飛行機さつえい奮闘記
旅客機の写真撮影やヒコーキ旅が好きなこうへいのブログです!
ツイッターアカウント作りました!是非フォローお願いします!






さて、軍艦島ツアーに向かいます。その前に集合時間までまだあるので少しお散歩。


水辺の森公園です。背後の建物は長崎シビック公園。
平成15年(2003)、長崎港に面した内港エリアに誕生した公園。園内には運河が配され、水と緑にあふれた憩いの場として市内外の人々の人気を集めている。(長崎観光協会サイトより)


この運河には「風待橋」「宵待橋」「あじさい橋」「オランダ坂橋」など長崎らしいネーミングの橋が架けられ、“水辺のプロムナード”と名付けられた散歩道を整備。水遊びや散策が楽しめる。(長崎観光協会サイトより)


海辺に停泊していたのは、護衛艦ありあけ!稲佐山と一緒に!


DD-109、むらさめ型護衛艦の9番艦です。




胸にカラフルなワッペンをたくさん付けている自衛官をよく見かけますが、防衛記念章というのですね。
目の前にいる広報のおねーさんに付いているワッペンと見比べていました^^;


停泊しているコスタ・フォーチュナ。5万トン級の大型客船です。


その前には軍艦島上陸・周遊ツアーの船が停泊していました。ただ、私が乗るのはこの船ではなさそうです。


軍艦島ツアーは長崎市の複数の民間企業が行っていますが、私が乗るのは『軍艦島コンシェルジュ』という軍艦島ツアーでは最大手のツアー会社を選んでいました。
予約は早めにインターネットで行い、クレジットカードで決済。軍艦島ツアーはとても人気のようで、数日前に予約状況を見てみたら土日はほぼ満席状態でした。


10時20分出港の9時50分受け付け開始でしたが、実際には9時40分頃から受け付けを開始していたようで、受付開始時間に行ったらかなり後ろのほうになりました。軍艦島見学者証とパンフレットを受け取ります!


出港前にこの日案内してくださる添乗員の紹介、救命胴衣の付け方、船長の挨拶があり、軍艦島ツアー出港!


これは世界遺産にも登録された日本最古の電動クレーン、『三菱造船所ジャイアント・カンチレバークレーン』です。


軍艦島ツアーでは基本的に右側の座席がオススメ。今回は受付が遅かったので2階デッキにはいけませんでしたが、1階デッキは窓越しですが右側に座ることができました。基本的に自由席なので、右側の窓側が空いていたら迷わす座るようにしましょう!ツアーの添乗員さんも右側の風景を中心に解説していきます。


三菱造船のNo.2ドックでは自衛艦の建造を行っていました。


女神大橋の下をくぐります。


岬に観音様が立っているのはカトリック神ノ島教会。


他社さんと一緒に疾走します。あれはシーマン商会という会社のようです。同じく軍艦島へ向かっています。コーポレートカラーが青なのでANA、軍艦コンシェルジュのコーポレートカラーは赤なのでJALのような感じでしょうか^^;


乗船する船は途中にある伊王島でも乗客を乗せます。リゾート地として人気が高い伊王島は本島とは沖ノ島経由で橋で結ばれています。


お手振りでお見送りε-(´∀`*)

次回はいよいよ軍艦島へ接近、上陸します!!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(0)|Trackback(0)


« 前ページ   


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ