「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『とある飛空士への恋歌』第三話 観ました

2014-01-21 03:57:31 | アニメ
とにかく、ああこういうふうに過去話しを挿入してきたかぁ~って感じな第三話でした。

つまり、割と仲良くまとまってきた感じのするクラスメイトがふと、そういえば革命で処刑されたはずの前王政の王子が実は生きていてイスラに居る。しかも革命を主導したニナに復讐を誓って…ってのはよくありそうな感じの噂話で、真実味はそれほど無いって感じの…。でも、その実、カルエルのアリエルもそのことには心当たり大アリでぎょっとした顔つきで固まってしまっていたと言う。
とはいえ、原作未読の方からすると唐突感のある流れかも知れませんが、カルエルくんがその実、前王政の王子であることはイグナシオが独り言で暴露していたのでそれほど唐突というわけでは無いですよね。

気になる点はイスラの探検には早急に軍事力を整備する必要性に駆られているらしいってことで、それがカルエルたちの航空科学生たちの戦力化を急がせて居るらしいってこと。つまりそれは、たとえ学生と言えども一度、事が起こってしまえば戦闘要員として働いてもらうつもりでイスラ上層部では考えているらしいってこと。それがどのような事態に発展するのかは…とりあえず、第一話の冒頭のような空中戦を戦わないといけないらしいことだけは推測がつくわけで…。彼らの敵が何者なのか、非常に悩ましいところですね。

でも、まずはいろんな飛行訓練って事で。
今回の飛行訓練では、飛行中の射撃訓練と、編隊飛行と索敵訓練。
射撃訓練では、カルエルは飛行中の強風に煽られて小銃の射撃に苦労していましたが、何故かクレアの助言で風に小銃を煽られずに構えられるようになったようで集弾性が良くなった模様でした。
なんか、訓練を見ているとカルエルよりもクレアのほうが落ち着いて物事を判断出来るようでクレアの助言でカルエルが落ち着きを取り戻すシーンが多々観られて、カルエルは自分の実力以上に自分が出来ると信じているだけなんだと分かってきました。ですが、助言を素直に受け入れて立ち直れるのは、なかなかだと思います。彼がただのうぬぼれ屋だとか、自信過剰なおぼっちゃまじゃないことだけは判りますね。それが彼の生い立ちから来ていることだけは確かなんだと思います。

カルエルの生い立ちと言えば、革命後、牢獄代わりに閉じ込められたお城の中で看守が、どう見ても王族派っぽいのですが、元国王が処刑されたあととなっては、世間の流れには逆らえず、仕方なしに門番と言うか看守を勤めていたっぽい雰囲気だったことと、幼い王子が飢え死にしたことにしてくれたら、この子の面倒は俺が観ると言った親父がアリエルたち三姉妹の親父さんですね。それにしてもこのおっさんが居なかったら、王子は庶民として生きることも出来なかった訳で…。
そのあと、この幼い王族の息子がどうやってカルエルになったのかはまたおいおい話の中で語られるでしょうからそれを待つことにしましょうか。

この作品の詳しいことはこの記事にTBを送ってくれた方々の記事や公式HPを参照にしてくださいませ。

コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 2013年アニメアウォーズ!参... | トップ | 第31回2014冬調査に参加し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

とある飛空士への恋歌 第三話「風の革命」 (MAGI☆の日記)
とある飛空士への恋歌の第3話を見ました。 第三話 風の革命 訓練での射撃を失敗したカルエルはファウストからクレアとのペアを解消するように嫌味を言われてしまう。 「でもいるのね、あんな如何にも貴族の御曹司」 そんな中、獄死したはずのカール・ラ・...
とある飛空士への恋歌 TokyoMX(1/20)#03 (ぬる~くまったりと)
第3話 風の革命公式サイトからカドケス寮にクレアを招くカルエル。 アリエルが絶品のカレーでもてなし、クレアの緊張がほぐれ 寮生たちとも自然と打ち解ける。 カルエルたちが入学して一か月が経ち、飛空演習はライフルによる狙撃や、編隊を組んでの飛空など、空戦仕様...
「とある飛空士への恋歌」第3話 (日々“是”精進! ver.F)
ニナ・ヴィエントを憎む理由… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401210000/ 【送料無料】とある飛空士への恋歌(3) [ 犬村小六 ]価格:660円(税込、送料込)
とある飛空士への恋歌 #3「風の革命」感想  (おぼろ二次元日記2)
覚えているのは母の笑顔だった。 あの日、バレステロス皇国は共和制になった。 「風の革命」 あらすじは公式からです。 カドケス寮にクレアを招くカルエル。 アリエルが絶品のカレーでもてなし、クレアの緊張がほぐれ寮生たちとも 自然と打ち解ける。 カ...
とある飛空士への恋歌 第話「風の革命」 (空 と 夏 の 間 ...)
カルエルの過去について語られる第3話。 イグナシオは元皇子であるからカルエルを敵視してるのでしょうか。 カドケス寮にクレアを招くカルエル。 アリエルが絶品のカレーでもてなし、クレアの緊張がほぐれ寮生たちとも自然と打ち解ける。 カルエルたちが入学し...
とある飛空士への恋歌 第3話「風の革命」感想 (二次元美少女の笑顔を守りたい duple)
母親が最後に残した言葉「許す。」それがカルエルの宿命のようですね。 光が闇を拭い去る。未成熟な少年のカルエルが、これからいろんなものにぶち当たって、そうできるのかどうかが見どころになってくるんでしょうか。 まずは貴族組、そして風の巫女のニナ。というとこ...
とある飛空士への恋歌 3話「風の革命」の感想 (真実悪路)
惚れた女が自分のモノにならないなら憎いアイツと共に殺してやる! 手の甲にキスとかそういうノリから一気に病んだというかどういう心境の変化だよ。 ということで、売られたケンカを買ったら殺されそうになるという急展開。 主人公もいけ好かない感じですが、殺され...