未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

泰山木(たいさんぼく)

2018-05-29 09:42:54 | 植物
近所の小さな公園を通りかかったら、
大きな白い花が咲いていて、びっくりしました。
花木でこんな大きい花が咲いているのは、初めて見ました。
泰山木(たいさんぼく)という名前のようです。




モクレン科だそうで、確かになんとなくモクレンの花に似ています。
また、花の甘く香りが漂ってきて、幸せな気分にしてくれます。
(植物の香り大好きです。)

その公園には小さな竹林があって、
それも静かで心が洗われるような空気が感じられます。
近所にこんな場所があるのはありがたいことです。






初夏の散歩

2018-05-22 17:41:14 | 植物
ここのところ暑かったりしましたが、新緑がみずみずしくてとても気持ちいい季節ですね。
近所の井の頭公園によく散歩に行きます。





大きな木に囲まれる感じや、光と緑のバランスがとてもきれいでいつもキュンキュン、うっとりしながら散歩しています。
自然っていいなあ。

玄関の花も少しずつ復活してきました。


ビオラもそろそろ終わりかなと思ってましたが、なんだかこの紫のビオラは最初の頃とは違う模様になっていておもしろいです。
模様のバランスが絶妙。自然が作る美しさにいつも感動させられています。




柳のシルエット

2016-02-10 15:03:57 | 植物
時々風にゆらゆら揺れる柳を見て、何事にもとらわれずに、しなやかにこんな風に生きたいなと思うときがある。
無理だけど。
つまづいたり、転んだり、喜んだり、楽しかったり、悲しかったり…それも人生。

冬は木の幹や枝のシルエットが見えて、自然の造形美に感動してしまう。


紅葉ユキヤナギ 花が咲く

2015-11-27 10:45:39 | 植物
以前購入した、紅葉ユキヤナギ
あれからずいぶん経つけど、いまだに小さな葉っぱがでてきて、そしてちいさなかわいらしい花も咲いている。
根がでてきているわけではないので、植えたらいいものかわからないでいるけど、しばらくつきあってみることにする。
生命力ってほんとすばらしいね。






あまりこういうことをかくのもなんだけど、立ち止まって考えることは大切とはよくいうし、人にもそんなことをえらそうに言ったりしたわりには、実は立ち止まったりなにもしないことが怖かった。(変に貧乏性だったりする。)
今年は自分が展示など何もしていない分、人の活躍がキラキラしてまぶしかったりして、見ていてしんどかったなあ。
でも立ち止まっているとか、何もしていないと思える時は、決して活動が止まっている訳ではないと思う。じっくりちゃんと養分を吸収して蓄えているのだ。
ふと、このユキヤナギを見て、思い出した。
植物だっていつも花が咲いているわけではないし、葉っぱが青々としているわけではない(例外もあるけど)。冬にはちゃんと次の年のために栄養を蓄えて準備している。冬は一見何もしていないように見えても、実は内側で一番大切なことをしているのだ。

もちろん花が咲いて、生き生きキラキラしていることは、わかりやすいしすばらしいけど、それだけが重要だったり、価値があるということではないと思う。

今年はいろんなことに気づけた、気づかせてもらえた(友人たちにも感謝!)、いい年だったなあ。



モミジバフウ

2015-10-24 09:17:32 | 植物
昨年3月NYに行った時によく道に落ちていたのがこれ↓



造形的におもしろく、精巧できれいな形。自然ってほんとすばらしい。
道でみつけては喜んでいたのも思い出す。
これはこんなふうに枝からぶらさがっていた。かわいくて萌え。



日本ではみたことがなくて、帰国してさっそく調べたら。「モミジバフウ」というらしい。
日本にもあるみたい。
植物の種も木や花、実もほんとおもしろいものだ。


-------------------------------------------------------
もしよかったらこちらもご覧ください。
http://www.achoachoacho.com/