京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

みどりの日・晴天に恵まれ我が家の緑を届けます

2021年05月04日 | 自然

朝風呂の窓から

まず1日の始まりは朝風呂の湯船に浸かりながら紅葉の大木の新緑を眺めることから始まります。

紅葉の枝の上には栗の大木の葉が出始めています。湯船からはこの他に手前の椿、左上のクスノキやイチョウの木なども見えます。

我が家の全景・道の左の農機具小屋は他所の物

敷地の右側の枯れ木のように見える栗の大木3本はこれからです。今は少し薄緑の葉を付け始めています。生え揃うと我が家は緑で覆われます。

「お爺ちゃんち(家)は森の中」を目指して木樹を大きく育ててきました。殆どが落葉樹で夏涼しく、冬日当たりの良いように。

テントサイト・1(3〜4人用なら張れます)

地面から50センチほどの高さに単管でステージを作りました。キャンプ初めての人にも湿気や蚊の攻撃を和らげられます。

この部分囲炉裏のある丸太小屋があった所

約50坪ほど現在整理中、丸太小屋の残骸(薪ストーブの燃料用)が手前、一人用のテントサイトは出来ています。

ここをキレイに整理してみんなで野外料理や焚き火を楽しめるところにします。早くコロナ騒ぎが収まればですが。

秋にはこの一角に小さなビニールハウスを建てて雨が降っても野外料理が楽しめ、霜が降りても野菜が凍らないように。

隣の借りている畑は今畝作りと種を育てるのに使っています。GWが終われば野菜の苗を買ってきて植えます。もう霜は降りないだろうから。

今日はみどりの日・森林比率の高い日本の国民として緑を育て子孫に引き継ぐことの大切さを国民に知らしめる日です。

木樹が喜ぶ・緑に必要なCO2を削減してどうするのか?そのうえ山の木樹を伐採して太陽光発電なんて何のために?どこの国のために?やってんか?

原発を廃止して、石炭発電にも反対、その上、その上、ガソリン自動車を廃止して電気自動車に、ナンテ、正気で言ってのか?

最後にコイツラに「馬鹿野郎!」と言いたいが品がないのでヤメときます。

コメント

私が国旗掲揚しない唯一の祝祭日・憲法記念日

2021年05月03日 | 良き日本を蘇らせよう

通販生活・とじ込み付録(表紙)

私が国旗を掲揚しない唯一の祝祭日・憲法記念日
私の机から手の届く本立てには何時も下の写真の「日本国憲法」が置いてあります。昔の通販生活とじ込み付録です。
年月は経て大分色が変わってきましたがこの忌まわしい記念日には改めて読み直しています。私たち日本人を戦後縛りあげてきた憲法ですから。
上の「日本国憲法」の横に「子どもたちの幸せをつくる道しるべ」と書いてあります。下の裏表紙には「日本国憲法とは、この子が大きくなってつらい思いをしないためのものである。したがって憲法議論は、まず憲法を読む(知る)ところから始まる。」
その通りです、至極まともなことが書いてあります。
「憲法改正」「改悪反対」と叫んでいるどれだけの人が日本国憲法を読んでいる(知っている)のでしょうか?
「憲法改正」を叫んで保守系の票を集め、「改悪反対」を叫んで左翼の票を集める「政争の具」になっているこの忌まわしい日本国憲法は一時も早く破棄して真の日本国新憲法を制定すべきと私は思います。
ダマされダマされ100年近く使ってきた「手垢だらけの今の憲法」もまた「悪法もまた法律」なのです。
裏表紙の文言「まず憲法を読む(知る)ところから始まる」よく読んで下さい。
この子たちが将来つらい思いをしないために、それが戦後生きてきた私たちの役目であると私は思っています。
通販生活・とじ込み付録(裏表紙)
コメント

池田市サウナ問題・些細なことで首長を辞任に追いやるクソ議員と除名で逃げる政党

2021年04月27日 | 不合理なもの

「サウナの後はビールが美味い」なんて事を思って池田市庁舎内に私物の家庭用サウナを持ち込んだのではないだろう、富田市長は。

一般職員と違い首長は24時間が公務と言ってよいほどの激務であろうことは誰もが知っていることです。

昼間の仕事だけでなく夜の会合や打ち合わせなど連日のようにある首長が少しの時間を割いて健康維持のために家庭サウナを身近に設置し利用することが辞職しなければならないほど重罪なのだろうか?

40年近く家庭サウナ派の私としては公務のために健康維持に熱心な富田池田市長の行為は温かく見守ってあげて欲しいと思います。

それとも今回の事を攻撃している野党議員はともかく、富田市長を公認した大阪維新の会代表までが「公認した責任はある」と陳謝したそうな。

大阪維新の会は以前に西村慎吾氏を除名した時なども含めて外からの攻撃に味方を庇って戦う姿勢が見られないことは残念です。

周囲の評判だけを気にしてビクビクしている様はミットモナイと思うのは私だけだろうか?戦う相手には弱いのはクソ野党やマスゴミ、それに隣国?皆同じです。

首長を選んだのは民主主義の我が国の国民(池田市民の有権者)なのです、多数決によってトップで選ばれた首長を些細なことで辞職に追い込んでよいものか?

富田市長もなぜ自信をもって世間に問わないのだろうか? 味方の応援で当選したのに市長になったら敵の言い分に屈して辞任する。

国会議員もそう、地方議員もそう、何の為の代議士なのか?個人攻撃が目的の議会なんて選んだ市民、国民は望んでないのよ。

 

 

 

コメント

新型コロナウイルス・ワクチン接種券が来た。どうしようか?

2021年04月20日 | 良き日本を蘇らせよう

新型コロナウイルス・ワクチン接種券が昨日着いた。(もう去年型のワクチンだろう・旧型コロナウイルス・ワクチン?)

歳の順番だろうか? 妻にはまだ来てない。まだ、医療関係者も接種が行き渡っていないのに?

コロナ騒ぎに不信感を持っている私としては新型、新型と騒いでいる割にはこのワクチンは昨年度の新型コロナ対応のワクチンとしか思えない。

インフルエンザワクチンでさえ毎年変わって新型対応になっているのに(私は一回もうっていませんが)今年流行のコロナに効くのだろうか?

私がワクチン接種に躊躇するのは原因があります。躊躇だけでなく不信感もあるのです。

まず、子供の頃(戦後すぐ)に看護婦さんにうたれた静脈注射の失敗で左腕が腫れ上がって大人になるまで痕跡がありしびれが残った。

そのため、注射恐怖症から医者嫌い、病院嫌いになり、健康は自分で維持することが大切だと学びました。

病院には怪我とか自分で不調が気づいて専門家としての手当を受ける時だけ行くようにしています。

不信感は、どうも、このコロナ騒ぎは胡散臭いと国の対応から感じるようになったことです。

それに昨日きた新型コロナウイルス・ワクチン接種券です。

医療機関の人たちもまだ接種されていない人が多いと聞きますが最近の保菌者(あえて武漢肺炎患者とは言いません)が高齢者の病持ちから若者に移ったのに高齢者優先なのか?

我々終期高齢者はどの道先は短いのだから国にとってまず大切な若者から守ることが大切ではないのか? 

一票を金で買うことしか眼中にない議員が多いのは嘆かわしい。こんな議員が増えたから若者の政治離れが進んで年寄り優遇ばかりが優先され期限切れの団塊の世代にオモネル政治しか出来ないのではないか?

憲法第9条をお守りにしている年寄りにすがって今まで議員をしてきた野党もそろそろ若者の方に舵取りをしたらどうでしょう。「もう遅いか?」

話がまた横道にそれてしまいました。続きは昼飯を食ってから。妻が「昼飯が出来たよ」と言っていますので、すぐに行かねば怒られますから失礼します。

食事は終わりました。続けます。

今また大阪から第4波と言われる大量の保菌者が検出されました。GWを直前にして又緊急事態宣言で国民の自主的な外出制限がなされそうです。

なぜ?法律でやらないのでしょうね? 責任を取りたく無いという消極的な原因だけでしょうか?(知りませんが)

ベッド数も少ない、と去年の始めから言っていたことでしょう? 国も議員も医療機関も本気でやる気が無いのですね。それともみんな本当の馬鹿か?

接種に関して年寄り優先を後回しにして若者優先に、ということにも抵抗があるのです。

このワクチンには副作用に関するテスト期間がないことです。そのため医療機関や政府やマスゴミは本来の副作用という言葉を副反応という言葉に置き換えて責任逃れをする算段です。製薬会社が副作用に対して責任を待たない薬なんてこれまであったのでしょうか? 

このワクチンの副作用に関する責任は国が負うことになっています。国が負うということは国民の責任になるということです。国が出す賠償金?保証金?すべて税金ですから。

接種が始まってワクチン接種の副作用で亡くなった人はまだ無いのですよね? みんな他の原因にしてしまっているのでしょう。持病悪化で亡くなった人もコロナで亡くなったとしたように。

だから、老い先短い私が率先して接種を受けて副作用の実験台になっても良いと思っています。それとも最初の内の高齢者にはビタミン剤でもうって安全だと宣伝しますかね?

それほど疑心暗鬼になるコロナ騒ぎです。政府や議員、医療業界、マスゴミが国民ファーストに目覚めることを祈ります。神様が見ておられますよ。

もう一つ、今後コロナワクチン接種券が国内、外国に移動のパスポートになることを懸念します。ワクチン接種証明がない限り入場も移動もできなくなる恐れもあります。

マスクと同じように効果より相手に対する安心感のために使われる可能性もあると思います。自由に旅するためには必要になるかもしてません。

 

 

 

コメント

今・私の周囲で台湾産パインアップルを食べることが流行っています

2021年04月17日 | 良き日本を蘇らせよう

芯まで美味しい台湾産パインアップル

今・私の周囲では台湾産パインアップルを食べることが流行っています。
覇権国家の色合いを露骨に出してきた中国が世界に約束した香港の一国二制度を反故にし、台湾や我が国の尖閣諸島、あろうことか沖縄まで自国のものと主張し始めました。
これに対し台湾政府は毅然とした態度を即座に表明しました。それに対して中国は全生産額の半分以上を輸入している台湾産パインアップルの全面禁輸という経済処置を取りました。日本政府、日本の経済界ならどうするでしょうね?オロオロするだけで見苦しい醜態を世界に晒すでしょうね。
それを見た日本国民はどう感じるのでしょうか?想像するだけでもオゾマシイ(恐ろしい?)ことですね。
流石、台湾は小さくても大国ですね。世界一の親日国台湾のためにいま台湾の友好国日本国民がまずやれることは台湾産パインアップルを食べまくることですね。
偉大な国とは国土の大きさでもなく、人口の多さだけではありません。財力、武力で周辺国に領土を広げることでもありません。
無節操な覇権国に飲み込まれようとしている友好国を応援することなら政府抜きでも出来ることです。
まず、各自が台湾産パインアップル1個買うことで日本国民は台湾の味方ですよと意思表示しましょう。
我が国は中国の人口に比べれば10分の一ですが台湾の人たちにとっては味方がいるという事は大きな励みになります。
昨日、京北町で唯一の食品店に行ってフイリッピン産のパインアップルの中に1個だけ残っていた台湾産パインアップルを買って今日のお昼から食べようと思っています。
食べた人の話では芯まで美味しいと言っていましたので楽しみです。
コメント

コロナ収束まで「独り遊び」のすすめ・カントリーソングをまた聴き始める

2021年04月14日 | 独り遊び

この季節は毎週定期的に雨が降るので外遊びばかりはしていられない。読書が好きな私も寄る年波には勝てず。目がショボショボして続けられない。

テレビは嫌いだし、ラジオも最近の音楽は好みではないし、昔、諸口さんと交流があった頃は良く「諸口亭」へ通っていました。

さほど歌が上手いわけではないが語りを入れた日本語で歌う、都々逸風のカントリーソングが私の好みでした。その中でも下にコピーした「ホーボーズララバイ」

諸口さんが歌うこの歌がなぜか私の感性にあって好きでした。リクエストでは毎回この歌ですから、きっと「またこの歌か」と思っていたかも知れません。

Hobo's Lullaby の元の歌詞と和訳は下の通りですが諸口さんの歌詞は違ったか? 坂庭省悟さんの歌われた歌詞(下に書いておきます)かも知れません。

>Go to sleep, you weary hobo   眠りなさい、放浪に疲れたホーボー 
Let the towns drift slowly by   町並みがゆっくりと すべるように過ぎて行く
Can't you hear the steel rail humming ?   鉄道のレールのハミングが聞こえるでしょう?
That's the hobo's lullaby    あれが ホーボーの子守唄よ

Do not think about tomorrow   明日のことなんて考えないで
Let tomorrow come and go   明日が来ても 行かせてしまいましょう
Tonight you've in a nice warm boxcar   今夜は素敵な 暖かい貨物列車の中にいる
Safe from all the wind and snow   風も雪も みんな防いでくれるわ

So go to sleep, you weary hobo   だから眠りなさい、放浪に疲れたホーボー
Let the towns drift slowly by   町並みがゆっくりと すべるように過ぎて行く
Can't you hear the steel rail humming ?   鉄道のレールのハミングが聞こえるでしょう?
That's the hobo's lullaby    あれが ホーボーの子守唄よ

I know your clothes are torn and terrible   あなたの服は破れて ひどい状態ね
And your hair is turning grey   そしてあなたの髪は 白髪まじりになってきた
Lift your head and smile at trouble   頭を上げて 困難なんて笑ってしまいましょう
You'll find peace and rest someday   そのうち あなたにも安心と安らぎが見つかるでしょう

So go to sleep, you weary hobo   だから眠りなさい、放浪に疲れたホーボー
Let the towns drift slowly by   町並みがゆっくりと すべるように過ぎて行く
Can't you hear the steel rail humming ?   鉄道のレールのハミングが聞こえるでしょう?
That’s the hobo's lullaby    あれが ホーボーの子守唄<

下は坂庭省吾の歌う歌詞(何か?これのほうが諸口さんらしい)

>街から街へ 流れ流れて 旅を住み家に 歌って暮らす たどり着いた街が 今夜の寝ぐら 

初めて仰ぐ空を 一夜の屋根に 街から街へ 流れて暮らす 旅を住み家に 歌って暮らす

古い仲間の 住む街に来て 飲んで歌えば 夜は短い 街から街へ 流れ流れて 

旅を住み家に 歌って暮らす また会おうと 約束しないで行こう 互いの命の 明日は知れない

街から街へ 流れ流れて 旅を住み家に 歌って暮らす 旅の終わりは 旅の空の下

長い眠りが 待っているはずさ 街から街へ 流れ流れて 旅を住み家に 歌って暮らす<

懐かしい諸口あきらさん

今日は午前中はユーチューブでカントリーソングを聞いていた。やはりテレビと同じで画面を見るために他に何も出来ない。

昔、ソニークラブで買ったカントリーソングのCDが次男の所にあったものを送り返してもらったので雨の日は流しっぱなしいこう。

4月になって畑の準備も始めるので外でも流しながら作業ができる。当分はカントリーソング三昧、すぐ飽きるかもしれないが。

近くに人家がないから人から苦情は出ないがタヌキや狐が嫌がるかも?

コメント

世の中不合理なことが増えていませんか?オカシイと思う事が多すぎる今日このごろ。

2021年04月09日 | 不合理なもの

コロナ騒ぎを始め先のアメリカ大統領選挙不正事件、スエズ運河大型船座礁、台湾列車事故など世界的なニュースになる、本来なら起こることのない大事件が、次々におこり世界の人達の不安が続いています。

少し前になりますがケネディ暗殺、9・11アメリカ同時多発テロ事件なども特にアメリカがらみの真相究明に関しては大東亜戦争勃発のキッカケになった真珠湾攻撃の真相など、何十年も公式記録を発表しないという国が世界の常識に成っていることは驚きです。

民主国家ならすべて三権分立で司法、立法、行政は独立して機能するということがもう現代では無くなってしまったのですね。

特に司法における下級裁判所の偏見は我慢ならない段階に成っています。正義の味方であった弁護士も少数を除いて真っ先に悪魔に魂を売り払っています。

国会議員の国政調査権に頼るしか真相は究明できないものかと思ったら、この権利を利用できる議員が居なくなってしまったのか?ウヤムヤで終わることが多くなっています。

社会の木鐸と豪語していたマスゴミも実は戦前から利権で動く情けない輩の集団だったことがわかり信用を失落してしまい今やスポンサーの言いなりという実情を暴露。

敗戦で国を守る手足をとられた日本が生きる道は国連に頼ることだと思わされ、素直に従ったら、実は国連は敗戦国を縛る罠だったということが今になって分かりガックリ。

「内政不干渉」などという国際常識も覇権国家によって無視され、分断統治という汚い策略で内乱を引き起こされてズタズタになった国はミャンマーだけではないのです。

「医は仁術」と言われてきた医療業界は今や「医は算術」を通り越して「医は搾術」に成ってしまったのか?(武見医師会会長の時代からか?=私の偏見か?)

国民が知ることが難しい難題を明らかにしてくれるのがマスコミや議員たちの役割だったのが利権に振り回される現状ではもう役立たずで期待できません。

民主主義が最終的には腐敗の極限に達したら次はテロやクーデター、内乱の時代を経て革命という独裁政治となり一握りの人間モドキが国民を奴隷とし搾取する姿。

過去の共産圏を見るまでもなく隣国の現状を見ればわかります。世界が今やその方向に向かっています。グローバル化という手段を通じて。

神を見放し神から見放された国民のたどる道筋です。そうならないために神主として神と共に歩んできた日本の信仰について私の思うことをこれから書いてゆきたいと思います。

何か?闇の悪神の手先がはびこって来たようにみえるこの世界を浄化出来るのは良き神々に守られた日本の国民が信仰について自覚することだと思います。

 

 

 

コメント

久しぶりに山歩き、「滝又の滝」から「滝又の石仏」群を見て春の北山を楽しみました

2021年04月06日 | 京都北山歩き

今日は午前中は天気も良いし妻と自宅を10時半に出て京都北山トレッキングコースを逆走、滝又の滝の上に出て降る。

滝の上に綺麗なツツジが咲いていた

ロープが張ってある急な下り坂を降りて「滝又の滝」に1時間ほどで到着する。

京北一の名所?・滝又の滝

良い滝なのに周辺の整備が出来ていず、倒木も10年ほどこの状態、周囲の木々も枯れ放題、行政も住民も無関心。

上で工事中(伐採か?造成か?工事をしているせいか?最近はあまり水がきれいでない。そのうち土砂で滝つぼはなくなる?

「滝又の石仏」群の道まで少し戻って(現在地のところ)

持ってきたおにぎりを食べながら休憩を取る。この「滝又の石仏」群は林業家四辻さんがお母さんの供養のためにここの岩に石仏を彫ろうとされました。

ところが現地の岩は脆くて崩れやすいので他で彫らした大きな石仏を運び込み40体以上の石仏(ほとんど2メートル以上の大きさ)を運び込み設置されました。

谷川も整備し、休憩所として立派な東屋も出来ています。歩道も完成して下から登っていくと私の住まい余野に続いています。

小さめの石仏2体だけを撮しました。

七体の地蔵?と思ったら七福神でした

こちらが六地蔵,どちらもユーモア、タップリの可愛い石像です。

小さな六地蔵

このあたりで石仏群は終わります

このあたり、滝又の石仏が終わったところから先は手入れの行き届いた杉林や雑木林、余野に近づくとまた杉の林と気持ちのよい道が続きます。

石仏を運んだトラックが入れる道ですから広くてデコボコはなくつまずくこともなく良い気分で歩けます。

京都北山トレッキングコースを楽しまれる人は滝又の滝がこのコースの目玉ですが滝の先のコースはロープを掴んで登り、整備も行き届いているとは思えません。

滝又の滝を見たら少し引き返してこの「滝又の石仏」の道を余野に向かわれたらいかがでしょうか?何故か?このルートや石仏は今のところ地元には無視されています。

わたしは何回も通っていますが良いルートだと思っています。石仏にコロナ退散をお願いし、六地蔵には子どもたちの安寧を祈り、春の1日を楽しんでください。

 

 

コメント

明日4月4日の「自衛隊の応援団長」の集い(非公式)は中止します

2021年04月03日 | 自衛隊の応援団長

自己責任で我が家で楽しんでもらおうと思っていた「自衛隊応援団長の集い」はコロナ騒ぎの中、関西地方にも第四波の流行の兆しが見えてきました。

小川府会長と相談の上明日の4月4日の集いは中止することにしました。明日は天気予報では雨の確率が高く雨の中三密を回避することが困難になりました。

今年も春のスタートから中止で残念です。1日も早くコロナ騒ぎが収まりますよう願っています。

 

 

コメント

営業時間延長のほうがコロナ感染対策として良いのではないか?

2021年04月02日 | 良き日本を蘇らせよう

政府や行政のコロナ対策に疑問があります。何が一番コロナ対策で効果があると思っているのか?見えてこないこと。

昨年はワクチンさえ開発できたらと国産化にも力を入れて助成もすると言っていたのと違いますか?マスゴミは昨年秋にでもできそうなことを言っていました。

国産ワクチンはどうなったのでしょうか?未だに三密を避け、マスクを付け、手洗いをしろ、防御策は去年から進歩してません。

コロナを撃滅する手段はまだ誰も研究開発していないのですか?薬品噴霧で効果のある器具があるとかゆう話は医療業界の範囲外なので反対しているとかの話も聞きます。

政府や行政は医療業界に飼いならされているのですか? 市中の有用な意見にはなぜ耳をふさぐのでしょう。日頃無能な野党もコロナ騒ぎで頑張ったらどうでしょう?

政府も行政も最近はコロナ患者(否、コロナ保菌者)を発掘するのに精を出してPCR検査の数を懸命に増やし、コロナ保菌者数の増大に頑張っている様子です。

又々、第四波というコロナ保菌者のピークを作り、飲食店などの夜間の営業時間短縮に踏み切ろうとしています。営業時間短縮でコロナ保菌者がなくせる根拠は何でしょう?

飲食店の三密に対する対策は涙ぐましいくらいです。席数も少なくし、透明な防御柵を作り、アルコールの消毒液を用意し、金銭の受払にも気を付け努力しています。

多くは夜間遅くまでの営業を方針として来た店が多く、従業員もパートが多く、働き口の一つとしていました。

私の属する早朝野球のリーグにも夜飲食店やコンビニで働いて早朝にそのまま野球に参加して夕方まで寝るという人たちも、店も従業員も生活パターンに成っていました。

営業時間短縮でコロナ保菌者が減るという根拠は何でしょう?もしそれが三密を減らせるという確かな根拠があるのなら時間延長のほうが店にも客にも従業員にもメリットでは。

営業時間を短縮して時間内に客を集中させるより遅くまで営業して開いている時間に入れる従来のパターンに戻したほうが良いと私は思うのですがね。

昨年流行したコロナに効くワクチンを今年うって本当に効くのでしょうか?なぜワクチンを打ち始めたのに今更規制を強くするのでしょうか?

ワクチンはいまだに輸入品ばかり、国産ワクチンの供給はどうなっているのでしょうか?世界でトップクラスの我が国の製薬会社が鳴りを潜めている不思議。

政治と行政との無能さと世界の闇の深さに驚かせられることばかり、マスゴミが役立たず(と言うより敵になってしまった)。戦前の大本営発表と同じパターン。

何を信じるかは国民次第、SNSをフル活用して自分なりに正しいというニュースを集めましょう。便利で簡単な操作でつながるPCも安くて出回って来ましたからPCアレルギーの若者も年取ったPC嫌いも楽しい時代になり始めました。

世の中何が信じられないか?よく分かる時代に成ってきました。テレビの始まった頃のテレビの目的は「一億総白痴化」でした。1億人は希望通り白痴化しましたがまだ2千万人ほど白痴化しない国民が残っています。頑張りましょう、きっとその残った人たちだけで日本は蘇り、世界を導くことになるでしょう。そんな日本を世界は待ってくれています。

 

コメント