自分自身が答えは持っている! 応援日記 

三方よし(売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし)の精神で!
日々「何のために」を考えて行きたいと思います

伝える・聞く

2016-09-26 19:05:52 | その他
思っていることが相手に伝わらない・・・。言葉たらずの自分はいつも・・・・・。いらないことは沢山じゃべりますが、肝心な必要な言葉がたらない。言わなくてもわかるだろう。肝心なところが抜けています

相手がわかっている「つもり」と勘違いして結果だけ伝えています。相手は???です。さらに、自分の耳が難聴なので、耳があまり聞こえません。このため、たいしたことないと思うことは、ただ、うなずいていることが多い。これがまた、間違いのもと・・・

このため、重要な事を良く聞き流しています。聞こえない、しゃべれない・・・結果として、これでは話にならない。

じゃべりもそうですが、聞き取れないので意図に沿った回答ができない。こんなことが増えてきています。普段の2人の会話では、聞こえる耳側に相手に座って頂いて、聞こえないことを事前にお伝えしています

しかし、複数人、まして、少し離れている場合は、知ったかぶりをすることも多い。結果、違った回答もでる。だから、全体の流れが読めていない。理由は、自分が真剣でないからそうなるのかもしれません

自分の思い込みで、良い方に物事を捉えたり、勝手に相手の言葉をこうだろうと思って答えている。最近、こんなことが増えてきました。だから、間違いが多くなってきている傾向にあります

自分は、「耳が聞こえない」「相手に物事を伝えきれていない」、事実をしっかり受け止めて、明日から再出発ぜよ!

一歩、一歩、行動、行動、変化,変化・・・・・

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工程表とは

2016-09-24 13:40:03 | 経営
県外の建築工事を行っている会社を訪問してきました。現場の管理を効率よくするためにはどうしたら良いか? 現場が始まれば、みなさん手順はわかっているようで、詳細な工程表なしで工事を進める

途中から仕事が軌道に乗ってから数週間の工程表を作成して工事を進めている。最後、終わりに近づくと、ゴールを見た工程表にして工事を終わらせている・・・。この指導は設計者?

如何にもありそうな仕事の進め方のように思います。すべて、みなさん、自分の頭の中に工程が入っているのでやりながら考えて工事を進める。一般住宅なら大まかなに、基礎の掘削、基礎、柱、屋根等・・・などの工程手順は決まっているでしょうから進捗はするでしょう

しかし、ゴールは見えていないように思います。また、CCPM的な工程表を最初に複数人で作成して、遅れを管理する工程を提案しました。そして、これを実施すると人材が育成でき利益が向上できると思います(可能性があがります)・・・こんなお話をすると・・・

利益を阻害している一番の原因は手直し? そうなのか、建築は細かな部分があり、その詳細を確認していないと、手直しになる・・・なるほど

手直しがなくなる工程表にするにはCCPM工程は最適なのですが、今回は国の支援アドバイザーとしての任務、表面的なお話をするだけで話を止めました

手直しの言葉が出た時点で、普段はどの部分で手直しが多いのか?複数あったにしてもわかるはずだと思います。ならば、その部分に確認のタスクを挿入する・・・・

こんな手段もありかと思って帰ってきました。素人が見てもわかる綿密な工程表を工事が始まるまでに、複数人で確認できる仕組みを構築する。まずは、ここ部分ができれば、大きな前進になると思います

訪問した、社長は興味を持って頂いていました。社長が勉強して一歩を踏む出すことに期待します。何か動けば次に繋がります

詳細な工程表ができ、それを毎日更新して、関係者全員が見ることができる。そうなれば、各人がミスったことがある部分にくれば、「ヤバイ」確認しよう・・・・こんな環境になれば、今よりはよくなっていくように思います

まずは、今の状況に変化を与える、変化すれば、そこで、また、問題が発生する。問題がわかれば改善できる。改善すれば前進する。一歩、一歩の改善が会社を良くする

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

順番、順番

2016-09-23 07:53:47 | その他
最近は、休日以外は毎日建設会社を訪問する日が続いています。県と国の事業であり、毎日報告書を作成して提出する必要もあります。そうなると、平日は、自社のプロジェクトを進めることはできません

また、9月末は決算月、やること満載です。しかし、まずは、お客様に呼ばれたらそちらが優先です。そうなると、自由な時間の休日が勝負になります

不思議と忙しくなった時にいつも仕事をこなす時にやる処方があります。一番先は、1週間分のメールをチェックして、返事にたいして回答しているかチェックから始まります。その後、頭に浮かんだことを箇条書きにします

箇条書きが終わるとそれに番号を付けて優先順位を決める。忙しくなるとこの作業の繰り返し・・・・・・

やることが見えてくると、ひっしこいて作業をするために、効率があがります。これで、2日ほどあれば、よっぽどのことがないと、なんとか、1週間分が処理されます。いかに、やることが少ないかわかります

経理等は、2週間間隔でやっていることが1カ月間隔になってきたりします。全然問題ありません。儲かっているのか、儲かっていなかいかの時期が少し遅れるだけです。自分が仕事して忙しいのであれば、まず、大丈夫でしょう・・・・経理は、経営の確認です

しかし、少し、余裕の時間ができれば、この手法をしなくなります・・・・人は、困った時に一番正しい行動を取ると言われていますが、本当に、困らないと正しい行動を取りません

普段に正しい行動を取らすためには、何が自分に不足しているのかいつも悩んでいます。でてくる答えは「ワクワク」・・・・ワクワクを感じて仕事できる環境を創造する

そのためには、人と語って仕事をする事も大切さを感じています

一人ではできないことも、複数で実施すると自分で口に出して言ったりします。自分の言ったことは守ろうとします。まずは、自分の「ワクワク」行動を口に出していきましょう!

今日は愛媛県の建設会社を訪問・・・どのようなご相談か行動開始です
sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかる人ほど楽しい

2016-09-22 13:33:36 | 建設会社
昨日は8時半から18時半まで工程表作成と各工種のプロセスについて建設会社さんで意見交換をしました。その後は、食事まで突入、その後も議論が続きました。計15時間程度の議論となり、脳みそがパンクでした

朝から、付箋で各工程を分解して記載していく。ベテランの技術者が、淡々と書き、並べていきます。そこに、若手がちょっとした不足分に対して施工計画書を見ながら付けたしていく・・・

なかなか良い感じで工程表が作成できました。そして、日数を記入した結果、予定通り、1回目は予定完了日から大幅に超過。ここまでは、標準の手順が見えただけです。ここからがスタートです

先ずは、並行作業できる部分の洗い出し、長い工程部分の洗い出し、一歩、一歩再度考えていきます。ちょっとした、順番を入れ替えたり、設置、撤去等の時期等を変更していくと、1カ月近く短縮して、目標の着地点にたどり着くことができました

出来る人は、付箋を貼りつけるだけで、工程表が簡単にできることに楽しみを感じて頂いたみたいです。現場代理人の頭の中にあることを、工程表として、全員に見えるようにする。一番大切な作業ではないかと思います

今回は、現場に入る前に3Dの図面も作成しました。これが、さらに、全員のイメージの共有に繋がりました。最終現場を全員のイメージが一致した形にする。そのためには、プロセスを明確にした工程表が一つの道具として活用できると思います

そのプロセスが見えれば、品質確保の方法も、見えやすくなります。そうなると、何を工夫すれば効果があるのかわかってきます

出来る人は、頭の中にあることが、工程表に落とし込んだことで、他の人に説明駅るので、喜んで頂きました。若手は、これだけ明かうになれば、現場は進めやすいとプラス意見でした。しかし、やることは多くなってきたよいに思う?

本当に多くなってきたのか? だた、そう思っているだけなのか? やることが多いかもしれませんが、ムダな作業は減ってきていると思います。無駄と必要査業の量はどちらが多いのか?

ともかく、私からみれば「楽しい現場」の始まりに見えます。天気が不安定ですが「ワクワク」とどのように進捗していくのか見守りたいと思います。綿密工程表は、「楽しくなる人」が増えることは間違いない!


sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風時・・・

2016-09-20 18:23:20 | その他
本日は台風が通過する四万十市に朝から仕事があり、早起きして、私の武器の気象予測のKIYOMASAで雲の流れを調べてから出発。予定通り、お客様の会社にいる8時から昼前までは大雨・・・ならば、大丈夫と思い国道56をひた走りでした

道中、雨が多い窪川町に入ると、すさまじい雨でした。これだけ降ると、以前の建設コンサルタトの時の血が騒ぎます。なぜか、降雨を見て「ワクワク」した自分がいました

これだけ雨が強い(30~50mm/h)道路を走っていると、水で浸る場所、擁壁の水抜きパイフから噴き出してくる水、ちょっとした土砂が流れている場所等が沢山ありました。思わず、車を止めて、写真を取ってしまいました

数箇所では、維持管理会社の作業員さんが、早速、作業をしていました。おかげで、事故にあう事もなく目的が達成できました。建設会社さんの大切さを身を持って実感しました

しかし、こんな異常時だからこそ、道路構造が良いのか悪いのか良くわかります。常時に見ても何も見えてきませんが、非常時に見えてくるもが多くあります。こんな時にこそ、現場を見る・・・コンサル時代を思い出していました

この状況があるから、発注者に意見を言える環境が整ってきます。机上の空論で議論しても住民に喜ばれるものはできないと思います

今日のような道路状況を写真に収め、平常時にもう一度写真を取って対比する。そうすれば、どんな道路構造がダメ、良いかの意見が言えます。危険との隣あわせですがこれも必要だと感じました

また、風に関しても、どのような場所に風が強く当たるのか? どのような場所が風が弱く休憩するのに適しているのかわかりました。本日は、休憩場所を探して、走っていたのでよくその場所がわかりました

現場を見る。建設現場だけでなく、普段の大雨等の現場を見ることも大切です。だって、このような状況になることを想定して構造物をつくっているのが技術屋でしたかね

全国をまたにかけた台風16号、被害が少ないことを祈っています

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご縁・ご縁ですよ

2016-09-19 21:57:12 | その他
数日前に、某所からメルマガ来た。普段は見ないのに、ふと見ると・・・・「●○コンテスト」募集と書いているではありませんか・・・期限は9月20日(後数日)

以前、高知県の方から言われていたコンテスト。そんなこと興味がなく全く無視していました。しかし、今回、メルマガを開いてみると、内容が面白い。「宝くじ」よりは可能性があるように思えてきました

だって、自分がやっているビジネスを第三者が評価してくれる。自分の思いを伝えた場合、どのような結果になるかちょっぴり楽しみ・・。それが評価されて報道されれば自分の新ビシネスのプラスになる?「ワクワク」してきました

ならば、自分の労力だけですむことなら無料です。やってみようと覚悟を決めて3日前から作成に着手しました。期限は明日。しかし、明日はまた建設会社を訪問です。ならば、今日しかない・・・

今日も午前中は最近実施した検査の検証報告のまとめ。午後から最後の仕上げ、ああでもない、こうでもないと「5カ年中期計画」をまとめると、自分が一番の勉強になっていました

新事業の未来が少し開けた気がします。ものごとは、ちょっとしたメール、雑誌、TEL等で自分がどう動くのか、その時の行動ですべて次の行動が変わってくる可能性があります

やってできないことはない、まずは、チャレンジすることが一番のご縁だと思います。そのご縁の延長線に自分の一歩の成長があるように思います

考えている間にチャレンジする。考える時間がもったいない。行動しながら次を考える、ダメなら諦める。まずは、やってみる。今回も記載方法も良いか悪いかも不明。しかし、提出したら何か言って来るでしょう

後は、修正が来るか、月末の一時審査(書類)の結果がくるのか楽しみに「ワクワク」まちましょう。メールに気づいたことがご縁。何事もご縁は大切にしましょう!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ICTで生産性向上?

2016-09-17 20:01:50 | 建設会社

最近は何も見てもICT,ICTで生産性向上・・・3年で2割の生産性を向上させます? 本当にできるのか? どのレベルの工事を取って生産性向上を言っているのか?

大手の土工が10万m3あるような少ない工事を取り上げて、生産性向上させるのか、地域の3千万円から1億円程度の工事の生産性を2割向上させるのか。具体的な工事を示してもしいものです

やろうとしていることは素晴らしい。しかし、現実の現場を見て、どうするのか具体的ものを示してもらいたいものです

私が感じるのは、本当に工事全体を通して制約になっているのは、建設機械による施工部分なのか?この部分が一番の疑問です。いくら1日の作業効率が上がっても、工期の最初から最後までを通して、別の部分がボトルネックであれば、トータルの生産性は上がりせん

特に補正予算などは、受注してから、現場に入るのに数カ月かかることはざら・・・と聞いています。なぜこんな事態になるのか? 現場に問題なく、すぐに現場に乗りこみができれば、手待ちがないと生産性(利益)はあがります

しかし、手待ちになると、生産性は落ちます。また、ワンデーレスポンスと言っても、すぐに返事を返してくれる担当者は少ない?(弊社の顧客の担当者)

結果、トータルで生産性の向上には繋がっていない。地方の中小に、ITCは全体最適を満足できる道具なのか? この辺は疑問を感じます

私が感じているのは、受注した工事が、契約日の次の日から何も問題なく施工に入ることができる。これが一番の生産性向上に繋がるように思えてしかたがありません。そして、発注者がすぐに返事をすること・・・・

用地、設計、支障物件等の地元対応等がまったくなければ、現場に集中して自由に現場で工夫を考えて施工ができます。ここうなると、ボトルネック制約は、自社に移ります。しかし、現在の発注された工事の多くは、ボトルネックはすぐに現場に入れない、発注者の返事が返ってこない・・・こんなお話を良く聞きます

ワンデーレスポンス。三方良しの公共事業・・・この原点を見直すことが一番の生産性向上に繋がると思っているのは自分だけでしょうか?

目的は、生産性向上と人材育成だと思います。目的達成に、ITC以外の対応策を求めるぜ!だって、殆どが地方の中小企業ぜよ!

発注者には作業が最初から最後までスムーズに流れることに汗を流してもらうことに期待したいと思います。これが、一番の生産性向上ぜよ! それが、地域に建設会社の願に思われれしかたない。だって、生産性を上げにと会社は継続できんぜよ!

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人材・人材

2016-09-16 18:01:16 | 建設会社
高知県は9月になってやっと入札が始まり、一斉に受注が決まってきた感じです。ひとつの土木事務所で複数の同時改札があるため、総合評価で点数が低い会社も思わぬ仕事が廻り込んでくる場合も多くなってきています

そうなると、想定外が発生して、小さい会社の受注が増えてくる? こんな現象も発生。受注件数が増えて来ると作業員が不足して直営ではできなくなり外注探しが仕事に。また、技術員がいない会社は、役員、社長が現場にまわるようにするにはどうしたらいいか?

このような相談等などもきています。忙しくなった・・・これにつきます。しかし、約半年近く遊んでいた会社もあります。半年で1年分の仕事をこなす必要がある。これは、並大抵ではありません

上記のような現象は、他での起っているのではないかと思います。この現象は、今まで経営者が人材育成について考えていなかった証拠です。すべて自社の責任です

また、人が辞める。新しい社員も長続きしない・・・・。この現象も多いように思います。なぜが? 自分の過去の件経験で、現場を指示する。進捗が思っているほど進まない。自分ですべてをコントロールしようとしている。過去と今の実情は違う・・・ここの部分の理解が難しい

俺の背中を見て仕事は盗め。体育会の命令形の仕事・・・・・今の時代は違う!

自分にも耳の痛い話ですが、このような経営者は多いようです。極めつけは、社長が現場でずっといたら、作業員はやめてしまいますよ・・・・

社長の良かれと思っていることは、社員からすると逆効果になっていることはないでしょうか? 私の支援は現場ですから、うち解けた社員は会社事業を話してくれます

各社によって違いますが、多いのは、社長は事務所の中と現場では違った態度や言葉になっていることが多いように思います

私が知っているのは事務所と夜の穏やか社長。従業員が知っているのは現場の社長です。人材育成には、現場での対応が一番重要です。現場で信頼が決まることをもっと理解して対応をしたいものです

過去の延長線から未来を見るのではなく、未来の目的らか今を見た行動をしましょう! 

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ち人来る・・・

2016-09-15 18:44:39 | その他

弊社のSF工法は国土交通省のNETIS登録をしています。この製品は5年の月日がたちました。よって、今年の3月末で、建設会社さんに活用して頂き、5件の事後評価がされ、事後評価委員会で審査されないと登録抹消になります

3月末で事後評価の数値を整備局で確認すると5件の微妙な境でした。施工実績はあるのですが、事後評価がギリギリ・・・・あとは、待つしかない状態でした

待つこと約6カ月、9月12日に郵送ではなく、メールで通知が来ました。とりあえず内容はともかく、事後評価結果通知書が届きました。件数は6件で評価されていたようです。建設会社さん、本当にありがとうございます

評価内容を見ると工程はバッチリ。経済性もボチボチ・・・。施工性はまあまあ・・・・。他は同等ですかね・・・

ギリギリ6件で事後評価が行って頂いただけで感謝です。最近は、国土交通省での採用が若干増えてきています。この評価のおかげで、登録は5年間延長されます。まずは、人に知ってもらうためには登録に残ることは大切です

不思議に感じるのは、最後に生き残ることができた。願いは叶う。思いは通じる。この気持ち、感謝は大切にしないといけないと思います。

自分自身の力で実行できることは殆どありません。すべて他人に助けて頂いて前に進んでいると思います。自分だけでは何もできない。これを実感した事後評価通知でした

実績を増やすために、最後は少し建設会社さんにお願いたこともあります。諦めなければ実現できる。これからも何事も、最後まであきらめずにいきましょう

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予測と結果

2016-09-13 10:14:54 | その他
昨日は、新事業の検証を目的として、3回目の現場での検証試験を行いました。過去のデーターから、今回も想定内の結果がでると、安易な気持ちで見ていましたら、我を忘れるほど、どたばたで、結果も想定内外の境をいったりきたり・・・

何回検証しても、データにはバラツキガあります。バラツキを小さくするためには、デーアーを多く取る必要があります。どこまで、データを多くするのか・・コストと時間のかねあいになります

建設工事でも、バラツキを小さくするには測点を多く取る必要がある。しかし、手間と時間がかかる。品質の向上に不可欠な作業ですがどこまでやるかは覚悟がいります

今回のデーターは相手が人・・・こちらの思っているようには行動しないし、子どもは成長に大きな差があります。しかし、子どもは子どもです。面白いのが、各地、各園により行動が全然違っています。面白い・・・教育方針が良くわかります

元気はつらつ、返事が良い、挨拶する・・・こちらが、勉強させられることも多くあります。こちらはさておき、ともかくデーターをどのように評価するかです

事実のデーターですので、各回のデーターと全体のゼータをどのように組みあわせて評価指数を積み上げていくのか、今回で終わりか、追加が必要なのか・・・・

基本は、目的数値は達成です。今回ほど、バラツキ意識したことは初めてです。いつも、建設現場でここまで意識をお伝えすると面白い結果があるかもしれません。今後は、バラツキさらに重要視していきたいと思います

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。

Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加