未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

「りら」終了

2017-02-26 19:36:57 | パフォーマンス
「りら」終わりました。共演者のちほさん、環さん、そしてゲストの徹さん、いらしてくださった皆様、片付けまで手伝ってくださり、本当にありがとうございました。(最後までカオスでしたね)
忘れられない時間となりました。
今回はコントラバス奏者の齋藤徹さんをスペシャルゲストに迎えての「りら」になりました。
徹さんはキャン闘病中で体調が万全ではない中、それを微塵も感じさせない演奏、パフォーマンスをして刺激してくださいました。
そしてちほさんや環さんも本番の底力、ものすごい威力を発揮していて、感動しながら私はみなさんのエネルギーに乗っかって、何か突き動かされる衝動を感じながら動いてました。
これは一人で黙々と制作する時には感じられないものです。
また、後半の徹さんとちほさんのデュオの部分、聴きながら感極まって泣きそうになりました。(この時私はお客さんになってます。ごめんなさい)
今回徹さんと打ち合わせの時に言われたことの一つが、「希望を感じさせること」。
私にとっての希望ってなんだろう?と考えてみたら、北国育ちの私にとっては「春や春を待つ気持ち」でした。
なので、前半は殺伐としたものから、最後の方は春を感じさせる花木を使いました。
モジョモジョしたものは雲竜ヤナギなのですが、リハーサルの時から使っていて、日が経つにつれ、葉っぱと根が生えてきました。
見ながら生命力というか、幹から切り離されても生きることを諦めてないなぁとしばし元気づけられてました。
齋藤聡さんが「りら」のことをブログに書いてくださってます。とても素晴らしく書いてくださってます。写真も見れますので、ぜひご覧ください。
私、落ち武者みたいになってます…
http://blog.goo.ne.jp/si…/e/6e6ae287115460ffa5719d4aea8f9823
今回もまたいい経験をしました。
次に繋げていきたいです。
ありがとうございました。