広島なずなの会は、赤峰勝人さんの循環のはなしをつたえます

このままでは、人も地球も滅んでしまう!
地球・食・身・体・心・生き方。
すべては循環の中に。

「第7回循環農法見学と問答塾の旅」に参加して

2016年09月12日 | 広島なずな 活動記録

「第7回循環農法見学と問答塾の旅」に参加しての感想!

私は農業経験がほとんど有りませんが、本や講演会から循環農法を

それなりに理解しているつもりでしたが、知識による理解に飽き足らないものを

感じていましたので、赤峰さんの話を直接聴き、その畑を見られるこの旅

(9月10.11日の1泊2日)に初参加させていただきました。

🔷半年振りにお会いする赤峰親方は益々パワフルで
自然体で生き生きとされたお姿でした。

今回参加者は「広島なずなの会会員以外の方もOK〜」
広島講演会で赤峰勝人さんを初めて見て興味深々で参加された

非会員の方を含めてのバスツアーは満席御礼の道中も楽しい2日間でした。
エネルギーあふれる赤峰親方の側にいて終始
心地よい氣と場が感じられ、それに引寄せられたように集まった23名の参加者も

それぞれに自分のテーマと問いの答えのヒントが受け取れたような満足感満ち溢れた

笑顔で無事にこの旅を終える事が出来たと感じました。

🔶やはりここ大分赤峰農場で親方と共に過ごせた事は、
なにものにも代えられない貴重なチャンスだったと思いました。

広島に帰ってこの旅を振り返り、農業に対する「生き方と命」について

新しい一歩が拡がり始めたと感じています。

そんなエピソードをすこし〜

🔷《赤峰農場見学》では、問答塾での理論も大切ですが
やはり先ずはお陽さん降り注ぐもと〜赤峰親方の案内で
土や草、水、幾多の神虫さん、ウワサのジャンボタニシや、
なずなのお野菜さんに触れて感じたことは〜

 

〈本や文章で読んだり見聞きして知っている事〉と
《実践の記憶や行動した意識》で眼と脳裏に飛び込んでくるモノは

たとえ同じ事柄でも二度と忘れえない貴重な体験となるという事でした。

🔶中でも、6ヶ月堆肥発酵させた
『夢堆肥』を購入してから、更に6〜12ヶ月発酵させる
なずな仕様『スーパー完熟夢堆肥』へのこだわりと
その理由の奥深さがあるから、なずなのお野菜さん達は
美味しくて身体にも自然にもやさしいことも知りました。

🔷癒しのお宿《食養庵》に着いたら先ずはその日の疲れを癒す
ひとっ風呂を浴びるための「ホーロー五右衛門風呂」の
薪焚きは男性陣の役目〜みなさん子供の頃を思い出し、
薪と炎に戯れて風呂焚き談義に興じた事も思い出深い交流の場でした。

 

🔶大分入りして先ずはなずなの新鮮採れたて野菜も
扱う自然食品店《なずなの店》でお買い物兼お土産タイム〜
一番人気はやはり「なずなの塩」2種類〜
ミルを使う粗めの赤の天日塩、そのまま使える青の釜炊塩を
ホンモノがわかるみなさんは大人買いしてました〜。

🔷2日目朝食代わりの「梅醤番茶」も本物の
「梅と番茶と濃口醤油」のおかげで、
広島で真似て作ってもこの味は出んやろなぁ〜
というくらい旨味が有り、梅干し潰しながら

番茶追加して三杯も飲み干しました。

🔷〜■-□-■-□-■-□-■-□〜🔷

朝の問答塾を終えて、赤峰親方と別れる時に
お礼を言って握手したゴツゴツとしてぶっとい手のひらは
力強い元気のいただける『お百姓さん』の手のひらでした。

また親方のこの手と笑顔に逢いに
広島なずなの会のメンバーと共に来させていただきます。
ありがとうございました。

by広島なずなの会 こばやしm(_ _)m〜

2016/09/11(日)無事帰宅の広島にて

コメント   この記事についてブログを書く
« 9月1日(木)吉田菜園で白菜の... | トップ | 9月27日(火) 吉田菜園で大根... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

広島なずな 活動記録」カテゴリの最新記事