自分自身が答えは持っている! 応援日記 

三方よし(売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし)の精神で!
日々「何のために」を考えて行きたいと思います

必然の情報

2017-05-24 20:47:16 | 経営
コンクリート二次製品会社の人が会社を訪問してくれました。ちょっちした課題があるとのことで相談にきました。その時に見せて頂いた写真に、エ、エ、エと自分の興味をそそる写真が一枚ありました。質問をすると、こんな商品もあるようですよ

早速、その商品に関してインタネットで調べると、頭のグルグル回り出しました。本日の仕事の予定を取りやめて急遽その面白い商品に関しての二番手商法案を考えた過ごした半日。今でも思考がまわっています(笑)

物事の出会いは、どこでどのようにして訪れるのかわかりません。アンテナを張っていると情報が勝手に向こうから寄ってくるよう思っています。数年間から考えていたことが、ふとした写真がヒントになる。だから面白い

コンクリート会社の人が訪問してくれていなければ何もなかったことです。この情報が今後どうなっていくのかは未定です。しかし、アンテナを張る。そして、それに関連することは目ざとく気づく。世の中、偶然はありません。すべて必然です

必然のことを起こすのは自分の普段の行動と意識の持ち方だと思っています。自分が良い環境をつくりだせるのか・・・・

3千円居酒屋は愚痴を語り、1万円居酒屋は夢を語ると言われる言葉も聞いたことがあります。お金ではないですが過去を語るのではなく、未来を語れる仕事がしたいですね

そのためには、自分が常に未来を語れる環境を保っていることで、未来を語る仲間が集まってくると思います。必要なことは、必ず必要な時に訪れると思います

「類は友を呼ぶ」どこを向けて行きたいのか・・・しっかり、「目的」を決めて進めましょう

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現場は宝の山

2017-05-23 18:30:27 | その他
受注したばかりの建設現場を訪問してきました。5名以上で現場長を実施してきました。今回は、進入路遠野仮設があり工夫の余地がありそうです

現場で、目的から考えて進入路の位置はどこがようか? 仮設道路は盛土が良いのか? 仮橋形式が良いのか? 掘削は矢板が必要か? オープン掘削が良いか? 色々と面白い話題で盛り上がりました

住家を通って、現場にいくまでの現道は何トン車が進入できるのか? 設計車両では進入は大丈夫なのか?周辺住家への振動の影響、現道の舗装は大丈夫なのか? 地域への課題も盛りだくさん

目的は、工事現場に行くこと・・・・ならば、現道を通過しないで、その場所に行くことは可能でないのか?目的から考えると、出来る、出来ないは別として色々と案が浮んできます。その出てきた案に対して複数人で良い悪い、可能性があるない・・・こんな議論が現場でできます

工事をするのは現場、いくら机の上で計画しても、机上の空論、現場でみんなで、経験と知恵を合わせて議論が一番の早道だと思います。その後は、事務所で課題の整理と今後の進め方の検討の洗い出し

このようなことは、当たり前に思いますが、当たり前でない会社もあるようです。代理人と主任技術者の2人で現場を見て、その一人が施工計画書を作成して総括打ち合わせをする

こんなプロセスの会社もあります。今回は、CCPMにも初挑戦、もちろん、作成は付箋を活用します。あわよくば、効果大のプロセス写真にもチャレンジできればいいけどね

まずは、やってみる。やってみないと、良い悪いもわかりません。課題検討と施工計画書の作成が完了するころには、綿密工程表ができていることに期待です

現場を見て多数で議論する。一番に効果がある問題解決の方法だと思います。今年から、工程表のクリチカルの共有も始まります。やってみましょう

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

働き方改革とTOC

2017-05-20 06:13:15 | ワンデーレスポンス
ゴール・システム・コンサルティング㈱の最新指令交換会に参加。「働き方改革」の影響で忙しい? こんな言葉を聞きました。なんで経営コンサルタントが忙しくなるの?

「国民一人ひとりが自分らしい働き方を実現できる環境」が必要不可欠・・・、企業としては、生産性向上をしないとダメな状況になってきている

現在の個別受注の製造業の課題は「暖味なスタート」、「設計・調達・製造がそれぞれ部分最適」、「計画レスの業務運営」(発表資料より)。現状がどうなっているのか見える化されていない。これって、建設現場も同じ?

残業時間の減少が話題として取り上げられている。そのためには、生産性の向上は絶対条件である。それも数%ではなく、何割のオーダで生産性を上げる必要がある

仕事をしているのは人、調整・協議、確認等などの実際に生産性を上げていない時間はどれだけあるのだろうか? 実際に生産をしていない時間? また、考えて悩んでいる時間はどの程度あるのか? これも不明

そのためには、現在の段取りミス、仕事の手戻り、チームで仕事をする、予定通りにモノができる活動が大切。チームマネジメント活動が必要となっている

やることは、1週間単位でのマメジメント、毎日の朝会による情報共有(2時間ごとのやることを決める)、次週ふり返りを通した解決思考の改善

これを実施していくと、人の繋がりのコニュニケーションが良くなっていく。これを実施することで時間の余裕を生みだしていく

最後には、「ワクワク」して仕事ができるよいになり、人が成長する。人が幸せになるために、楽しい仕事でないとダメ。自分のやり方は少しは違っているが、やっていることは同じであることを実感、そして、「ワクワク」と人が育つは同じ・・・・

TOCでなくてもいい、自分が目指しているモチベーション(やる気)、コミュニケーション、プロセス、この3つのことが実現できる「働き方改革」になれば、生産性は向上することをさらに実感しました。面白い・・・・

来週から、初めての会社で新しいプロジェクト開始、3つの実現に向けてやってみようかね

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せ

2017-05-19 12:08:14 | その他

中小企業家同友会の高知支部の総会に参加。中山英敬氏(福岡中小企業家同友会)の講演が良かった。人が本当に本気になった時の行動は凄い。いや怖い。あそこまでやりぬけば、間違いなく上手いこといくと実感しました

しかし、自分にはあそこまで本気で実行できる自身がない。ありのままで生きる。頑張らなくていい・・・・。最近、こんなライフスタイルになってきているいと、とくに違いを感じますが気持ちは同じ部分があります

仕事の進め方、本気度は別として、人に焦点を当ては経営。これが参考になりました。人の幸せは何か? 金銭、モノだけでは人は幸せになれないと思っています。仕事の「やり方」ではなく、「心のあり方」が問題です

人は、人と接することで、心が通い合って思いを共有できることが大切だと思います。人は感情で動いているのでこの部分は大きいと思います。だから、幸せになるには「人」との関わりが大切。世の中、人しかいませんからね

幸せな日々を送るためには、「幸せな人間関係」を構築することが重要。しかし、これが、どちらかの一方通行になったり、自分の「思い込み」で相手に伝わってないことが多くあります。また、知らないうちに上から目線になっている場合も多々あります

また、仕事内容は現場でしかわからないのに、現場目線で無く、自分目線になっている。現場を知るためには、社員さん一人一人との対話が大切です。その対話で、会社のこと私生活のこと、全て話してくれる関係になること、ここに向かっていくことが重要です

全て、話を聞いて仕事のことは対応できても、私生活のことは対応できないこともあります。しかし、本気で聞くことができるようになる。これだけでも、人と人の関係性は良くなってくることがあります

 お客様第一と言っても、会議では売り上げ数字を追っている。言っていることと、やっていることが違っている部分もあります

仕事は自分が幸せになるために行っていと思います。普通の幸せとは何か? 幸せになるために人間関係を良くしていきましょう!

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮説

2017-05-17 15:59:07 | その他
発注者(役所)に、道路設計の協議に行ってきました。工事と違って計画です。計画とは、決まっていないので仮説とも捉えられます。だから、仮説であり、人によって考え方が違ってきます。これを、発注者と同じ仮説になるようにイメージを共有する必要があります

概要説明、設計条件の整理、仮説の思想その他、発注者が客観的に数値で評価できるようにします。こちらの「思い」で説明しても客観的な根拠に基づいた手順の方が判断しやすいと思います

設計でも、地域特性を考えた「目的」が一番大切です。どれだけのサービス水準を必要としているのか?対比用効果は? 発注者と地元の関係が一致しないと前には進みません。ここでも優先するのは「顧客の住民」、設計の仮説の時点からこれが考えられていれば、必ず良い道路ができ、施工時の通行確保もできるようになります。「何のために」「誰のために」


工事でもどのような手順で進めるのか? こちらの工法、重機の種類、大きさ等もすべて仮説です。これは代理人によって違ってきます

だから、仮説を多く持ち寄って、みんなで、ワイワイ、ガヤガヤやって検討すれば、少しでも現実に近づいた施工ができるのではないでしょうか。結果として生産性の向上、品質向上に繋がると思います

仮説の精度を上げていくには、発注者に参加して頂き、「住民」から見た施工ができる環境を整えて行く。これが、一番大切なように思います

ひさしぶりの道路設計の協議、楽しいですね。この時期から工事する仮説を立てて機論すると、こちらの意見も受け入れて頂けやすいことを実感した協議でした

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現場力

2017-05-16 18:51:35 | 建設会社
現在、土木の某コンクリート新製品に関して検討中です。ある人から、こんなことに関して困っているので、こんな案を考えてきました。商品化は可能でしょうか・・・こんな出来事から始まりました

その案に関して設計関係の人に意見を頂き、ザックリとイメージ図を作成して、本日は現場で直接施工しているベテランの人、3人に意見を聞きに行ってきました

こんな構造案で施工ができるのか? こんな場所でコンクリート打設は可能か? 自分が施工で疑問い思っている素朴な不安、可能性等に関して意見を頂いてきました

3人とも概要の答えは同じ。難しいものは難しい・・・・こんな回答は全て同じでした。素人と経験者の違いです

そして、俺の経験ではこんな場面があった。こんな現場もあった・・・。本当に自分がこれまでに体験してきた経験のお話をきくことができました。その中にはヒント満載

最後には、俺なら、こんな施工をする。こんな構造なら使う。これなら、施工しやすい・・・。色々な現場体験からの意見を頂きました

結果、質問をすることで、製品のイメージが見えてきました。このイメージが製品になるかはどうかはわかりませんが。施工ができる製品になることは間違いありません

価格はわかりませんが、現場での施工性が向上する製品になることは間違いありません

最後に行ったベテランからは、基本は二次製品、木製型枠のメンテナンス等をすると結構手間になっている。価格もだけど、将来のこと、施工性、管理等を考えるとできるだけ二次製品を使っている・・・

出来る人ほど、これからの土木の将来を見ていることを実感した1日でした。新商品の商品化、次へのステップに一歩前進です。一歩、一歩が基本の土台が出来上がっていきますよ


人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会話

2017-05-15 17:28:26 | その他
昨日は、祖母の法事で実家の四万十市で過ごしてきました。父がいないと遠くにいても、長男は仕切り役として必要なようです。現場で実質に動いてくれるのは、実家近くにいる姉に殆どお願いですが・・・

この日は、父の兄妹、母の実家などから70~80代が集まりました。この時代の人は話の声が大きくて、笑いが多い・・・ 本当に良く笑います

また、ちょっとした話の話題でよく話が継続します。自分は長いこと話す話題を提供できません。普段の仕事でもそうですが、自分の得意とする分野なら話をする事も可能です。しかし、見ず知らずの人と面と向かうと何を話していいのかわからなくなります

知識不足、人見知り等、色々とありますが、話がすぐに途切れる。人の話を聞いて引き延ばそうと考えますが質問も、すぐに出尽くします。他の人の話を聞いていると・・・なるほどとなりますが、自分が話をするとダメです

人に質問をして、その質問の回答に関してさらに質問を繰り返す。その質問がその人の興味のあることだと話は長く続くと思います。興味がない内容ならストップ・・・

その辺の見極め、相手の雰囲気を読めない自分がいます。人との会話を上手にする。自分にはこれからの課題です

そして、「笑い」本当に親族だから、家族だからではないですが、小さいことでも、よく笑います

難し顔をしているより、笑っている方がいいに決まっています。笑顔での会話が良いに決まっています。でも、なかなか笑っていない自分がいます

会話と笑顔。本音で会話できる環境。まずは、この部分から入っていくことが大切なように思います

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思ったことは実現する

2017-05-13 21:25:26 | 経営
今日は土曜日、朝は運動と病院に行って体の健康管理からスタート。そして、今日、やることを決めて会社に出社。会社に行ったばかりは単純な雑用からスタート、そして、最終の今日やると決めたやることに集中

無事に目的達成できたので、次を進めよう思っても脳が今日はもう良いとなって反応しません。だって。今日もやること達成なので自分に甘えがでます

人は、イメージできることは実現できると言われています。だから、イメージすること。決めることは良くあります。これはできないとイメージしたことは、見事に実現していない自分がきます。これも、実現しているひとつです

だから、出来ない・・・このイメージを持たないことです。また、出来ないと言わないことが大切です。だって、脳が思ったことは実演できるわけですから、ダメなことは思わなければ実現しません。しかし、負のイメージを思考するため脳に伝達されることが多いので嫌な事に実現してしまうんですね

そのためには、出来ないイメージ、思いを脳に伝えないこと・・・そのためにはどうしたらよいのか? 悪いこと等を長くイメージしておかないために、その夜に嫌なイメージを取っ払うことをお勧めします。それは、その夜に喚いて、書いて、文句等を言ってその場で頭をスッキリすることが自分には効果があります

いやなことは、その夜に終わらして明日に残さない。残しても得なことはないと思います。たまに、思い出しても何もプラスになることはない。だた、悔しい、頭にくる、これをその夜に手放す。そして、未来をイメージする

すると、良いイメージが頭に浮かんでくるので良い結果に繋がる可能性がある。ちょっと先の悪いイメージをするのではなく、目先も踏まえて、将来の良いイメージを持つことで気分よく仕事ができるし、進捗も早い

常にプラスのイメージがで出来るようになりましょう。結果的に良い仕事が増え、早く終わるようになるぜよ。そうなると1日の目標も変わり生産性向上に繋がるぜよ

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強みと弱み

2017-05-12 18:32:48 | ワンデーレスポンス
県内の初めての建設会社さんを訪問。工事成績が悪いと言っていましたが、今年は素晴らしい成績を見せて頂きました。しかし、数件の結果を見せて頂くと、強みと弱みが見えてきます

これだけ、はっきりとでているのは偶然なのか? 必然なのか? この辺は不明ですが分かりやすく対策が的確に出来ます

社長は仕事ができる現場の人? このような感じを受けます。だから、現場でのやることは綺麗な品質の高い工事を実施している。そんな気がします

私が得意とする「出来形」「品質」は高得点です。現場主義が見えてきます。しかし、ある部分に関してはちょっと弱い・・・・

全項目が高得点だと、私など呼ばれることはないわけですからひと安心。基本的に2項目に関しての対応策があればよし。そうなると、当初の話の予定を変更です。弱点部分に関して集中説明。そして、今後受注した時の対応策について最初に説明

最初なので元気モリモリとお話をさせて頂きました。その部分に関しては会社が後はやるかやらないかできまります。社長は「やる気」はありましたので大丈夫でしょう。あとは、「思い込み」「人は忘れる」「イメージ共有」の3点のお話

建設工事とは関係ないように思いますが。この3点が重要なキーワードのように思います。仕事をするのは全て人。だから、人間の行動特性をわかったうえでどのような行動を取る必要があるのか?見せる必要があるのか? この辺が重要だと思っています

結構、みなさん理解をして頂いたと思います。あとは、工事が受注できた時に、どのような行動をするのか楽しみです

さて、会社によって強みと弱みが違います。各社の技術者、社長にお話を聞いていると何となくわかる気がします。会社のカラー、風土のようなものでその辺が現れているように思います

実際、課題が理解していても動き方がわからない会社。理解もできていない会社があります。動き方がわからない会社は事例等を示せば、後は応用で自ら動きだすことができます。理解できていない会社は、ただ、マネをするだけになってしまいます

応用できる会社、マネだけする会社。最後の延びしろは如何に。それは、社員の行動を見ていればわかります。今回の企業が受注できることを願って後は待つのみ!

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブロ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事業戦略

2017-05-10 18:17:08 | その他
平成29年度事業戦略普及啓発セミナー(高知県、高知県産業振興センター主催)に参加してきました

弊社は毎年の製品・サービスごとの売り上げ、利益目標は立て、月次決算で数値確認をするようにはしています。しかし、5年後までは計画していません。今の時代、5年先は読みづらい、絵に描いた餅になるため実施していないのが現状です。だた、5年後にはこんなになっていたい・・・この気持ちは自分の頭の中にはあります。中途半端な状態です

実際に戦略を策定するためには、色々と資料も必要となります。それが今回のセミナーで提示している書式を見ると、これを埋めれば作成できる。また、産業振興センターが支援をしてくれる。これは、いい制度だと思います

事業概況、業界分析、自社分析、着地点、KPIの目標、中期、着地点、1年目の取り組み、具体的に何をするのか示されています。具体的な行動計画を記載するようになっています

書式を見ればこれなら出来る。こんな気持ちになります。しかし、実際にやってみると完成は簡単ではない気がします。自身にそこまでの戦略がないと思います。うやむやを消すためには必要なことだと思います

経営には将来をイメージすることは大切です。だから、戦略を立てることが目的ではないですが、経営を継続していく目的のためには必要になります

この手法が良い悪いではなく、自社の会社の将来のなりたい姿を描く。将来を追い求めるから、今、何をする必要があるか見えてくる

夢を実現するために戦略、頭の中にあるものを見える化する。そのためには、原点の「何のために」「誰のために」の理念、価値観を確立することも必要です。まずは、ここから出発です

人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加