京都北山細野の神主(最近は北山の仙人とも)

日々感じる事を想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現が有るのはボケが始まったとお許しください

悲しいお知らせです・増木重夫さんが亡くなりました

2022年07月13日 | その他
昨日(7月12日)私のFBから
 
悲しいお知らせです。
ここ10年来、私が一番信頼していた増木重夫さんが今日のお昼前に亡くなりました69歳でした。私より一回り以上若いのです。
毎月28日には必ず千里のお宮さん(上新田天神社)でお会いしていました。
7月には一緒に綾部の森津さんの店に鮎料理を増木さん夫婦と私達夫婦で食べにゆこうと話していました。
先月6月28日は千里のコメダで2時間ほど話し込んできたところです。
10年ほどの付き合いですが密度は何かにつけて一番濃い人です
組織の事務局長をやらせば抜群の能力を発揮する人です。
1)英霊を被告席に座らせることを許さない国民の会(通称・英霊を被告にして委員会)勝訴
2)台湾人日本国籍確認請求事件を支援する会(通称・台湾人日本国籍確認支援の会)継続中
3)教育再生・地方議員百人と市民の会(通称・NPO法人・百人の会)の事務局長をされています。
我が家で開催している「自衛隊応援団長の集い」の料理長もやってもらい、毎回天ぷらを始め美味しい料理を自ら作って参加者に振る舞ってくださってきました。
事務能力ゼロの私から見ればそれだけで尊敬してしまいますが面倒見もよく頼まれたことは嫌とは言わず、ただ、喧嘩パやいところがあるのが愛嬌でした。
良いところが一杯ある人なのに健康に関しては無頓着な人でした。特に食生活と昼夜逆の生活は健康には悪いと、事あるごとに言ってきましたが効率を重視する昼夜逆の生活が習慣になってしまっていました。亡くなってしまってから愚痴っても仕方がないことですが。
10年ほど前に当時一番付き合いが深かった、私より一回り下の三重県飯高町の水屋神社久保憲一宮司を亡くし、10年毎に悲しい思いをしてきました。
もう今度は私の番ですが二人が目指しておられたことを生きている限りSNSを使って何とか続けていきたいと考えています。
それには今からでもパソコンの使い方の基本を勉強していきたいと思っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍元総理の暗殺に思うマスゴミの不甲斐なさ。

2022年07月10日 | 良き日本を蘇らせよう

私はもう40年ほど前からマスゴミ(当時は新聞)に不信も持つことがあり新聞の購読を一切しなくなりました。

以後テレビもバカバカしくなり自分ではチャンネルをいじるのは野球中継か映画(西部劇、時代劇)、天気予報、の他は重大事件、事故ぐらいでした。

特にドラマ(朝ドラ、韓流ドラマ)は大嫌いでPLAYBOYの創始者ヒュー・ヘフナーの生き方「他人の夢を生きるほど 人生は長くないぜ!」を信じています。

今回の事件でもまずテレビのニュースからとチャンネルをひねりましたがどれもこれも同じ映像、以後の映像も当局からの発表を流すのみ、有識者というコメンテーターの発言も当たり障りにない見るに値しないものばかり。

各紙見出しまで同じものばかりという、本来の真相究明には程遠い、昔の報道機関が得意とした真相究明(スクープ、特ダネ)には程遠いものばかりです。

特に今回も奈良警察の記者会見の場でいつものように肝心なところは「ただいま捜査中のため発言は控えます」という逃げ口上を疑いもなくスルーするマスゴミの記者たち、何故、「そこを突っ込まないのだ」

何故今発表されないところを独自に探らないのか?まったく記者魂と言われた魂を失ってしまったマスゴミに期待するものは何もない。

これからもマスゴミの報道は当局(今のところは奈良警察)の捜査情報の発表をそのまま信じて(信じさされて)報道するだけになろうと思いますが、何度も何度も、どのマスゴミも繰り返し流す情報を真実と思い納得する国民が我が国の多数意見を構成していくことになります。

昔から情報(プロパガンダ)を操作するものが社会の主流になってきました。昔はそうでした(今も多数の国民はそのようにマスゴミの操作によって流されています)

しかし今は(これからは)この流れを変えてゆかなければなりません。その手段がSNSが我が国のこの流れを変える手段になると信じています

アメリカや西欧がグローバル化を目指している中でその内SNSも信じられなくなってゆくと思いますが人類は馬鹿ではありません、次の手段を思い付く人が出てきます。なんとしても一局集中化は独裁につながります。民族自立の精神こそ人々が安心して暮らせる世界だと私は信じています。

まとまりませんでしたが「安倍元総理の暗殺」事件は真相究明を続けてゆかねば故人の御霊は浮かばれません。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

参議院選挙がヤカマシイ・多党乱立を歓迎する

2022年06月29日 | 良き日本を蘇らせよう
もう梅雨明け?梅雨明け10日晴天が続くと言われているがこのままではタマラン。こんな時に限って畑を広げてしまった。
田植えも終わった農家の人達にとってもこの小さな余野川の水でこの夏、やっていけるのでしょうか?心配されています。
降ったは降ったで冠水の心配、降らなかったら日照りの心配。
昔も今も同じパターンの日本の農業は転換の時期なのでは?
陽の光の恵み、梅雨も含めて雨の恵み、天の恵みに頼って天(神)に感謝しなくなった戦後日本の農業の終焉です。
個々の農家に機械化を押し付けて補助金でなんとかなるとしてきた政治の無策と相まって今ある農家は家庭菜園並みの小規模兼業農家、自然が安定しないこの時こそ国の抜本的な農業政策が必要です。政治の目的は国民(くにたみ)の腹を肥やすのが大事なのに利権で己の腹を肥やすのに熱心です。
今は参議院選挙がヤカマシイ。出来もしない「憲法改正、北朝鮮の拉致被害者救出」何時までこのお題目を唱えているのか?
ロシアのウクライナ侵攻でここぞとばかりに自主防衛のための軍事力強化?
わかっているのか?核兵器を持たない、核兵器を作らない、核兵器を持ち込ませない。この日本が核保有国の侵略をどうして防げるのか?
今度の選挙は多くの党が多数の候補者を立てて争うようだが中に一つくらい「日本は核武装して外国からの侵略から国を守る」「核兵器で脅かしいて北朝鮮から拉致被害者を取り戻す」と言ってみろ、思わぬほどの票が集まると思うけれど?
議論もしないで(させないで)反対もないだろう。多くの意見が出ることこそ大切です。
各党は外国からの侵略、食物の自給。本気で考え、国民のために命もいらないと言う政治家が一人でもいるのか?
私は次の参議院選挙は多くの主張の違う政党が乱立して一党に偏らせなくして欲しいと思います。
なぜなら今の憲法を改正するには構造的に無理があります。
改正改正と叫ぶだけで保守層の票が集まるという選挙戦略はもう終わりですから。
 
 
 
 
 
 
 
<form class="o6r2urh6 l9j0dhe7 b3i9ofy5 e72ty7fz qlfml3jp inkptoze qmr60zad rt8b4zig n8ej3o3l agehan2d sk4xxmp2 j83agx80 buofh1pr bkfpd7mw" role="presentation">

 

 
</form>
 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誰に遠慮しているのか?日本人らしく生きようよ。

2022年06月28日 | 良き日本を蘇らせよう
誰に遠慮しているのか?日本人らしく生きようよ!
1回の敗戦が100年立ち直れないなんて情けない。
人類最古の文明社会を築いてきた我が日本民族が何時までヘタレているのか?
しっかりしろよ!マスゴミの流すままの情報を真に受けて右往左往している姿をご先祖様は嘆いているよ。
戦後復興などはもうとっくに終わっているのだ。阪神大震災の傷跡などもうとっくに消えているのだ。東日本大震災ももう10年以上経って着々と復興しているのだ。
人の不幸を食いものにするのはいい加減にしたらドウだ。(と、私は思うのだが?)
不幸を癒やす最大の方法は「忘れること」が大切なことは昔から言われてきたことです。
親切そうに人の不幸を繰り返し報道するマスゴミの意図は何か?
もう気が付きそうなものだが繰り返し繰り返し垂れ流すマスゴミの意のままに日本民族は「暗らーい」性格に変えられている。
「水に流す」という日本人本来の美徳は周辺諸国、特にアメリカの意図のままに変えられつつあるのが心配です。
ロシアのウクライナ侵略によって非戦闘員(民間人)の無差別虐殺が知れ渡り、第2次世界大戦でアメリカがやった原爆による民間人に対する無差別虐殺、焼夷弾爆撃による虐殺などが思い出される様になりました。
今年も8月15日の敗戦の日が近づいています。マスゴミなどの例年の報道がどのように変化するか?楽しみにしていますが、変わらないだろうね。
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自衛隊家族会京都右京支部主催「自衛隊応援団長の集い」6月4日(土曜日)10時〜15時開催のお知らせ

2022年05月26日 | 自衛隊の応援団長

コロナ騒ぎ以来中断したり、非公式に開催したりしていた「自衛隊家族会京都右京支部主催の「自衛隊応援団長」の集いは西尾晋也新会長のもと先月4月から場所は同じく京都北山の我が家(カントリーホーム)で再開しました。5月はGWのためお休みして次回は6月4日(第一土曜日)10時から始めます。午後3時には終わる予定です。

野外料理を楽しみながら京都北山の自然の中で楽しい一日を過ごしたいと思います。野外料理の内容は鹿肉のバーベキュウ(LOG SAUCEと言う淡白な鹿肉にマッチしたバーベキューソースを用意しました)これも定番の山菜を主にした天ぷら、炊飯、これも最近は定番になったピザなどをみんなで焼いて味わいます。

参加資格は自衛隊員、自衛隊員の家族(子供も含む)、自衛隊家族会会員(京都に限らず)、自衛隊と家族の人たちを応援しようと思う人達は誰でも歓迎します。

参加費用 購入しなければならない材料や消耗品のためにワンコイン(500円)を募金箱に入れてください。

参加希望者は自衛隊家族会小川京都府会長、自衛隊家族会右京支部西尾会長、または私まで前日までにご連絡ください。

飲み物(アルコール類)は運転をしない人に関しては持参してもらっても結構ですが運転する人は絶対に禁酒です。

雨天での決行します。雨のときにはガレージ内とタープを張ります。

今後の計画

我が家の敷地が広がったので

1)キャンプサイトが出来ました。 土曜日から日曜にかけてキャンプが出来ます。焚き火も出来ます。

2)畑も広げられます。7月からはとれたて野菜を食べることが出来ます。

3)ペット(犬)を放しておける場所(ドッグランと言うほどのものではないが)が作れます。

4)子供の参加が増えれば鎮守の森の学校(野遊び)で伝承遊びを出来るようにします。

5)雨や雪の中でも焚き火の出来る竪穴住居を手創りで作り始めています。

6)その他、提案があれば実現に努力します。

(注意)この集いは我が家で楽しんでもらうプライベートな集いなので怪我などは自己責任でお願いします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本の広告・五木寛之著「捨てない生き方」を見て思うこと。

2022年02月22日 | 良き日本を蘇らせよう

1人とテキストの画像のようです

今日の私のFBから、

外は寒いし、部屋は温いし、昼食後エアコンを付けて足は電気炬燵に、厚着をしてFBを見ていたらBook_magazineの広告に五木寛之著「捨てない生き方」という本が出ていました。

私は最近流行りの?「断捨離」。捨てることが幸せのもとみたいな風潮が気になっていました。
いつの頃か?「消費は美徳」みたいな事を時の首相がホザイてから、日本の経済はダダ下がりになりいまだに続いています。
 
この本は読んでいませんし、読む気もありませんが、100円ショップなどという貧乏人が喜ぶような商売が繁盛するようになってから日本人はものを大切にしなくなりました。
 
「良いものを買って大切に使う」。「山川草木にも神が宿る。」物にも、声にも、タマシイがあるとしてきた日本人の生き様とは違う現代人の生活はもう一度見直す時期に来ているようです。
 
「買ったら使え」「使わないなら買うな」「捨てるのは壊れてから」
世の中、安物が増えすぎましたね。「安物買いの銭失い」
物を大切にしてもう少し日本人は豊かになりましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温故知新(新しきを訪ねて古きを知る)(4)何時も手許に置いておきたい樋口清之先生の著書

2022年02月19日 | 良き日本を蘇らせよう

もともとは祥伝社黄金文庫で出された651ページの分厚い文庫版・現在は254ページの祥伝社新書として復刊されています。

内容は復刊版の帯にあるように「日本の文化がいかに諸外国に類を見ない優れたものであるかを検証し、日本人に勇気と誇りを

与えた名著である」

解説の最後にある「今回、新書版となって本書が復刊を果たしたことは、より多くの日本人、とくに若い方々に読んでいただける機会を

得たという点で、実によろこばしいことである。

この国が自信を失い、どこへ行こうかとしているのかが見えなくなった今日のような状況の下、再び本書が広く読まれ、日本と日本人を

考える縁となることを望むのは、私だけではないだろう。」と書かれています。私も真実そのとおりだと感じて引用させてもらいました。

樋口清之先生は新書版のウラ表紙の紹介に「1909年、奈良県生まれ、國學院大學史学研究科を卒業。登呂遺跡発掘など草創期の日本考古学の発展に尽力し、我が国の考古学会の第一人者として著名である。買って松本清張氏は本書について「学術的な基盤に氏独自の発送があって、従来の説の盲点や不備をついている。いまだかって、このような興味深い比較文化史は書かれていない」と評した。1997年、逝去。

表紙裏にも「教科書では教えてくれない日本人の歴史。とうの日本人が知らなかった。日本人の知恵と独創を余すところなく紹介し、記録的なベストセラーとなった日本人論・われわれの先祖が積み重ねてきた驚くべき発明と工夫が、本書には満載されています。日本人に勇気と自信を与え、民族の美点を教えてくれた名著が復刊!

何としても日本人に読んでもらいたい本です。樋口清之先生についてはまだまだ書ききれませんが今回はここまで。次は私の思い出も入れて書いて行きたいと思っています。まず手元においてお読みください。日本人として誇りが湧いてきます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温故知新(古きを訪ねて新しきを知る)(3)日本精神の復活は正しい歴史を学ぶことから。

2022年02月18日 | 良き日本を蘇らせよう

土偶と土鈴(レプリカ)

「自国の歴史を忘れた民族は滅びる」(アーノルド・トインビー)

しかし、今われわれ日本人が戦後学んできた歴史は第2次世界大戦の勝者(アメリカと連合国)が書いて(アメリカに都合の良いようにでっち上げて)敗者(日本国民)に日本国憲法と共に押し付けたもので本当の日本の歴史ではありません。

以前に書いたように歴史は勝者が書くもので敗者にとっては屈辱以外の何物でもありません。戦後70数年経つのに今だ日本はアメリカの占領下にあるのです。思想的にも、軍事的にも。

経済だけでは国が存続できないのは世界の歴史を見れば解ります。トインビーが言われたように日本国民は自国の本当の歴史を忘れ、敗戦後勝者であるアメリカを始め連合国の都合の良い歴史を日本国憲法とセットで押し付けられているのです。

一度負ければ立ち直る迄に最低100年はかかる、と何処かで読んだように思います。もう20数年?それまでに日本国家は消滅しています。

これから歴史を学ぶのは子供達です。教えるのはこれまでアメリカの作った自虐史観の歴史を教えてきた日教組です。

このような勝者の歴史を日本人は屈辱的と感じなくなってしまっているのです。学ぶ子等も教える先生も、正しい歴史を探求するはずの歴史学者も。

一番最初に正しい歴史を書き直さなければならないのは歴史学者のはずですが今の歴史学会は自虐史観の歴史以外通らなくなってしまっているのです。

我々教育の素人から歴史学者(教育者も含め)を見れば正しい歴史を研究して新事実が出れば正しい歴史に書き換え訂正してくれるものと思っていますが、「師ののりを超えず」が未だに守られていっるのです。これが新技術や新発見が優先する科学や物理学など他の学者研究者達と違うのでしょう。

日本の歴史学会は日本人の誇りを全く失ってしまったのでしょうか?

どこかの大学で正しい日本の歴史を研究発表してくれる所はないのでしょうか?

日本人が誇れる過去の実績、人物や英雄などが子供達に教えることが出来れば今の停滞した、明日がないような鬱陶しい気分が晴れるのですが。

ただ、光明はあります、有史以前の発掘で縄文時代や石器時代の遺跡が発掘され、時代が「炭素14年代測定法」により世界最古の文明が日本各地で出てきたことです。

歴史を通り越して考古学の世界が広がってきました。今や世界は科学全盛で理系の大学も良いが日本国民の誇りを取り戻すことも大切です。

古代から日本人の実績を掘り出し歴史に繋げる考古学を目指す若者に期待したいと思います。

これからは縄文時代の発掘研究に国も研究費を惜しまず、研究者の育成に力を入れて日本人の夢をも広げて欲しい。

私の机の前には土偶(小さなレプリカ)と土鈴がいつも飾っています。私が受験生なら迷わず東北か北海道の学校で考古学を学びます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

医食同源・健康は食い物で変わる。私のFBより。

2022年02月17日 | 健康

最近の外食産業での食い物は味は良くなった?(調味料の発達によって)

しかし、添加物の味で本来の素材の栄養や味は全く無視されているように思われます。

食生活というのは基本的には家庭料理で賄う以外に方法がないのではないか?と思うようになりました。

 

私のFBに朝食について書いたものを載せますので見てください。

医食同源(病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだということ)
 
子供の頃から祖母や母、叔母などから食べ物が身体を作るもとだから「偏食しないで薬だと思ってお食べ」と言われてきたのを歳を経てから思い出して食生活には気を付けています。
ここ、数年ほど前から朝飯だけでも私が良いと思うものを食べようと毎朝作っています。
野菜が主で動物性のものは朝食には一切入っていません。何もベジタリアンでは無く魚も肉も大好きですが朝食からは抜いています。
私は生野菜に対する偏見があって色々本や資料を見たりして乾燥野菜の効用なども知り、今は乾燥野菜作りに凝っています。
野菜を各種一度に摂るには野菜スープにして食べるのが一番だと思いチャレンジして今のところ行き着いたのが具沢山の味噌汁です。
写真も入れてお見せしますので見てください。(笑いますよ)
 
まず、乾燥人参、乾燥ごぼう、乾燥きのこ、乾燥キャベツ、乾燥かぼちゃ、乾燥クリ、切り干し大根(市販品)、乾燥わかめ(市販品)、きざみあげ(市販品)、玉ねぎ(生)、菊芋(生)。ミニトマト(生)合計12種類。
これを小さな鉄鍋に入れて石油ストーブにかけ煮出します。
充分炊けたら味付けは酒の粕に白味噌と八丁味噌で味を付けて、リンゴ酢を少し垂らして出来上がりです。
大きなお椀に一杯入れて生姜パウダーをかけて頂きます。これだけでも腹はふくれるのですが昼まで持たないので主食として餅二切れ(正月の鏡餅を切って冷凍しておいたもの)にきな粉に甘藷糖を少し混ぜたものに付けて頂いています。
最近は生姜パウダーに代わってヒハツ(ロングペッパー)を味噌汁に入れていますがすごく体が温まります、食べ終わる頃には上着を一枚脱ぎたくなるくらい暑くなります。
乾燥野菜に今の所コダワルのは生の野菜をスープにすると姿が崩れていまい味が混ざってしまい野菜らしさがなくなるので乾燥野菜にしたら野菜の姿を見ながら頂け、コクも出るように感じるからです。
本などで調べながら良いよ思われるものはドンドン試みてゆきたいと思っています。
朝飯だけでもこだわって自分が納得できるものを食べていこうと思っています。早起きの年寄りには時間はあるのですから。
この朝食は味噌汁だけは妻も付き合ってくれています。私は餅ですが妻は妻の友達が焼いてくれているパンにジャムです。
私はもともと若い頃から貧血気味(自覚はないのですが以前から検査では)なので鉄分を取るように鉄鍋にこだわっています。
乾燥野菜の具沢山味噌汁にこだわっているのは準備が簡単なこともあります。
この朝食を続け始めて体調はすこぶる良好です。
特に昔から私は胃腸が弱かったのですが最近では下痢をすることもなくなりました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温故知新(古きを訪ねて新しきを知る)(2)縄文文化の研究が日本人を変える。

2022年02月14日 | 良き日本を蘇らせよう

戦後、戦勝国のアメリカその他の連合国によって日本の歴史を書き換えられ、今まで70数年自虐史観によって日本人の誇りはズタズタにされてきました。

10数年前にこれでは日本民族は消滅してしまうと本当の日本の歴史を子どもたちに学ばすために「新しい教科書の会」に入って活動をしてきました。

しかし、この運動も二つに分裂してしまい、この分裂を機会にわたしはこれらの運動から退きました。

そして、千里のお宮さんの社務所を借りて毎月一度「近現代史」の講座を講師をお願いして主催してきました。

しかし、これも参加メンバーが高齢者に固定してきて発展の目処が立たず終わってしまいました。

どうして、日本には本当の歴史を学ばせる運動が進展しないのか?

今だに戦勝国アメリカの占領下のような状態から抜け出せないのか?

誇りを失った民族の国家は必ず消滅するのは歴史を見れば明らかです。

植民地であったアジア、アフリカが大東亜戦争以後独立したのは何故か?

何も日本軍がアメリカ、イギリス、オランダ、フランスの国々をアジアから蹴り出しただけではありません。

アジアの植民地とされていた国々の民が日本が出来ることは自分達も出来ると立ち上がったからです。

民族の誇りを自覚して独立のために戦ったからなのです。

有史以来初めて敗戦国になった日本国民はいまだ立ち上がれずに亡国の淵を彷徨っています。

何故だろう?どうしたら日本民族の誇りを取り戻し子供達、孫達が誇り高い日本人に戻ることが出来るだろうか?

行き着いた先はやはり戦後の戦勝国(GHQ)による歴史教育の歪が解消できないままに続いていることです。

戦後日本が正しい歴史を書けないのは何が原因しているか?ズバリ言いますと。

日本の歴史書は「古事記」「日本書紀」から始まっているからです。それも、最初は神話からです。

それも漢字で書かれていて、書かれた先の時代には文字がなかったという。前提です。

それに引き換え、教科書には世界の4大文明発祥の地はエジプト文明、メソポタミア文明、インダス文明、黄河文明と決めつけているのです。

神武天皇が橿原宮で大和の国を建てられたのはこれらの文明発祥の年代より半分以下、日本人も「古事記」「日本書紀」以前は野蛮人しか居なかったと本気で信じているのです。

弥生時代に稲作文化を持った渡来人が日本に渡ってきて初めて農耕文化が出来始めたと教えられ信じてきたのです。

だから、図に乗った大陸や半島人に頭が上がらない無知な国会議員がまだ沢山いるのです。

ところが考古学という学問と発掘技術、年代測定技術が飛躍的に発達し新しい史実が次々出てきています。

縄文時代の遺跡発掘により世界最古の文明が明らかになりつつあります。

文字に頼っていた歴史学が進んだ考古学によって塗り替わり始めています。しかし、現在の日本では考古学は歴史学の下になっています。

歴史は捏造できます。今の日本の歴史のように。しかし、考古学は捏造してもバレます。発掘されたものが証拠ですから。

これからは日本の若者は考古学に興味を持ち世界に先駆けた縄文文化に興味を持ってほしいと思います。

戦後の自虐史観によって歪められた日本の歴史は考古学の縄文文化の発掘研究によって正されることは間違いないと思います。

戦後犯した歴史学者の過ちを考古学によって正してほしいと思います。

コロナ騒ぎで旅行もままならない現在、縄文遺跡巡りなんて楽しいと思いませんか?私も近場から始めます。

参考

以前学んだことや、昔の事柄を今また調べなおしたり考えなおしたりして、新たに新しい道理や知識を探り当てること。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする