「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『氷菓』 第3話 観ました

2012-05-08 21:19:56 | 京アニ
ちょっと感想をアップするのが遅れました…

今回、アバンが長めでOP無し。
その代わり、えるちゃんから愛の告白がされるのではとドキドキしている奉太郎の気持ちの代弁として時計の振り子がハート形になっていました。ですが、えるちゃんからの台詞でそうではないことが分かったとたん、円形の普通の形に戻ったところでCM。こういったちょっことした何気ない背景の遊びを観て楽しむのが京都アニメーションの楽しみですね。最近はそれに妙に磨きがかかってきているのがなかなかなのです。

で、ポニテえるちゃんからの告白的捜し物の依頼というのは、神山高校古典部に所属していたえるちゃんの叔父が、えるちゃんに語ってくれた事の内容を忘れてしまったのでそれを思い出すのを手伝って欲しいというものでした。これは非常にプライベートな依頼ですね。どうやら、これは里志が奉太郎に予言したえるちゃんに対する態度を保留したツケのようです。省エネをしたつもりで余計なエネルギーを消耗する。それが今回の依頼につながったような感じです。ですが、無駄な動きはしたくない奉太郎くんとしては、えるちゃんに対して、その件について他の人にも相談して回ったらどうかな?と提案してみますが、それに関しては、えるちゃん自身の自分の過去を喧伝して回る趣味はありませんの一言で却下されてしまいました。確かに人に相談するには余りにもプライベートな事を明かさないといけないので、よほど信頼出来る人にしか相談したくないですよね。それと、その叔父というのが7年前にインドで消息不明になっていて、死んだものとして葬式を開く準備をし始めていると言う事情がえるちゃんを焦らせていると言う事情も奉太郎に明かされました。これは確かに非常に厄介な調べ事です。なので、奉太郎としては条件付きで調べ事を引き受ける約束をします。ま、約束と言っても締め付けのゆるい条件なのですが、それは、そのことは自分も気になるから気にかけて分かったことが有ったらそれをえるに知らせる。その知らせたことが難解でえるちゃん自身で分からないようなら、それを解く手助けまでする。だけれども、必ず調べる必ず解けるとは約束しないというもの。まぁ、これは二人の間でできうる最大限の譲歩というか落としどころって所でしょうね。
そんな話を五月の日曜の昼下がりにしたあと、奉太郎に届いた姉からの手紙にタイミングよく、古典部の部誌のバックナンバーの在処が書かれていた。それは部室の薬品金庫の中。だけれども、奉太郎の姉が在籍した頃と古典部の部室は移動していてその当時の部室は生物準備室だった。今は別の部室として使われているから、部屋の主に断りを入れないと調べるにも調べられない。ってことで、そのとき、部室に居なかった里志以外の三人で生物準備室へと向かう。しかし部屋には鍵がかかっていて…
というのがBパートの流れ。
ここでも、奉太郎の推理力がモノを言うのがまた凄いですね。
部屋に鍵をかけて、部屋に接近するものを知らせるセンサーを仕掛け、密室にひとりで篭って、出てきたときに消臭剤の臭いをさせて人を警戒する態度を見せていたって言ったらね…学校ない喫煙を疑うしか…ね。あ、でも、その設定に対してツッコミを入れるとしたら、いまどきの学校というか施設に標準で設置が義務付けられている火災探知機の罠をどうやってくぐり抜けているのとかなくは無いのですが…それを言うのは野暮ってものですね。
で、古典部の部誌が見つかれば良いだけの古典部としては、部屋に居た遠垣内先輩に自主的に古典部の部誌を地学準備室へと持って来るように仕向けてしまったと言う。ある意味、このとき嗅覚の良いえるちゃんが風邪気味で嗅覚に異常をきたしていたというのはこの先輩にとっての救いでしたね。

そんな騒動を起こしてようやく見付けた部誌ですが、その部誌の中の最古号(2号)にえるちゃんの叔父の名前が書かれて居ました。その記述によると、叔父の周りで何か騒動が起こって叔父が英雄的な動きをして見せたらしいのですが、その何かが謎のまま。そして、その号より前に書かれていた筈の創刊号は無かった。なんか余計に謎が深まってしまったですね。
何となく、えるちゃんの叔父ってのは何かの事件を無事に収めるために自分が悪役になって退学したとかと推測出来るような展開なのですが、果たしてそれがどうなのか…非常に気になるのです。

そうそう、今回、出番がほとんど無かった里志くんの出てきたポーズですが…あれ、便座カバーのポーズでしたよねぇ~。やっぱりCLANNADと日常の影響は多大にありますね。

と、言うわけで公式HP京都アニメーション版HP、それとこの記事にTBを送って来てくれた方々の記事を参照にしてくださいね。

コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« 『モーレツ宇宙海賊』 第1... | トップ | 『夏色キセキ』 第6話 観... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

京アニ」カテゴリの最新記事

33 トラックバック

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 (MAGI☆の日記)
氷菓の第3話を見ました 第3話 事情ある古典部の末裔 日曜に寝ていた奉太郎はえるからの電話で起こされて呼び出され、頼みがあると言われる。 「頼み?」 「はい。本当ならこれは私だけの問題ですか...
氷菓 #3 (桜詩~SAKURAUTA~)
【事情ある古典部の末裔】 氷菓 限定版 第1巻 [DVD]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る すこんぶ?古典部? 
氷菓 第3話 感想「事情ある古典部の末裔」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
氷菓ですが、喫茶店で千反田えるは折木奉太郎に子供の頃の謎を相談します。オジの秘密に触れてしまい怒らせてしまったようですが、それが何だったのか思い出せないそうです。奉太郎は省エネの自分がそんな大層な謎に手は出せないと及び腰です。(以下に続きます)
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想 (ひえんきゃく)
遠垣内が何を隠しているのかと思いきや、あんなことだったとは……。 拍子抜けしましたよ。 イケメン先輩、遠垣内将司、登場。 遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 ...
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」感想! (くろくろDictionary)
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 「わたし、折木さんに頼みがあるんです!」 告白ではありませんでした^^ えるは奉太郎に頼みごとをしたいとのこと。 えるには関谷純という伯父さんがいた。 ...
氷菓 チバテレ(5/06)#03 (ぬる~くまったりと)
第3話 事情ある古典部の末裔 公式サイトからイケメン先輩、遠垣内将司、登場。遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。後がない遠垣内の理性が壊れた!? 喫茶店に呼び出された奉太郎。千反田えるが話す告白とは・・・私的な事ですが、...
氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔 (ゲーム漬け)
思わせぶりな態度のえるですが、告白というのは自身の問題でお願い出来る筋合いの事ではないが、まずは話だけでも聞いてくれというもの。 当然のように、愛の告白などではな ...
氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 (ぴよあに映像探求)
氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 <あらすじ>  イケメン先輩、遠垣内将司、登場。遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 後がない遠 ...
【感想】氷菓 3話 愛想が悪くて悪かったな (おもしろくて何が悪い)
氷菓 3話「事情ある古典部の末裔」 の感想を 遠い日の悲しい思い出を抱えて、遠くい言ってしまった人を思う その言葉を胸に留めて別れを迎えたい純粋すぎる心 その輝く幼い瞳に、省エネ主義者は手を差し伸べる 『 氷菓 』の京アニ公式ホームページはここか...
「氷菓」第3話 (日々“是”精進! ver.A)
文集、発見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205070001/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray] 角川書店 2012-06-29 売り上げランキング : 73 Amazonで詳しく見る by G-Tools 氷菓 (1)...
氷菓第3話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#3「事情ある古典部の末裔」 竟(つい)に「氷菓」が浮上してきました!古典部文集
氷菓 第3話 【事情ある古典部の末裔】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
告白したいことは? 「折木さんに頼みがあるんです!」 私の彼氏になってください!って続くんじゃないの? ところで彼は省エネを好んでいるってことは恋愛にも興味はないってことでいいのかな? 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品...
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」  (つれづれ)
 きっと十年後、この毎日のことを惜しまない。
氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」 (藍麦のああなんだかなぁ)
氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」です。 はいはい、今週も待っていました『氷菓
『氷菓』#3「事情ある古典部の末裔」 (ジャスタウェイの日記☆)
「私がその伯父から何を聞いたのか、 思い出させて欲しいんです!」 奉太郎を呼び出した千反田は、告白… ではなく頼みごとがあると話を切り出す。 それは彼女が幼い頃に懐いていた伯父、関谷純にまつわることなのらしい。
氷菓~3話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「事情ある古典部の末裔」 喫茶店で話すことになった奉太郎とえる。 えるは頼みがあるという。 それは、叔父が自分に何を隠していたのか教えて欲しいというもの。 氷菓とは何かというえるの問いに答えてくれなかったという。 テスト期間終了後...
氷菓 第3話 (あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w)
「事情ある古典部の末裔」 全ては歴史的遠近法の彼方で古典になっていく… =時効… 奉太郎のえるへの励まし方がよいですね えるの告白…  彼女の諸事情… 古典部絡みだとは思っていたけれど、ホントに諸事情だった(゜Д゜*) 子供なだけに好奇心旺...
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
今回OP曲抜きで始まるとは思ってませんでした。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/kotenbu/hyouka03/
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 (北十字星)
 折木に愛の告白でなく、頼みを聞いいて欲しいと訴える千反田える。 あの眼力でこの台詞を言われたら、折木は断れませんね。 と思っていたら省エネ主義の折木は、なかなか同意しませんね。 何故なん...
氷菓 3話レビュー (Kazu'Sの戯言blog(第二新館))
謎解きは理路整然としていて毎度面白く出来ています。情報提示の仕方が適切で、謎解きの基本をきちんと抑えているので見ていて楽しいです。ですが、本筋になるであろう45年前の話 ...
[アニメ]氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
知りたいけれど、知らなくていい。そう、えるが感じ始めた時の弱さを補って余りあるくらいに奉太郎が支えてくれる。頭でも心でも全てにおいて省エネの奉太郎が全力で支えてくれる。
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 (破滅の闇日記)
氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)(2012/04/25)タスクオーナ商品詳細を見る  おじさん絡みの謎については、あまり興味を抱けませんでした。ドキドキするようなミステリーに化けるかもしれませんが。奉太...
氷菓:3話感想 (しろくろの日常)
氷菓の感想です。 この作品の問題の大元が提示されたのかな。
氷菓 3話感想 (つぶかぼアニメ感激ノート)
うーむ……これは…これはマズイ。これはマズイぞう……。 京アニ制作ということでどうにか視聴モチベーションを維持していますが、ぶっちゃけ……あまり面白く…ごにょごにょ。 映像はものすごく綺麗で引き込まれ...
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想 (Little Colors)
文集のバックナンバーを探し出したことで、えるの抱えている謎の解決へと物語が進みはじめたお話でした。
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」の感想 (恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(...)
何だかんだ言いながらも奉太郎はえるたそのお願いを断り切れないんですよね… 【簡単なあらすじ】  休日に突然電話で呼び出しておいて、何を言うのかと思いきやまさかの告白展開。こんなにバッチリ可愛...
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 (空 と 夏 の 間 ...)
えるちゃんからのお願い (p*>ω<q) 好きだった叔父から聞いた古典部のことを思い出させて欲しい 話を聞き泣いてしまったえるを あやしもしなかった理由とは? 奉太郎も さすがにこれは困惑する相談  あまりに過去のことだし えるの人生に関わる大事なこと...
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想 (wendyの旅路)
謎が謎を呼ぶ―
氷菓 第三話 事情ある古典部の末裔 レビュー  (ゴマーズ GOMARZ)
ただならぬ雰囲気…  えるが何を言い出すかと思ったら… 私、折木さんに頼みがあるんです! まあ、そんな事だとは思ったよw 若干、拍子抜けの様子の奉太郎。 まずは話を聞いてくれませんかと言われて 断れるはずもなく、とりあえず話を聞くことに。 私には関谷純と...
氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔 (窓から見える水平線)
氷菓 第3話。 えるの頼みと文集のバックナンバーの在処。 以下感想
氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」 (Old Dancer's BLOG)
 45年前…。  ……って、オレの生まれた年じゃねぇか!!(爆)  ちょ、何だよこれ!「アンタ昔の人だねクスクス」って突きつけられたようですんげぇ切ないんですけど!こんなところで不意打ちで「ジ...
氷菓 #3 (日々の記録)
えるに喫茶店に呼び出された奉太郎は、えるの一身上の都合を聞かされるのでした。日曜日に奉太郎は、えるから電話をもらって喫茶店に呼び出されました。告白でもされるのか