HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

タンキリマメ(痰切り豆)

2021-10-24 | 草 果実・種子
2021.10.21 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ノアサガオ(野朝顔)

2021-10-24 | 秋 青色系
夕方まで咲いている朝顔。ノアサガオ(野朝顔) ヒルガオ科サツマイモ属 Ipomoea indica(= Ipomoea acuminata, Ipomoea learii、Ipomoea congesta、Convolvulus acuminatus、Pharbitis acuminata 他10件ほど)アサガオの学名はIpomoea nilだが、かつてはConvolvulus nil、 . . . 本文を読む
コメント

コツブキンエノコロ(小粒金狗尾)

2021-10-24 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
タンキリマメの莢から弾けた種子を撮ろうと、久し振りに大久保の田んぼ。明石南高校が移転した頃に、そこで成人式があった。その頃には周囲は何も無かった気がする。今は周囲は住宅が密集しているし、広い道路が西に延びている。それでも当時と変わらない懐かしい光景が西に広がっている。神戸刑務所の周辺も、谷八木川に向かってのなだらかな傾斜地も住宅開発されて一変してしまってはいるのだけれどどこかにまだ、ほっと安心でき . . . 本文を読む
コメント

ホシアサガオ(星朝顔)

2021-10-24 | 秋 赤・桃色系
咲き残っている。アメリカアサガオと一緒に地面を這って広がっている。ホシアサガオ(星朝顔)  ヒルガオ科サツマイモ属 Ipomoea triloba(2021.10.21 大久保)--------------------------------------------------------------去年の終章 ホシアサガオ 今年のマメアサガオ イモネノホシアサガオ マルバルコウソウサツ . . . 本文を読む
コメント

アメリカアサガオ(亜米利加朝顔)

2021-10-24 | 秋 青色系
アメリカアサガオの葉は深く3裂する。マルバは丸葉。ここではホシアサガオと一緒に地面を這い回っている。アメリカアサガオ(亜米利加朝顔)ヒルガオ科サツマイモ属  Ipomoea hederacea葉は深く3裂するものや5裂する。当然だけれど偶数には深裂しない。☆マルバアメリカアサガオ(丸葉亜米利加朝顔) Ipomoea hederacea var. integriuscula全農教の「帰化植物写真図鑑 . . . 本文を読む
コメント

アメリカミズキンバイ(ヒレタゴボウ・鰭田牛蒡)

2021-10-24 | 秋 黄色系
休耕田ばかりが目立つ。一面、何かしらの雑草畑になっているから余計に目立つ。この場所は、一面ヒレタゴボウの畑になっている。アメリカミズキンバイ(ヒレタゴボウ・鰭田牛蒡) アカバナ科チョウジタデ属 Ludwigia decurrensミズキンバイ Ludwigia peploides ssp. stipulacea(2021.10.21 大久保)☆▲ チョウジタデ ▲------------ . . . 本文を読む
コメント

オオイヌホオズキ(大犬酸漿)

2021-10-24 | 秋 白色系
神戸刑務所の北側も次々と宅地化されている。北側にあった池の周囲もすっかり宅地化された。僅かばかりの田畑が残っているのだけれど、そこに立つと何だかホッとした気持ちになれた場所も年々景観が変わりつつある。それでもまだ、今でもホッと出来る場所だ。オオイヌホオズキ(大犬酸漿) ナス科ナス属 Solanum nigrescensイヌホオズキ(犬酸漿)Solanum nigrumアメリカイヌホオズキ(亜米利加 . . . 本文を読む
コメント

ルコウソウ(縷紅草)白花

2021-10-24 | 【独り言】
ルコウソウ、漢字で縷紅草。縷の部首は糸 、画数は17画、読み方には縷(いと)、縷(いとすじ)縷しい(くわしい)、縷かい(こまかい)、縷(ぼろ)など。縷のように縷かい葉、紅色の花が咲くもの…と覚えていたけれど白花を見た時には、違う種類だと感じた。それでも、植物に含まれている幾つかの色素などの研究結果から『ルコウソウは、フラボノイド系色素のアントシアニン濃度の違いによって赤、桃、白色の3 . . . 本文を読む
コメント