HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

イロハモミジ(いろは紅葉)

2021-04-04 | 春 樹木 果実・葉
2021.04.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

モミジ オオモミジ(大紅葉)

2021-04-04 | 春 樹木 果実・葉
サクラの頃にはいろはモミジの花が咲き始める。八重咲きの里桜が咲き始める頃にはオオモミジの花も咲き始める。去年の春もソウだったけれど、今年も静かな春だ。「濃紫(のうむら)」が転じて「のむら=野村」そんな説明を受けると合点できる新葉。オオモミジ(大紅葉) ムクロジ(←カエデ)科カエデ属 Acer palmatum var. amoenumイロハモミジ(いろは紅葉) ムクロジ(←カエ . . . 本文を読む
コメント

リンゴ(林檎)

2021-04-04 | 春 白色系
とおの昔に、信州の山々を歩こう…と言うのは諦めた。体力の限界を越えても、がむしゃらに歩き通した事などは過去の話だ。自慢気にそのことを話したところで同行の人たちでさえ忘れていることも多い。過去の栄光と言うのは、遠い日々だからだけでは無い。リンゴの花を見ると、秋のリンゴ畑を見ながら上高地からのバス車内で蛮声張り上げて歌った「山の子の歌」のメロディが浮かぶ。リンゴ(林檎)バラ科リンゴ属 M . . . 本文を読む
コメント

レンゲソウ ゲンゲ(紫雲英)

2021-04-04 | 春 赤・桃色系
久し振りに白が一つだけ。ゲンゲ(紫雲英) マメ科ゲンゲ属 Astragalus sinicus(2021.04.01 林崎町)☆▲ 去年春 ▲-------------------------------------------------------------今年のレンゲソウ  レンゲソウ(ゲンゲ 紫雲英)   . . . 本文を読む
コメント

アツミゲシ(渥美罌粟)

2021-04-04 | 春 紫色系
草丈10㌢で咲いた花は撮っていない。草丈50㌢を越えも蕾を幾つもつけた一株からやっと花が咲いた。▲ 既に咲き終わって、芥子粒の詰まった果実。▼アツミゲシ(渥美罌粟) ケシ科ケシ属 Papaver setigerum(2021.04.04 林)☆▲ ロゼット ▲--------------------------------------------------------------去年の花 アツミ . . . 本文を読む
コメント

ナタネ・アブラナ(菜種・油菜)

2021-04-04 | 春 黄色系
レンゲ畑の横にアブラナ。アブラナ(油菜) アブラナ科アブラナ属 Brassica rapa var. nippo-oleifera(= B. campestris)(2021.04.04 林崎町)☆【みんな 菜の花】アブラナ(油菜 ナタネ菜種)Brassica rapa var.nippo-oleiferaミズナ(水菜)Brassica rapa var. nipposinicaチンゲンサイ(青梗 . . . 本文を読む
コメント

サクラ アーコレード(Accolade)

2021-04-04 | 春 赤・桃色系
有名な桜では無い。染井吉野ばかりが桜じゃ無い…と言いながらそれまでに咲く幾つもの派手な色合いの桜を見ているとこの里帰りの桜は、一寸ばかり優しい色だな、と感じてしまう。目の錯覚なのだろうか。或いは同じ頃に咲く染井吉野ばかりが目について別の色を見ると新鮮に見えるのだろう。今年もソメイヨシノばかりが植えられている場所で一本だけこの桜が咲いた。▲ 必ず撮っている、染井吉野を背景にしたアーコレ . . . 本文を読む
コメント (2)

サクラ オオシマザクラ(大島桜)

2021-04-04 | 春 白色系
ヤマザクラよりも遅く咲くオオシマザクラがやっと広がった。ソメイヨシノが咲き始めても慌てない。▲ オオシマザクラの萼筒は太く、顕著なギザギザが目立つ。▼▲ オオシマザクラの葉には顕著な重鋸歯。▼▲ 葉の基部に花外蜜腺、托葉にもかなり明瞭な蜜腺が目に付く。▼▲ 葉の基部に花外蜜腺、托葉にもかなり明瞭な蜜腺が目に付く。▼▲ 開花と同じ頃に出始めていた葉も、花期の終盤には目立ちはじめる。▼▲ 花期の終わり . . . 本文を読む
コメント

サクラ オオシマザクラ(大島桜)

2021-04-04 | 春 白色系
ヤマザクラよりも遅く咲くオオシマザクラがやっと広がった。ソメイヨシノが咲き始めても慌てない。オオシマザクラ(大島桜)バラ科サクラ属 Cerasus speciosa (=Prunus lannesiana var. speciosa)(2021.03.31/04.01 玉津町)☆▲ オオシマザクラの萼筒部分 ▲▲ スモモ よく間違われている。▲--------------------------- . . . 本文を読む
コメント (2)

サクラ ソメイヨシノ(染井吉野)

2021-04-04 | 春 赤・桃色系
どこにでも咲いているから、どこで撮っても同じ。その下でワイワイ騒いだり出来ない…などとは考えないから花の下はいつもと変わりなく人が集まる。それでもこの桜の下で騒ぐ人はいない。もったいないくらいですね…と、お一人で花見をされている方がポツリ。▲ 人騒がせな?クスノキ、新しい葉が伸び始めたから又々葉を散らしている。▼▲ 確かに二人だけしかギャラリーは居ないから、勿体ない&h . . . 本文を読む
コメント