日本はアメリカの植民地化してしまう 。』
☆こういう事を、メインコメンテーターとしてとうとうとやっている。

☆それで私は孫崎亨氏の今日までの政治的な発言について調べてみた。
☆とんでもないんですねー。

……孫崎さん、圧力に屈してはダメですぞ!……

「大西英男議員の衆議院での私への批判」孫崎 享  赤かぶ
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/478.html

大西衆院議員が国会で孫崎亨さんやテレビ番組を攻撃! - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8679761.html

阿修羅ブログ(いかりや爆氏の毒独日記)
投稿者 メジナ 2013年3月22日
……………………………………………………

圧力に屈したテレビ朝日、モーニングバード
「そもそも総研たまペディア」放送中止の謎

本日の日記は書く予定ではなかったのだが、取り急ぎ書くことにしました。

筆者は、通常テレビをみるのは朝食時間帯である。
メシをたべながらテレビ朝日のモーニ ングバード
(8.00~09.55)をみることが多い
(同じ時間帯のNHK「あさイチ」は殆どみない )。
なかでも、毎週欠かさずみるのが、
木曜日放送の玉川徹氏が担当する「そもそも総研たまペ ディア」である。
(玉川徹:テレビ朝日でディレクター兼リポーター兼コメンテイター)。

ところが昨日(3/21、木曜日)は、いつもの時間(8.30頃)になっても、
「そもそも総研 たまペディア」は放送されなかった。
「そもそも総研たまペディア」は、何故放送されなかった のか。
何かひっかかるものを感じた・・・
司会の赤江珠緒アナの本日の顔付きが、なにかしらオドオドしていた。

そこで、本朝9時頃、
テレ朝「そもそも総研たまペディア」に、下記を投稿しました。

毎週木曜日そもそも総研たまペディアを、楽しみにしてみています。

昨日(3/21)は、何故放送されなかったのか、教えてください。
まさか、安倍政権もしくは自民 党からの
圧力があったということではないでしょうね?

ところが、筆者の懸念が見事的中していることがわかった。

昨日の衆議院予算委員会:会議名 総務委員会 (13時 41分~)で、
自由民主党の大西英男議 員が、次のような質問をしている。

「大西英男議員の衆議院での私への批判」 孫崎 享
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/478.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 22 日 11:30:00: igsppGRN/E9PQ より抜粋、

大西議員 「自民党新人の大西英男でございます。
多く諸先輩のご配慮により質問する機会を
与えていただきましてありがとうございます。
まず、私はNHK報道の政治的中立性についてお尋ねをしたいと思う。

実は先日、早朝の会議に急ぐために車で移動していたら家内から、
『お父さん大変よ 、今、
テレビでTPPはとんでもないという事をやってるわよ 』
という事で連絡があった。
私はすぐ家内に録画を録っておけよと言って、
帰ってから深夜見たら、まぁとんでもない。

NHKじゃなくてテレビ朝日、
8時からの【モーニングバード】で、
丁度、安倍晋三総理がTPP参 加を表明した直後の放送だった。
そこで孫崎亨という評論家、これ外務省出身だが、

この人がTPPというのは
『もう交渉の余地はない。決まってるんだ。 今からでは手遅れだ。』
あるいは『これアメリカの国家利益に奉仕する枠組みで、
日本はアメリカの植民地化してしまう 。』

こういう事を、メインコメンテーターとしてとうとうとやっている。

それで私は孫崎亨氏の今日までの政治的な発言について調べてみた。
とんでもないんですねー。
これは自らのツイッターや、
あるいはテレビ報道でも言っているが『尖閣は中国の領土だ』
『竹島は韓国の領土だ』こういったことを主張している。で、
これは相当前からで、更に調べていく と、
ナントナントNHKに何回か出演している。 ・・・・以下省略

昨日の大西議員の質問時間帯は午後(13時 41分から約8分間)だから、
事前にテレ朝へ何らか の圧力がかかって、
「そもそも総研たまペディア」は
放送を取りやめたものと言わざるを得ない 。

圧力に屈したテレ朝もテレ朝だが、安倍自民党は、やっぱりおかしい・・・

自民党は、自ら墓穴を掘っている。大西英男なる男を記憶に留めておこう。

参考: 「大西英男議員の衆議院での私への批判」2013-03-22 08:52
http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar168169?key=510ebac8e721826bd93147ffba609d2e e4b5eba73a52ae190a77d15393a82a8e

孫崎さん、圧力に屈してはダメですぞ!

元記事リンク:
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/148020c27abd3532a6c5f322cfcf82cf?fm=rss

投稿者 メジナ 日時 2013 年 3 月 22 日
阿修羅ブログより
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/724.html
コメント

農協カンカン 公明と距離 県連分裂 【自民参院選が怪しくなってきたゾ】

2013-03-22 18:46:49 | TPP
農協カンカン 公明と距離 県連分裂 【自民参院選が怪しくなってきたゾ】

☆“ねじれ”解消に息巻いている安倍首相。
☆依然として高い支持率に、
☆党幹部からは「単独過半数もイケる」なんて声も出ているが、

☆先週から急に風向きが変わってきた。
☆大切な支持者である「農業団体」が次々と離反しているのだ。

☆「15日に首相がTPP参加を表明して以降、
☆JA関係者から『衆院選で応援したのに裏切られた』
☆『農家を潰す気か』といった電話が毎日のようにかかってきます。

☆地元のJ Aに説明に行きましたが、みな冷ややかでしたね。
☆JA北海道はすでに『参院選で自民候補は支援しない』と決めましたが、
☆東北のJAもこれに続く勢い。頭が痛いです」


ゲンダイネット 2013年3月22日 より
……………………………………………………

■農協カンカン 公明と距離 県連分裂 自民参院選が怪しくなってきたゾ

圧勝ムード一変
「7月の参院選では自民・公明で過半数を取り戻す」と
“ねじれ”解消に息巻いている安倍首相。
依然として高い支持率に、
党幹部からは「単独過半数もイケる」なんて声も出ているが、

先週から急に風向きが変わってきた。
大切な支持者である「農業団体」が次々と離反しているのだ。

「15日に首相がTPP参加を表明して以降、
JA関係者から『衆院選で応援したのに裏切られた』
『農家を潰す気か』といった電話が毎日のようにかかってきます。

地元のJ Aに説明に行きましたが、みな冷ややかでしたね。
JA北海道はすでに『参院選で自民候補は支援しない』と決めましたが、
東北のJAもこれに続く勢い。頭が痛いです」

(東 北の衆院議員)

主戦場となる参院選の1人区は31。その8割が農村区だ。

安倍は必死に「守るべきものは守る」と言っているが、具体策は示せていない。

このまま農村部で自民離れが進めば、
勝敗ラインとしている「1人区25勝」が遠のく。

JAだけでなく、公明党との協力関係も微妙だ。
もともと、タカ派で憲法改正に積極的な安倍とは「水と油」。
年明けから公明が執拗に求めた
「消費税8%時の軽減税率導 入」も、安倍は冷たく切り捨てた。

公明との調整役である石破幹事長も今月初め、
「選挙制度改革は3月半ばまでにやらないといけない」
と勝手にゴールを決め、火に油を注ぐ始末。

「埼玉選挙区から出馬する候補に、推薦を出して欲しい」と
公明から懇願されても、石破は「うーん」とうなったまま。
公明側は「学会票は欲しがるくせに、
こちらの頼みは聞 かないのか」とカンカンで、
自公の距離は年末の衆院選時より、確実に広がっている。

「北海道や愛知などの複数区では自民の分裂現象も起きています。
党本部が『1人しか擁立しない』と決めたため、
その『1枠』をめぐり、県連が2分裂、3分裂しているので す。
予備選などで候補が一本化されても、
敗れた方は参院選で真剣に支援しないでしょう。
複数区でも取りこぼしがありそうです」
(政治ジャーナリスト・小谷洋之氏)

6年前の参院選では、
わずか37議席と歴史的な惨敗を喫した安倍。やはり参院選は鬼門か。

ゲンダイネット 2013年3月22日 より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141558


TPP関連記事のスクラップです。 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8660770.html
コメント

【TPP参加悲観論】2ページに1つは間違える超難解なTPP【韓国官僚は296カ所でミス】

2013-03-21 20:12:17 | TPP
【TPP参加悲観論】2ページに1つは間違える超難解なTPP【韓国官僚は296カ所でミス】

ゲンダイネットより2013・3・21

☆韓国外交通商部エリート官僚は296カ所でミス
☆「米韓FTA」の締結から1年が経った韓国国内は、
☆しっちゃかめっちゃかだ。

☆「私も韓米FTAの英語の原文にあたりましたが、
☆米国独特の法律用語が多用され、二重三重の言い回しが使われていた。

☆何回も目を通してようやく
☆『米国の国内法が優先する』と書かれていることが理解できました。

☆よほど自由貿易協定に 精通していて、
☆高度な法律知識を兼ね備えていないと太刀打ちできない。
☆恐らく、頭でっかちの外務省の担当者は“自分たちは大丈夫。
☆韓国のようにヘマはしない”とタカをく くっているでしょう。

☆そこが決定的に危うい。私は同じ轍を踏むとみています」(郭洋春氏)



ゲンダイネットより2013・3・21
…………………………………………………

【TPP参加悲観論】2ページに1つは間違える超難解なTPP英語

韓国外交通商部エリート官僚は296カ所でミス
「米韓FTA」の締結から1年が経った韓国国内は、
しっちゃかめっちゃかだ。

日本の「エコカー減税」にあたる低炭素自動車優遇措置が
米国の介入によって延期になるなど、
いくつもの法律、条例の変更を余儀なくされている。

米韓FTAは「TPPのひな型」だ。
悪名高きISD条項も盛り込まれている。

「投資家が自由な経済活動を侵害された場合、
国家を訴えることができる」というやつだ。

もっとも、適用されるのは韓国内に限られる。
韓国企業が米国内で活動する場合は、
「米国の国内法が優先される」と序文にある。

つまり、自由な経済活動をできるのは米国企業だけなのだ。
韓国はなぜこんな喜劇的な不平等協定を締結したのか。
途上国の開発経済が専門の立教大教授・郭洋春氏(経済学)が言う。

「FTAの交渉にあたっていた韓国外交通商部の担当者が
内容を理解しきれずに協定を結んでしまった可能性が否めません。

韓米FTAは序文と24章から構成されていますが、
韓国語の翻訳版からは296カ所の誤訳が確認された。
英語の原文はA4サイズで700ページ。
2ページに1つの割合で間違えていることになります」

日本の外務省にあたる外交通商部で働く役人は高学歴のエリート揃いだ。
しかし、FTAに書かれた英語は、
秀才が繰り返し読み込んでも理解できないほど難解だという。

「私も韓米FTAの英語の原文にあたりましたが、
米国独特の法律用語が多用され、二重三重の言い回しが使われていた。

何回も目を通してようやく
『米国の国内法が優先する』と書かれていることが理解できました。

何人かの学者に確認しても同じような反応です。
つまり、英語が堪能なだけじゃ理解できない内容なんです。

よほど自由貿易協定に 精通していて、
高度な法律知識を兼ね備えていないと太刀打ちできない。
恐らく、頭でっかちの外務省の担当者は“自分たちは大丈夫。
韓国のようにヘマはしない”とタカをく くっているでしょう。

そこが決定的に危うい。私は同じ轍を踏むとみています」(郭洋春氏)

どこに地雷が埋まっているか分からない
超難問英文を読解しなくてはいけないのがFTA。
大学入試じゃあるまいし、「解けませんでした」では済まされない。

ゲンダイネット 2013・3・21より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141535

TPPが分かり易い、関連記事のスクラップです。

image
image
image
image
image
image
image
image

TPP関連記事のスクラップです。 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8660770.html
コメント

TPPが分かり易い、関連記事のスクラップです。

2013-03-21 19:55:34 | TPP
TPPが分かり易い、関連記事のスクラップです。

image
image
image
image
image
image
image
image


今日の驚き - Yahoo!ブログより2013・3・21より
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8660770.html



コメント

米国の自家菜園禁止法がTPP締結で日本にも来る!TPP締結で自由に種を蒔く権利も消滅か!?

2013-03-20 18:19:04 | TPP
米国の自家菜園禁止法がTPP締結で日本にも来る!TPP締結で自由に種を蒔く権利も消滅か!?

☆TPPや放射能汚染などの影響で、
☆安全な食品を手に入れるために自家栽培を
☆本格的に始めようとしている方が増えていると聞きますが、
☆TPPが本格的に始まれば日本にも
☆この「食品安全近代化法」が波及すると見られており、
☆個人が自家栽培をするのは違法行為となってしまうことでしょう。

☆簡単に言ってしまうと、
☆この上院510法案「食品安全近代化法」
☆ (Food Safety Modernization Act)は
☆人々が食べ物を栽培し、売買し、
☆輸送する権利に対し、政府が規制をしようと言うものなのです。

☆「TPPは新世界秩序を実現するための基礎条約」と述べていますが、
☆これでその意味がお分かり頂けたかと思います。

☆TPPというのはアメリカで作り上げた
☆国民管理システムを世界各国に強制するもので、
☆それによって利益を得るのは
☆一部の大企業と権力者のみという構造になるのです。

☆彼らが世界中で自由に動くために作られた条約がTPPです。


正しい情報を探すブログより
………………………………………

■米国の自家菜園禁止法がTPP締結で日本にも来る!
TPP締結で自由に種を蒔く権利も消滅か!?



アメリカで
「食品安全近代化法(Food Safty Modernization Act)」という
法律が可決されたことを皆さんはご存知でしょうか?

この食品安全近代化法とは、2010年11月に上院で可決し、
2011年1月4日にオバマ大統領署名の手続きを踏み成立したもので、
2012年7月4日から施行されている法律です。

この法律の問題点は家庭菜園を営むと違法行為とみなされてしまう点で、
政府や行政に農家や食糧生産者を犯罪者として
合法的に逮捕する権限を与えるような内容とな っています。

☆激しい抗議にもかかわらず、食品安全近代化法が上院で可決
URL
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/510passed.php

引用: 食糧を抑圧する新法、
「食品安全近代化法」が本日(11月30日)、米国上院で可決された。

この法律により、FDA(米国の食品医薬品局)には、
農家や食糧生産者を犯 罪者にし、
監獄送りにする広範な権限が新たに付与される。
そして、食糧汚染の本当の原因(工業化された畜産)を
解決することは何もなされない。
(畜産は、FDAでは なく、農務省の管轄)

票決は賛成73:反対25で可決した。今回の討議では、
トム・コバーン(Tom Coburn)議員(共和党、オクラホマ州)が、
偉大な「理性の代弁者」として登場した。
最後 の土壇場で、
この法案の規模の縮小を試みた彼の修正案は、今朝、廃案になった。

公式な投票結果は、ここにある。
http://www.senate.gov/legislative/L...

注目すべきことに、民主党は誰一人としてこの法案に反対していない。

この法案は、当初案では、欧州の法律と「調和」することを通じて、
大半の栄養補助食品(サプリメント)を違法化するはずだった。

また、近隣の人々に生乳(無殺菌牛乳)を
販売する農家を禁固10年にする権限が与えられるはずだった。

最後の土壇場でなされた修正のおかげで、
最終的にこの二つの条項は、法案から除外されたが、
ここの部分にそもそもこの法案を書いた人間の
警察国家を志向する精神構造が見事に現れている。

法案の起草者は、食糧、菜園・果樹園、生の牛乳等々、
すべてを政府の完全支配下におさめる意図を持っていた。

米国の上院議員がいかに食糧のことを知らないか
わかってもらえると思うが、
ニューヨークタイムズの報道によると、
上院の関係者がこの法案について議論するために 集まったとき、
彼らはスターバースト(Starburst)の
キャンディとジェリービーンズを食べたがった。

「協議の最中に、参加者(ほとんど女性)が、
近所の食品マーケ ットに現地調査に行き、
ある共和党のメンバーは民主党のメンバーに
高級ステーキの買い方を教えた」とニューヨークタイムズは報じている。

つまり、基本的に「死んだ食品」、動物製品、
キャンディを食べる女性集団が協議した
食品暴政法が新たにできあがったわけである。
:引用終了

簡単に言ってしまうと、
この上院510法案「食品安全近代化法」
(Food Safety Modernization Act)は
人々が食べ物を栽培し、売買し、
輸送する権利に対し、政府が規制をしようと言うものなのです。

TPPや放射能汚染などの影響で、
安全な食品を手に入れるために自家栽培を
本格的に始めようとしている方が増えていると聞きますが、
TPPが本格的に始まれば日本にも
この「食品安全近代化法」が波及すると見られており、
個人が自家栽培をするのは違法行為となってしまうことでしょう。

いずれは日本でもアメリカのように、
「政府や大企業が決めた物しか食べてはいけない」
というような国になってしまうということです。

当ブログでは何度も
「TPPは新世界秩序を実現するための基礎条約」と述べていますが、
これでその意味がお分かり頂けたかと思います。

TPPというのはアメリカで作り上げた
国民管理システムを世界各国に強制するもので、
それによって利益を得るのは
一部の大企業と権力者のみという構造になるのです。

日本では相変わらず農業生産ばかり議論されていますが、
TPPを締結してしまうと
「食品安全近代化法」のような食品の管理、情報の統制、
著作権の非親告罪化、医療保険など
多くの分野が滅茶苦茶にされてしまいます。

既にアメリカという国家は多国籍企業郡によって、
半ば乗っ取られてしまっています。
「ユダヤの陰謀」とか「フリーメーソンの陰謀」というような
話を聞いたことが あるかと思いますが、
彼らの実態はモンサント社のような大企業であり、
着実に世界支配のために世界の権力構造に食い込んでいるのです。

彼らが世界中で自由に動くために作られた条約がTPPです。

正しい情報を探すブログより
2013・2・20 詳細はコチラ↓↓
http://s.ameblo.jp/kennkou1/entry-11494278134.html

★★★★★★★★

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b34ca441780a04cd4385d1cc1bcf2196

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11483726878.html
コメント

本当なのか安倍首相のTPP参加のメリット【聖域や国益など守れるハズなし】交渉の余地がなく!

2013-03-19 18:40:50 | TPP
本当なのか安倍首相のTPP参加のメリット【聖域や国益など守れるハズなし】交渉の余地がなく!

☆交渉の余地がないのは政府も知っているはずです。
☆それなのに国民には何も知らせず、
☆後発国には出る幕がない交渉に参加する。
☆これは白紙委任状と同じです。

☆つい最近、シンガポールで行われた交渉で米国の担当官は
☆『日本は交渉する時間も権利もないんだ よ』と言ったといいます。

☆元外交官で、あまたの国際交渉を経験してきた孫崎享氏は
☆TPPで日本は得るものは何もない。
☆ひとつの例外を除いて……と言った。

☆その例外こそがTPPの本質だ。
☆米国の言いなりになって、政権維持をしてもらうこと。
☆それしかメリットはありません。
☆つまり、安倍首相のためだけのTPPです。

☆東大大学院教授の鈴木宣弘氏は
☆「民主党の公約破りをあれだけ非難してきたのに、
☆自民党の公約破りは許されるのか。
☆有権者に対する信じがたい背信行為だ」と言ったが、本当だ。

☆一事が万事で、安倍や政府が説明するTPPに
☆関する話はことごとくデタラメだ。

ゲンダイネット 2013年3月16日より
…………………………………………………

米隷従の自民安倍政権に米国との交渉力など全くなしと専門筋。

安倍首相が15日、TPP交渉参加を正式に表明したが、
ぶったまげたのはその言い草だ。

自民党は先の選挙で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、
交渉参加に反対する」と明言。

あたかも「TPPには慎重」の姿勢を装ってきた。
6割を超える議員がTPP反対 を売り物に選挙を戦い、
勝ち抜いてきたのは周知の通りだ。

ところが、安倍は「TPPがアジア太平洋の世紀の幕開けとなった。
後世の歴史家はそう評価するに違いありません」
「その中心に日本は存在しなければなりません」
「TPPへの交渉参加はまさに国家百年の計であると私は信じます」
と高らかに宣言したのである。

もう筋金入りのTPP礼賛ではないか。
会見では取ってつけたように「聖域」についても触れた。

しかし、「守るべき項目をしっかりと胸に、
強い交渉力を持って結果を出し たい」と言っただけ。

質疑応答で「(聖域の重要5品目の関税を)堅持できない場合、
TPP交渉から離脱するのか」と突っ込まれると、
「今ここで離脱するかどうかを申し上 げるのは国益に反する」とゴマカした。

最初から交渉参加ありき。
それがものの見事に露呈した記者会見だったのである。

東大大学院教授の鈴木宣弘氏は
「民主党の公約破りをあれだけ非難してきたのに、
自民党の公約破りは許されるのか。

有権者に対する信じがたい背信行為だ」と言ったが、本 当だ。

一事が万事で、安倍や政府が説明するTPPに関する話はことごとくデタラメだ。

とにかく、米国に言われたから、TPPに参加する。

国益は二の次三の次。そのために、二 枚舌を弄して、
国民を騙(だま)し続けてきたのが真相だ。

<国民皆保険は揺らぎ、食の安全もなし崩し>

安倍は会見で
「TPPはアジア太平洋の未来の繁栄を約束する枠組みだ」
「日本の国益だけでなく世界の繁栄をもたらすものと確信している」とも言った。

すべてウソッパチである。

TPPについては医師会は連日、意見広告を出して反対している。
JAは4000人デモ行進で反対した。

未来の繁栄を約束するのであれば、なぜ、かくも反対運動が起こるのか。
すべてが詭弁(きべん)だからである。

前出の鈴木宣弘氏が言う。

「医師会が反対してるのはTPP参加によって、
国民皆保険が揺らいでくるからです。

米国は長年、日本の医療制度を攻撃し、崩そうとしてきた。
国民健康保険があると、米国 の保険会社は商売がやりにくいし、
日本の薬価制度は米の製薬会社には参入障壁になるからです。

企業にとって邪魔なものは排除する。
政府が従わなければ、ISD条項で訴える。

これがTPPですから、当然、国民皆保険もターゲットになる。

TPPは皆保険崩壊を加速させることになるのです。

農業についても同じです。
米国は乳製品と砂糖を例外 品目にしようとしたが、
オーストラリア、ニュージーランドの反発で、認められそうにない。

聖域なき関税撤廃が前提なのですから、
日本の農業の聖域が守られるはずがないの です。

米国は日本の厳しい食の安全基準も問題視している。
TPPに参加すれば、農業が大打撃を受けて、
地域経済、コミュニティーが崩壊するだけでなく、
食料自給率は低下 し、食の安全基準の緩和も余儀なくされ、
国民の健康不安も増大することになります」

バラ色の未来なんて、とんでもない話なのだ。

<これから参加する日本に交渉の余地なし>

安倍や政府は「各国とも聖域はある」
「交渉次第だ」みたいな言い方もしているが、これも大ウソだ。

「遅れて交渉に参加したカナダやメキシコは、
すでに決まっている条件については口出しできず、
今後、決まることについても先に交渉に参加している
国の意向が優先されるこ とになっています。
そういう念書が交わされたのですが、日本も同じですよ。

つい最近、シンガポールで行われた交渉で米国の担当官は
『日本は交渉する時間も権利もないんだ よ』と言ったといいます。

交渉次第で聖域が守られるというのはマヤカシです」(鈴木宣弘氏=前出)

そうこうしているうちに、
事前協議で米国の自動車の関税維持や
日本は米国車の安全基準を受け入れること、
最低輸入台数の設定、学資保険の内容変更などを
求められていることがバクロされた。
もちろん、安倍政権はグニャグニャだろう。

自民党は先の選挙で、自動車など工業製品の数値目標は受け入れない、
国民皆保険は守る、食の安全は守る、ISD条項には合意しない、
など6項目の公約を掲げた。
これらが守れないなら、直ちに交渉から脱退すべきなのに、
安倍は言を左右にしてしまう。

国民には情報を開示しないまま、国益に反する秘密交渉が進んでいる証拠だ。

いや、交渉ではなく、一方的な譲歩を迫られ、ドンドン、それに応じている。

それが真相に近 い。

こりゃ、国民生活や日本の産業は大変なことになる。
米国を筆頭に他国の草刈り場になってしまう。
それがTPPの現状、惨状なのである。

<すべては安倍首相の政権維持のため>

元外交官で、あまたの国際交渉を経験してきた孫崎享氏は
「TPPで日本は得るものは何もない。ひとつの例外を除いて……」と言った。

その例外こそがTPPの本質だ。
「米国の言いなりになって、政権維持をしてもらうこと。
それしかメリットはありません。
つまり、安倍首相のためだけのTPPです」

そうなのだ。それほど、この交渉は不可解、奇怪で、国民にはいいことがひとつもないのである。孫崎享氏が続ける。

「全体会議は7月で終わります。
すでに条約は出来上がっているのも同然で、
すぐにシャンシャンでおしまいになる。
日本が聖域の交渉をできる余地はないのです。
日米首脳会 談の合意文書には『すべてが交渉で決まる』
かのような表現が出てきますが、

これは『最初から聖域なし』と
約束するわけではないという当たり前のことを言っただけ。

交渉の 余地がないのは政府も知っているはずです。
それなのに国民には何も知らせず、
後発国には出る幕がない交渉に参加する。
これは白紙委任状と同じです。

そうまでしてなぜ、参 加するのか。
安倍首相のメリットしか思い当たりません」

だとすれば、今後の交渉の結末も見えてくるというものだ。
これまでもウソをつき通してきたように、
今後もウソとゴマカシで国民をけむに巻く。

しかし、最終的には日本市 場を丸ごと米国に手渡すわけだ。
亡国政権の身勝手を断じて許してはいけない。


ゲンダイネット 2013年3月16日より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141496

★★★★★★★

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b34ca441780a04cd4385d1cc1bcf2196

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11483726878.html
コメント

TPPショックは国民覚醒の一大チャンス 【すでに決まっている900ページ以上の全ての法制度に日本人が】

2013-03-18 19:31:37 | TPP
TPPショックは国民覚醒の一大チャンス 【すでに決まっている900ページ以上の全ての法制度に日本人が】

☆何が書かれているのかを見ることもできず、
☆たった一文字の変更も許されないままに、
☆このルールを受け入れること。
☆それが、日本がTPPに参加する際に要求されます。

☆それは、900ページ以上もあるルールに
☆日本の既存、および未来におけるすべての
☆法制度を、合わせなければならないということです。

☆つまりは、日本は「交渉」に参加するのではなく、
☆「すでに条項の定められた協定」に参加するわけです。

☆TPPが単なる自由貿易協定ではなく、
☆日本国民の命と暮らしを脅かし、
☆社会の仕組みの改変を迫る異質な協定。

☆TPPショックは国民覚醒の一大チャンス

☆人間は不摂生が祟って病気となり、
☆進退窮まって死ぬしかない状況に追い込まれると、
☆急に正常に復することがあります。

☆本能が目覚めて考え方を改め、元に戻るわけです。
☆この国の病も膏肓で、今際の際(いまわのきわ)の有様です。
☆果たして正気に戻ることができるで しょうか?


陽光堂主人の読書日記より
…………………………………………

■TPPショックは国民覚醒の一大チャンス

TPPが単なる自由貿易協定ではなく、
日本国民の命と暮らしを脅かし、社会の仕組みの改変を迫る異質な協定

陽光堂主人の読書日記

日本がTPP交渉参加表明したことは、海外でも驚きを以って受け止められています。

TPP 投資条項に関するリーク文書を分析して
話題となった米国パブリックシチズン貿易担当
(非営利消費者擁護団体)のロリ・ワラック女史もその一人で、
「TouTube」で簡にして要を得 たコメントを出しています。

以下は、女史の日本へのメッセージを文字起こししたものです。
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-3907.html#more

「私たちは、TPP交渉が行われているシンガポールにて、
日本政府がTPPに参加しようとし ていると聞き、大変心配しています。
日本が、ルールづくりに参加する権利も、
何に合意するのかを知る権利すらないのに、参加しようとしているからです。

日本は、これまでのすべての合意を受け入れるといった。
私たちは、そう理解していま す。

それは、900ページ以上もあるルールに日本の既存、
および未来におけるすべての法制度を、
合わせなければならないということです。

貿易だけではなく、医薬品の価格やア クセス、
食の安全や食品表示、郵便の規制や、エネルギーや輸送サービス、
銀行、消費者 の権利保障などの分野においてです。
数多くの、貿易に全く関係のない国内政策が指図されていくのです。

何が書かれているのかを見ることもできず、
たった一文字の変更も許されないままに、
このルールを受け入れること。
それが、日本がTPPに参加する際に要求されます。

つまりは、日本は「交渉」に参加するのではなく、
「すでに条項の定められた協定」に参 加するわけです。

なぜ安倍政権が日本にとって、こんなにも無礼で
危険なプロセスに合意 しようとしているのか、
とても不可解でなりません。

しかし、それが私たちの聞いたとこ ろです。
すでに、協定に参加している国では、
強力な反対運動がいくつも起こっています。
しかし、それらの国は、すでに規定された条項が、
押し付けられているわけではあり ません。

日本の人々にとって、TPPへの参加は二重の意味で危険であり、
二重の侮辱なの です。」

(下線は引用者による。以下同じ)

全くその通りです。ワラックさんはご存じないかも知れませんが、
戦後日本は米国の言 いなりで、
常に理不尽な要求を飲まされてきました。
その集大成が今回のTPP参加なので す。

何も分からないまま、命じられるままに協定にサインする。
奴隷国家の面目躍如で、憲法に記された主権は
絵に描いた餅にすぎないことが世界中に示されました。
情けないことに、これが現実なのです。

「そんな政治家を選んだのは国民の責任だろう」と
外国の人たちは言うかも知れません。

しかしこの国では民主主義は形だけで、
選挙など幾らやっても何も変わりません。
愛国政治家は変節するか、排除されるかいずれかで、
最近では不正選挙も行われています。
決して国民が暗愚なわけではありません。

日本人は変に協調的なので、悪政が行われても
自然災害のごとく忍受してしまう傾向があります。

しかし今度はさすがにそれでは済まない可能性が高いのです。
冷酷な為政者た ちに憐憫の情などありませんから、
完全奴隷化で再起不能の状態に立ち至る公算が大です。

海外では不正や権利侵害に対する抵抗は激しく、
命を賭して反対運動が行われていま す。

羊のように大人しい日本人のままでは、
とても生きてゆくことはできません。
為政者 たちは国民をバカにしていますから、
人々が真剣に抵抗し始めたら激しく狼狽することで しょう。
彼らの意のままにさせてはなりません。

欧米の人たちは日本人のナイーブさに驚きますが、
これは平時には美点であっても、危機の際には致命傷になりかねません。
欧米の歴史は権利闘争を軸に繰り広げられており、
我々は彼らから闘争の仕方を学ぶ必要があります。

我国の政治家の中にも、少数ながら見識を備えた人たちがいます。
その一人が小沢一 郎・生活の党代表で、
政府がTPP交渉参加を表明した3月15日に以下の声明を発していま す。
(http://www.seikatsu1.jp/activity/act0000039.html )

安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて

本日、安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)
交渉への参加表明を行った。生活の党はかねてより、

TPPが単なる自由貿易協定ではなく、
日本国民の命と暮らしを脅か し、
社会の仕組みの改変を迫る異質な協定であることから強く反対してきた。

しかし自公政権が日本の国益を守るより、
米国の言いなりになり、TPP交渉に参加表明したことは、
国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。

世界やアジア各国の成長を日本に取り込むために
自由貿易を促進し関税や非関税障壁を撤廃し、
人、モノ、金、サービスを自由に行き来させることによって、

新たな可能性が広 がることは事実である。
しかしTPPは、農業生産者が指摘するように、
「単なる農業分野の関税引き下げ問題ではない。
米国主導であらゆる規制の緩和、ルール改正を同時並行で 進め、
国民の命と暮らしよりも大企業の利益を最優先する。
食の安全・安心、医療、外国 企業からの
訴訟など多くの問題を抱えている」など、
国民の生命と財産を守るための協定 では全くないのである。

加えて、今参加表明しても、先般シンガポールで開催された
TPP準備会合で明らかに なったように、
米国側は各国交渉者に
「日本が交渉に参加した場合、すでに確定した内容について
再交渉も文言修正も認めない上、新たな提案もさせない」と伝えている。

この交 渉実態を見れば、
安倍首相の「TPP交渉は聖域なき関税撤廃が前提ではない」との
主張が 全くの欺瞞であることが分かる。
自民党の衆院選公約である6項目は到底守られず、公約破りは明白である。

米国の市民団体もTPPの草案文書を基にして
「TPPは表向きは貿易協定だが、完全な企業 による世界統治だ」と告発している。

国民の生命、財産を守ることが国政を託された
国会議員の最大の使命であり責務である。
自公政権は今すぐ、TPP交渉への参加表明を撤回すべきである。

今、日本政府が最優先すべきは、
命、暮らし、地域を守るために震災復興、被災地域再生、
原発事故の早期収束、原発ゼロへのエネルギー政策の大転換である。

生活の党は引き続き、日本政府のTPP交渉参加阻止に向け、
各界各層と連携し闘っていく。

立派な声明じゃないですか!
この線にそって頑張って欲しいものです。

TPPを擁護する人がいますが、そういう人たちには
「何故内容も分からないのに賛成するのか」と訊いてあげるとよいと思います。

マスコミのいい加減な報道をオウム返しに繰 り返すかも知れませんが、
協定内容は4年間秘匿されますから、誰も中身を知り得ないので す。
この点は、政府の人間といえども変わりません。

今回の一件で収穫があるとすれば、
この国の実態が誰の目にも明らかとなったことで す。

この期に及んでも何の危機感も抱いていない人は
ウルトラB層ですから、話になりま せん。真っ先に貧窮落伍する運命です。

人間は不摂生が祟って病気となり、
進退窮まって死ぬしかない状況に追い込まれると、
急に正常に復することがあります。
本能が目覚めて考え方を改め、元に戻るわけです。
こ の国の病も膏肓で、今際の際(いまわのきわ)の有様です。
果たして正気に戻ることができるで しょうか?
http://yokodo999.blog104.fc2.com/
コメント

棚ぼた廃棄条約って????1/3【討論!】亡国最終兵器TPPの真実

2013-03-17 20:58:37 | TPP
棚ぼた廃棄条約って????1/3【討論!】亡国最終兵器TPPの真実

H25/3/16 My Spaceより
……………………………………



1/3【討論!】亡国最終兵器TPPの真実・Part2[桜H25/3/16] - YouTube


評価の高いコメント

vigore29 8 時間前 自民党・小泉新次郎、日本維新・山田宏、
みんなの党・江田憲司の三人を呼んでTPP賛成を説 明してほしいですね!

予算委員会でオバマ大統領と会談したさいに
TPP参加を表明するように迫った議員である。

・・大変に重い質疑である。
よほどの参加のメリットに自信があると思われる、
ぜひとも国民に 説明していただきたいものです。
であるからにこの3人が討論番組に出てもらうために、
桜の動画やニコニコ動画にて、参加を呼 び掛けるてもらいたい、
しつこく・シツコク挑戦状である。 ·
14 再生リスト: Uploaded videos

NM K 6 時間前 アメリカに住んでいるものですが
日本がアメリカ化されるTPPなんかだめですよ。
アメリカは命 もお金で買われます。
健康保険も企業の金儲けそしてその儲けが政治家の選挙資金。
私はメデケアという老人保健ですがこれも最悪。
歯科、眼科、薬もこの保険には適用しません。

金持には世界一すばらしい医療が受けられます。
でも沢山の保険のない人たちがいます。
日本に そういった企業が入って日本の成金金持が
沢山保険に入って自慢するのが目に浮かびます。バカ

お一人様大往生としたいです。

らしい。私はごめんです。

アメリカは良いところも沢山ありますが健康保険に関してはだめですね。
話は変わりますが棚ぼた廃棄条約という
日本とアメリカの年金の不平等条約知っていますか?
アメリカの年金申請にいって初めてしりました。
私のアメリカの年金は日本の年金をもらっている

その半額分はアメリカ様にいくのでしょうね。英語では Windfa

から半分減額されることです。

このような不平等条約がアメリカ様に

ll Eliminationa Provisionです。

未だに頭が上がらず日本は契約しているのですね。
他にもたくさんあるかもね。 · 10 再生リスト: Uploaded videos

転載元: My Spaceより H25/3/16
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8631979.html
コメント

TPP食料自給の危機【農を棄てるな、島国は自給自足を守れ】 国際紛争で農産物の輸入が止まったら!

2013-03-16 17:34:44 | TPP
TPP食料自給の危機【農を棄てるな、島国は自給自足を守れ】 国際紛争で農産物の輸入が止まったら!

河北新報 河北春秋より
………………………………………

☆食料自給率が30%台に落ち込むわが国だ。考えたくもないが、
☆国際紛争で農産物の輸入が止まってしまったら…。背筋がぞっとする
☆食料不足は人を死に追いやる。

☆「農を棄(す)てるな」「島国は自給自足を守れ」。飽食ニッポンにあって、
☆飢えから生き延びた野坂さんはこう叫び続けてきた。

☆オバマ米大統領が約束した「聖域」という言葉をうのみにしたか。
☆それとも、食料不足などは金輪際あり得ない
☆想定外の事態と高をくくったのか

☆農業への打撃と工業製品の輸出増。全体ではプラスというが、
☆農への畏敬の念を欠いたソロバン勘定では

☆首相の言う「美しい国」が泣こう。<TPPそれでいいのか死農工笑>。


河北新報 2013-03-16 河北春秋より
………………………………………………………

 作家野坂昭如さんの『火垂(ほた)るの墓』は
神戸大空襲で母も家も失った兄妹が主人公。
配給物資が乏しく、二人はやせ衰えて餓死する。

野坂さんの飢餓体験がベースになっている。
▼戦争がもたらした惨禍とはいえ、食料不足は人を死に追いやる。

食料自給率が30%台に落ち込むわが国だ。
考えたくもないが、
国際紛争で農産物の輸入が止まってしまったら…。背筋がぞっとする

▼「農を棄(す)てるな」「島国は自給自足を守れ」。
飽食ニッポンにあって、
飢えから生き延びた野坂さんはこう叫び続けてきた。

安倍晋三首相がきのう、環太平洋連携協定(TPP)に参加を表明した
▼厳しい交渉が待つ荒海にかじを切ったのに、
自民党内は驚くほどなぎだった。
かつて農産物の輸入問題が持ち上がるたび、
族議員たちが大暴れしたことを考えると、隔世の感を禁じ得ない

▼オバマ米大統領が約束した「聖域」という言葉をうのみにしたか。
それとも、食料不足などは金輪際あり得ない
想定外の事態と高をくくったのか

▼農業への打撃と工業製品の輸出増。全体ではプラスというが、
農への畏敬の念を欠いたソロバン勘定では

首相の言う「美しい国」が泣こう。<TPPそれでいいのか死農工笑>。

JA全中などが募集した川柳を笑えようか。

河北新報 河北春秋より2013-03-16
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20130316_01.htm

★★★★★★★★

「反対」「廃業の危機だ」=各地の農家、強く反発―震災被害に追い打ちも・TPP

2013年3月15日時事通信
………………………………………

環太平洋連携協定(TPP)への参加表明を受け、
農家からは15日、強い反 発の声が上がった。

「今後も反対を訴え、例外品目の確保を求めていく」。
北海道帯広市の畜産会 社で肉牛約1800頭を
飼育する佐々木信弘さん(60)は
「原価を割ってでも 商売する所はない」と関税撤廃に危機感を募らせた。

BSE(牛海綿状脳症)問題を受け、
1頭ずつカルテを作り安全・安心な牛の 生産に苦心してきたといい、
「努力が無駄になる。食の安全が守れるのか」と 憤った。

「60代以上は農家をやめ、耕作放棄地が増えて北海道農業はつぶれる」と話 すのは、
音更町で砂糖の原料ビートや小麦などを輪作する樫木聖一さん(4 3)。

「大企業の利益だけを目指し他を切り捨てるのか」と漏らした。 「廃業も考えている」。

宮城県栗原市の肉牛農家、蓬田忠雄さん(59)は肩 を落とす。
肉質で最高の5等級のみを扱う「仙台牛」ブランドで生計を立てるが、
東京電力福島第1原発事故の風評被害で、
1キロ当たり3000円超だった牛の価格は2000円程度に落ち込んだ。

「ただでさえ苦しんでいるのに、安い輸入ものが出回ったら太刀打ちできない。
ギブアップだ」と嘆いた。
一方、新潟県十日町市で全国ブランドのコメ「魚沼コシヒカリ」などを
生産販 売する株式会社「千手」の柄沢和久社長(58)は反対姿勢を示しながらも、 「TPPにかかわらず作り手も変化しないといけない時代」と冷静だ。

約250 ヘクタールの農地でコメや果物を生産。
法人経営で大規模化や効率化を推し進め る。
柄沢社長は「マーケットの意向を反映した農業が生き残る。
将来は野菜や畜産などを総合的に扱いたい」と語る。

2013年3月15日時事通信より
http://s.news.nifty.com/headline/detail/jiji-15X648_1.htm

★★★★★★★

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b34ca441780a04cd4385d1cc1bcf2196

ハルノートとTPPの違いは、米国が全世界から嫌われる多重債務国という事である、発効までに米国が自爆するから大丈夫である。 ポスト米英時代




 
コメント

今日の物

<script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//blog.goo.ne.jp/kimito39&nsid=114673808152993203%3A%3A114676501097544259&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script>

セイセキ

<script src="http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo_parts.rb?bu=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fkimito39"></script>