愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

サンパラソルとマツバボタンの花

2018-10-19 02:53:24 | 四季折々の花々

 サンパラソルの花が近くの美容院の窓辺に長く咲き、花の盛りが

 過ぎ始めましたので、許可を頂き写真を撮らせて頂きました。

 サンパラソルの花は、緑の葉に映え華やかな雰囲気の花です。

 この花は私の手持ちの花図鑑には紹介されていませんでした。

 今日はサンパラソルとマツバボタンの花を紹介致します。

                美容院の窓辺に咲いている「サンパラソル」

                      鉢植えの「マツバボタン」

コメント

イエス・キリストの教え:「天(神)の王国は花婿を迎えに出た十人の処女」の話し♪

2018-10-19 02:34:08 | 神の言葉・聖書

 イエス・キリストは真理を誰も知っている例えを用い、一度その話を聞くと心に深く真理が宿るようにされました(マタイ13:10)。イエスは、この事物の体制の終結の複合的なしるしを話された後に「天(神)の王国は、自分のともしびを持って花婿を迎えに出た十人の処女のようになります」と、例えを用い、真理を次のように教えられました(マタイ24:3~14;25:1)。この例えの、ともしびの油を用意していた5人の思慮深い処女は、霊的に目覚めていて、神の王国の到来に備えができている真のクリスチャンたちを表わしていますので、イエスの教えを適用し、備えてくださる方々は幸いです(マタイ25:2,4,13)。

 「その時、天(神)の王国は、自分のともしびを持って花婿(神の王国の王イエス)を迎えに出た十人の処女のようになります。そのうち五人は愚かで、五人は思慮深い者でした。愚かな者たちは自分のともしびを持ちましたが、油を携えていかず、一方思慮深い者たちは、自分のともしびと共に、油を容れ物に入れて持って行きました。花婿が遅れている間に、彼女たちはみな頭を垂れて眠り込んでしまいました。真夜中に、「さあ、花婿だ!迎えに出なさい」という叫び声が上りました。そこで、それらの処女はみな起きて、自分のともしびを整えました。愚かな者たちは思慮深い者たちに言いました、「あなた方の油を分けてください。わたしたちのともしびは今にも消えそうですから」。思慮深い者たちはこう答えました。「わたしたちとあなた方に足りるほど(油が)ないかも知れません。むしろ、油を売る者たちのところに行って、自分のために買いなさい」。彼女たち(愚かな五人の処女)が買いに行っている間に花婿が到着し、用意のできていた処女たちは、婚宴のため彼(花婿)と共に中に入りました。それから戸が閉められたのです。後に残りの(五人)の処女たちも来て、「だんな様、だんな様、聞いてください」と言いました。彼(花婿)は答えて言いました、「あなた方(五人の愚かな処女)言いますが、わたしはあなた方を知りません」。

 「それゆえ、ずっと見張っていなさい。あなた方は、その日もその時刻も知らないからです」」(マタイ25:1~13)。

 上の聖句の中で、「さあ、花婿だ!迎えに出なさい」という例えの意味は、1914年に神の王国が天に設立されたこと、およびこの事物の体制の終結の複合的なしるしの始まった時を示しています(マタイ24:3~14)。五人の思慮深い処女は、常にみ言葉を学び、霊的に目覚めていて、神の王国が天に設立される日に備えていた真のクリスチャンたち、特に忠実で思慮深い奴隷を表わしています(マタイ24:45~47)。

 それゆえ、イエスは、「ずっと見張っていなさい」と言われたのは、霊的に目覚めていいるように、という諭しの言葉です。それは、この事物の体制の処断の日・神エホバの大いなる戦いの日、ハルマゲドンの日を、つまり「その日も時刻も知らない」からです(マタイ24:42~44;25:13.啓示16:14,16)。あなたも思慮深い五人の処女のように、霊的に目覚めて用意の出来ている方々のお一人であれば幸いです。

                     WWW.JW.ORG

       コスモスや 倒れてなおも 咲きにけり 今日の一句

                   秋に咲いている「ガーベラ」

 

コメント