答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

サルに顔向けできないよ

2017年11月02日 | ちょっと考えたこと

今朝、何気なしに朝の出勤のお供を変えてみた。

 

結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HONDARA盤
 
EMIミュージック・ジャパン

 

クレイジーキャッツの結成50周年コンプリートシングルスHONDARA盤にである。

流れてきたのは、わが敬愛する植木等の歌声。

 

♪ 世の中は 空しきものと 知る時し

いよいよますます 悲しかりけり ♪

 

万葉集に収められている大伴旅人(おほとものたびと)の和歌でその歌は始まる。

そのあとがいい。


♪ 千年以上も昔の男が

今と同じよな愚痴こぼす

なんとかしようよ まるで同じじゃ

サルに顔向け出来ないよ ♪

(作詞 永六輔)


思わずプッと吹き出した。

この歌を聞いて、笑えたことはこれまでになかったのに。

歌、あるいは歌詞というものにどう反応するか、どの部分に感応するかは、その場その時で変わるものだ。

今のわたしのどの心持ちに引っかかったか。それは皆まで言うまい。

 

「サルか・・・」


顔だけがわたしのサルが頭上斜め45°から嘲笑うのを感じながら、なんだかよくはわからないが楽しくなってきた。

うん、いいではないか。

 

世の人は 四国猿とぞ笑ふなる

四国の猿の 子猿ぞわれは

(正岡子規)


(^O^)/

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント