HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

アメリカフウロ(亜米利加風露)

2021-04-13 | 春 赤・桃色系

綺麗な雑草…なのだそうだ。
汚い花壇の花もあるのと同じで、どう見えるかはそれぞれの感性。
雑草は汚い…と言うのも、もしかして感性が鈍いのかも知れない。




▲ 花弁は早落、受粉しためしべを守るように萼が再度閉じる。めしべの柱頭部分が覗いている。▼









▲ アメリカフウロは5数性、葉は5深裂、萼片、花弁共に5
、おしべ10本、めしべの柱頭は5裂、果実も5分果。▲

▲ 閉じきる前の萼片から柱頭部分がまだ覗いている。これから果実が伸びてくる。▼

▲ 果実が出来る前の萼片先端部分は赤茶色になっていることが多い。▼



▲ 閉じきる前の萼片(先端は棒状)から柱頭が見えている。▲
(2021.03.31 田町)


▲ 嘴状の果実は長く伸びる。下部に種子が5分果して収まっている。▼





アメリカフウロ(亜米利加風露)
 フウロソウ科フウロソウ属 Geranium carolinianum
(2021.04.07 明石公園)

 
 ▲ 左はアメリカフウロの果実 多くの果実が出来ていたので弾き飛ばされずに残った種子も幾つも見つかった。 右は同じ場所のロゼット、一月の様子。▲
--------------------------------------------------------------
アメリカフウロ ロゼット  果実  オトメフウロ  果実 フヤワゲウロ 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ユキヤナギ(雪柳) | トップ | アルカナ・オリエンタリス  »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカフウロ (こいも)
2021-04-14 10:49:36
林の子さん 
アメリカフウロがもう綺麗に咲いているのですね。
どれもがとっても素敵です。
下から6番目の画像は初めて見ました。
赤味がかった雌しべでしょうか・・・とても可愛いですね。
これはお花の終わる頃なのでしょうか?
そして果実が種子を残しているところが見えました。
長い間こんな場面を撮りたいと思ってはいるのですが
いつも空っぽになったところしか撮れません。
いっそのこと弾けるところを待っていようか・・・なぁ~んておバカですよね。。(*´σー`)あは。。。
色々見させていただきました。
小さなお花…だ~い好きです💖
子房を包む萼片。 (林の子)
2021-04-14 11:36:16
蕾の外側が萼片、花弁が落ち、おしべが役目を終えるともう一度萼片が受粉した子房部分を包みます。
時にはめしべの柱頭部分(アメリカフウロでは5裂)が覗いています。
暫くすれば、子房部分が大きく膨らんで果実が出来ますが、アメリカフウロの果実は嘴状に長い。
その基部に種子があり熟すと、嘴部分がバネのような外側に弾けて
下にある種子を弾き飛ばすようです。
弾けるのを待つ…と言うのも、正解かも知れませんが
何時弾けるのかが不定なので、時間が余程有り余っている時以外は止した方が良いでしょうね。
もう一度見直して・・・ (こいも)
2021-04-14 22:49:07
林の子さん
アメリカフウロをもう一度よ~く見つめてみたいと思います。
まず赤味がかった5裂した柱頭部分を見てみたいです。
そして空っぽではない種子が残っているもの・・・
出逢ってみたい~~~~~~です。
でも弾けたらきっと飛び出してしまいますよね。
色々教えていただきありがとうございます。
これからまた楽しくなりそうです。
もう果実。 (林の子)
2021-04-14 23:08:10
アメリカフウロは、かなり早く花弁を落としてしまいうので
花が次々と咲く大きな草むらでは、幾つかはもう果実を付け始めています。
今年は樹の花も草の花も随分早く咲いたので果実が出来るのも早いかも知れません。
弾ける様子を観察するのは難しいかも知れませんがうまくいくと良いですね。

コメントを投稿

春 赤・桃色系」カテゴリの最新記事