答えは現場にあり!技術屋日記

還暦過ぎの土木技術者のオジさんが、悪戦苦闘七転八倒で生きる日々の泣き笑いをつづるブログ。

訳あり

2020年02月13日 | 北川村

日曜日、柚子の剪定をしていて、顔に傷をつくった。

どのくらいの人がご存知かはチトわからないが、柚子には鋭利な棘(とげ)がある

その棘がつけた傷である。

ことほど左様に、柚子の剪定作業は棘とのたたかいだ。しかし、アッチで刺さりコッチで引っ掻きするものだから、たいていの場合は、軽い痛みをともないつつ作業をつづけており、作業中には気づかない。作業が終わり、「さていっぱいやるか、おっとその前に風呂だ」というそのときに、はじめて気づくことが多い。

くだんの顔の傷もそうだった。

鏡の前に立ってみたら、右の鼻腔の下から上くちびるの右端に向けて、長さ2センチ程度の傷が一筋ついていた。堂々とした向う傷だ。その具合から判断して、しばらくは消えそうにもない。

あいにくと、翌朝は役所との打ち合わせが予定されている。

「あゝあ、かっこ悪いな」

そう思ったが仕方がない。若いころなら絆創膏でも貼ってごまかしたのだろうが、今となってはそのような選択肢もなく、なにより、後ろめたい傷ではないのだもの、そのまま出勤すると、自分の顔にそのような傷がついているのもすっかり忘れ、役所との打ち合わせを含めた諸事業務をこなした。

それからまた一日すぎたきのう、ある社外の女性(Aさん)と立ち話をしていて、とつぜん質問された。

 

「その傷、どうしたんですか?」

軽く説明したあと、あることに気づいたわたし。

「じつはね、その質問したの、アンタがはじめて」

「えー誰も訊かないんですか?」

「うん、なんも言わん」

「それって訊けないんですよ」

「訳あり、やと思うて?」

「そう」

「そうか、そうやなあ。それに・・・」

「なんですか?」

「オレって話しかけにくい?」

「それはわたしの口からは・・・」

「おんちゃんはヒジョーにさびしー、のだよ」

 

翌日、昼すぎのこと、これも会社の外でだ。

Bさんがニコニコしながら寄ってくる。

「その傷、どうしたの?」

待ってましたとばかりに相好を崩してわたし

「柚子のね・・・」

と言いかけたのをさえぎって彼

「誰も訊いてくれんのやろ?」

「なんで知っちゅうが?」

「Aさんがね」

「あ、やっぱり」

「だ~れもきいてくれんってアンタが嘆きよったって」

「そうそう。で、彼女、傷の理由をなんて言うた」

「言わん」

「え?」

「言わん」

「なんにも?」

「言わん」

 

ということで、4日目となってもなお「訳あり」のまま、傷はわたしの顔に鎮座ましましている。

繰り返すが、柚子の剪定作業でできた傷、である。

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

コメント

西谷川散歩

2019年07月18日 | 北川村

4時起床、1時間ほど本を読んで、おもむろに外へ出る。

旅に出たら朝の散歩をするのが常なのだもの、「たまには地元も」との思いつきだ。

愛犬が生きていたときは、朝の散歩がわたしに課せられた役目であり、雨が降ろうが風が吹こうが、よほどのことがないかぎり欠かしてはならないことだった。必然的にそれは、「飼い犬のため」という主目的とは別に、雨の匂いや草いきれ、お陽さんのご機嫌などなどを通じて、日々の移り変わりや季節のうつろいをわたし自身が感じる行為となっていた。そしてもうひとつ、「ブログを書くという日々」を送る身としての事情がらみでいうと、「困ったときの地元ネタ」という位置も占めていた。

「あゝ今日も行かねばならぬのか」

毎朝それを実行するにおいての九割がたは、そんなネガティブな始まりだったが、いつもいつでもやっていたら、そこはソレでよくしたもので、一日をグッドコンディションで保つためのスタートとしては悪くなく、なにより、「ただボーッと地面を踏みしめて歩く」という行為が、一日いち日の生身の自分を確認することになっていた。

とかナントカ、エラそうなことを言うが、すべて今になって思えばである。

そんなことなどを考えながら、西谷川畔を上流に向かって歩いたきのう。

今日は、ほぼ同じ時間帯を下流に向かって歩いてみた。

ごくごく当然のことながら、きのうと今日では、感じる空気がまったくちがう。

西谷川散歩。

毎日とはいかないだろうが、折にふれ、いやできるだけ、やってみようと思った。





 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー


コメント

第9回中岡慎太郎マラソン大会

2019年05月12日 | 北川村


第9回中岡慎太郎マラソン大会終了。

おかげさまで今回も約3時間ほぼ叩きっぱなしをどうにか乗り切ることができた。

とはいえその内実を9年前と比べれば月とスッポン泥と亀だ。

歳々年々人同じからず。

10年近くの時が流れれば変わったことは数多ある。まして辺境の村となればなおさらだ。

いやいや他人さまのことはともかくとしてではある。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」、とは若い者は三日も会わないでいれば驚くほど成長しているものだ、という故事だが、その伝でいけば、「オヤジ10年近くも経てば目もあてられなくなるほど劣化する」とでも言おうか。このたびも、子どもたちの助けがなければ到底でき得なかった。

そんなヘタレの師匠かつリーダーにもかかわらず、しっかりとそれぞれの役目を果たしてサポートしてくれた子どもたちとその父兄、そして苦楽をともにしてきたチームメイトのおばさんたちに、なにはさておき感謝、そしてありがとう、なのである。

そうそうそういえば、わが孫5歳と2歳が晴れてメンバーの一員として参加(というにはまだまだおこがましいこと甚だしいが)、いつもに増してヤル気まんまんな爺さんだった。

そんな中岡慎太郎マラソン大会も来年で10年。ウソかホントかしらないが、「10年」という区切りの大会をもって終了、なんて話をまことしやかに語る人が複数いた。繰り返すが、わたしにはウソかホントかわからない。風評にすぎないかもしれない。その前提で言わせてもらえば、こういう類の催しは、やめたらそれでゲームセットだ。なにをさておいてもつづけなければならない。

来年また、3時間におよぶ長丁場を叩きつづけることができるかどうか判然としない太鼓屋風情がエラそうに言うことではないかもしれないが、そう思う。

アンタたしかそう言ったよね。だったらボロボロになるまでやれよ、と言質をとられるかもしれないが、そう思う。

子どもたちの助けがなければできないジイさんだが、いやだからこそ、そう思う。

そういうもののなかに、「今という時代」のこの村にとって大切な何かが包含されているのではないかと、そう思う。

なにはともあれ、

ランナーの皆さんおつかれさまでした。

そして、

スタッフの皆さんおつかれさまでした。

ということで、ではまた来年。

 

コメント

ゆず、はじまる。

2018年10月21日 | 北川村

 

 

平成30年のゆず獲り初日。

「収穫の喜び」なぞと言うとカッコはいいが、そのじつを有り体に申せば苦役のようなものであり、「あゝまたはじまったか」という嘆きの言葉が、今朝の心境にはぴたりと当てはまる。

とはいえ、晩酌の時間ともなれば、「とりあえずビール」にゆず果汁を少しだけたらしプハーッと飲ったあと、生搾りゆずをたっぷりどっぷり入れた「いいちこ」ロックをいっぱいいっぱいまたいっぱい。

「ゆず農家の至福われにあり」

なんて悦に入るのだから、結局のところそれほど悪くはないのだろう。

何より、時代とともにその顔ぶれは変遷すれど、家族の睦みの場として「ゆず獲り」があることを思えば、悪くないどころか、貴重なひとときであることはまちがいない。

さ、ぼちぼちやろうか。

 

 

 

 

コメント

それぞれの

2018年08月26日 | 北川村

 

台風20号の置き土産、

倒れた栗の木をヒーヒー言いながら処理しているさなか、

ふと前の川に目をやると、

颯爽と鮎を追う若者ひとり。

 

 

わが村の後輩、

そしてわが社の後輩、

リアル「釣りキチ三平」として知る人ぞ知るユーゴくんではないか。

「おーい!」

と声をかけるが、キョトンとしている。

それでは、と帽子を脱いでアタマをさらしてやると、

こちらのほうを指さして大笑い。

そのリアクションが気に入ったわたしは、

破顔一笑で大きく手をふる。


わたしたちが、そんなそれぞれの休日をおくる一方で、

わが不肖の一番弟子は現場で国道493号の応急復旧に勤しんでいた。



 

 

2018年夏、北川村。

それぞれの日曜日、

それぞれの田舎暮らし。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント

リニューアルなった「北川村温泉ゆずの宿」で心も身体もほっこりしたこと。

2018年06月17日 | 北川村

 

 

 

 

リニューアルなった北川村温泉。

16日に落成式を行ってプレオープンし、26日のグランドオープンまでは、村民なら無料で入浴できるというのでさっそく行ってきた。

相変わらず、いい湯だ。

 

 

フロアには「北川村温泉へようこそ」という北川小学校4年生9名が描いた絵が飾られていた。この学年には太鼓の教え子が4人いる。

ウンウン、いかにも小さな村らしくてよいではないか。

お湯の温もりに相まって、心も身体もほっこりしたオジさんなのだった。

 

 

 

コメント

柚の花

2018年05月06日 | 北川村

 

薫風に柚の花かおる。

その花言葉は「恋のため息」。

柚子同様に小さな白い花であるタチバナの花を詠んだ和歌を思い出す。

 

五月(さつき)待つ花たちばなの香をかげば昔の人の袖の香ぞする。

(五月を待って咲く花橘の香をかぐと、昔親しくしていた人の袖(に薫いていたお香の)の香がする)

伊勢物語である。

 

柚子の木に花がたくさん咲けば、その年は豊作だ。

土木屋兼業柚子農家は、収穫の季節の労苦に思いを至らせ、ため息をつく。

なんともはや、、、

もそっとロマンチックになれぬものかのうと、苦笑いしながらボリボリとアタマを掻く。

連休最後の日曜日 。

畑にて。




  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント

柚子農家の愉悦ここにあり

2018年01月25日 | 北川村

 

「ゆずの大馬鹿十八年」

と題したリーフレットを添えて、柚子の絞り汁(柚子酢、当地では「ゆのす」と呼びます)を贈った方から感想が届く。

 

いわく、

見るからに美味であると想像できた。

しかし実際は、その想像を遥かに上回ったのである。

最初に味わったのは、アジの塩焼き。

数滴程度かけたところ、今まで自分が経験してきた「柚子」の香りの5倍濃縮のような強い、それでいて心地よい香りが鼻を刺激する。

その香りに包まれたまだ熱いアジを一つまみ食べる。口の中になんともいえない「風味」、いや「香味」が広がるのだ。

一緒に食べていた妻も、小学5年の娘も、カルチャーショックを受けたような顔になり、「これはおいしい!!」。


そして、またいわく、

「調味料」というには、「調和」を超える何かをもたらす味わいのような気がする。

そうか、これは「超味料」である。

素材の味わいを必ず超えるのだ。

50を目の前にして、また新たな味体験をした。

感謝感激の新年早々なのだ。

 

くわしくはコチラ

↓↓

https://ameblo.jp/kotobuki5430511/entry-12347246828.html


絶賛である。

激賞といってもいい。

これほどに「わが家の柚子」を褒めてもらったことは記憶にない。初めてではなかろうか。

ゆのす。

年がら年じゅう身のまわりにあり、「あたり前としてふつうにそこにあるもの」という何気ない存在。

あまりにも「あたり前」すぎて、「これはおいしい!!」などと思うことはめったにない存在。

わたしにとってはそんな存在である「ゆのす」に対して、過分な褒め言葉をもらい、恐縮しきりになるとともに、なんだかとても新鮮な感じがしたそのあと、たしかな自信がふつふつと湧いてきた。

「そうか。そんなものをオレたちはつくっているのだ」

もとより片手間の兼業農家の身なれば、柚子農家などとエラそうなことを言いつつも「こんな余計なことを・・・」と思うことも少なからずある。ふだんはほとんど放ったらかしだからいいが(それでも柚子は柚子になるんです。そこが柚子のイイところ)、収穫時期などは、苦役だと表現しても当たらずといえども遠からずだ。そんなフマジメな南国土佐の高知の柚子農家のオジさんが、みちのくに住む友人家族の「喜ぶ顔」を思い浮かべる。

う~ん、なんという幸せ。

まさに、「柚子農家の愉悦ここにあり」。

「よし、今年からはマジメにつくるぞ!」

と、できもしない決心をしてみる朝なのだった

 

 

そうそう、わが家の「ゆのす」はコチラでお買い求めができます。

(残念ながら2017年物はすでに売り切れのようですが ^^;)

↓↓

近藤印・高知酒店

新作、搾りたて「ゆのす」塩なし!今年もいい香りです。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 

     

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント

第7回中岡慎太郎マラソン大会

2017年05月14日 | 北川村

今日与えられたミッションは第7回中岡慎太郎マラソン大会で太鼓を叩いてランナーを励ますこと。

大人、大人、子ども、

子ども、子ども、大人、

とアトランダムに入れ替わって持ち曲を披露するそのなか、

さすが子どもはタフなのだ。

気がつけば、

大人たちが打つ太鼓に合わせて、

ファイト!

カンカン!!

声とバチでリズムをとり始めた。

おやおや断然こっちの方が

おもしろいに違いない

と、参戦したオジさん。

齢(よわい)に50年の差はあれ、

リズムの前では同じなのだ。

 

たのしかったなあ。


 

 

 

ランナー(とそのご家族)の皆さん、

ありがとうございました。

よろしかったらまた来年もいらしてください。

ドンドコドン

および

ファイト!

カンカン!!

で、おもてなしをさせていただきます

\(^o^)/

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント

心優しきいごっそう ~いごっそラーメンは2月4日まで臨時休業~

2017年01月31日 | 北川村

先週の土曜日、にわかツアーコンダクターのわたしが、ICTのトップランナーたちの昼餉にと選んだのは、もちろん「いごっそラーメン店長」。

少食のわたしは、そのボリュームに及び腰になり、普段は足が遠のきがちな「いごっそラーメン」。だが、わたしの事情など斟酌する余地はないし、なんたって人口1,300人余りの過疎の村にある「行列のできる」ラーメン屋だ。町内会的に、外すわけにはいかない。

ということで、皆さんの了承を得て、勢い込んで乗り込んだはいいが、ナント、肝心の店が臨時休業。

「カテーテル検査じゃ仕方ないよね」

泣く泣くあきらめて、代替店をどこにしようかと思案しながら車を走らすわたしに、誰かがそう言う。わたしは見てなかったが、貼り紙に「カテーテル検査で入院する」と理由を書いていたのだという。

3日後の今日、現場から会社への帰路、「あれ、どんな貼り紙だったんだろう」と思いついて、少し寄り道。店はまだ閉まったままだった。

本文は、

カテーテル検査も終り処置もして頂きましたが、退院が2/2日になりましたので、申し訳ありませんが4日土曜日からの営業になります。大変申し訳ありません。よろしくお願い致します。

その後ろに、書き加えたような字で、

何回も足を運んで頂いたお客様、すみません。又お知り合いの方に再度お伝えくださいませ。

 

「らしいな」と独り言ち、その下の小さな貼り紙を見ると・・・

 

 

わざわざ来てもらったのにほんとうにすみませんごめんなさい

元気になったらよろこんでもらえるラーメンをいっしょうけんめいつくります

 

律儀な人だ。 

おっちゃんが「いっしょうけんめいつくります」という「よろこんでもらえるラーメン」は、いつにも増して旨いラーメンになるだろう。

ぜひ、北川村まで足を運んでほしい。そして「心優しきいごっそう」が誠心誠意を込めてつくる「いごっそラーメン」を食してほしい。

もちろんわたしも、少食だのなんだのと面倒くさいことを言わず、食べに行くつもりだ。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント