自分自身が答えは持っている! 応援日記 

三方よし(売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし)の精神で!
日々「何のために」を考えて行きたいと思います

土木広報

2016-05-27 15:42:39 | その他
土木学会四国支部の総会。講演は「土木広報戦略会議及び土木広報センターの設置と活動」ちょっと興味があったので、数年ぶりに幽霊会員でありましたが総会に参加

冒頭のお話が、東北の震災で自衛隊は報道されるが、土木はあまり報道されていない

土木広報の目的は、土木界から国民・利用者に「伝わる」ことをめざし、国民・利用者が何を求めているかが「伝わる」広報を考えることにより、「相互に利益をもたらす双方向のコミュニケーション」を実現し、ステークホルダーとの間に継続的な信頼関係を築く。

こんな目的になっているようです。「三方良しの公共事業」が簡単に伝わり、分かりやすい気がしますね

目標は4つありますが、社会資本整備について「国民に伝える」です

伝える手段はテレビ(各局でやっているのには驚き)、FB、Twitterの活用、土木教室、展示会などが主なように思います

土木を伝える。大切なことです。伝え方は他にも多くあり、色々工夫がされている事例がありました。伝え方もですが、伝える内容はもっと大切だと思います。「わかる」伝え方と何か?

伝える対象は「国民」は間違いないですが、大人、子ども、男性、女性等、幅広いと思います。どこをターゲットに進めていくのか? 考えることは多いと思います

広報とはではいかなくても、現場を伝える。多くの人でなくも一人の人にでも伝える。それが広がって行くためには大切ではと思います

現場は、工事現場の囲いの中にあるものではない。地域を含めて現場。だから、ドンドン現場を含めて土木の本来の目的をPRしていきましょう

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違い

2016-05-26 20:48:24 | 勉強

製造業向けの補助金に応募した。弊社も製造販売の定款があるので応募した。提出に行くと担当係長が・・・・・・・ちょっと違うイメージでいました。自社で製造することを前提としていました

少し、所内で検討させて下さい。本日、連絡があり、書類は受け付けられません。しかし、応募要項には製造業・・・・。どこにも、自社で製造の記載はない。役所の自分達の思いで決まっているような気がしました

製造業を辞書で引くと「原材料に加工を施して製品を生産する産業」である。ここ言葉をどのように捉えるのか・・・・間違いなく、この定義に沿ったものができている


受け付ができなかったことは仕方ない。しかし、数回電話でも話をさせてもらっている。自分にも確認の落ち度はある。自分がもう少し、書類作成で確認したら良かった。お互いの思い込みのによる違いである


「思い込み」とは恐ろしいものである。前提条件が違ってくると結果は大きく違ってくる。まさに、対立となる

世の中、90%は思い込み。普段の習慣の動は40%だと言われている。この行動を自分で変化させることで、大きく自分に変化が訪れる

今回は結構時間を費やして書類を仕上げた。また、納税証明、住民票などあちこち書類作成に走り回った。無駄な時間とは思わず、すべて次に繋げるように必要な時間と捉えたい

行動を起こす前には、土台の基準の「思い込み」を取っ払って考える。ここの原点がなかった自分の成長に繋げるぜよ

文章の書き方にも注意しますよ。住民の思いと役所の思いは違います。住民の立場、思いから見た書類作成、モノづくり大切にしましょう

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会う

2016-05-25 06:22:06 | 勉強

岡山でプレガード中国地区連絡協議会に参加。各社とも売上高は2割以上減少、色々な要因もありますが、プレキャスト業界は全体で、ここ2年連続で売り上げ高が2割減少している業界です

その数字と同じ様に減少している傾向を示しています。それも、5県とも…公共事業なので道路が造られることがないと需要が増えないプレガードの製品です

そうはいっても、ならば、仕方ない・・・これで終われば、何も経営にならないし、メーカとして役立つことはない。何か次の方策がないと意味がない


総会の最後に、急にお話をと振られたので、ちょっと考えている構想のお話をさせて頂きました。できる、できないの以前に可能性があるのではないか?この件に関して、現場で需要があるのか、掘り起こすことができるのか? まずは、現場での調査です。そこで次の展開が見えてきます

その後は、懇親会・・・・各社、仕事は減少していますがアルコールが入れば元気があります。これは大きな収穫です

どこかで元気がでると言うことは、仕事でもなんでも、目的が見つかれば元気が出てくる証拠です

仕事、私生活、趣味でも、どこでも元気がでるだけで、何かのきっかけでパワーがでてきます。参加してただいた会社には未来がある。ここに行きつくと思いました

その懇親会で、私の話で元気がでた・・・元気が出たと言って頂いただけでも、お役にたてたと思います

ちょっとしたことでも、一瞬でも人にお役にたてたことは、この会に参加した大きな収穫です。そして、自分への気づきもありました

自分一人で考えても何も浮んできませんが、人と出会い、お話をする中で気づきもあります

まずは、行動して人とあって自分の思考を引きだしましょう。そのために、常にアンテナを張っておくことは大切だと思います

さあ、今朝も人との出会いに向けて「ワクワク」行動開始です

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恵と知識

2016-05-24 06:11:49 | 経営

やったことがないからわかんない。異業種だから見えてこない。迷路に迷う・・・・この繰り返しが長く続いている

専門知識の全くない分野に進出を目指して早くも3年が過ぎ、4年目に突入している。建設工事でも、90%の完成から後の10%の仕上げが工事の良し悪しを決める

現在の新事業も9割進んだと思っている。最後の仕上げに来て、半年も足踏みをしている。後ろに下がり、また一歩前に進み、また、一歩後退の足踏み状態


最後まで諦めなけなければ失敗はない。これは間違いない言葉で自分も人には使っている。しかし、実際に自分が直面すると厳しいと思う部分もある。凹むこともあり、何度も諦めるかとも思う事もある。ほご、諦めていた時期もあった。しかし、仲間の励ましてまた、進めている

良い時は「ワクワク」で進めるが、壁にあたると脳も低下し、気分も下がってしまう。そうなると他の仕事にも影響する

そんな時に、「目的」を思い出すと、もう一度頑張ってみようかと少し思う。その光からまた一歩、どの道が良いか思考に入る。そして、何かに手をつけて見る

手をつけて、思考すると、良い悪いは別として、何か少し行動する方向が見えてくる感じに陥る。自分の知識で進められる部分は少なく、他の専門家に依存するマネジメントが8割以上である

自分ができる部分も手探り状態が続く。普段の自分の専門なら悩んだら昔の経験からヒントは得られる。異業種は、「知識」ではなく本を読んだ「知恵」でしか得られない

「知識」と「知恵」の差が大きいことをしみじみと感じている。机上の「知恵」は最後の本モノづくりでは、あまり役立たないことを実感している

最後は、現場での経験の「知識」ここに行きつく。現場の経験、実際に現場で見て作業して、動きを見て、その結果から次が見えてくる

図書によって学んだ「知識」より、現場の体験を通して掴んだ「知識」が求められている時代。現場を見て、現場の議論からはじめましょう。これでないと、本物には行きつかないぜよ!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信頼

2016-05-23 08:28:32 | 経営
週末は、娘の県高校総体でした。こんな時は、娘の送り迎え。私たちの時代とは偉く違っています。今は会場までの送り迎えは当たり前の時代です。このため、会場は、交通渋滞。普段の倍の時間を要します

そんな思いとは関係なく、娘たちは競技に夢中です。参加することに意義がある?高いレベルではないですが、自分の記録を超えることに頑張ってました

記録向上のために、イメージトレーニングで脳を変化させたらと言っていますが、なかなか、父の言うことは信用がないため、トレーニングには取り入れてもらえません。あとは、本人がどうするかです

一生懸命練習する。これは間違いなくやっていると思います。しかし、最近は記録が延びていません。疲れから来ているのか、限界なのか、何が原因かはわかりません

ならべ、何か別の行動をする必要があると思いますが、自分からは動きにくいものです。動くときは、他人からの助言は効果がありますが、信頼がないとその人の言うことは聞きません

だれの言ったこことで行動を変化させるのか。自分が信頼できる人とはどんな人なのか?

自分を信頼してくれるから、自分もその人を信頼できる。基本はここではないかと思います。よっぽど、偉い尊敬できる人は別として、一般的には、信頼されるから信頼できる。この人間関係で変化が可能ではなかと思います

会社で変化してもらう行動をするためには、上司はどうすればいいのか?各社によって規模も形態も違いますからアプローチは違います

しかし、人と人です。次にステップに変化するためには、信頼関係の構築方法を考えましょう

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イメージ

2016-05-20 08:53:06 | 経営

「やる気」「やる気」で動かないと、仕事は前には進まない・・・・・しかし「やる気」だけでも前には進まない場合もありますね

相手がいる場合には、そんな場合もあります。モノを買うのは顧客が100%権限を持っています。しかし、買いたくさせる応援はできますよね・・・


JADA通信(2016.5-6月号)に、面白い記事が載っていました。スポーツは「筋肉」でやっている?

テクニカルイメージトレーニング。アメリカのとある大学で、バスケットボールをしたことのない学生60人をピックアップして、ランダムに20人に分けれ3グループをつくる。その後、フリースローのやり方を教えて、やってもらい、グループごとの決定率を記録する

そして、Aグループには2週間の間、毎日20分のフルースローの練習をしてもらう。Bグル―プは何もさせない。Cグループには、ボールを触らせないけど、2週間イメージトレーニングを徹底させた(イメージの仕方も細かく教えた)

2週間後に、全員に実際のフリースローを行ってもらった

結果は・・・・Aグループ決定率21%アップ、Bグループ±0%、Cグループ決定率19%アップ

このことから、「スポーツは脳が行っている」・・・・脳がイメージに置き換えて記憶している


だから、目標、目的があれば、夢や目標を実現して喜んでいる自分を繰り返しイメージする

やることが決まっていれば「ワクワク」するイメージは大切ですね。そして、そこにチャレンジする。「イメージ」して行動、行動です

自分が脳の使い方を上手にできれば、今後の成果は大きく違ってくるぜよ。有効に大切に脳を使っていきましょう。何にごとも、「イメージ」「イメージ」!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目線

2016-05-18 08:40:06 | 経営
昨日は某会の会計監査をさせて頂きました。頼まれているので、概算数値を見て印を押すのが当たり前・・・・・。しかし、もう一方の監査の方は●○士です。基本となる定款から確認しました

すると、定款に記載されていることと、実際の作成書類の違いを指摘、確実に書類の作成方法が間違っている(お金ではない部分です)

また、他の部分に関しても、基準に沿った記載になってない部分が複数ありました。基本に沿っていくとダメ。しかし、収支だけを見ると大丈夫です

その他、矛盾点は多くありました。何を準拠として進めるのか。相手の求めているのは、収支、しかし、某会の規則となる定款に沿って進めるとダメになる。こちらは、何を監査するのか・・・・ちょっと勉強させて頂きました


思い出されるのは、相手の評価が何を求めているがわかれば、その評価に沿って仕事もするし、行動もとります。しかし、相手の求めているモノが理解できていないと、こちらの行動も不明確となり集中できません

仕事で成果が出ている人は、プロセス・課題を重視して取り組みを実施しています。そして、その延長線上の最後に良い結果が得られる

目標達成できない、良い成果が得られない人は、結果重視で仕事をしています。良い例が、設計書を現場代理人に渡して、「利益○率、工事成績□点を取ってこい」の結果だけを示すプロセスで仕事を進めています。結果・・・?になります

モノの見方によっても大きな差が表れてきています。仕事や何か物事を始める時に、何を目標にして始めるのか、この違いだけでも結果は大きく違ってきます

相手の求めている評価に合わせて仕事をしましょう。そうすることで、結果は良くなるぜよ!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

段取り

2016-05-17 09:10:01 | 経営

沖縄に忘れたパソコンの電源コード、セミナー会場に忘れた眼鏡、両方とも居場所が確認できて、発送して頂けるようになりました

電源コードは、予備を持っていたのでそれを代用、眼鏡は以前のものを着用、そして、眼鏡は日曜日に早速新しい眼鏡を注文、段取りは最高・・・・しかし、すべて、3日以内には手元に届く予定

仕事は早く始めるのではなく、遅く始める・・・・これが原則だと言われています。しかし、私はいつも早く・・・を優先しています。しかし、やっちまった。無駄な経費の発生。いつまでカマンするのか、何を優先するのか? できていません


結果はオーライなのですが、ちょっと早すぎた。しかし、この早い行動が自分への安心感になります。その結果、今日も1日、悩むこと、不安なく仕事ができます

また、パソコンのスロースタートの原因もパソコンに詳しい社員に朝一番に確認で回復・・・・。日曜日にバタバタしたのは何だったのか?

どっしり構えて待つこと・・・ここも大切です。目先を解決したがる自分にはミスが多い。しかし、自分への安心感は心のゆとりとなります

早く終わらす、後から始める・・・・その時の状態のよると思いますが、どちらが良いのか? 基本は後から始めるです

目的から考えてやるためには・・・・リスク回避して、確実に階段を上がっていく仕組みをつくる。仕組みづくりの目的は仕事の進め方を改革するためです

目的からものごとを考えられる思考に一歩でも近づくために行動開始!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習慣の力

2016-05-16 08:57:15 | 勉強
出張から帰ってきて、カバンの中を確認すると、今度は、パソコンの電源コードが入っていない。宿泊ホテルにTELするとあった。眼鏡に続いて2つ目の忘れ物です

ひとつを終わらせると、また、一つを忘れる始末、当面、チェックリストでも作成して対応しないと厳しい状況が続きそうです

さらに、土曜日からパソコンの調子が悪く、動きが悪い。スロースピードでした動かない。最初の10分は良いがその後は、まてど、までと、次に進まない・・・・

1週間の出張でやることは沢山ありますが、できないものは、しょうがない。諦めて休息。そこで、読んだ本が、会社に帰ったらきていた「習慣の力」(チャールズ・デュヒッグ、渡会圭子訳)

自分が「思い込み」90%にハマっている中で、「全行動の4割が習慣」。毎日の人の行動の、じつに40%以上が、「その場の決定」でなく、「習慣」行動・・・・

無意識の習慣行動が増えると、ものごとを考えなくなる・・・・まさに、過去の事例に則って、習慣的に仕事をこなすと、考えなく、「作業」を実施する。その「作業」に関しては脳の働きが止まり、その作業に関しての進歩しない。言い換えれば、生産性の向上は止まってしまう気がします・・・・

結論は、習慣化されると、機械的な作業になってしまう。習慣化が形成されるのは、脳が楽をしようとするからだと言われているそうです

成功されるには、正しい習慣を身に着けることが大切である。これは、正しいプロセスを習慣化すれば、良い結果が得られるからです


結果は、プロセスでつくりこまれる。そのためには、正しいプロセスが習慣化されれば、良い結果がいつも得られるようになる。忘れものをなくすためにも、自分自身も良い習慣を身に着ける必要があります

意思力を身に着けることを習慣化すると、仕事以外での意思力でも、他のことに、自分の考え方を変えることがあるようである。そのためには、無理してでも、体を鍛える。食生活を正す・・・これを実施すると、仕事、その他でも効果が現れれるようです


また、意思力の効果が高く出ている人の行動は、自分の行動を細かく記載していた。さらに、予想される障害をすべて細かく書き出し、事前に解決策を書き出していた

最後の報酬は、好きな人の「笑顔」、「感謝」「上司のほめ言葉」などであった

社員に責任意識、つまり、ものごとを自分で動かしている。意思決定の権限をもっているという感覚を持たせるだけで、仕事につぎ込まれるエネルギーと集中力が大きく増加する

企業は、長年続いた組織内習慣によって導かれている


上記に書かれていることは、まさに、TOCのCCPMと同じ考え方で、先週、沖縄で3日間セミナーさせて頂いた

〜住民目線の視点で、思い込みをなくし「プロセス管理」で工事成績アップを目指す!〜でお話した内容と似てました。だから、お客様の成果は高いはずです。現在の手法を安心して推し進めることができます

だから、「思い込み」を変える仕組みをつくっていけば、会社は益々よくなっていくのだ!


sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わすれんぼ

2016-05-14 09:30:40 | 出張
3日間のセミナーも終わり、今朝はゆっくりと時間を過ごす・・・・しかし、昨日、セミナー終了後に車で移動中・・・カバン中を見ると、メガネがない

カバンをからにしてもない。会場に問い合わせてもない・・・・メガネがないのはしかたないが、モノが見えない、パソコンの文字が見えないのはちょっと困る

早速、向かった先は、100円ショップ、2種類の度数の眼鏡を購入、合計金額216円。やすい

あまり、長くかけると、目に良いとは思わないが、なんとか、会社に帰るまではなんとか、見える状態になった。しかし、本当に見える程度である

しかし最近、色々ともの忘れが多くなってきた57歳、歳のせいなのか、持つものが多くなってきたせいなのか、両方のように思う。今朝も昨夜もらった名刺が一枚ないように思う

年齢のせいにするのか、それとも・・・・あわてんぼうの自分だからしかたないのか、それとも、対応策はどうしたらよいのか・・・

まあ、絶対必要なことをわすれないようにする。考え事を忘れないために、常にメモをできる状態にする。色々対応策はある。どこまで、対策できるのかは、わからないが、何か具体策が必要であることには間違いない

3日間のセミナーを振り返っても、あまり、記憶は鮮明にない・・・全力で話したので、それは問題ないと思うが、反省、今後を考えたら、こんな話題を追加したら良い。こうしたら良いとの思いが多くあった

しかし、これも覚えていない。少しでも記憶に残すためには、メモの取り方、録音する。色々やってみないといけまえん

わすれんぼ・・・・・これから、年齢と共に、課題が増えてくるばかりです。しかし、リスクの回避の方法もありそうです。一歩、一歩考えていきましょう

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加