民進党

2016-03-28 20:00:15 | 日記

 2月(当初)議会が終わり、議会中独特の忙しさからは解放されたが、閉会中も議員は常に議員であり、市民の皆さまの生活が継続している限り、お休みになることはありません。議会開会中の忙しさから、閉会中の忙しさへと移行するだけである。

 今日も、朝から市民相談が入り登庁、市民と行政の橋渡しも議員の大切な仕事なのです。今日の行政相談は、その日のうちに解決に導くことができて本当に良かった。私も嬉しい。

 昨日、民進党がスタートしました。

 週が明けて今日が民進党としての実質スタートとなった訳ですが、旧民主党(民進党)和歌山県連に立ち寄ってみても、看板も民主党のまま、民進党に移行したとの実感が全くわかない。

 県連は新党移行に関連した作業により、忙しそうだった。私も、諸々の事務作業がわんさとある。

 先ずは、衆院京都3区補欠選挙(4月24日実施)に向けて、頑張っていきたい。

コメント (1)

和歌山市議会経過報告(本会議・代表質問)

2016-03-04 15:40:07 | 日記

 和歌山市議会では本会議が開かれ、各会派の代表者による代表質問が行われました。

 和歌山市議会は現在、以下5つの会派で構成されています。至政クラブ(19人)、公明党議員団(8人)、日本共産党和歌山市会議員団(5人)、誠和クラブ(4人)、和歌山維新の会(2人)です。

 代表質問は、通常の一般質問とは異なり、会派人数によって割り当てられた時間制限(20分+会派人数×1分)があり、また、質問者は一度のみの登壇で行います。

 私も、民主クラブ幹事長時代に一度、代表質問の経験がありますが、基本的に時間無制限&第三問まで許された通常の一般質問とは全く違った質問テクニックが求められます。

 和歌山市の問題は山積しています。議員それぞれ党派の違い、考え方の違いははあっても、和歌山市を良くしたいとの想いで政治を志したのには違いありません。

 少数意見にもしっかりと耳を傾ける政治であってもらいたいものです。

 明日からは、通常の一般質問が行われます。

コメント

和歌山市議会経過報告(本会議)

2016-03-02 20:29:09 | 日記

 和歌山市議会では、午前は補正分の討論・採決が行われました。その後、昼休憩を挟んで、尾花市長の施政方針演説に続き、各担当局長による当初予算の議案説明がされました。

 明日は、議案精読のため休会で、明後日4日から一般質問に入ります。

コメント