答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

珍客あり

2017年07月14日 | 高知県

 

珍客あり。

止まったのを見計らって写真を撮ろうとするが、

この黒蜻蛉というやつは、だいたいがじっとしてないと相場が決まっている。

そしてトンボには似合ず、ひらひらと優雅な飛び方をする。

そのひらひらに付き合いながら、じっとしてない黒蜻蛉をカメラ片手に追いかけ回す朝。

田舎暮らしだもの、こんなこともあるさ。

 

と、独りなごんだ朝から9時間近くが経ったころ、愛車マルモッタン号へ乗り込もうとすると、

またまた珍客あり。

 

 

フロントウインドウとハンドルのあいだに鎮座ましますカエル一匹。

朝の来客とは正反対に、コイツはじっと動かない。

まるで一点を凝視しているかのようだ。

いったい何を見つめているのか。

えらく哲学的なカエルである。

 

いかな田舎暮らしだとて、一日のうちでこんな巡り合わせはめったにあるもんではない。

僥倖、と言うべきか。

いやいや、いくらなんでもそんな大層なものではない。

こうしてブログのネタがひとつできた。その程度のものである。

とはいえ、それを切り撮る道具がなければ、ラッキーな出会いがあったとしてもそれまでだ。

 

持つべきものはカメラ、

だな、やっぱし。

(ゲロゲーロ ♪)



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント

Led groooover のニューアルバム『豪傑』

2017年04月24日 | 高知県

 

豪傑
Led groooover
Level Do

 

Led groooover

https://www.facebook.com/Led-groooover-786497831386888/

高知出身の若者2人のギターユニットだ。

(旧名IGOSSO)

Led groooover(ロッククラシックギターデュオ)のブログ』いわく、

 

Led(レッド)は発光する電気です

groooover(グルーバー)は、カッコいい人、イカした人という意味です。

我々がこの世界で長く光り輝き続ける存在になりたいという意味合いで本来は2つのoの数は敢えて4つにしました。

 

とのこと。

ひょんなことから縁がつながった。

(もちろん太鼓打ちのほうのわたしと)

彼らのニューアルバム『豪傑』、


豪傑
Led groooover
Level Do

 

今日からこいつが、

会社への行き帰り、また現場への行き帰りのお供となった。

快調快調 (^^)/


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

満開の河津桜を横目で見ながら現場踏査 at たこ公園

2017年03月01日 | 高知県

通称たこ公園

 

桜まつり

 

満開の河津桜

 

も、もちろん仕事中だ。

平日の昼日中から花見としゃれこみたい気持ちはやまやまだが、まさかそういうわけにもいかない。

手持ちの仕事がなくなってきたので、いつもとは違うエリアでチョイトひと稼ぎさせてもらおうと、いわゆる現場踏査というやつである。

たこ公園で現場踏査?

いやホント、

し、しごとだってば・・・ ^^;



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント

古きを知り新しきを知る ~高知県東部の土木構造物めぐり~

2017年01月29日 | 高知県

高知飛行場掩体壕

 

手結港可動橋

 

魚梁瀬森林鉄道遺産立岡二号桟道橋

 

日本の土木の最先端を行くCIMもしくはICT関係者御一行さま来高。

きのうのハムの人たちを交えての勉強会に引きつづき、今日は高知県東部の海山川&土木構造物&近代土木遺産めぐり。皆さん楽しんでくれたようで、案内したこちらもうれしくなる一日。

なかでもっとも盛り上がったのが、




全国に1,300点しかない電子基準点を北川村小島で見つけたこと(02型)。

「古きを知り新しきを知る」。

さすがである。

あれを単なるモニュメントとしか思ってなかった地元民、辺境の土木屋59歳は、

「知らんかったわ~ ^^;」と白状しつつ、みんなの萌えっぷりをニコニコして見ていた。

冬日可愛(とうじつあいすべし)。

ふだんはそれぞれにファイトする日常を送っているであろう人たちを、どこまでも温和であたたかくさせてくれる南国高知の冬の太陽が、いつもに増してありがたく、やる気と元気がわいてくる一日だった。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


 

コメント

酒の郷

2017年01月10日 | 高知県

 

北川村星神社のお弓祭りに奉献された3つの酒。

全国新酒鑑評会金賞通算43回受賞の酒王「土佐鶴」を中央に、

 

土佐鶴酒造 辛口吟醸 大吉祥 土佐鶴 720ml
 
土佐鶴酒造


右には今や酒国高知県を代表する銘柄となった「美丈夫」、

 

美丈夫(びじょうふ) しずく媛 舞 純米大吟醸 720ml
 
濱川商店


左は首都圏を中心として県外で高い人気を誇る「南」。

 

南 特別純米 720ml
 
南酒造

 

南 (みなみ) 純米 中取り 無濾過 720ml
 
南酒造場



「スゴいよなあ」


直径3kmほどの円のなかこれらをつくる蔵がひしめく酒の郷、わが高知県安芸郡中芸地区にあらためて感心をする。

その手に握られていたのはアサヒスーパードライだったのだけれど ^^;

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

3歳から楽しくできる視力検査「たべものだあれ」

2016年10月17日 | 高知県

 

今朝(10月17日)の高知新聞、第一面にある「本日の主なニュース」的なところに、「弱視幼児期に発見へ 県内関係者が検査キット」という文字を発見。

ふだんはそんなところを見ないのに、なぜだか今日は目が吸い寄せられてしまった。

もしやあれでは?

さっそく22面をのぞいてみると・・・やはりそうだった。

 

 「弱視」など目の障害を幼児期に発見して治療につなげようと、高知県内の企業や医療関係者らが連携し、絵本を使った視力検査キットを開発した。ランドルト環と呼ばれる「C」の記号をドーナツに見立て、どの動物が食べたかを答えてもらう。楽しみながら検査できるため、開発者らは「検査の精度とスピードが上がる。弱視の子を一人でも多く救いたい」と話している。

 

 キットには蛇腹折りの絵本(12ページ)が含まれ、物語を楽しみながら検査方法を学んでもらう。考案した高知市の「えほんの店 コッコ・サン」の代表、森本ちかさん(54)自身も左目が弱視といい、「親子のコミュニケーションツールとしても使える」と話す。

 

 開発に関わった高知市の土木コンサルタント「創友」の社長、宮崎洋一さん(57)は「弱視が見逃されたまま成長している人もいると思う。そんな現状を何とかしたかった」。


森本さんも宮崎さんもわたしが懇意にさせてもらっている人だ。もちろん、この視力検査実現に向けての取り組みも知っている。

名づけて、

3歳から楽しくできる視力検査「たべものだあれ」

 

 

 

くわしいことは、↑↑ の画像をクリック。ホームページにジャンプする。

さらにくわしくは、ホームページ画面右側の各項目をクリックしてほしい。

 

 

以上、

3歳から楽しくできる視力検査「たべものだあれ」

の宣伝なのでした。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

朝イチバンのひまわり

2016年08月01日 | 高知県

きのうはPCもタブレットも紙の本もいっさい開かず一日を過ごし、近ごろお疲れの目ン玉を休ませてやった。

さあ、今日から8月。

ヤルことは盛りだくさんだが、追われている仕事は何もない。

こんなときの仕事の進捗や成否は、ひとえに自分自身にかかっている。

とかナントカ思いつつ、とりあえず朝イチバンの仕事はひまわり撮影。

 

 

 

 

 

 

ふくしまと奈半利をつなぐひまわりプロジェクト

 ↓↓

https://goo.gl/LRjw4C

 

朝のひまわり。

これがけっこう前向きな気分になれる。

さあ、はりきってゆこう。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

ふくしまと奈半利をつなぐひまわりプロジェクト

2016年07月30日 | 高知県

 

 

 

あれ?チラホラと咲き出したようだぞ、と気づいたのが今週初め。

本社の筋向かいにある現場のそのまたとなりの畑、”ふくしまと奈半利をつなぐひまわりプロジェクト”の面々が植えたひまわりだ。

 

ふくしまと奈半利をつなぐひまわりプロジェクト

 ↓↓

https://goo.gl/LRjw4C

 

 

 

それ以来、朝、開花状況をたしかめるのが日課になった。

これはきのうの朝、

 

 

曇天ながら元気に咲いている。

しかし、撮影者としてはやはり物足りない。

やはり、ひまわりには青い空とお陽さまが似合う。

 

そして今日、7月30日快晴。

ふと思い立ち、OKYMPUS TG-2 にフィッシュアイコンバーターを取りつけて撮ってみた。

 

 

 

いっせいに咲き始めたひまわりたち。

しばらく楽しませてもらおう。

 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

庭師 ~ モネの庭から(その237)

2015年06月12日 | 高知県

今年も高知県建設工事施工者表彰にエントリーしようとしている。

ただ今、その「PR文」(A4用紙4枚)をせっせと作成中だ。

そのなかのひとつ、「どんぐり大作戦」の効果を確かめようと現場へ行き、吹付けに混ぜた在来種子(これがいわゆるドングリですね)の発芽状況を確認し、いくつかをカメラに収めてきたが、イマイチこれが何あれが何とは断定できない。

そりゃそうだ。ただでさえ植物の名前がよくわからないわたし。まして幼樹となればなおさらのことだ。

 

ということで、モネの庭。

まいどまいどの困ったときのヒゲさん頼みである。

で、ついでだからと水の庭に立ち寄る。

(いっとくがそれが目的ではないですヨ ^^;)

 

 

青い睡蓮が咲いていた。2015年第1号。いや、コイツが第1号かどうかはわからない。正しくは、わたしにとっての2015年最初の青い睡蓮だ。必ずしも、モネの庭の「売り」としての青い睡蓮だけが見たいわたしではないが、やはり初物は別物だ。

しかし、きのうのイチオシは別にあった。

 

 

 

 

太鼓橋の対岸に、新しいビューポイントができていた。

見るなり「おおっ!」と息をのみ、ちょっとばかり興奮するわたし。

「ええ仕事してるやないの」

つまり上の3点の写真は、今まで見ることがなかった風景であり、そこに着目した「庭師の仕事」にグッジョブと、こういうわけである。

 

ひとしきり池の周りを歩いたあとヒゲさんに会い、本題を忘れ真っ先にそのことを伝える。

 

「お~気づいてくれましたか!」

「あたり前やないの。オレをだれやと思うちゅうがよ」

(たがいにガハハと大笑い)

 

つづいて、「アレをひと枝だけ残してコレを切った」だの、「このあとはアイツを大きくしてコイツを切って」だのと、目論見についての説明がつづき、「どう思います?」。

「どう思うってキミ。オレをだれやと思うちゅうがよ」と笑いながら私見を述べさせてもらい、話は大盛り上がり。

そう、「仕事」をわかってもらえる、というのは誰しもうれしいことなのだ。

それにしてもヒゲさん。たかがヒゲさん、されどヒゲさん。なにをさておきヒゲさん。

川上・シュバリエ・裕、やはりいい感性といい腕をしている。フランス文化芸術勲章は伊達ではないわいと、独り得心するわたしなのである。

 

(もちろん、本来の目的はきちっと果たして、意気揚々と山を降りるわたしなのでした)



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント

高知家ALLSTARS

2015年05月23日 | 高知県

誰の発案かは知らないが、あんまりいい趣味ではないなと、冷ややかな眼で見ていた高知家ALLSTARS。

先日、モネの庭で行われたイベントでおだてに乗せられ、気がつきゃノリノリであのメガネをつけてポーズをとっていた。

娘に言わせれば、「やると思うちょった!」のだそうだから、ま、それぐらいのもんなのだろう。

ということで、ちょっとこっ恥ずかしいが、お決まりの「晒し」である。

 

 

高知家ALLSTARSインフォメーションより

http://kochike-allstars.blog.jp/archives/30018495.html

 

「スター図鑑」より

http://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/~top/?fid=5555d87299ecb

 

 

こうなりゃついでだ。

「高知家の家族は、みんなぁがスターやき」

紹介といこう。

 

http://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/~top/


暑苦しすぎるし、

お酒も飲みすぎるし、

弱さだってある。

だけど、人を強く惹きつけ、結局はみんなを幸せにしてしまう。

それがだれよりも人間くさい、高知家のスターやき。

 

知事より

「高知家とは」

http://kochike-allstars.blog.jp/archives/30018495.html

 

暑苦しいほどに、あったかい。

飲んだら誰とでも仲良くなる。

ご近所さんも、初対面の人も、

大事にする。

高知家には、

都会で失われかけている、

「人と人とのつながり」が

息づいています。

るで、高知県が

ひとつの大家族かのように。

ぜひ「高知家」に遊びにきて、

家族のあたたかさを感じてください。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント