人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二23章 改革

2022å¹´08月28日 07時08分09秒 | åˆ—王記
23章 ヨシヤ王の改革
1.ヨシヤの宗教改革
ヨシヤ王は、徹底した宗教改革を行いました。主の本堂にあったバアルやアシェラの器物、アシェラ像(4、6節)、主の宮の中にあった神殿男娼の家(7節)、ユダの町々にあった高き所(8節)、ベン・ヒノムの谷にあるトフェテ(10節)、太陽の車(11節)、歴代の王たち(アハズ、マナセ、ソロモン、ヤロブアム)が作った異教の祭壇(12節)、サマリアの町々の高き所(19節)、そして、霊媒、口寄せ、テラフィム、偶像、とユダの地とエルサレムに見られるすべての忌み嫌うべき物(24節)、等、偶像という偶像がすべて取り除かれました。そして本来のイスラエルの宗教祭儀を復活させたのです。おそらく、町の様子は一変するものとなったことでしょう。
聖書記者は、ヨシヤについて「モーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった」(25節)と評価しています。それは徹底した悔い改めでした。
2.聖書に基づく改革
何が、ヨシヤをそのように動機づけたのか。それは、単なる反アッシリア、イスラエルのナショナリズムによるものではなく、契約の書との出会いによるものでした。ことにそれは申命記であったとされるのは、彼の行動が申命記に基づいていると見なされるからです(申命記18:6-9、23:9など)。彼はまさに神の御言葉に捕らえられたのです。
しかしヨシヤ王の徹底した宗教改革にも関わらず、「主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとされなかった」(26節)とあります。確かに、人間が悔い改めて、よい業を積み重ねたどころで、罪の結果を贖うことはできないものでしょう。また、神が、人間の態度に一喜一憂しながら、歴史の流れを変えていくこともありえません。一々神がそのようなことをしていたら、世界の秩序はめちゃめちゃです。ただ神は、人間の小さな感情を見過ごしたり、見逃したりする方ではないことも事実です。神はヨシヤが心を痛めて主の前に遜って泣いたことを見ておられ、ヨシヤの願いを聞き入れています。神が聞き入れることと、聞いてはいるものの、応じられないこともある、と言うべきでしょう。
3.ヨシヤの死
その差は、どこにあるのか。ヨシヤの死が、考えるヒントを与えてくれます。BC612年、アッシリアの首都ニネべがメディア、スキタイ、新バビロニア連合軍によって陥落すると、アッシリア亡命軍はハランに遷都しました。さらにBC609年、アッシリア亡命軍は、新バビロニア連合軍の脅威にさらされてカルケミシュへ移動を余儀なくされました。ヨシヤは、これを助けようとするエジプトを阻止しようと動き出すのです。ヨシヤは、メギドでエジプト軍を待ち伏せし、葬りさるつもりでした。メギドは、カルメル山脈の谷間に位置し、海の道は、その谷間を通り抜ける形でした。つまり、彼は、谷間の両サイドから、エジプト軍を挟み撃ちにし、絶滅させようと考えたわけです。ところが、そのような戦略的に優位な地点で、エジプト軍を打ち破れないほどに、ユダ南王国の軍隊は弱体化していたのです。かつてヒゼキヤの時代、ユダ南王国は、アッシリアとの戦争に負けた時に、神殿の扉からはぎ取って、銀300タラントと金30タラントの戦争賠償金を支払いました。今度は、銀100タラントと金1タラントの戦争賠償金を、国民からかき集めて支払う他ない状態でした。ユダ南王国の終焉が近づいていたのです。
ともあれ2歴代誌を読むと、エジプトの王ネコは、ヨシヤ王に、余計な邪魔をしないように警告していることがわかります(35:21)。そして神のみこころを第一とするヨシヤが、「神の御口から出た王ネコのことばに聞こうとしなかった」(22節)と聖書は言います。神の言葉に従うというのは、聖書のことばに杓子定規に従うということではないでしょう。しばしば信仰は常識的判断を飛び越えてしまうことがあります。確かに信仰は超常識な部分はあっても非常識にはなりません。信仰は、私たちの思うところが念じて遂げられるというものではないのです。神の主権に服しながら、神に必要を訴え、その恵みに与ることが大切なのです。では、今日もよき一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。女預言者フルダが住んだエルサレムの第二区は、神殿のどのあたりに位置したと考えられているでしょうか?①神殿の南側の下町、②神殿の西側の旧城壁外、③神殿の東側のオリーブ山方面、答えは②神殿の西側の旧城壁外の区域です。おそらく、BC8世紀の繁栄の時代に神殿の西側、古代の城壁の北側に広がって居住区とされた新しい地区が「第二区」と呼ばれたと考えられています。では、今日の聖書クイズです。エルサレムとオリーブ山を分ける谷を何と呼ぶでしょうか?①チロペオンの谷、②キデロンの谷、③ヒノムの谷、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 23 Reformation of King Josiah
1. Josiah's Reformation
King Josiah undertook a radical reformation. The utensils of Baal and Asherah in the temple of the Lord, the statue of Asherah (verses 4, 6), the house of male prostitutes in the temple of the Lord (verse 7), the high places in the cities of Judah (verse 8) ), Topheth in the Valley of Ben Hinnom (v. 10), Chariot of the Sun (v. 11), Pagan altar built by kings (Ahaz, Manasseh, Solomon, Jeroboam) (v. 12), City of Samaria The high places (v. 19), and the mediums, the charmers, the teraphim, the idols, and all the abominations that are found in the land of Judah and in Jerusalem (v. 24), were all removed. And he restored the original Israeli religious rites. Perhaps the town has changed completely.
The Bible writer says of Josiah, "There was no king before him who turned to the Lord according to all the law of Moses, and after him there was not one like him" (v. 25). ). It was a thorough repentance.
2. Bible-Based Reformation
What motivated Josiah to do so? It was not just anti-Assyrian, Israeli nationalism, but an encounter with the Book of Covenants. Especially it is attributed to Deuteronomy because his actions are considered to be based on Deuteronomy (Deuteronomy 18:6-9, 23:9, etc.). He was truly captured by the Word of God.
However, despite King Josiah's thorough reformation, "the Lord would not calm the wrath that was kindled against Judah" (verse 26). Certainly, even if a person repents and accumulates good works, he or she cannot atone for the consequences of sin. Nor is it possible for God to change the course of history while rejoicing over human attitudes. If gods were doing that kind of thing, the order in the world would be messed up. However, it is also true that God is not the type to overlook or ignore the small emotions of human beings. God sees that Josiah was heartbroken and humbled and cried before the Lord, and God heard Josiah's request. It should be said that God listens and that even though he hears, there are times when he does not respond.
3. Death of Josiah
where is the difference? The death of Josiah gives us a hint to think about. In 612 BC, the Assyrian capital of Nineveh fell to a combined army of Media, Scythians, and Neo-Babylonians, and the Assyrian exile moved its capital to Harran. In 609 BC, the Assyrian exile forces were forced to move to Carchemish under threat from the Neo-Babylonian coalition. Josiah sets out to stop Egypt from trying to help him. Josiah planned to ambush the Egyptians at Megiddo and bury them. Megiddo was located in the valley of the Carmel Mountains, and the sea road passed through the valley. In other words, he wanted to annihilate the Egyptian army from both sides of the valley. However, in such a strategic position, the army of the Southern Kingdom of Judah was so weakened that it could not defeat the Egyptian army. Once, in the time of Hezekiah, when the Southern Kingdom of Judah lost the war with Assyria, it ripped off the doors of the temple and paid war reparations of 300 talents of silver and 30 talents of gold. This time, there was no choice but to pay the war reparations of 100 talents of silver and 1 talent of gold from the people. The end of the Southern Kingdom of Judah was nearing.
In any case, if we read 2 Chronicles, we find that King Necho of Egypt warned King Josiah not to disturb him unnecessarily (35:21). And the Bible says that Josiah, who put God's will first, "would not listen to the words of King Neko that came out of the mouth of God" (verse 22). Following God's word does not mean following everything done by Bible words. Faith often jumps over common sense judgments. Certainly, faith does not become insane even if there is a supernatural part. Faith does not mean that what we think will come true. While submitting to God's sovereignty, we must not forget to appeal to God for our needs. I hope you have a good day today.

<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. Where is the second district of Jerusalem, where the prophetess Huldah lived, thought to have been located? (1) the downtown area on the south side of the temple, (2) outside the old walls on the west side of the temple, (3) toward the Mount of Olives on the east side of the temple, the answer is (2) outside the old walls on the west side of the temple. It is probable that during the prosperity of the 8th century BC, a new residential area extending to the west of the temple and north of the ancient walls was called the "Second Ward". Here's today's Bible quiz. What do you call the valley that separates Jerusalem from the Mount of Olives? (1) Valley of Tyropeon, (2) Valley of Kidron, (3) Valley of Hinnom, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]