答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

"Hey Siri !"

2018年08月07日 | オヤジのIT修業

"Hey Siri !"

と iPhone に呼びかけると Siri が起動する。

Siri(シリ)とは言わずと知れた iOS 向けのAIアシスタント。自然言語処理を用いて質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。とわかったようなふりをして書くわたしだが、以上はウィキペディアよりの受け売り。

「ふん、なんだいあんなもん。使うわけないでしょ、このオレが」

とばかりに、今日の今日まで完全無視を決めこんでいたオジさんだ。

今日の今日まで、、、そう、今日始めて Siri を使ってみた。Siri 初体験だ。Siri に頼んで電話をかけてもらったのである。

「田中くんに電話をかけてください」

わたしのリクエストにこう答える彼女。

「どの田中さんですか?」

画面には、iPhone に登録された連絡先のなかにあるとおぼしき「田中さん」の一覧が現れ、順番にそれをわたしに伝える彼女。

「田中◯◯さん、田中△△さん、田中・・・」

そのなかから意中の「田中さん」の名前を告げると、田中◯◯さんの電話を呼び出し始める Siri。

「ほー、やるもんだ」

と感心しきりのわたしが、なにゆえ突然そんなことを試みてみようと考えたか。


孫である。

先週末、わが家を訪れていた孫1号が、おもむろに母親の iPhone に向かって、

「◯◯さんに電話をかけてください」

と頼んでいるのに出くわしたのだ。

あわてて止めに入る母親だがしかし、幼子は、彼女がふだんやってることを真似しただけのことなのだろう。

「そうやって電話もできるの?」

目を丸くしてそう問いかけるわたしに、そんなことも知らないのかというような顔をして振り返る母と子。

「できるよ」

ふたりして同時に答える。

「ほー、ワシやってみるわ」

というわたしはしかし、

「ふん、なんだいあんなもん。使うわけないでしょ、このオレが」

と完全無視を決めこんでいたオジさんだ。

いやいや、それはあくまで今までの話。改まるに憚ることなかれだ。

負うた子に教えられて浅瀬を渡る。

教えられたことを取り入れようとすれば、前言撤回など屁の河童である。




  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント

アクセスアップ

2018年06月08日 | オヤジのIT修業

きのう(6月7日)のアクセス解析。

 

 

1474人が4321ページを見てくれたらしい。

アクセス数が跳ね上がった要因は、「バスセンターのカレー」だ。

昨夜、『秘密のケンミンSHOW』というTV番組で、あの「バスセンターのカレー」が取り上げられたようで、その余波として当ブログのアクセスが一時的に急増したということのようだ。検索キーワード「バスセンターのカレー」でヒットし、700人近くが訪問してくれた記事の名もそのものズバリの『バスセンターのカレー』。

長くつづけていればこんなこともあるものだ、、、

と格好つけてはみたものの、いや、ホントのことを言うとめったにあるものではない。ビックリシタナモーである。


「アクセス数アップ」といえば、わたしがお届けするもう一方、『土木の仕事ー(有)礒部組現場情報』が好調だ。

 

 

近ごろ更新が怠りがちだったにもかかわらず、である。

その内訳を見てみよう。

 

 

上から3番目(きのうの記事)を除いたすべてが、それぞれの土木用語の意味についてわたしなりに解説した記事である。

書いた当人にはまったくといっていいぐらいその気がなかったのだが、長くつづけているあいだにそういった類の稿がいくつか残されてきた。そしてその手の言葉の意味を適切に解説してくれる人(や書き物)が、ひょっとしたら希少で、なもんだから、そういった検索キーワードをいくつか有している、辺境の土木屋のオジさんが主宰する吹けば飛ぶよなブログのアクセスがじわじわとアップしている、というところだろうか。

かたや、人気テレビ番組の影響で一時的に急増したアクセス数。

こなた、ちょっとしたデータベース(のようなもの)となってじわじわと増えつづけるアクセス数。

そんなことなども少しばかりの励みとし、かくして「ブログを書く」という営みはつづいていく。

気がつけば、もうすぐ丸10年なのである。 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント (2)

「Googleアシスタントが美容院などを電話予約してくれる」ことのどこがスバラシイのかがよくわからないオヤジ

2018年05月09日 | オヤジのIT修業

朝、いつものようにNHKのニュースを見るともなしに見ていたら、「Googleアシスタントが電話で店の予約をしてくれるようになった」という前触れのあと、Googleのおエライさんがその機能をデモしている様子が画面に映し出された。

 

 

散髪屋さん(だったと思う)(検索したら美容院だった)に空き時間をたずねるAI(Googleアシスタント)。

それに答える店のおネエサン(だったと思う、人間だ)。

その答えを受け、なんか考えたような間があったあと、また問いかけるAI。

そんなやり取りのあと、めでたく予約成立。

なんでも、「散髪屋(だから美容院だってば)に予約入れておいてよ」とGoogleアシスタントに頼むと、カレンダーを見て、空いている時間に予約しておいてくれるらしい。

 

「スゴいですね~」とアナウンサーが言ったか言わぬか、しかとは覚えてないが、テレビジョンのなかの男女はウキウキしたような顔をして会話をしていたからたぶんそんなふうなことを言ってたのだろう。

「ふ~ん」

とひと言、画面から目を離すわたしには、それのどこがスゴいのか、なにがスバラシイのがまったくわからない。

「だからどうなの?」

脳内に、クエッションマークが次から次へと沸いてくる。

たしかに、技術的な観点から見ればまちがいなくスゴいことなのだろう。それぐらいは、この辺境の土木屋とて、なんとなく、そしてぼんやりとだがわかる。では、そのテクノロジーをこれしきのことに使うのがなにゆえスゴいのか、どうしてそれがスバラシイのかがよくわからない。

 

 

「テメエで電話すりゃあ済むことじゃないか」

 

画面に向かってそう独りごちる朝だった。




( 2018.05.09 共同通信)

 米グーグルは8日、音声の人工知能(AI)「グーグルアシスタント」が利用者に代わり、美容院やレストランの電話予約ができるようになったと発表した。今夏に試行する。音声AIの機能を拡充し、開発競争で米アマゾン・コムなどに対抗する。

  グーグルは同日開いた開発者会議で機能を実演。音声AIが「5月3日にヘアカットの予約を入れたいの」と美容院に電話をかけ、時間調整や予約名の登録といった約1分間の会話を、相づちを打ちながら自然にこなした。

 スマートフォン搭載の音声AIで、コーヒーやピザなどの配達の注文ができる機能も発表した。




 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント

フリック

2018年04月02日 | オヤジのIT修業

 

チューリップ祭のオープニング演奏に向けリハーサルちゅうのやまなみ太鼓キッズ。

じつはきのうの稿、この出待ちをしているあいだにスマートフォンで書いた。

あの程度の文字数ならスマホで投稿することもできることは、ちょっとした発見だったとはいえ、内容はといえばそれなりでしかなく、キーボードで文章を綴るように、脳内に浮かんだ言葉をそのまま文字にすることができないもどかしさは、当然のこととしてあった。

センテンスが浮かぶ。一つひとつの文字をたしかめながらフリック入力をする。入力が完了する。また次のセンテンスを考える。

という手順を経てリリースするに至った稿は、完成というよりは、もうコレ以上は無理と途中で強制終了したような体だ。

かといって、いつものようにキーボードから打ち出される文字たちがそれ以上のものかというと、それもまたソレなりでしかないのだが、なにはともあれ、「Webで書く」という日々におけるサブツールが手に入ったかもしれないという、少しばかりの感触は得た。

ということで、本日もスマホでフリック入力。

 

かくして、「ブログを書く」日々はつづいていく。

 

 

 

【ドローン4K】福島県 八木沢トンネル開通!

コメント

「紙のキーボード」発『特打フリック』行き

2018年03月30日 | オヤジのIT修業

昭和50年代末期、職場でワードプロセッサーを使い始めたとき、自宅練習用にと購入した入門書に付録としてついていた「紙のキーボード」を使ってタイピングの稽古に励んだ。

こんな感じのものである。

↓↓

 

 

今、まがりなりにもブラインドタッチらしきものが出来るのは、ホームポジション(キーボード上でそれぞれの指をのせる基本位置)を使ってタイピングをする反復練習をしたおかげだろう。

おかげといえばその何年もあと、わが家の子どもたちもタイピング練習ができるようにと買った『特打1』の存在も大きかった。

 

 

特打CLASSIC |ダウンロード版
 
ソースネクスト

 

コイツが、わたしのキーボードタイピング技術を飛躍的に向上させたのはまちがいない。


時は経ち、平成の御代もあと一年あまりで終わろうかという今、年甲斐もなく、スマホでの文字入力スピードを上げるには・・・と思案中、ふと思い出したのが例の『特打』だ。

似たようなものはないかと探してみると、あった。

「似たようなもの」どころか、そのものがあった。

名づけて『特打フリック』

 

 

今の今まで知らなかったが、スマートフォンで採用されている日本語入力方式をフリック入力と呼ぶらしい。

そのフリック入力習得用のアプリケーションが『特打フリック』だ。


うむ。夢よふたたび。

若い衆のようにサクサクと文字入力ができるように、がんばってみようと思っているオジさんなのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント

胸鎖乳突筋

2018年01月09日 | オヤジのIT修業

そこで僕は、スマホなどを使い続けた結果、首の筋肉が前に引っ張られてしまい異常が起きている状態のことを「スマホ首」と呼ぶことにしました。

(略)

もちろん、スマホだけでなく、パソコンやゲーム機などでも、首が前に出ている人やうつむき姿勢になっている人はたくさんいます。この本ではこれらの場合もスマホ首と呼ぶことにしました。

(『”スマホ首”があらやる不調を引き起こす』鄭信義、P.20)

 

“スマホ首”があらゆる不調を引き起こす! 30秒ストレッチで簡単改善 (講談社の実用BOOK)
鄭信義
講談社

 

著者いわく、スマホ首のキーポイントは胸鎖乳突筋。

「きょうさにゅうとっきん」と読むらしい。

 

赤い部分

↓↓

Therapist Circle ~胸鎖乳突筋の働き』より

 

鄭さんによると、スマホ首になった人の胸鎖乳突筋はこんな気持なのだそうだ。

 

姿勢が悪いと、胸鎖乳突筋は頭を支えることに必死になります。その状態が長引くとやり場のない怒りがこみ上げて、この筋肉はイライラします。その結果、首が回らなくなるだけでなく、呼吸の補助もできなくなるので、呼吸が浅くなります。(P.58)


半分ほど本を読み進めたが、いちいちごもっともで心当たりがあることだらけ。

いったん本を閉じ、どれどれ・・・と、鄭さんが推奨する「スマレッチ」という胸鎖乳突筋を伸ばす簡単なストレッチを試してみた。

すると、心なしか首や肩が楽になったような気がしてきたのは、そのときの気分のせいか、それとも調子に乗りやすい性分のせいか。たぶんどちらもなんだろう。

 

ともあれ、

スマホ首、

そして、

胸鎖乳突筋。

しばらく頭のなかから出ていきそうにないキーワードなのである。

 

 


  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

  

 有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント

(たぶん)IT猫背が原因だったこと

2018年01月05日 | オヤジのIT修業

朝起きると目が開かない(開かないのに起きるっていうのも変ですが)。おまけに首肩背中がガチガチになっている。頭も痛い(二日酔いではないですヨ)。自分自身で思い当たるところがないではない。前兆はあった。だが、こんなにひどくなるとは・・・。

 

と書いたのは、ちょうど一週間前。7日の休養期間があったおかげでいく分はマシになったが、依然として症状は頑固に残っている。

さて、「思い当たるところがないではない」ともったいぶった言い回しをしたところとは何か。

姿勢である。

姿勢の悪さである。

そう書くと、生身のわたしをご存知の方のなかには、「?」と訝る人が多いかもしれない。こう見えてわたし、立ったときや歩くときの姿勢はいいからだ。なかには「凛としている」なんて言葉でその姿勢のよさを表現してくれた人もいたぐらいだ(まあいくらなんでもそりゃホメすぎですが)。

悪いのは座ったときの姿勢。その最たるものがパソコンに向かうときの姿勢である。

「IT猫背」という言葉があるという。


(こんな感じ)

↓↓

(『スマホうつ』川井太郎、より)

 

この姿勢をつづけると、「首から肩甲骨周り、そして、背中の筋肉がパンパンに固く拘縮した状態」になり、結果、

1.心臓や肺が収まっている胸郭(肋骨によって構成される胸部分)内の容積が狭くなるため、

⇒心臓や肺へ負担がかかり、動悸がしやすかったり、呼吸が浅くなったりしやすくなります。

2.さらに、胸郭全体が下にさがるので、

⇒胸郭の下にある胃が圧迫されて、胃の痛みが起こりやすくなります。

3.また、猫背姿勢は、重たい頭頚部が前方に出て体の重心ラインが 脊柱や体の土台である骨盤に適切に乗らないようになるので、

⇒背中や腰の筋肉への負担が大きく、背中や腰の痛みの原因になります。

(『頭痛・首肩こり、それは「IT猫背」が原因です!』より)

 

が~ん!

動悸、胃の痛み、背中や腰の痛み・・・

わたしにはこれらのすべてが当てはまる。

かてて加えて、家に帰ればスマホやタブレットでSNSや電子書籍。

そのときの姿勢は、たぶんこんな感じだろう。


(『スマホうつ』川井太郎、より)


これがなおいっそうの拍車をかけてることはマチガイない。

う~ん、これは本気でナントカせねば・・・・

といっても、やることはひとつ。姿勢をよくすることしかない。

たとえばPCならこんなふうに。

 

(『肩こりや目の疲れを防ぐからだに優しいパソコン利用法』より)

 

また、たとえばスマホならこんなふうに。

 

(『プロ直伝!首や肩が痛くならない正しいスマホの持ち方』より)

 

しかし・・・・

これまでもそんなことは百も承知。何度もトライしてきたが、いつの間にか元へ戻ってしまうという体たらく。まさに、わたしにとって「言うは易く行うは難し」の最たるものが「正しい姿勢でPCに向かう」ということなのだ。

けれど・・・・

そんな繰り言を百万遍繰り返しても事態は改善しない。本気かつ真剣に取り組まないと近い将来とんでもないことになりそうな気がする。とはいえ、「気をつける」や「がんばる」で事がよくなるほど生易しいものではない。


さてさて・・・・と腕組みし、「どうしたもんじゃろのう」と独りごちる。

あゝ

どうすりゃいいのさ思案橋。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

  

 有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント

これがイソベのおじさんだ

2017年04月21日 | オヤジのIT修業

 

こんなものをつくってみた。

安全啓発ポスターだ。

いつものように元ネタがある。

ご存知、『道路工事中につきご協力を・・・』から拝借したもの(「これが道路工事のおじさんだ」)にアレンジを加えてみた。

(nikumaruさん、いつも勝手にお世話になってます)

 

このごろは、3Dしかり、より現実に近いものを、よりリアルなものを、という方向に流れている。そういうわたし自身にしてからが、まちがいなくその流れに乗って走っている(速いか遅いかは別として)。

そんななか、そうでないものがあってもいいじゃないか、という趣旨で、いわばどおってこともないこのポスターを紹介してみた。

そういえば、昔のテレビには手書きがあふれていた。新聞にも週刊誌にも、字にしても絵にしても、いたるところに手書きがあふれていた。

 

 

 

テクノロジーの進歩とともに、いつのまにか「手書き」はその姿をあまり見なくなってしまったが、今また、いつのまにか復活しようとしている気配がわたしにはする(ひょっとしたら気づくのが遅い?)。それは純然たる「手書き」ではなく、あくまでも「手書き風」といったものではあるが、少なくとも「味気ない」PCフォントから脱却しようという流れは確たるものとしてある。

だからその流れに乗ってみた、というと、いささか大上段にかまえすぎかもしれない。こんなんもアリじゃないか?と思ったわたしの近ごろの感性が、すでにその時点で、そういった空気に影響されたものなのかもしれないからだ。

いやいや、それでもカッコをつけすぎだ。なんのことはない。有り体に白状すると差別化を図ろうとしている。

きのうの「フォントの話」にしてからがそうだ。たしかに、「伝える」ため「わかりやすく」するため、という目的ではある。しかし、その一方で、差別化を図るためでもある。そしてその副次的な産物としてマンネリを防ぐ、惰性におちいらないために少しずつ変化を加えていく、という目論見でもある。

 

「これがイソベのおじさん」だもの。

独りほくそ笑む。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

「工事だより」のフォント

2017年04月20日 | オヤジのIT修業

工事だよりをつくってみた。

今回作品でイチバンのポイントは、フォントだ。

 

CD付 和文フリーフォント集
大谷秀映編著
翔泳社

 

『和文フリーフォント集』を買ったことは、すでにお知らせしたとおりだ。

当初その目的は、プレゼンテーションに使うフォントを変えたかったからで、よいのか悪いのかしかとは判別しかねるが目的は達成。みごとに(微妙に?)それは変わったのだが、その過程で気づいたことがある。

ウインドウズPCにプレインストールされているフォントの「硬さ」を、である。その「硬さ」を解消しようとして、けっこうな数の人が創英角ポップ体に手を出す(かくいうわたしも、長いあいだ、そしてほんのこの前までそうだった)。だが、その創英角ポップ体も、くだけたようでくだけてない。まだまだ「硬い」の範疇を出ていないのだ。

そんな気になって、ちまたにある広告や店の看板、掲示物や印刷物をみてみると、ある発見があった。

多くのものは、そのもとをPCでつくっているにちがいない、と思われるのだが、いわゆるパソコンのフォント(プレインストールされているフォント)ではない字体が驚くほど多いのだ。

そう、今や、というかいつの間にか、デフォルトのWindowsフォントを使うのがあたり前の時代ではなくなっていたのだ。

気づかなかった。

わたしとしたことが、迂闊だった。

ということで、今回作成した「工事だより」をお見せしよう。

 

 

 

時代に迎合するつもりは毛頭ない(毛もない)。

わかりやすい「工事だより」を標榜するのなら、字体もまた考慮に入れる必要が当然のこととしてある、ということを気づいただけのことだ。

皆さんも、いちどその気になって、ちまたにある広告や店の看板、掲示物や印刷物を見てみてほしい。

少なくとも、このブログをいつも読んでくれているような奇特な方たちなら、けっこう多くの「気づき」があるはずだ。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

『和文フリーフォント集』を買ったこと

2017年02月06日 | オヤジのIT修業

「ちょいと恥ずかしいなこの表紙」

てなことを思いつつ、『和文フリーフォント集』を買った。

 

CD付 和文フリーフォント集
大谷秀映編著
翔泳社

 

届いた実物を見ると、

やっぱり恥ずかしかった。

 

 

しかし、中身は表紙ほどではない。なかなかにおもしろいフォント集だ。

 

 

 

さっそくPPTのフォントを変えてみた。

どうなんだろう?とながめてみる。当の本人もよくわからない。

ま、とりあえず試行錯誤をしてみよう。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント