HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

コノテガシワ(側柏 児手柏)

2021-05-01 | 春 樹木 果実・葉

コノテガシワの花がびっしりついている。
花と言うか、まだ蕾と言う方が当たっている。


▲ 児の手の先に、雌花と雄花 ▼

















▲ 去年の果実(雌花)の残骸。古い雄花の残骸。▼

(2021.04.07 西新町)


▲ 黄色い部分が今年の葉、その先に雌花・雄花(の蕾) ▼











コノテガシワ(側柏 児手柏)ヒノキ科コノテガシワ属
Platycladus orientalis (=Biota orientalis  =Thuja orientails)
(2021.04.27 西新町)


▲ コノテガシワ「千手(センジュ)」に見る謎の樹液? ▲
雌花に出ているのは何だったのだろう。
この手の画像を撮るときにはクローズアップレンズを付け望遠端を使う。
近寄って近接撮影していると気付くものが、家に戻ってデータ取り込むまで気付かないことが多い。
「めしべに水滴」、蜜が出ている?、おしべの花粉を確実に貰う為のもの?
【結論】

これは水滴でも、蜜でもなく「受粉滴」と呼ばれるもの。
しっかりと花粉を受けて受粉を確実にする。
-------------------------------------------------------------
今年のコノテガシワ コノテガシワ「千手」 


コメント   この記事についてブログを書く
« コエンドロ(コリアンダー co... | トップ | コボウズオトギリ(小坊主弟... »

コメントを投稿

春 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事