人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の喜び😊【聖書】エズラ記10章 グレーゾーン

2022年11月13日 07時17分40秒 | エズラ記
10章 雑婚問題への対応
1.価値観の一致からビジョンの一致
 エズラ記最後の書は、雑婚の問題に、イスラエル人がどの様に対応したかを示す記録で終わっています。1-6章までは、祖国へ戻ったイスラエル人が、神殿を完成させるまでの記録でした。7-10章は、律法学者エズラの活動の記録で、その中心は雑婚問題への対応になっていると言えます(9-10章)。
 エズラは律法を教え、イスラエル人に、神の民としての生活を回復させようとしたのですが、まさに、雑婚は、その中心的な問題になるほど大きな問題でした。もちろん、文化の違う、外国人の配偶者を持つことを問題にしているわけではありません。問題になっているのは、信仰の共同体の基本である家族が、どのような価値観でまとまっているか、そしてどのような使命感に立っていくか、です。一緒に仲良く暮らすだけであるなら、お互いに考え方がバラバラであっても、折れ合っていけばよいことです。そして価値観ができるだけ近い方が、衝突も少なくて済むということです。しかし、エズラが行ったことは、価値観を一致させるのみならず、人生の目標、使命、あるいはビジョンの一致をはかることでした。一緒に何事かをなしていこうとするなら、使命感、ビジョンにおいても一致していなくてはまず難しい。どうしますか、ということです。
2.実際の処置
 そこで、エズラは、代表者たちを集めてそのような勇気ある決断と痛みを伴う行動を起こすために、神の前に誓うことを求めていくのです。そしていよいよ行動を開始しました。同調しない者はイスラエル人の社会から追放される、厳しい処置です。しかしそれは、理解できないことではありません。第9の月は11-12月にあたり、イスラエルでは先の雨が降る、非常に寒い時期です。この時期にイスラエルの民は、集められ、実際に誰が雑婚をし、追い出されるべき対象となるかを明確にしたのです。祭司が17名(18-22)、レビ人6名(23)、歌うたい1名、門衛3名、他に84名(25-43)、合計111名がその対象となりました。
 そして44節、口語訳(Japanese Kougo-translation)は「これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその子供と共に離縁した。」とあります。口語訳(Japansese Kougo-translation)は「離縁」という言葉を使って、3節の「追い出しましょう(send away)」に呼応する形で意訳しています。ところが、ヘブル語の原文は曖昧で、新改訳2017(Japanese Shinkai translation)もそうですが、大方の訳はヘブル語原文どおり意味不明な結果を伝える直訳となっています。
 つまり「追い出す(send away)」ことは、離縁そのものを迫ったのではない可能性があるのです。実際少なくとも2名は離縁を迫られていませんし、そもそも神は赦しの神であり、救いの神です。新約聖書においても、パウロが提示する原則は「信者である夫に信者でない妻がいて、その妻が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。また、女の人に信者でない夫がいて、その夫が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。」(1コリント7:12,13)とあります。つまりエズラは、頑迷非情な処置を取ったのではなく、やはり、神の民としてのビジョンを明確にしながら、現実主義的に、いまある現実から、なすべきことを一緒に考えたというべきでしょう。信仰の営みというのは、一般に考えられているように白黒をはっきりさせて終わりという、単純ではありません。グレーのままに、お互いに歩み寄ることを求める。忍耐強く対話を重ねて、時間をかけても聖書が語る本来のあるべき形に添っていく、つまり、知恵と忍耐と、粘り強さ、そして何よりも愛を要することでもあるのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。一般に当時の人々が着た衣類の材質は何であったでしょうか?①綿、②亜麻、③ポリエステル、答は②亜麻でした。ヘブル語でケソーネス、ギリシャ語でキトーンと呼ばれる衣類は、私たちが使用しているシャツに似た下着で、材料として羊毛、亜麻が用いられました。では、今日の聖書クイズです、「先の雨」は、何月ごろの雨でしょうか?①5-6月、②10-11月、③1-2月、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
Chapter 10 Dealing with mixed-marriage issues
1. alignment of values
The last book of Ezra ends with a record showing how the Israelites responded to the problem of mixed marriages. Chapters 1-6 were a record of the completion of the temple by the Israelites who returned to their homeland. Chapters 7-10 are a record of the activities of the scribe Ezra, and it can be said that the center of them is dealing with the problem of miscellaneous marriage (chapter 9-10).
Ezra taught the law and tried to restore the life of God's people to the Israelites, but miscellaneous marriage was such a big problem that it became the central problem. Of course, having a foreign spouse with a different culture is not a problem. What matters is what kind of values the family, which is the basis of a community of faith, unites, and what kind of sense of mission it stands for. If you just want to live in harmony with each other, you should compromise with each other even if you have different ways of thinking. And the closer the values are, the less conflict there will be. But what Ezra did was not just align values, but align life goals, missions, or visions. If we are going to do something together, it will be difficult if we do not have the same sense of mission and vision. What are you going to do?
2. actual treatment
So Ezra calls upon his representatives to swear before God to make such courageous decisions and painful actions. And finally he started to act. Those who do not conform are severely banished from Israeli society. But that is not incomprehensible. The ninth month falls in November-December, a very cold period with early rains in Israel. It was during this period that the Israelites were gathered together and made it clear who would really be marrying and who should be expelled. There were 17 priests (18-22), 6 Levites (23), 1 singer, 3 gatekeepers, and 84 others (25-43), totaling 111 people.
And in verse 44, the Japanese Kougo-translation says, "These men all married foreign women. They divorced them along with their children." The Japanese Kougo-translation uses the word ``separation'' in response to ``send away'' in verse 3. However, the original Hebrew text is ambiguous, and most of the translations, including the Japanese Shinkai translation 2017, are literal translations that convey the same ambiguous results as the original Hebrew text.
In other words, it is possible that "sending away" did not force the divorce itself. In fact, God is a God of forgiveness, a God of salvation. In the New Testament, too, the principle Paul puts forward is, "If a believing husband has an unbelieving wife, and he knows that she is with her, do not divorce her. If a man has an unbelieving husband and you know that he is with you, do not divorce him” (1 Corinthians 7:12, 13). In other words, Ezra did not take extreme measures, but rather, he clarified his vision as God's people, and from a realistic point of view, he thought about what should be done together. . The practice of faith is not as simple as it is generally thought to be black and white. Stay gray and ask each other to come closer. It takes patience, dialogue, and over time to follow what the Bible says it should be: wisdom, patience, persistence, and most of all, love. I hope you have a good day today.

<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. What was the material of the clothing that people generally wore in those days? ①Cotton, ②Flax, ③Polyester, the answer was ②Flax. The garment, called Kesones in Hebrew and Chithon in Greek, is an undergarment similar to our shirts, made of wool and flax. So, for today's Bible quiz, what month will the "rain ahead" be? ①May-June, ②October-November, ③January-February, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

人生💯倍の喜び😊【聖書】エズラ記8章 神の恵みの御手

2022年11月11日 07時26分38秒 | エズラ記
8章 エズラの帰還
1.エズラの祈り
 8章前半は、エズラと共にエルサレムに帰国した者たちの名簿です(1-14節)。すると彼らの中に祭司はいたものの、レビ人は一人も見つけることができなかった(15節)と言うのです。つまり、神殿が再建されても、そこで行われる祭儀を進めるための働き人がいなかったのです。エズラは、ふさわしい人を探し始めました。それは急を要することでもありました。エズラは「神の恵みの御手が私たちの上にあったので」「レビの子マフリの子孫のうちから思慮深い人」が連れて来られたとします。実に、私たちの必要がある時に、私たちの望みをかなえるのは、神の恵みの御手です。遜り、神を見上げる時に、神がそれにふさわしい人を送ってくださるのです。教会において人材が不足することはあるでしょう。働き人は、ヨシュアのように指導者モーセの下で育てられるような人ばかりではありません。エリシャのように、指導者エリヤには全く思いつかない状況の中で、神が連れて来られる人々がいます。そこでまず、すべてが神にかかっているかのように、神に祈ることが大切ですし、神の恵みなくして、私たちは一歩も進めないという謙虚な心で神の業を求めていくことが大切なのです。 
2.エズラの信頼
 続けて24節から、エズラは、自分の帰国の旅を振り返っています。エズラは道中の無事を神に願い求めた、と。そして彼は、「道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じた」と言います。なぜか。それは、エズラがアルタクセルクセスも認めた天の神が、まことに生きておられ、その神がともにおられるのであれば恐れるもの何もなし、という信仰のためです。
エズラが集めたささげ物の総額は約10億円の価値があったと言います。実際に、イスラエルが戦争で負け、すべてが没収された時には、400億円もの財産が奪われたというのですから、あながちあり得ない話ではありません。つまり、彼らは10億円の財産を携えながら、エルサレムへと約1450キロの長旅をしたというわけです。男性だけで1500名、女子どもも入れると約3000名の大集団でしたが、それは出エジプトに比べれば、あまりにも少人数でした。彼らは砂漠を避けて、普通の道を通ってパレスチナに北から入ったとされます。そしてこのような莫大な財産を抱えながらの、少人数による長旅は、決して安全ではなかったはずです。実際ネヘミヤが帰国した時には、ネヘミヤは王に護衛隊を求めているのです(ネヘミヤ2:9)。
けれどもエズラは求めませんでした。それは、常々彼が口にしている神への信頼のためであり、まことに生きておられる神を、この機会を通じてだれの目にも証するためでした。エズラは、自分たちが信じる天の神は、生ける神であり寄り頼む限り、私たちを確かに守り、祝されるお方であることを常々語っていたのです(22節)。エズラは、自分が確信している通りに行動しました。信仰は、理解ではなく信頼の問題です。そして神への内的信頼は、普段の行動の中に明らかにされるのです。ですからエズラは、すべてが神にかかっているかのように、断食し、神に願い求めて行動しました。
すべてが神にかかっているかのように神に頼り切ったエズラを、神は、一切の危険より救い出してくださいました。もし神がまことに生きておられるお方なら、私たちはその神が生きておられることを体験しなくてはなりません。確かに、私たちが信じる天の神は、目があっても見えず、口があってもきけない、偶像のようなものではないのです。神の力を味わい、自らの苦境が打ち破られることを知らなくてはならないのです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。エステル記が書かれた時代の王様は、誰であったでしょうか?①クセルクセス王、②アルタクセルクセス王、③ダリヨス王、答えは②クセルクセス王でした。では、今日の聖書クイズです、ダリクは、ペルシアのダリク金貨のことですが、それは、別名何と呼ばれたでしょうか?①ダリヨスの金貨、②クセルクセスの金貨、③アルタクセルクセスの金貨、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 8 Return of Ezra
1. Ezra's Prayer
The first half of Chapter 8 is a list of those who returned to Jerusalem with Ezra (verses 1-14). There were priests among them, but he could not find a single Levite (v. 15). In other words, even though the temple was rebuilt, there were no workers to advance the ceremonies held there. Ezra began looking for the right person. It was also urgent. Ezra says that "because the gracious hand of God was upon us," "a wise man was brought from among the descendants of Mahli, the son of Levi." Indeed, it is the gracious hand of God that grants our desires in our times of need. When you humble yourself and look up to God, God will send someone worthy of it. There will be a shortage of human resources in the church. Workers were not all like Joshua who were brought up under the leader Moses. Like Elisha, there are people whom God brings in under circumstances that the leader Elijah could never have imagined. Therefore, first of all, it is important to pray to God as if everything depends on God. It is important. 
2. Ezra's Trust
Continuing from verse 24, Ezra looks back on his own journey home. Ezra asked God to keep him safe on the road. And he says, "I was ashamed to ask the king for troops and cavalry to help us from the enemy on our way." why. It is because of the belief that the God of Heaven, whom Ezra acknowledged to Artaxerxes, really lives, and that if he is with him, there is nothing to fear.
It is said that the total amount of offerings collected by Ezra was worth about 1 billion yen. In fact, when Israel lost the war and everything was confiscated, it is said that 40 billion yen worth of property was stolen, so it is not an impossible story. In other words, they took a long journey of about 1450 kilometers to Jerusalem while carrying a billion yen property. It was a large group of 1,500 men alone and about 3,000 including women and children, but compared to the Exodus, it was a very small number. They are said to have entered Palestine from the north, avoiding the desert, by taking ordinary roads. And a long journey with such a small group of people with such a huge amount of wealth could never have been safe. In fact, when Nehemiah returns home, he asks the king for a bodyguard (Nehemiah 2:9).
But Ezra didn't ask. It was because of his trust in God, which he always spoke of, and because of this opportunity to testify to everyone that God really lives. Ezra was always saying that the God of heaven, whom they believed in, was the living God, who would surely protect and bless us as long as we trusted in them (v. 22). Ezra did what he believed. Faith is a matter of trust, not understanding. And that inner trust in God is manifested in our ordinary actions. So Ezra fasted, asked God, and acted as if everything depended on God.
God rescued Ezra from all danger, even though he relied on God as if everything depended on Him. If God really lives, we must experience that God lives. Certainly, the God of Heaven that we believe in is not like an idol who has eyes but is blind and a mouth but is dumb. We must taste the power of God and know that our predicaments can be overcome. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. Who was the king at the time the book of Esther was written? ①King Xerxes, ②King Artaxerxes, ③King Darius, the answer was ②King Xerxes. So for today's Bible quiz, Darik is the Persian Darik gold coin. What was it called? (1) Gold coin of Darius, (2) Gold coin of Xerxes, (3) Gold coin of Artaxerxes, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

人生💯倍の喜び😊【聖書】エズラ記7章 霊感を与える祈り

2022年11月10日 07時24分06秒 | エズラ記
7章 学者エズラ
1.神殿完成60年後の出来事
1節、「これらの出来事の後」というのは、ゾロバベルの神殿完成後のことです。それは、実際にバビロンから帰って来てから約60年後、つまりBC458 年頃のことです。その間、クセルクセス王の時代があって、ユダとエルサレムに住む住民たちが告訴された事件(4:6)が起こっています。そしてさらに、エステル記に記録された事件が起こっていました。そしてペルシアの王アルタクセルクセスの時代、神はエズラという人物を起こし、イスラエル人に律法を教えさせるのです。
 エズラは「主が賜ったモーセの律法に通じている学者」であり、主の御手が彼の上にあったので、王は彼の願いをみなかなえたと言います(6節)。実際、異教の王が、エズラのすることを全面的に支援するのは、確かに主の御手が彼に臨んだとしか考えようがありません。
2.アルタクセルクセスの後押し
 エズラが持参したアルタクセルクセスの手紙(11-26)には、主として四つのことが命じられていました。(1)エルサレム神殿のためにささげられた献金を持ちかえってよいこと。(2)川向うの宝庫係に、必要なものを供給すること(3)神に仕える者に対して免税すること(4)神の律法を守るためにユダヤ人を治める長官を任命すること。
つまり、アルタクセルクセスは、イスラエルの礼拝の再興と、イスラエルの宗教の徹底を命じるのです。イスラエル人に自分の国の異教を信じるように強制せず、逆に、イスラエル人の宗教を尊重し、彼らが自分たちの信仰に熱心であるように、と強く勧めるのです。異教の国の王が、天の神の礼拝を再興し、守り、推奨している。また、異教の国の王自らが宝物蔵を開放する。これは神の御計らいによる特別な出来事と考えられます。
また神は、民の教育のためにエズラを起こされました。エズラは「天の神の律法の学者」であり、天の神の律法に精通し、それを自ら学び、それに生き、それを分かち合うことができる人でした。この点にも注意しましょう。というのも、牧師として30年以上、主に仕えながら常に思うことは、聖書をわかりやすく教えることはそれほど難しくはありません。しかし、聖書を生きた神のことばとして、聴衆が神に応答するように語ることは難しいことです。それは、まさに聖霊の働き、祈りの業というべきでしょう。人間的に努力しても、頑なな人間の魂の前に、牧師はただ人間的な無力さを思わされるのみで、わかりやすければそれでよいわけではないのです。神の前における悔い改めと信仰による従順をもたらすものは、人間の業ではなく、神の業です。牧師は神の言葉を語る者でありながら、神のことばを人の魂に響かせるのは聖霊の働きです。ですから権力や地位を持った人、あるいは賜物や能力を持った人ではなく、神ご自身が、アルタクセルクセスやエズラに働いて、歴史が、国が、人が動いたと考えるべきでしょう。
「私の神、主の御手が私の上にあったので」かくかくしかじかのことができた、という現実があります。ここでは、神がみこころとしたために、異教の者ですら理解と協力を示すことが起こっています。ケースバイケースで、祈れば必ずしも同じようなことが起こるというわけではないでしょうが、何事もまずは祈るところからはじめましょう。神が持っておられる万人の救いのみこころが達成されるように、福音を語る一人ひとりのことばに霊の力が与えられ応答する人々が起こされるように、ただ神の業が現わされるようにと祈りましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。長さの尺度で、約22センチにあたるものはどれでしょうか?①指幅、②手幅、③一あたり(スパン)、④キュビト、答えは③一あたり(スパン)です。それは、親指から小指まで一杯に広げた幅で、半キュビトとも言われます。では、今日の聖書クイズです、エステル記が書かれた時代の王様は、誰であったでしょうか?①クセルクセス王、②アルタクセルクセス王、③ダリヨス王、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
Chapter 7 Scholar Ezra
1. Events 60 years after the completion of the temple
Verse 1, "after these events," refers to after the Temple of Zorobabel was completed. It was around 458 BC, about 60 years after he actually returned from Babylon. Meanwhile, in the time of King Xerxes, there is an incident (4:6) in which the inhabitants of Judah and Jerusalem are prosecuted. And then there were the events recorded in the book of Esther. In the time of the Persian king Artaxerxes, God raised Ezra and make teach the Israelites the law.
Ezra is said to have been “a scholar well acquainted with the law of Moses given by the Lord” and the king granted him all his wishes because the Lord's hand was upon him (verse 6). In fact, the pagan king's full support for what Ezra is doing can only be seen as a sign of the hand of the Lord upon him.
2. Boost of Artaxerxeskamino 
Artaxerxes' letter (11-26) brought by Ezra mainly commanded four things. (1) to take back the offerings made for the temple in Jerusalem; (2) to supply the treasury across the river with its necessities; (3) to exempt those who serve God from taxes; (4) to appoint a prefect over the Jews to keep the law of God. .
In other words, Artaxerxes orders the revival of Israeli worship and the thorough implementation of Israeli religion. He does not force the Israelites to believe in their own country's pagan religion, but on the contrary, he urges them to respect the religion of the Israelites and encourage them to be zealous of their faith. A pagan king restores, protects, and encourages the worship of the God of Heaven. In addition, the king of the heathen country himself opens the treasure storehouse. This is considered a special event by God's arrangement.
God also raised up Ezra to educate the people. Ezra was a “scholar of the law of God in heaven,” a man who knew the law of God in heaven, learned it himself, lived it, and shared it. Also note this. After serving the Lord for more than 30 years as a pastor, I have always thought that teaching the Bible in an easy-to-understand manner is not that difficult. However, it is difficult to speak in such a way that the audience responds to God by treating the Bible as the living Word of God. It should be called the work of the Holy Spirit, the work of prayer. Even if we try to be human, the pastor will only be reminded of human powerlessness in front of the stubborn human soul. It is God's work, not man's work, that brings about repentance and obedience by faith before God. A pastor is someone who speaks the word of God, but it is the work of the Holy Spirit that makes the word of God resound in people's souls. Therefore, we should think that God himself worked for Artaxerxes and Ezra, instead of people with power or status, or people with gifts or abilities, and history, nations, and people moved.
The reality is that I was able to do this and that because "the hand of the Lord my God was upon me." Here it is happening that even the pagans show understanding and cooperation, as God willed. It's a case-by-case basis, and if you pray, the same thing won't necessarily happen, but let's start with praying. Just as God's will of salvation for all is accomplished, just as each word of the gospel is empowered by the spirit and people are awakened to respond, God's deeds are manifested. let's pray for it. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. Which measure of length is approximately 22 centimeters? (1) finger width, (2) hand width, (3)span, (4) cubit, the answer is (3)span. It is the full width from the thumb to the little finger and is also called a half cubit. So for today's Bible quiz, who was the king at the time the book of Esther was written? (1) King Xerxes, (2) King Artaxerxes, (3) King Darius, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.


人生💯倍の喜び😊【聖書】エズラ記6章 完了

2022年11月09日 07時30分23秒 | エズラ記
6章 工事は完了した
1.工事は完了した
 6章は昨日の続きですが、総督タテナイ等による訴えを受けて、ダレイオス王は、過去の記録を調べさせました(1節)。すると、彼らはキュロス王の命令文書を発見するのです。しかもそこには神殿の規格すら記されていました。「宮の高さは60キュビト、その幅も60キュビト」これは、ソロモンの神殿よりも大きな規格です。しかし、実際に建てられたものは、ソロモンの神殿よりも貧弱であったと言いますから、上限を定めた文書だったのでしょう。ともあれ、こうしてイスラエルの民は、ゼカリヤによって語られる神のことばに励まされるのみならず、時代の後押しをも受けて、16年もの間中断していた神殿再建の働きを再開することができました。実に、不思議なことで、神がみこころとすることは、忘れ去られてしまうようなことがありながらも必ず動いていくものなのです。
こうして、ダレイオス王の治世の第6年、BC515年に神殿は完成します。ソロモンの時代ほどのことはできませんでしたが、彼らは奉献式を行い、いけにえを献げます。そして彼らは、神への奉仕のために、祭司をモーセの書に従って任命しました。確かに「モーセの書」は、祭司とレビ人との基本的な義務を定めています。しかし実際的な奉仕の「組分け」を作ったのは、1歴代誌23章で学んだように、ダビデですから、「モーセの書に記されているとおり」というのは大雑把な書き方です。大雑把ではありますが、著者が言いたいことは、彼らが基本に立ち返って、全てを整えたと言うことでしょう。
16年間、中断していたものを再開するには、それ相当のエネルギーを要するものです。身を入れて当たらなければ、というものがあります。しかし身を入れて当たるかどうか、腹が定まらない、そんなところで私たちはいつまでもだらだらしているものです。けれども時を先延ばししても結局そこに戻って来る。そして、神のことばに従っていく腹を決めるなら、神は道を整え、周囲を動かし、物事が進むようにしてくださることを忘れてはなりません。神は、「アッシリアの王の心を彼らに向かわせ、彼らを力づけるようにされ」(22節)るお方なのです。
2.礼拝の再開
さて、神殿の再建と同時に、神の恵みを味わう礼拝が再開されたところに、イスラエルの人々は大いなる喜びを覚えました。私たちは神の計画のすべてを知り尽くすことはできないものです。私たちは、神のみこころの一端を担い、それが何の意味を持つだろうかと思う中で生きていることがあります。たとえば教会を建て上げることも、最初はコアとなる人たちを集めることから始まります。しかしその核となるような人はなかなか集まらないものですし、集まったかと思えば散っていく、ということが繰り返されます。そんなことをしているうちに、やっていることの意味もがわからなくなることもあるものです。物事が妨げられて、中断させられて、やっぱりできないんだと思うところまで心の意気を挫かれることもあります。けれども、そのような苦難は、あるものだ、と心得て、主の宮を建て上げるという志からぶれないで、淡々と建て上げていくことに徹していくならば、必ずその祝福を味わう時が来るのです。種々の反対や妨害に惑わされないようにしたいものです。そのような事柄が起こっても一々驚いたり、へたりこんだりしないことです。主のみことばにしっかりと自分の心を合わせて、前に進む者でありましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。古代バビロンは、現在のどのあたりに位置しているでしょうか?①バグダードからバスラ、②モースル、③フーゼスターン、答は①バグダードからバスラ、②モースルは、アッシリア帝国の首都ニネベの現在地、③フーゼスターンは、ペルシア帝国のスサのある地域です。では、今日の聖書クイズです、長さの尺度で、約22センチにあたるものはどれでしょうか?①指幅、②手幅、③一あたり(スパン)、④キュビト、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 6 Construction completed
1. construction completed
Chapter 6 is a continuation of yesterday's article, but in response to an appeal from Governor Tathenai and others, King Darius ordered the past records to be investigated (verse 1). They find a letter of order from King Cyrus. Moreover, even the standards of the temple were written there. "The height of the temple is 60 cubits, and its width is 60 cubits." This is a larger standard than Solomon's Temple. However, it is said that what was actually built was poorer than Solomon's Temple, so it must have been a document that set an upper limit. In any event, the people of Israel were thus not only encouraged by the word of God spoken by Zechariah, but also encouraged by the times, to resume the work of rebuilding the temple, which had been suspended for 16 years. . It is truly a wonder that God's will always moves even though it may be forgotten.
The temple was completed in 515 BC, the sixth year of King Darius' reign. They do the dedication and offer the sacrifices, though they couldn't do as much as they did in Solomon's time. And they appointed priests according to the book of Moses for the service of God. Indeed, the Book of Moses sets out the basic duties of priests and Levites. But since it was David, as we learned in 1 Chronicles 23, who created the practical "groups" of service, "as it is written in the Book of Moses" is a loose term. Roughly speaking, the author's point is that they went back to basics and put everything in order.
It takes a lot of energy to pick up something that's been on hiatus for 16 years. There is something that you have to put yourself in and not hit. However, we can't decide whether to put our hearts into it or not. But even if you put off the time, you will eventually come back there. And if you decide to follow the word of God, don't forget that God will prepare the way, move the surroundings, and make things go forward. God is the one who "turns the hearts of the kings of Assyria to them, to give them strength" (v. 22).
2. resume worship
The Israelites were overjoyed when the temple was rebuilt and the worship of God's grace resumed. We can never know all of God's plans. Sometimes we live part of God's will and wonder what it means. For example, building a church starts with gathering core people. However, it is not easy to gather people who will be the core of it, and once they have gathered, they will disperse repeatedly. Sometimes when you do that, you don't understand what you're doing. Things get blocked, interrupted, and demoralized to the point where you think you just can't do it. However, if you understand that such hardships do exist, and do not waver from your determination to build the house of the Lord, and devote yourself to building it calmly, the time will surely come when you will enjoy that blessing. It's coming. Let us not be misled by various oppositions and obstacles. Don't be surprised or depressed when such things happen. Let us be those who move forward with our hearts firmly aligned with the word of the Lord. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. Where is ancient Babylon located today? (1) Baghdad to Basra, (2) Mosul, (3) Khuzestan, the answer is (1) Baghdad to Basra, (2) Mosul is the current location of Nineveh, the capital of the Assyrian Empire, and (3) Khuzestan is the region of Susa in the Persian Empire. So for today's Bible quiz, which length scale is about 22 centimeters? (1) finger width, (2) hand width, (3) span, (4) cubit, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.


人生💯倍の安心😊【聖書】エズラ記5章 励まし

2022年11月08日 07時00分34秒 | エズラ記
5章 二人の預言者
1.二人の預言者ハガイとゼカリヤ
 BC520年、主の預言者ハガイとゼカリヤがエルサレムにやって来ました。彼らは、神殿再建の工事に着手したイスラエル人たちが妨害を受け、16年もの間の工事を中断せざるを得ない状態であったことをよく知っていました(16節)。彼らは、励ましを必要としていたのです。そして工事再開のしるしとして、定礎式を行ったわけです。
しかし再び反対勢力は、これを阻止しようと動き出しました。川向うの総督タテナイとシェタル・ボズナイ、そしてその同僚の知事たちがやってきて、そもそも、本当にキュロス王から再建命令が出たのかどうかを問題にしました。8-17節には、ダレイオス王に送られた書簡の写しが記録されています。
ともあれ、16年の長きにわたる不毛の日々、そこから神の宮を再建するというのは、相当のエネルギーを必要としたと思われます。神はそのように、心重く、一歩前に進めずにいるイスラエルの民に、二人の預言者を起こし遣わされました。ハガイ書はその記録であり、エズラ記と併せ読む時に、そのメッセージも良く理解されることでしょう。神が私たちに何事かを行わせようと考えておられる時には、いつもご自分のことばを代弁する使者を遣わされます。大切なのは、これに聞いて、これに従い、神のみこころを行おうとする者に対して、神は、異国の王すら用いてご自分の業を進められることです(エズラ1:1)。しかし、たとえ神を信じていても、神のことばに従おうとしないならば、それは神のみこころを受けそこなう結果となるでしょう。
2.神の言葉に力づけられる
 そのような意味では、私たちの人生には、つぶやきと不信仰により、神の業を取りこぼしていることがあるのではないでしょうか。神に、進んでするように肩を押されても、そんなことはできないと心でつぶやき、協力者もいない、助け手もいないと後ろ向きになっていることはないでしょうか。それはまさに、エジプトを脱出したイスラエルの民が、本来ならば11日間で行くはずのところを、40年間彷徨い続けた状況と同じです。
私たちが信じている神は、天地創造の神です。この天地万物をお造りになり、天と地のすべてを支配しておられる神です(11節)。その神を信じることによってこそ進められることがあるのです。ヒゼキヤがそうであったように、攻め込んできたアッシリアに備えて、最善の準備を行ってもなおも彼は力不足で、五分五分の戦いではなく負け戦を覚悟させられる状況にありました。それでも、ヒゼキヤに神はご自身の力を現わし、ヒゼキヤの努力以上のことを神はしてくださったのです(歴代誌第二32:20)。もちろん、神の業はヒゼキヤに起こったことのように、一朝一夕にして起こりうることばかりではないでしょう。神の業は、旧約に繰り返し預言されてきた救い主の到来と同じで、人間の時間の流れの中で、徐々に形を現わすこともあるのです。
 何をどこから手に付けたらよいのか、と瓦礫の山の前で、たたずむことがあるかもしれません。あるいは、自分には全くもって力がなく、なすべきことはわかっていても、一歩踏み出す気力に今一つ欠けることがあるかもしれません。あるいは、辛辣な反対が強すぎて、打ちのめされ、へたり込んでいることがあるかもしれません。いずれにせよ大切なのは、神の言葉に耳を傾けることです。神のことばに力づけられることです。私たちを助ける、神の預言者の声に耳を傾けることです。私たちを動かすのは神の言葉なのです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。神殿建設の工事が16年間中断した後、これを再開するように励ますメッセージを語った預言者は誰でしょうか?①ハガイ、②ナホム、③ゼパニヤ、答えは①ハガイでした。では、今日の聖書クイズです、古代バビロンは、現在のどのあたりに位置しているでしょうか?①バグダードからバスラ、②モースル、③フーゼスターン、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 5 Two prophets
1. Two prophets Haggai and Zechariah
In 520 BC, the Lord's prophets Haggai and Zechariah came to Jerusalem. They knew well that the Israelites who had begun the work of rebuilding the temple had been thwarted and had to suspend the work for 16 years (v. 16). They needed encouragement. A cornerstone laying ceremony was held to mark the resumption of construction.
However, the opposition once again began to try to stop it. The governors of the other side of the river, Tatenay and Shetar Boznay, and their fellow governors, questioned whether the rebuilding order had really come from King Cyrus in the first place. Verses 8-17 record a copy of the letter sent to King Darius.
In any case, it must have taken a considerable amount of energy to rebuild the shrine after 16 years of barren days. In this way, God raised up two prophets to the Israelites, who were hesitant and unable to take a step forward. The Book of Haggai is that record, and when read in conjunction with the Book of Ezra, its message will be well understood. Whenever God wants us to do something, He sends messengers to speak for Him. The important thing is that God uses even foreign kings to carry out his work against those who hear and obey and do His will (Ezra 1:1). However, even if you believe in God, if you do not obey God's word, it will result in failing to receive God's will.
2. Empowered by God's Word
In that sense, there are times in our lives when we miss God's work due to murmuring and unbelief. Have you ever been pushed by God to be willing, but you muttered in your heart that you couldn't do it, and you looked backwards because you had no cooperator, no helper? It is exactly the same situation as the Israelites who escaped from Egypt wandered for 40 years where they should have gone in 11 days.
The God we believe in is the God of Creation. He is the God who created all things in the heavens and the earth and who rules over them (v. 11). It is only by believing in God that things can proceed. Just like Hezekiah, even after making the best preparations against the invading Assyria, he was still lacking in strength, and was in a situation where he was forced to lose the battle instead of the 50/50 battle. Yet God showed His power to Hezekiah, and He did more than Hezekiah's efforts (2 Chronicles 32:20). Of course, God's deeds don't all happen overnight, like what happened to Hezekiah. The work of God, like the coming of the Savior, which was repeatedly prophesied in the Old Testament, can also gradually manifest itself in the flow of human time.
"You may find yourself standing in front of a pile of rubble wondering where to get your hands on what." Or you may be completely powerless and know what to do, but lack the willpower to take the first step. Or maybe the bitter opposition is so strong that you feel overwhelmed and crippled. In any case, the important thing is to listen to the word of God. To be empowered by the word of God. It is to listen to the voice of God's prophet who helps us. It is the word of God that moves us. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. After a 16-year hiatus in the construction of the temple, who was the prophet who gave the encouraging message to resume it? ① Haggai, ② Nahum, ③ Zephaniah, the answer was ① Haggai. Today's Bible quiz, where is ancient Babylon located today? ① Baghdad to Basra, ② Mosul, ③ Khuzestan, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.