北大路機関

京都防衛フォーラム:榛名研究室/鞍馬事務室(OCNブログ:2005.07.29~/gooブログ:2014.11.24~)

【土曜特集】横須賀いせ-しらぬい寄港の春,艦艇日記【5】掃海母艦と砕氷艦(2019-04-14)

2021-04-17 20:01:33 | 日記
■自衛艦隊司令部の船越地区へ
 横須賀基地を一周する軍港めぐり遊覧船は船越地区へとゆっくりと進んでゆきます。

 自衛艦隊司令部庁舎とともに掃海母艦うらが。掃海隊群は改編により輸送艦部隊である第1輸送隊を隷下においています、これにより水陸両用作戦に必要となる司令部機能を併せて掃海隊群が担う事となり、膨大な情報と陸上自衛隊からの増加幕僚を収容可能となる。

 うらが型掃海母艦は1990年代の竣工であり老朽化が始まっています、なお将来的に掃海隊群は多目的護衛艦と哨戒艦を隷下に置く増強改編が計画され、旗艦能力は重要となりますが、その先には掃海ヘリコプター運用能力を持つ、ひゅうが型が後継となるのでは、と。

 ゆうぎり。あさぎり型護衛艦の三番艦です、2900t型護衛艦として建造された前型はつゆき型は対空対潜対水上装備を有しオールガスタービン推進で哨戒ヘリコプターを搭載するシステム艦として設計されていましたが、満載排水量4000tの護衛艦では過大な装備でした。

 あさぎり型は3500tと船体が600t増大して艦内設計に余裕を含ませ満載排水量も5800tと大型化しています、が、マストとファンネルは二本に増えて上部構造物は低くなりミサイル位置も変更、ヘリコプター格納庫は1機から2機搭載用に大型化、艦容は一変している。

 あわじ、ひらど。海上自衛隊最新鋭の掃海艦です。掃海艇と掃海艦の相違点は深海に設置される深深度機雷への掃討能力を有するのが掃海艦です、深深度機雷とは潜水艦を狙うもので重要水道等の潜水艦航路に敷設された場合、非常に大きな脅威となる、これを討つ。

 えのしま。えのしま型掃海艇の一番艇です、海上自衛隊は伝統的に機雷に探知されにくく万一触雷した場合でも安全性を担保する木造船体を採用してきましたが、本型からは船体寿命を延伸すると共に建造技術が継承されるFRP船体を採用しています、これは事情も。

 えのしま型、あわじ型、共にFRP船体です。海上自衛隊の掃海艇は機雷掃海を重視していましたが時代は秘匿性高い高性能機雷を一つ一つ処分する機雷掃討の時代へ、自衛隊もこの潮流に乗った所建造費が倍増し毎年建造さえ出来ず、結果木造船体建造技術が消失する。

 しらせ。横須賀基地で最も新しい潜水艦桟橋に接岸していました、基準排水量12500tで満載排水量22000t、吃水は9.1mあり自衛隊最大の潜水艦そうりゅう型の吃水は8.5mといいますので潜水艦桟橋は、そうりゅう型よりも吃水の深い艦船でも接岸できるということか。

 しらせ、クレーン部分を中心に。二代目の砕氷艦しらせ、は南極大陸などに輸送支援を実施する際にコンテナ貨物輸送を重視し、ここからコンテナを船体側面に装着できる利点があります。CH-101輸送ヘリコプターも運用出来る為に、実は輸送艦としての能力も高い。

 砕氷艦は長らく海上自衛隊最大の艦船、という位置づけでした。補給燃料を満載した補給艦の方が大きいのですが、これが基準排水量13500tましゅう型補給艦で基準排水量は補給艦が最大となり、ひゅうが型護衛艦の竣工により砕氷艦より大きな護衛艦が誕生している。

 しらせ真正面から。艦番号は5003、自衛隊では作戦艦艇を三桁で支援艦艇を四桁艦番号としています。しかし、砕氷艦は良いのですが輸送艦おおすみ型などは4001と四桁であるため、水陸両用作戦の重要性を考えれば後継艦の艦番号は三桁となるように期待したいです。

 はしだて、特務艇です。艦番号は91ですがこちらは四桁番号とするわけにはならないのかな、と。ひゅうが、いせ、いずも、かが、といったヘリコプター搭載護衛艦艦番号を二桁として、180番台の艦番号をイージス艦増強に併せて空けるべきだ、とおもうのですよね。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント

令和三年度四月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2021.04.17-2021.04.18)

2021-04-16 20:20:46 | 北大路機関 広報
■自衛隊関連行事
 まん延防止等重点措置拡大が続く中ではありますが皆様いかがお過ごしでしょうか、今週末も自衛隊関連行事はCOVID-19感染拡大により実施されません。

 菅総理大臣がバイデン大統領との初の日米首脳会談へ出発しました。バイデン大統領が主要国の首脳と対面で首脳会談に臨むのは菅総理大臣が初めてです、これを記念しましてアメリカへ菅総理が搭乗した政府専用機、そのB-777が配備されています千歳基地航空祭の懐かしい情景と共にCOVID-19最新情報を視てみましょう。航空祭再開までは、とおい。

 政府はまん延防止等重点措置について現在発令されている東京や大阪など6都府県に加え、10の都府県に拡大する方針です。新たにまん延防止等重点措置の対象となるのは、神奈川県、愛知県、埼玉県、千葉県、以上に対して本日までに政府分科会が拡大する事を了承しました、これを受け菅総理は渡米中ですが、政府は夕方開く対策本部で決定する方針です。

 変異ウィルスN501の感染拡大がまん延防止等重点措置拡大の背景に在ります。西村経済再生担当大臣はこの点について、現状の推移をみる限り5月には首都圏と関西圏と中京圏いずれもほぼ変異株に置き換わるという予測が報告されている事から極めて高い警戒感を持って対応しなければならない、こう説明しまん延防止等重点措置拡大へ理解を求めました。

 まん延防止等重点措置は都道府県知事により市町村ごとに指定されます。その指定市町村は、神奈川県は横浜市と川崎市と相模原市、愛知県は名古屋市になる見通しで、埼玉県ではさいたま市と川口市、千葉県では市川市と船橋市に松戸市及び柏市と浦安市、以上では感染拡大が特に顕著である事から自粛要請や施設利用制限等に踏切ることとなるでしょう。

 対象地域について、政府分科会専門家からは、奈良県と福岡県の感染状況を注視する必要がある、と指摘しています。都道府県単位で発令される緊急事態宣言と異なり、まん延防止等重点措置は市町村単位で指定される為に機動的な対処が可能ではありますが、一方で大阪府では大阪市以外にもまん延兆候が顕著で、何れ府内全域に何らかの措置が必要です。

 大阪府、まん延防止等重点措置が大阪市に発令中でしたが、更に周辺都市部へも拡大されています。中でも変異株は若年層への感染が問題視されており、実際問題として、府内に180ある府立学校の内17校が休校中、府立学校では教職員や児童生徒の感染が確認された場合には保健所の調査が終わるまで感染拡大を防止する為に休校措置が執られています。

 重症者とは意識不明か自発呼吸出来ない状態等の患者を示すもので、非常に苦しいとか高熱で意識がほとんどない場合でも意識不明でなければ重症者に定義されない場合があります。その重症者が、第一波から第三波までは高齢者に集中していましたが40代での重症化が増加しています。これは世界保健機関の定義する若年層が20代を示す為ともいえますが。

 N501変異株はWHO世界保健機関によれば感染率が1.7倍となっています、1.7倍とは分り難い表現ですが従来の感染対策では防げない事から、ドイツフランスなどはN95サージカルマスクかN80医療用マスクの公共交通機関利用時での着用義務化を行った上で外出制限は順次解除しているものの、飲食店はじめ商店等営業の禁止等の措置を取っています。

 N501変異株は、抗体が形成されるまで時間がかかる傾向があり意識不明の期間が長い、感染力が強いと共に重症化が従来の2%から変異株では4.7%と、留意すべき情報があります。ただ、後遺症についてイギリス保健省が150日程度安静にしている事で回復した事例が多く、実質五カ月ですが、絶望する必要はないもようです。まだまだ警戒は必要なのですね。

■駐屯地祭・基地祭・航空祭

・今週末の行事なし

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関
コメント

菅-バイデン日米首脳会談,初の対面会談とイラン核危機-台湾海峡危機-ウクライナ東部危機

2021-04-15 20:00:47 | 国際・政治
■いま世界に迫る"三つの危機"
 東京五輪2020に向け聖火リレーが日本全土を巡る中、世界にはCOVID-19やミャンマー軍政危機等が山積しています、中でも対応を誤れば世界危機に展開する懸案が、ある。

 菅総理大臣は間もなく、政府専用機によりアメリカへ、バイデンアメリカ大統領との初の対面首脳会談へ向かいます。一月のバイデン政権成立以来、バイデン大統領は菅総理大臣はじめ各国の首脳と電話会談に臨んできましたが、対面での首脳会談は菅総理大臣との日米首脳会談が初めてとなります。しかし、大統領就任後初の会談は実務的となるでしょう。

 ホワイトハウスで現地時間16日に行われる初の菅バイデン首脳会談は、自由で開かれたアジア太平洋、その実現と維持に向けた協力の在り方が協議される見通しであり、安全保障は台湾や尖閣の問題がありこれは明らかに覇権主義的な動きにより海洋閉塞化や周辺国領域占拠の行動を深めている中国へ日米間での対処方針への実務的な内容が含まれましょう。

 菅バイデン首脳会談は、いわば1940年にイギリスのチャーチル首相とアメリカのルーズベルト大統領が戦艦プリンスオブウェールズ艦上において開いた太平洋会談に重なる印象です。一方で、バイデン政権は、トランプ政権時代の日本重視路線を更に強化した、イギリスやオーストラリアなどに並ぶ重要な同盟国という位置づけとしましたが、課題は多い。

 バイデン政権、その外交は現在世界危機の入り口にあると言えるのかもしれません。アメリカ外交の歴史的な転換点、具体的には単なる回帰ですが、2021年はロシアのウクライナ東部介入危機、イランの核開発強化、台湾海峡危機、この三点が場合によっては海洋自由原則や基本的人権の尊重という国際公序を転換させかねない喫緊の課題となっています。

 我が国南西にあたる台湾海峡の情勢は、周辺事態法整備に際しては中国への配慮から台湾海峡を周辺事態に含めるか否かの激論が交わされたものですが、あれから四半世紀、平和安全法制下、台湾海峡有事がとなれば明らかに我が国への重要影響事態です。2019年と2020年の習近平主席による武力統一の示唆以降、明らかに緊迫度を増してきたのですね。

 台湾海峡危機はクリントン政権時代の1997年ミサイル危機から連綿と続く、それは同時に国共内戦以来継続する緊張の再燃にほかならないのですが、重大な課題です。そして特に、2020年より台湾海峡の中華民国防空識別圏内へ中国空軍機の侵入頻度が爆発的に増大しており、アメリカ防空識別圏へ飛来するロシア機の実に千倍に迫る規模となっています。

 中国軍機の防空識別圏侵入は一日で25機が飛行することもあり、台湾の金門島へ明日中国の空中機動部隊が降着したとしても不思議ではない危機的状況となっています。そして1997年ミサイル危機に際し、アメリカは空母2隻を展開させ圧倒的海軍力で拡大を阻止しましたが、1997年と2021年では中国軍の空軍力海軍力はそれこそ飛躍的に成長しました。

 台湾海峡、特に金門島のように中国大陸外縁の台湾領は現在の中国空軍戦力であれば海峡西部の絶対航空優勢を中長期的に確保し、そのまま地上部隊を侵攻させることは能力的に十分可能である一方、唯一、単なる侵略であれば国際社会の中国経済制裁口実とされる懸念などから回避している段階であり、台湾が田和挑発に乗るのを待っている段階といえる。

 太平洋正面の海軍力については、依然としてアメリカ海軍の圧倒的な優位は普遍ですが、局地的に優勢を喪失するだけの戦力差には縮まっています、また中国軍のミサイル爆撃機や中距離弾道弾はアメリカの戦略拠点である在沖米軍基地や日本首都圏在日米軍基地、要衝グアムを射程に収めており、その数と質の向上も年々強化され、歯止めがかかりません。

 イラン核開発は、もはや引き返せない危機に展開しています。こういいますのもオバマ政権時代に締結しトランプ政権時代にアメリカが離脱したイラン核合意は、前提としてイランに核兵器開発の意図は無いという大前提が存在しており、その上でその証左に合意を締結した背景がありました、要するに核は平和利用しかしない、と言う前提にて成立します。

 ウラン濃縮を60%まで引き上げる、この発言がロウハニ政権から示され、そもそも原子力発電に代表される核の平和利用では10%の濃縮しか必要としません、これをイランはアメリカがトランプ政権時代に20%まで引き上げており、核兵器開発を最終的に目指す以外説明できないウラン濃縮に着手しており、イラン核合意の大本の前提が崩れてしまいました。

 イランは1979年イラン革命においてイスラエル国家の消滅を国是とし、いまも堅持していることからイラン核開発は核合意も含めてイスラエルには反対の姿勢を示していますが、ウラン濃縮60%に進めるイランの施策、核兵器開発の決意という状況を突きつけられた現時点で、もとのイラン核合意にアメリカが無条件にて戻ることを非常に難しくしています。

 遠心分離機の国外搬出や核関連技術者の中でも核兵器技術者の国外出国、アメリカはイランがウラン濃縮60%に着手した時点で、これを認める選択肢も現状維持のまま核合意に戻り核兵器開発を十数年単位で遅延させる妥協案は採り難くなりました、すると最低限、遠心分離機の国外搬出や核関連技術者の中でも核兵器技術者の国外出国が条件となりうる。

 イラン核開発が進めば、イスラエルの諜報活動による妨害工作、それでも不十分となればイスラエルがイラクに対し実施した様なイラン核関連施設への限定攻撃、という次の緊張に展開しかねません。中東和平の枠組みさえも根本から破綻させかねない事態であり、バイデン政権として、静観による核開発黙認か軍事介入、様々な選択肢に悩まされるところ。

 ウクライナ東部情勢についても緊迫の度合いを増しています。ウクライナ政府はウクライナ東部国境付近にロシア軍8万名が集結しているとして警戒を強めています。バイデン政権は4月9日、数週間以内に黒海へ海軍艦艇の派遣を示唆し、少なくともウクライナ東部紛争停戦合意破綻を海軍力により回避しようという姿勢を示しています。ここは謎が多い。

 ロシア軍は前回のクリミア併合やドンバス自治州騒擾への関与等を経て、日欧米からの経済制裁を受け、その経済活動を大きく後退させた状況にあります、ここで停戦状態を破り軍事行動に出る事が在れば、更なる制裁の危惧があります。ロシアは例えばワクチン外交によりCOVID-19感染対策を盾に軍事行動を強行する事も出来そうですが、実際は難しい。

 ウクライナ東部軍事介入、ワクチン外交により欧州等の黙認を得ようとしても、ロシア製COVID-19ワクチンは不活性化ワクチンであり、米欧の開発したmRNAワクチンと異なり変異ウィルスへ現段階で効果がありません、従って逆にファイザーワクチンやアストラゼネカワクチンを必要とする立場である事から、ワクチン外交の立場は真逆なのですよね。

 ウクライナ東部の緊張、問題はしかしアメリカにとってより複雑です。ウクライナのゼレンスキー大統領は4月13日、東部戦線の最前線防衛陣地視察の様子をCNNに公開、恒常化しているロシアの脅威を合せ、ウクライナのNATO加盟への支持を国際社会に訴えました。これはウクライナには安心要素ですが、NATO全体には不確定要素となりえるもの。

 北大西洋条約第五条には集団的自衛権行使が明示され、加盟国一国への武力攻撃をNATO全体への攻撃を視なす条文があります、するとウクライナでの戦端、勿論NATO加盟となればNATO理事会がウクライナ軍行動へ関与する事にもなるのですが、例えば2008年の北オセチア紛争のような攻められた側が挑発を行った場合でも、欧州大戦、となりえます。

 ウクライナ東部問題の悩ましい点は、ロシアの兵力集中が一時的に引いた場合でも、クリミア併合とロシアと国境を接するウクライナ東部の緊張は、常に再燃の懸念があり、その限りにおいて、例えばクリミア返還でも行われぬ限り、ウクライナはNATO加盟を要請し続け、またロシア軍の僅かな動きが、その蓋然性をアメリカに突き付けてしまう現実です。

 菅バイデン首脳会談。台湾海峡問題は当然議題に上るでしょうが、イラン核開発問題は対処を間違えれば広島長崎以来の核兵器実戦使用の緊張を高めるものとなりますし、ウクライナ東部の緊張も対処を誤ればロシア軍と米軍を含むNATO軍が衝突する欧州大戦への導火線となりかねません。会談はこうした意味で日米関係今後を示す重要な会談となります。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント

【京都発幕間旅情】犬山城(愛知県犬山市)桜の花々が春色染める木曽川河畔は白帝城の天守閣

2021-04-14 20:15:17 | 旅行記
■さくら色の犬山城を巡る旅
 春を迎えますと一斉に桜の花々が咲き始める情景は日本の四季というものを強く印象付ける風物詩です。

 犬山城の天守閣を満開の桜がつつむ。此処は愛知県犬山市、木曽川の清冽な流れが木曽山脈を出て広い濃尾平野に羽ばたく分岐点でもあります、そしてその分基点は同時に戦国時代、いやその前から尾張と美濃の国境の要衝でもありました。ここに勇壮天守閣は輝く。

 複合式望楼型三層四階地下二階の天守閣は1620年改築のもの。犬山城、ここは岐阜基地撮影の際に間近までは歩み進めているものの、なにしろ2021年3月16日のファントム完全退役が間近である頃には、永劫の時を刻む天守閣よりはあとわずかの戦闘機が優先です。

 森繁久彌の社長シリーズを久々に観る機会に恵まれまして、この際に名鉄犬山観光ホテルが描かれ、しかも岐阜基地撮影の際にここのランチは庭園一望で素晴らしいらしい、と情報を頂きました。ファントム引退、そこで勇躍送る会を企画しましたのはこの少し前です。

 名鉄犬山観光ホテル、思い立ったら吉日と良く調べもせず進出しますと、なんと改築中、しかしその名鉄犬山観光ホテルがこの犬山城を見上げる木曽川河畔にありまして、美しい情景を撮影して後、鮨か鰻にしよう、と転進し、その後に犬山城散策へと転じました訳で。

 白帝城の天守閣、ファントムが除籍された2021年の桜前線は例年よりも急ぎ旅で、桜の木々と共に構図に入れてみました。元々古来日本の花見とは貴族が冬の終りの暖かさに観梅を愉しむ風流であり、観桜の文化は、武家の時代に貴族趣味に距離を置いた故のはじまり。

 応仁の乱その最中、さてこの犬山城の造営は室町時代に遡るものでして、岩倉織田氏当主の弟織田広近が砦を築いた事に始ります。応仁の乱はここまで及んでいました、遠江を攻めた西軍斯波義廉が凱旋の帰京に際し東軍の斯波義敏、清洲織田氏と対立した背景がある。

 草創期の城郭は文字通り砦に他ならなかったのですが、美濃守護代の斎藤妙純が1497年に近江で討ち死にしますと、連座してその盟友岩倉織田氏の勢力は衰退する事となり、緊張状態の高まり、この1497年は犬山城が砦から城郭へ大きく拡張される転機となりました。

 木ノ下城、当時織田氏の居城は清洲城に頭首織田信秀が、そしてその実弟織田信康の居城木ノ下城にありましたが、緊張の高まりを受け木ノ下城を破却し新たに犬山の当地に城郭を造営する事となります。今日の天守閣は二層部分までが、この際に造営されたようです。

 尾張と美濃の緊張状態は高まり、1544年加納口の戦いにて織田信康が斎藤道三との戦い信康は討ち死にしました、実子織田信清は城主を継ぐと共に城郭を広げる事となりまして、今の犬山城の縄張りと城郭構造はこの頃に完成します、この際に城郭を白帝城と呼ぶ様に。

 白帝城、これは木曽川河畔の丘上に鎮座する城郭の佇まいから、かの李白が歌に詠んだ長江流域は高台の城郭、白帝城を詠った故事に合せたもので、城下町は観光地化されていますが、その道々から見上げる城郭の気風は印象的で、不利い街並みに情感を醸しています。

 成瀬氏の犬山城、江戸時代には尾張藩付家老平岩親吉が城主となり、ほどなくして成瀬正成が城主として入城します。こうして成瀬氏9代が明治維新まで城主として城郭を護り、明治維新以降は成瀬さんの犬山城として親しまれてまいりました、国宝天守閣の一つです。

 天守閣に航空機が重なる、これは偶然の産物ではなく日常風景の一つです。犬山城は岐阜基地に程近く、いや実際には10kmほど隔ていますが、岐阜基地を発着する航空機と天守閣が重なる風景とも出会います。天守閣と桜の重なりを探し散策しますと春を感じました。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント

【防衛情報】F-2後継機と米F-16後継准第五世代機構想,T-7A高等練習機とAT-6E軽攻撃機

2021-04-13 20:15:45 | 先端軍事テクノロジー
■特報:世界の防衛,最新論点
 F-2後継機開発を考える上で興味深いアメリカ空軍の話題とT-7Aレッドホーク練習機やAT-6Eウルヴァリン軽攻撃機の話題などを。

 航空自衛隊はF-2戦闘機後継機の開発を本格化させます。これはF-35戦闘機の第五世代戦闘機を上回る第六世代戦闘機の開発開始と理解されていますが、実際のところ同じように第六世代戦闘機の開発を進めるイギリスでは、その定義を安価で取得性の高い点、整備の自動化による運用費用低減として挙げています。そこで今回はアメリカを視てみましょう。

 アメリカ空軍のチャールズブラウン参謀総長はF-16戦闘機の後継機となる准第五世代戦闘機の必要性について発言、新型戦闘機はF-16戦闘機の能力全般を保持しつつ超音速巡航能力やデジタル情報共有能力等について充分な第五世代戦闘機に準じた性能を有する、第五世代戦闘機には及ばないが第4.5世代戦闘機を凌駕する機体の必要性を提唱しました。

 F-16戦闘機後継機についてはF-35戦闘機が量産されていますが、2500機以上を配備されているF-16を1:1で置き換える水準ではなく、F-35はどちらかといえばF-15CとF-16C双方の一部を置換えている航空機です。そしてF-15については戦闘爆撃機型のF-15FXの生産が開始されており、空軍がF-16再生産の可能性も検討している最中の発言というもの。

 T-7Aレッドホーク練習機、アメリカ空軍ではスウェーデン製JAS-39戦闘機の技術的延長としてT-7A練習機を開発しており、ブラウン空軍参謀総長はT-7A練習機の技術に依拠した、若しくはT-7Aが養成する第五世代戦闘機要員の航空デジタルエンジニアリング技術を応用した航空機を意図しており、参謀総長発言は間接的にF-16再生産を否定したものです。

 上記の通り、アメリカ空軍ではF-16戦闘機後継の動きが模索されている訳ですが、同時に元々F-16後継機として開発されたF-35戦闘機は高性能化と共に取得費用が増大しており、F-16を1:1で置き換えるには十分ではなく、しかしF-16最新型の、F-16Vは性能面でF-35に匹敵こそしないが準じる、既存の性能水準では対応出来ない事を率直に認めた構図です。

 自衛隊のF-2戦闘機後継については、ある意味、F-2は開発当時F-16block42と比較されたものですが、F-2戦闘機の水準では将来航空戦闘においては性能が充分でない点、生き残れない事を示したといえるのかもしれません。そしてアメリカもF-35に続く戦闘機は更なる高度な戦闘機を求めるのではなく、現実に取得否用な費用を求めている点は実に興味深い。

 JAS-39派生のT-7Aレッドホーク練習機、面白い点はF-16後継機の話題に、勿論JAS-39派生機とは明示しないものの、敢えてT-7Aという名称を示した点に興味深い所があります。勿論T-7Aは第五世代機要員の養成に特化した機体であり、要するにこの機体で練成した要員が操縦できるという意味に留まるのかもしれませんが、派生型の可能性もあるのか、と。

 T-7Aレッドホーク高等練習機は新しい話題がありますが、ここで考えたいのは、JAS-39設計を原型とした文字通り高等練習機であるT-7A、同時に日本ではT-4練習機の老朽化が本格化しており、そろそろその後継機を、国産かライセンス生産かを含め考えなければならない時期となっている点です。さて、そのT-7A練習機の新しい話題は以下の通り。

 アメリカ空軍が進めるT-7Aレッドホーク高等練習機についてボーイング社はフルレート生産へ移行しました。この計画は2018年9月に発表された量産計画に基づくもので、ボーイング社は練習機本体351機と地上練習シミュレータ装置46基を92億ドルで生産、またスウェーデンのサーブ社はボーイングへ胴体部分を製造し、供給することとなりました。

 T-7Aレッドホーク高等練習機はボーイングサーブT-Xとして、サーブ社が開発したJAS-39グリペン戦闘機の技術を元に第五世代戦闘機要員養成に特化したカリキュラムを具現化する練習機として開発されています。全くの新型機ですがJAS-39の確たる技術に依拠した事から、計画は36カ月でモックアップから初号機初飛行へと順調に進んだ計画でもあります。

 以上がT-7Aレッドホーク高等練習機に関する新しい話題です。一方、アメリカ空軍ではF-16戦闘機の一部がMQ-9リーパー無人攻撃機などに飛行隊機種転換している事例があるのですが、そこで問題化しているのが、戦闘機要員の不足です。これはF-35を操縦する為には、特にF-35は複座練習型が無い為に一定程度の別の戦闘機での経験が求められるが。

 MQ-9リーパー無人攻撃機などに機種転換されてしまいますと、戦闘機で操縦経験を積む事は出来ません、戦闘機操縦要員には独特の感覚が求められるものの、これは経験意外に数値化する事が難しい、そこでアメリカ空軍では練習機をCOIN機として運用する、ちょっと先進国においては珍しい選択肢により戦闘機要員に高い経験を積ませようとしています。

 アメリカ空軍は2月にAT-6Eウルヴァリン軽攻撃機初号機及び二号機の納入を受けたと発表しました。これはテキストロン社が製造しているT-6中等練習機の派生型である軽攻撃機で、2機のAT-6Eはオハイオ州のライトパターソン空軍基地へ配備されたとのこと。T-6練習機はスイスのピラタスPC-9をアメリカ空軍が採用したもので強力なエンジンを積む。

 ピラタスPC-9はターボプロップ練習機であり、一見初等練習機のような印象を与える機種ですが1600hpの強力なエンジンを搭載しており、ジェット練習機が本来担当していた速度領域の高等練習を可能としています。PC-9を採用した諸国では戦闘機要員までを養成する事例もありますが、アメリカ空軍ではT-38,T-7A練習機を続く高等練習機としています。

 AT-6Eウルヴァリン軽攻撃機はCOIN機、対叛乱ゲリラ航空機に位置付けられるもので武装としては12.7mm機銃や70mmロケット弾と複合光学式アイボールセンサーを搭載し運用しています。この種の航空機は中国軍やロシア軍は勿論、シリア軍やイラン軍水準を相手とした場合でも生き残る事は不可能に近いですが、軽装備のゲリラには威力を発揮する。

 以上の新しい試みです。ピラタスPC-9派生の攻撃機、アメリカ以外の先進国ではNATOも自衛隊もオーストラリア軍も、この種の任務は戦闘ヘリコプターが実施します、何故ならばCOIN機は戦闘ヘリコプターのように競合地域の野戦飛行場ではなく、不整地滑走路なりの滑走路を必要とする為で、即時の航空支援や航空阻止任務には全く不適だからです。

 しかし、アメリカ空軍もAT-6Eウルヴァリン軽攻撃機を主力として用いるのではなく、T-7Aに繋がる中等練習機に、何らかの用途を見い出す事で戦闘機要員を確保しようとしている、興味深い選択肢と云える。いずれにせよ、あのアメリカ空軍でさえも第五世代戦闘機に費用高騰には苦慮している点は、日本の次期戦闘機開発に何か方向性を示すように思います。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント (1)

【防衛情報】潜水艦vs無人機,MQ-9ソノブイSSQ-62F搭載とMQ-8ハイブリッドASW構想

2021-04-12 20:05:25 | 先端軍事テクノロジー
■特報:世界の防衛,最新論点
 無人機は毎年の技術進歩に驚かされるばかりですが、ASW対潜水艦作戦という分野にも遠くない将来に目覚ましい進歩をみせるかもしれません。

 海洋自由原則に基づく自由な交易が維持される事で、日本は世界と繋がり繁栄を維持しています。この通商路を潜水艦脅威から防護するべく海上自衛隊ではP-1哨戒機による広範囲の対潜哨戒、護衛艦及び艦載機による対潜哨戒、海底マイクロフォン網により警戒に当たっていますが、この対潜戦闘について、近年、新しく無人機の流れが、始まったもよう。

 アメリカ海軍はGA-ASI社が開発するMQ-9A無人偵察機によるASW対潜哨戒運用試験を実施したとのこと。試験に用いられたのは最新型のMQ-9Ablock5で、従来のMQ-9は対地攻撃用にJDAM精密誘導爆弾やヘルファイア対戦車ミサイルを主翼に搭載、対地目標対処などに用いられていましたが、MQ-9にはソノブイなど対潜器材を胴体下に搭載しました。

 MQ-9Aによる対潜試験は、MK-39 EMATT自律航行式水中対潜標的を目標として実施しました。BT-AN/SSQ-36ソノブイをDICASS-AN/SSQ-62Fソノブイポッドに搭載、地上管制装置からは衛星通信を介したSATCOMリンクシステムにより管制しました。投下されたソノブイはDIFAR-AN/SSQ-53G水中目標追尾記録システムにより情報集約、追尾している。

 パタクセントリバー基地より実施された対潜戦闘試験は、3時間に渡り水中目標を追尾し続けたとのことで、今後の無人機による対潜哨戒能力整備に活かされるとのこと。多数の無人機による対潜哨戒は高精度センサーによるスノーケル航行中の潜水艦監視等が模索されたものの、広大な洋上の潜水艦発見は難しい。しかしソノブイ運用は新しい一歩でしょう。

 対潜戦闘への無人機の流れは無人ヘリコプターの分野でも研究が本格化しています。MQ-8無人ヘリコプターは取得費用が20億円程度とSH-60K哨戒ヘリコプターの四分の一程度であり、勿論対潜戦闘能力では吊下ソナーを持たず性能で遥かに及びませんが、アメリカとイギリスでは補完的に運用する模索を始めました。MQ-8は海上自衛隊も導入予定がある。

 アメリカのノースロップグラマン社とイギリスのウルトラ社はMQ-8を想定した無人航空機によるASW対潜戦闘作戦体系への実証実験を実施したとのこと。この試験は2020年10月29日に実施され、MQ-8無人ヘリコプターを想定、ソノブイ及び情報伝送装置を搭載のベル407ヘリコプターを用いマルチスタティックソノブイオペレーションを行いました。

 MQ-8ファイアスカウト無人ヘリコプターはシュワイザー333を原型として無人ヘリコプター化された航空機であり、MQ-8AとMQ-8Bはヘルファイアミサイル等のミサイルや各種センサーを搭載し、無人哨戒ヘリコプターとして運用されていますが、MQ-8Cからは原型機の機体をベル407ヘリコプターとして搭載能力や輸送能力を大幅に強化しています。

 ベル407ヘリコプターを云わばMQ-8Cの代役に見立てた評価試験では、ソノブイの投下とソノブイが収集した音響情報の空中伝送等が試験されました。MQ-8の最大の利点は12時間以上という非常に長い滞空時間で、ノースロップグラマン社とウルトラ社では有人ヘリコプターを無人ヘリコプターが支援するハイブリッドASWチームの構築を目指します。

 無人機には大きな可能性がありますが、市販のドローンは数万円であるのに対し、高度一万メートル前後を数十時間滞空する無人機は、センサーを含めれば百億円単位の哨戒機よりは安価ではありますが、それでも決して安価ではありません。この為に機体自衛装置の開発も大車輪で進められています。戦闘機や駆逐艦からのミサイル攻撃から回避するもの。

 アメリカのジェネラルアトミクス社は同社が製造するMQ-9無人偵察機について新しく開発されたSPP機体自衛装置の飛行試験を成功させたとのこと。これはUSSOCOMアメリカ合衆国特殊作戦軍と国防総省共同開発契約に基づく研究開発で、RF無線周波数感知やIR赤外線脅威探知によりミサイルや電子妨害から機体を自衛する外装ポッドを搭載します。

 MQ-9は24時間以上に上る長時間の対空能力を有すると共に、センサーを除く機体の導入費用はボーイング737旅客機と比較し五分の一程度という低い費用で運用されています。しかし、無人偵察機や無人攻撃機として運用するにはセンサーが必要であり、このセンサーを含めたミッションパッケージの費用は相応に費用が大きく、機体自衛は課題でした。

 機体自衛装置を収めたポッドにはAN/ALR-69A(V)RWRレーダー警報装置、AN/AAQ-45 DAIRCM赤外線警報装置、BAE社製ALE-47チャフフレアディスペンサーシステム、テルマAN/ALQ-213電子戦管理システム等を搭載し、脅威を感知した際には自動的に対抗手段を行使します。この一連の評価試験は2020年10月28日にユマ試験場で実施されました。

 無人航空機、1980年代に無人観測機から始まりました技術は多用途航空機へ発展し、2000年代初頭には技術的研究から漸く実用面へ一歩出た段階でした。しかし、この20年間での進歩は目覚ましく、特に対潜戦闘という時間と人員を要する任務は年々潜水艦の高性能化と競争が激化しています。ここに新しい無人機を導入する試みは、海洋国家日本として注目すべきでしょう。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント (1)

【日曜特集】航空自衛隊60周年小松基地航空祭(9)ブルーインパルス離陸幕間(2014-09-20)

2021-04-11 20:00:51 | 航空自衛隊 装備名鑑
■ブルーインパルス離陸準備中
 小松基地航空祭も残すところあとはブルーインパルスのみ、この幕間時間と云うべき時間帯に地上展示航空機を少し回ってゆきましょう。

 第303飛行隊デジタル迷彩60周年記念塗装F-15戦闘機の尾翼をアップで。飛行展示や誘導路を進む様子ではなかなか細部までは近寄れませんのでここで。しかしデジタル迷彩、記念塗装で収めるのは惜しい、正規の迷彩にしてはと思うほど、迷彩効果も迫力も秀逸だ。

 F-15戦闘機イーグルの地上展示、第306飛行隊のイエロー犬鷲記念塗装の機体を。イエロー犬鷲記念塗装は勝手な命名ですが、この第306飛行隊というものが犬鷲をトレードマークとした部隊マークでして、1981年にここ小松基地にて創設された飛行隊でもあるのです。

 第306飛行隊の60th Aniversary Since 1954の垂直尾翼を。イヌワシはベールクト、北米とユーラシア大陸に広く分布し日本国内にも。そしてなにより石川県の県鳥として1965年に指定されていまして、306のほかに石川県警もマスコットにしている人気者だ。

 F-2B戦闘機、三沢の第3飛行隊の所属機、航空自衛隊で最初にF-2戦闘機を部隊配備したことで知られます。なお現在は三沢基地の主役をF-35戦闘機へ譲りまして第3飛行隊はF-2を装備したまま首都防空の要衝、茨城県は百里基地にF-2飛行隊として移駐している。

 基地防空隊のVADSや60周年記念の81式短距離地対空誘導弾の展示が並ぶ。第6基地防空隊の装備で、81式短距離地対空誘導弾2セットとVADS20mm高射機関砲16門、そしてスティンがー個人携帯地対空ミサイルを24基装備しています。基地防空最後の砦ですね。

 AH-64D戦闘ヘリコプターの地上展示、あの、5号機ではある。陸上自衛隊には実は現在もっとも必要な装備の一つとおもう。しかし、あの、つまりこの5号機はこの時点では明野航空学校の機体、そしてこののちに第3戦闘ヘリコプター隊に配備されまして、そして。

 旅客機の着陸を広角で、F-15戦闘機記念塗装2機とU-4多用途機にP-3C哨戒機にC-130輸送機の翼などが並ぶ。U-4,ああU-4だ、とみていると周りの子供がUFO未確認飛行物体と聞き間違えるのも航空祭の日常茶飯事といえるところでしょうか。水色の翼がC-130だ。

 UH-1J多用途ヘリコプターは明野から地上展示、奥には小松のUH-60J救難ヘリコプターだ。陸上自衛隊のUH-60JA多用途ヘリコプターがものすごく高価になった背景には、悪天候でも無視界でも飛行できる特殊作戦機なみという高度なセンサーを全て搭載したため。

 AH-64D戦闘ヘリコプター地上展示、背景には2基の航空掩体が広がる。航空掩体、シェルターともいう。小松基地は日本海の対岸にロシアと北朝鮮を睨む日本海側唯一の基地となっていまして、そのために戦闘機はシェルターに収容しミサイル攻撃などに備えている。

 撮影位置は第306飛行隊のF-15Jが目の前、離陸する日航の767が。このちょっと始発の次で福井から来てバスに乗れず歩いたので出遅れたよ、という航空祭で着陸の瞬間が見えない最前列ではありますが、KOMATSUというターミナルの表記が見えるのがうれしい。

 T-4練習機、ブルーインパルス四機編隊の離陸、航空祭の飛行展示がいよいよ開始だ。フォーメーションテイクオフといいまして、六機のブルーインパルスの内は先ず四機が先行して離陸し、ダーティターンとして基地上空へデルタ編隊で戻ってくる飛行展示を行う。

 フォーメーションテイクオフの4機を背後から望む。ブルーインパルスは東北地方は松島基地の第4航空団に所属しています。第11飛行隊が正式名称で六機による飛行展示をおこないますが、東京五輪にあわせ12機による飛行展示を準備中、これは延期でもみてみたい。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント

【京都発幕間旅情】彦根の美味は近江牛,緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の狭間での外食

2021-04-11 18:24:28 | グルメ
■滋賀彦根で近江牛を愉しむ
 モノを食べるときはね、なんというか救われてなくてはならないんだ、一人で静かで豊かで。そうすれば感染は拡大しない。こう井之頭五郎さんみたいな言葉を。

 先日いや先月、江田島で久々に焼き牡蠣を頂きまして、くらま撮影の際に探訪した牡蠣のお店の近くで、浜焼愉しむは当方一人、続いてもう一組だけ焼いているという状況でした。なるほど、此処で気づかされたのは会食は感染原因となるが、外食と会食は違うという。

 自衛隊関連行事にて遠出した際に、ふと気づいた目立たないお店に入ってみて味の探索を愉しむ、そんな日常を送っていました身には2020年以降のコロナ時代は少々厳しいものがありまして、しかし会食は別として外食は感染対策と両立できる事に気付かされました。

 彦根、ここは舞鶴基地から美しい車窓を愉しむ舞鶴線を経て、敦賀から東海道本線に乗り換えて暫くの立地にありますし、岐阜基地や守山駐屯地はじめ東海地方の自衛隊行事と京阪神を結ぶ中間点にあります、美しい城下町です。ここに古い街並みが再現されています。

 近江牛が本日の主役です。この近江牛というのは蒲生氏郷はじめに齲蝕文化を日本に伝来させましたキリシタン大名が安土桃山時代に育てた肉牛といい、バテレン追放令の後にも近江牛は残り、なんと幕末の井伊直弼の時代でも彦根藩の特産品として位置付けられた。

 キャッスルロード、彦根城下町に江戸時代の街並みをテーマパークのように再現しましたそのキャッスルロードの一角にあります、せんなり亭、というお店が今回の舞台です。彦根城の掘割まで指呼の距離にありまして、しかし寺社仏閣も並ぶ歴史的な一角でもある。 

 ハム三種類の前菜、食事とは愉しみのひとときであるべきなのですが、相応の料理には馥郁たる調理が必要、しかしそんな調理の合間、仕上がりを待つ時間にも愉しみというものを添えてくれるのが前菜です。マスタードや野菜や、ハムの相方を口に含み吟じてゆく。

 ポタージュスープが前菜と若干間を置き。スープと共に愉しむのは調理、このお店は技巧技術誇るシェフさんにより目の前で鉄板にて焼き供される、鉄板で目の前で焼き上げられる逸品たち、食材が料理に仕上がる道程を、ライブのように眺める事ができるのですね。

 彦根なので赤蒟蒻、ご当地の特産です。赤蒟蒻とウィンナーソーセージと焼き野菜と焼き味噌、この合間に迫力の一時が、それはフランゼ、料理酒に着火させて焔で明るく焼き上げる瞬間で、今となってはその迫力、富士総合火力演習や饗庭野戦車射撃を思い出すほど。

 近江牛。実際のところ美味しい高級牛は、自分で焼き上げるよりも料理人に任せた方が良い、こういうのもその牛肉の長所を最大限引き出すヒミツの調理法を経験と伝承により会得した方が造るのですから、何も考えずガス火のフライパンでオリーブ油に任せるよりも。

 歴史と伝統の近江牛、松阪牛や神戸牛は江戸時代後期、対して近江牛は安土桃山時代後期から続くものですが、こう噛みしめる前に解けてゆく旨みと満足感は格別なものがありまして、限られた量ではあるが、こう塩と胡椒で、特製つけだれで、満足と共に頂いてゆく。

 ご飯は出汁と共に少し間を空けて供されまして、出汁茶漬けは牛肉風味、どの間合いでご飯か近江牛かを考えつつ。箸はこの点で縦横無尽の自由度がありまして、がつがつ頂く牛肉とは別の、満足感を得る為の頂き型がある。コロナさえなければここでワインだけれど。

 ワインや清酒は今度、としましてデザートとなりました。コロナ時代、外食は感染拡大の懸念が指摘されるものの、それは外食と会食を混同しているのではないか、と思う。歓談は自動車の中で、食事は食事で静かに、会食ではなく外食を愉しむ、これが重要でしょう。

 コロナ時代、2020年一杯は頑張っていたものの遂に、というところが徐々に街角に目立ち、そして幾度か杯を重ねたお店が閉店という話題を悲報のようにお知らせいただく事も増えてまいりました、ご近所の馴染みのお店は大半が無事なのですが、それでも見通しは、と。

 外食が悪いのではない、外食だけではCIVID-19新型コロナウィルスは感染するものではなく、要するに会食がこの時節には合わない、という印象がありますが、此処が混同されているように思うのですね。外食は自宅以外で食事するということ、会食は会合であるもの。

 日本人の理性にも限界があるのか、今回思うのは外食と会食を混同して、今でのアルコールで、自分では万全の感染対策をしているつもりで、大声にて気勢を上げている方がいる、そして客と店の関係もあり、政府が静かな会食を呼び掛けても徹底できない現状が、ある。

 会食は食事ではなく会合に食事が加わったものですので、例えば此処にアルコールが入りますと声も大きくなりますし、これが二人三人の会食ではなく多めの人数、四人五人となれば声を届けたくなる分声量は大きく呼気も大きく、当たり前だがその飛ぶ飛沫も大きく。

 理性で抑えられないものか、いや、感染拡大がかなり抑えられていますが、破局点のような状況、北米や欧州や南米のような状況まで拡大しますと、その結果まで含めて受け入れる為に今気勢を上げるのかな、と考えてしまいます、結果は還ってくるものですからね。

 外食店は、基本的に換気は為されています。もちろん換気と云っても地下にある店舗には換気装置には限界がありますし、雑居ビルの一室やショッピングモールの一角となれば別でもある、人口密度を抑えるとか、個室重視にする等工夫は要りますが、個人店は多少は。

 会食を自粛し、正直にアルコールを嗜むときは静かな店で一人で、ただ、第四波と警告される現在ほどの状況となりますと、アルコールは最早当面は自宅で晩酌しかないようにも仕方ないのですが、会食ではなく外食だけなららば、また違うようにも思うのですよね。

 二度の緊急事態宣言、発動されたまん延防止等重点措置、しかし、外食文化は会食でなければ、もちろん時間の制限は自粛要請というものが示されてはいましたが、多少の不便を全体が我慢した事で緊急事態宣言よりも重い措置、非常事態宣言へは至りませんでした。

 緊急事態宣言の要請主体の自粛感染対策がもし国民に受け入れられず感染拡大が続く状況であれば、感染対策は国民主役の要請から国主導の強制措置に進んでいた筈で、ここは乗り切りました。ここの措置と並行し、会食ではなく外食を感染対策と両立し、愉しみたい。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント

榛名防衛備忘録:島嶼部防衛にMLRSのC-2による機動展開の必要性,日本版HI-RAIN運用提案

2021-04-10 20:21:39 | 防衛・安全保障
■C-2輸送機の実力を最大限発揮
 C-2輸送機は美保への配備を完了し続いて入間への配備が開始されるとC-1輸送機の時代もいよいよ世代交代となりましょう。C-2の輸送力は凄い。

 C-2輸送機、自衛隊はこの装備を最大限活かせているのか。非常に優れた輸送機で世界中の装備品が空輸を想定する際にはC-130に搭載できるか否かという視点で開発される中、自衛隊はC-130よりも遥かに大きな輸送力を持つC-2輸送機の量産を進める一方で、この輸送力で機動展開できる装備品を余り重点的に運用していません。これで良いのでしょうか。

 自衛隊はMLRSの空輸分散運用を検討しても良いのではないか。交換が得るのはアメリカ海兵隊のHIMARSとKC-130給油輸送機をあわせた新しい運用というものが開拓されつつあるためです。HIMARS,これは戦術トラックにMLRS発射装置2コンテナのうち一つを搭載したもの、軽量ですのでC-130でも空輸できるという点が大きな強みとなっています。

 HIMARSは開発当時、なによりもMLRSが面制圧を第一としていましたので制圧範囲が半分となり、廉価版という印象が拭えなかったものですが、ロケット弾がクラスター弾から精密誘導ロケットに転換しますと、数はそれほど必要なくなり、逆に軽量で有力な精密誘導ロケットシステムの運用システムとしてHIMARSは脚光を浴びてゆく事となりました。

 日本もHIMARSを、と考えたくなりますが、実際過去に幾つか構想もあったようなのですけれども、日本にはC-2輸送機がある、つまりC-130に搭載できるという利点のHIMARSを導入せずともC-2の輸送力ならばMLRSをそのまま運べてしまうのです、またMLRSはそれ程長くありませんので一機でMLRSに加え護衛用に軽装甲機動車さえ搭載できます。

 アメリカ海兵隊のHIMARS運用は、自衛隊と適合するのか、こう疑問をもたれるかもしれませんが、実は自衛隊の必要とする運用を先取りしている方式を開拓しています、なぜならアメリカ海兵隊は島嶼部防衛を念頭に輸送機を駆使したHIMARSの運用を研究していまして、要するに中国の西太平洋地域での海軍海洋進出に真正面から向き合う想定という。

 KC-130輸送機とHIMARSを組み合わせた運用は、具体的には離島と離島に設置されている飛行場や代替滑走路を駆使しまして、中国軍の軍事侵攻が懸念される島嶼部に隣接する複数の離島へHIMARSを緊急展開させATACMS戦術ミサイルシステムによる防衛網を迅速構築、脅威が遷移した場合には輸送機の機動力で先回りする、HI-RAIN運用と命名した。

 ハイライン運用、なにかこうSF小説"宇宙の戦士"、あのガンダムに影響を及ぼした1950年代のSFシリーズその原作者、ロバートハインライン氏を彷彿とさせる命名ですが、輸送機の機動力に適合するHIMARSの軽快さを活かした運用が研究、2019年に米豪合同演習にて能力の実証演習も実施されている運用です。HI-RAIN運用、しかしC-2輸送機ならば。

 C-2輸送機ならばHIMARSで無くともMLRSを運用できる、ATACMSならば2発、M-31-GPS誘導ロケットならば12発搭載できますので、もちろん予備弾薬を搭載するとなりますと重量と容積はC-2輸送機貨物室ではかなり圧迫されてしまいますが、MLRSはHIMARSよりも不整地突破能力は高いものがありますので射撃陣地を選ばず運用可能です。

 12式地対艦誘導弾システムがあるではないか、こう反論されるかもしれませんが、12式地対艦ミサイルシステムは射撃に必要な標定車両が中隊毎にしか配備されていません、つまり、C-2輸送機に発射装置だけを搭載しても別のところから標定車両が目標情報を伝送しないことには射撃さえできません、小分けして運用する点はMLRSの強みといえるでしょう。

 MLRSは目標座標さえ把握できれば、その地点に正確にロケット弾を投射できます、自衛隊が運用しているM-31ならば射程は70km、自衛隊は導入していませんがATACMSならば300km、誘導ロケット弾は対艦ミサイルではありませんので海上目標に命中させることは現段階では不可能ですが日本は専守防衛、自国の離島沿岸部を守るためならば合理的だ。

 C-2輸送機は航空自衛隊が当面22機を導入予定です、防衛省では電子偵察機等の派生型を検討していますが、一機当たりの輸送力が大きい事からC-1輸送機の同数を装備する必要も無くなり、当初計画よりかなり数量を抑制して調達する事となってしまいました。当たり前の話ですが、輸送需要がそのままでは調達予定圧縮もある意味当然なのかもしれない。

 しかし、これは同時に89式装甲戦闘車、MLRS、16式機動戦闘車、こういったC-130輸送機では空輸出来ない装備を積極的に離島展開する訓練を行っていません、こうすることでC-2輸送機の総合評価を下げてしまっているともいえる。C-2は自衛隊には不可欠の装備と考えるが故に、自衛隊版ハイライン運用を、MLRSとC-2の組み合わせで行うべきでしょう。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
(第二北大路機関: http://harunakurama.blog10.fc2.com/記事補完-投稿応答-時事備忘録をあわせてお読みください)
コメント (1)

令和三年度四月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2021.04.10-2021.04.11)

2021-04-09 20:01:26 | 北大路機関 広報
■自衛隊関連行事
 第1師団祭と第12旅団祭が例年ならば執り行われますが、COVID-19感染再拡大により今週末の自衛隊行事はありません、そこで懐かしい練馬駐屯地祭の写真と共に最新情勢を。

 緊急事態宣言解除から一ヶ月と少々、まん延防止等重点措置という地域的な緊急措置を行う事で政府は危機的な状況を回避しようと努力していますが、感染力を増した変異ウィルスの国内拡大を受け、昨年のCOVID-19対策を踏襲したとしても昨年の様な感染抑制の効果が充分出せない状況が現出しつつあります。緊急事態宣言再発、考慮すべきでしょう。

 3600万の高齢者が二回分接種するに十分なワクチンが六月にも確保できる、ワクチン担当大臣を兼務する河野規制改革担当大臣が本日の記者会見において発表しました。すると七月には高齢者が感染し大量死する懸念はある程度回避できるのかもしれません、ただ、それでも公衆免疫獲得までまだまだワクチンは不充分、2021年全般に影響は続きそうです。

 京都府では9日、西脇知事 により、まん延防止等重点措置適用要請を政府へ出す事となりました。これは府内において病床使用率が7日時点で37.7%に達しており、国の分科会が示すステージ3に達しており、対策本部会議の席上で正式に決定しています。今年のひと足早い桜の季節とともに、しかし来るべきものが来ている、という印象がぬぐえません。

 まん延防止等重点措置について東京都も政府へ、まん延防止等重点措置要請が小池知事より出されており、また沖縄県も感染状況急拡大を受け、これまでの対応では感染抑制が厳しいとして政府へ要請が出されています。これを受け政府は、3都府県を新たに、まん延防止適用とする政府方針が示され分科会が了承、政府は正式に今夜にも対象とする方針です。

 大阪府と兵庫県に宮城県へ現在発令されているまん延防止等重点措置、いずれも府内や県内全域ではなく、県知事や府知事が域内の市町村一部に重点的に対策を取る形であり、運用に柔軟性がある措置です。寧ろ平仮名を含む優しい印象を与えるこのまん延防止等重点措置よりは地域を特定し対策強化する、特定緊急事態宣言、と表現すべきかもしれません。

 緊急事態宣言と、このまん延防止等重点措置、まん延防止等重点措置については総理大臣が重点的な措置を講じるべき都道府県と期間を公示し、ここで緊急事態宣言の場合は都道府県単位で、つまり京都の場合は北部の舞鶴や綾部まで含め実施されるのですが、まん延防止等重点措置は対象都道府県の知事が市区町村など特定地域に対策を講じるというもの。

 東京、京都、沖縄の3都府県、今回のまん延防止等重点措置は12日から対象となり、京都と沖縄は来月5日まで、東京は来月11日までを予定しています。ただ、急拡大と云うよりは単なる再拡大、緊急事態宣言解除が早過ぎたのではないか、緊急事態宣言下でも行動自由はそれなりに高かったのですから、解除せず四月上旬まで継続していれば、ともおもう。

 先行しまん延防止等重点措置が発令された3府県の一つである大阪府ですが、厳しい状況です。大阪府は8日時点で府内で新たに905名が感染を確認したとのこと。3日連続で過去最多の艦船が続いている他、府内感染者数は累計で5万7531名といい、人口1%にじりじりと近づいているとともに死者数は1202名、まん延防止等重点措置発令後も拡大が続く。

 変異ウィルス。感染拡大の原因は感染力の強い変異ウィルスに対し、既存の感染対策が不十分となっている為で、これは大阪府が4月5日までの変異ウィルス感染者を調べたところ、これまで感染性が低いとされた30代以下の割合が58.2%に達しており、中でも20代以下が46.4%と全体の半数近くとなっており、若さが免疫力という概念が一致しません。

 変異ウィルスは重症化の割合が高いという数字も出ています。これは変異ウィルス上陸前、重症化率が感染者全体では第3波の場合では3.2%だったのに対して、変異ウィルスの感染者では4.7%となっており、感染者20名に一人が重症化するという。8日の大阪府病床運用率のうち 重症患者用83.1%が使用中となっています。状況は極めて緊迫しているのです。

■駐屯地祭・基地祭・航空祭

・今週末の行事なし

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関
コメント