答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

中岡慎太郎没後150年の日に慎太郎マウスパッドを洗濯する。

2017年11月21日 | 中岡慎太郎

去る今月17日は、中岡慎太郎没後150年の節目の日だった。

150years anniversary after the deth of Nakaoka Shintaro である(まちがってたらゴメンナサイ)。

村では墓前祭などの行事がにぎにぎしく開かれているのをよそ目に、わたしはひっそりと愛用のマウスパッドを洗濯した。

 

 

志とは、目先の貴賤で動かされるようなものではない。

望むべきは、その先の大いなる道のみである。

今、貴いと思えるものが、明日は賤しいかもしれない。

今、賤しいと思えるものが、明日は貴いかもしれない。

君子となるか、小人となるかは、家柄の中にはない。

君、自らの中にあるのだ。

(中岡慎太郎)

 


もうすぐ齢(よわい)60に届かんとするオヤジが、

「未だ小人ではありますがこれからも精進します!」

と、30歳の慎太郎さんに誓った日。


 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント