人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

申命記31章 恐れることを学ばなければならない

2022年03月29日 07時11分31秒 | 申命記
申命記31章 モーセの告別説教
1.主があなたとともに(31章)
1)民たちとヨシュアへの励まし(31:1-8)
31章は、120歳になったモーセの最後のメッセージです。モーセが繰り返し強調したことは3節、「あなたの神、主ご自身が、あなたに先立って渡って行き、この方があなたの前からこれらの国々を根絶やしにされ、あなたはこれらを占領する。」6節「あなたの神、主ご自身が、あなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない」8節「主ご自身があなたに先立って進まれる。主があなたとともにおられる」でした。モーセが死に、いなくなったとしても、神は永遠に変わらず、私たちと共におられ、私たちの歩みを助けられるのです。イエスもまた言われました。「見よ。私は世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます」と(マタイ28:20)。
この神の力強い励ましが、28章からの神の祝福とのろいの選択を促すことばの続きとして語られている点に注目すべきでしょう。私たちが真に神を第一とし、神に従って行くなら、神は私たちを祝福されるだけではなく、私たちと共に進み、いや、私たちの先を進み、いかなる時も見捨てられることはないのです。そこで、神の約束の要点を整理すると、(1)神に従う時に、神は私たちの手の業を祝福される(28章)
(2)神に立ち返る時に、神は私たちを回復される(30章)
(3)神に従う時に、神は私たちと共におられ、先を進まれる。見放さず見捨てない。
祝福されるし、祝福を取り逃しても回復される。神は私たちを見捨てることはない、神を信じるというのは、この神の約束を真実としていくことです。
2)みおしえの書の朗読の規定(31:9-13)
 そこでモーセは、イスラエルの民に、今まで述べて来た律法の教えに聞き、集会を守って神様を恐れ、神の御教えを実際の生活の中に生かしていくべきことを教えます。
 その一つに、七年目ごとに迎える仮庵の祭のことが語られています(10-11節)。そして、神のみ教えを朗読することと、それを学び、子孫に至るまでよく教えることが命じられます(13節)。まことに神が約束を守られるお方であることは、時間をかけた従順の中で、それこそ一生をかけて学ばれるのですし、それは、子々孫々に伝えるべきことです(13節)。ある意味でボーと時を過ごさず、七年ごとに、神が自分たちに何をしてくださったのかを思い起こす時を持つのです。そこに確かに、神の守りと助けがあることを知ることになるでしょう。
3)モーセの後継者ヨシュアの任命(31:14)
14節、ヨシュアが後継者として任命されています。主がモーセを通じて語られることは、何とも後継者ヨシュアの気を滅入らせるようなことでした。彼が世話をしなくてはならない民は、うなじのこわい、主に逆らって背教する傾向のある者たちでした。モーセが辿った苦難をヨシュアも通らなければならないというわけです。しかしそれは、神の苦難を共にする栄誉に与ることです。
4)警告のことば(31:15-30)
15節以降、神の警告とモーセの警告が語られます。既に述べたように、イスラエルの民は、神を離れ、堕落していくことが予測される民でした。しかしそれは、神の愛のゆえの警告です。親は子供にうるさく思われ、嫌がられようとも、最悪の事態を予測して忠告することがあるものです。親の故に言い難きことを敢えて言うことがあるのです。
19節、神がイスラエル人に書き写し、教えるように語った「次の歌」は、具体的に、32章にあるモーセの歌のことです。それは、簡単に要約すると前半は、イスラエルが主に対して恩を忘れていること(5-18節)、後半は、そのような彼らに下される主の激しい怒り(19-25節)とイスラエルに敵対する者への報復(26-35)、またイスラエルの回復(36-46)を歌うものです。
神は、イスラエルの民がどのような性質をもった民であるのか、そして、ヨシュアの任務がいかに困難なものであるかを語り、その上で諦めてはならない、投げ出してはならない、と言います。モーセは、イスラエルの民も自らの弱さを覚えながらしっかり主に従うように、この歌を教えるのです。頑なな罪の心を持った、私たち人間が、神に従うには、神のことばに自らを浸す努力を要するのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。南ユダ王国を滅ぼしたのはバビロン帝国でしたが、そのイスラエルを解放し、イスラエルの再建を促した国は、どこの国であったでしょうか?答えはペルシア帝国でした。バビロンを滅ぼしたペルシア帝国によって、イスラエルは、ネヘミヤ、エズラなどの指導者によって国を再建していきます。では、今日の聖書クイズを一つ、仮庵の祭りで、作られる仮小屋の材料に使われたのは次のどれでしょうか?①粘土、②なつめやしの小枝、③レンガ、答えはまた明日。では今日もよき一日となるように祈ります。

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、本ブログを合わせて学ぶことで、旧約概論、新約概論によって聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!➡詳しくはこちら

<天草さんのフォローアップ>
パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/
私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

最新の画像もっと見る