人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二25章 あわれみ深い神

2022å¹´08月30日 08時09分12秒 | åˆ—王記
25章 エルサレム陥落
1.エルサレム陥落
25章は、エルサレムが陥落、ユダ南王国の終焉の記録です。エルサレムの包囲は、実際には、BC588年1月15日に始まったとされます。ネブカデネザルは、この戦いに介入する恐れのあるエジプトを阻止するため、リブラにおり、フェニキヤの諸港を封鎖していました。ですから実際にエルサレムを包囲していたのは、侍従長のネブザルアダンでした。彼はユダ南王国を兵糧攻めにし、確実に弱らせて落とす方針を取りました。エルサレムで発掘されたおそらくこの時代の便器が見つかっており、その付着物を分析した結果、この兵糧攻めでエルサレムの住人はどうやら燃料に不足し、生肉を食べていたと推測されています。包囲は約2年続き、まずユダ南王国の王が、その包囲を北側で突破し、夜の内にアラバへの道を急いだと言います。恐らく、アラバの峡谷と死海南岸を通って逃げ延び、アンモン人のベアリスと合流し、反逆の機会を狙おうとしたのでしょう。しかし、王はその途上捕らえられ、王の兵士たちも四散しました。王の子らは皆虐殺され、王は目をつぶされてバビロンに連れ去られていきます。また、町に残されていた民も、群衆も、捕らえ移され、主の宮の最後の宝物というべきもの、つまり青銅の柱と青銅の海などが、ことごとく、バビロンに持ち去られました。エルサレム陥落です。BC587年8月頃であったとされます。エルサレムはことごとくはぎ取られ、焼き打ちにされ、色あせた世界になってしまいました。 
しかし、それらは皆、エレミヤによって預言されていたことでした。エレミヤは言うのです。「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差しだし、彼とその民に仕えて生きよ」(エレミヤ27:12)バビロンのくびきを拒むなら、滅び以外に道はないと警告されていたのにもかかわらず、ゼデキヤはネブカデネザルに反逆したのです。つまり、ゼデキヤは、エレミヤを通して語られた神のことばを信用せず、結果主にも逆らってしまったのです(2歴代誌36:12,13)。しかしそれは、ゼデキヤの周りにいた偽預言者の誘惑も大きいものでした。彼にとって、バビロンの没落を告げるハナヌヤのことばは、エレミヤのメッセージよりも受け入れやすいものでした(エレミヤ28章)。彼自身の願望を後押しするものであったわけです。しかしそのような弱さを持つのはゼデキヤばかりではありません。人は常に自分の思いを支えることばを探し求めるものです。カウンセリングと称しつつ、ホントのところは自分の思いを後押しするカウンセラーを求めているだけ、ということがあるものです。信仰は願望を遂げる道具ではありません。
2.イスラエル再生の希望
エルサレムは滅亡しました。絶望的な終局を迎えた後で、列王記の著者は、二つのエピソードを加えます。一つは総督ゲダルヤの、バビロンの王に仕えて幸せになるように、というメッセージです。エレミヤのことばの真実さが明らかにされた以上、それは当然受け入れられるべきことでした。しかし、残念なことに、それを受け入れない人々がいた、とされます。
また、もう一つのエピソードはユダの王エホヤキンの釈放と立場の変更です。BC562年3月または、BC561年4月の事とされますが、バビロンでは、ネブカデネザルからエビル・メロダクに王位が変わっていました。エホヤキンに対する処遇は、戴冠の大赦のようなものではなく、父ネブカデネザルの政策に対する故意的な反動であったと考えられていますが、エホヤキンが従順であったことも、功を奏したと言えます。
これら二つのエピソードは、神は厳しい裁き主だけではないことを伝えています。神はあわれみ深い裁き主です。神はいつまでも怒ってはおられません。神はイスラエル再生の希望を示されました。実際、イスラエルはやがて故郷に連れ戻されエルサレムとその神殿を再建していきます。たとえ神の裁きを受け、隷属する身になろうとも、その身に甘んじることが主への従順であり、主のご計画に与ることです。へりくだり、神のことばに心を開き、忠実な歩みをしていくことが祝福の道なのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。BC605年、バビロンの王がエジプトのファラオ・ネコを打ち破り、またその際に、ヨシヤがエジプトのファラオ・ネコに殺される結果となった、世界史上有名な戦いは何と言うでしょうか?①カルケミシュの戦い、②カルカルの戦い、③カデシュの戦い、①カルケミシュの戦い。では、今日の聖書クイズです。バビロニア帝国を築いた民族は何人と呼ばれているでしょうか?①アンモン人、②ペリシテ人、③カルデア人、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
1. Fall of Jerusalem
Chapter 25 records the fall of Jerusalem and the end of the Southern Kingdom of Judah. The siege of Jerusalem actually began on January 15, 588 BC. Nebuchadnezzar was at Ribla, blockading the ports of Phoenicia to prevent Egypt from intervening in the war. So it was his captain, Nebuzaradan, who was actually besieging Jerusalem. He adopted the policy of starving the southern kingdom of Judah, making sure it was weakened and taken down. Urinals excavated in Jerusalem, presumably from this period, have been found, and analysis of the deposits suggests that the inhabitants of Jerusalem apparently ran out of fuel and ate raw meat during the starvation. The siege lasted about two years, and it is said that the King of the Southern Kingdom of Judah first broke through the siege on the north side and hastened his way to Arabah during the night. Perhaps he escaped through the Valley of the Arabah and the southern shores of the Dead Sea, where he hoped to join up with Beerith the Ammonites and seize the opportunity to rebel. But the king was captured on the way, and his soldiers were scattered. All the king's children were slaughtered, and the king was blinded and taken away to Babylon. And all the people and crowds that were left in the city were taken captive, and all the last treasures of the house of the Lord, the pillars of bronze and the sea of bronze, were taken away to Babylon. The fall of Jerusalem. It is said to have been around August 587 BC. All Jerusalem was stripped, burned, and turned into a faded world. 
But they were all prophesied by Jeremiah. Jeremiah says. “Bow your neck under the yoke of the king of Babylon; serve him and his people, and you will live.” (Jeremiah 27:12). Nevertheless, Zedekiah rebelled against Nebuchadnezzar. In other words, Zedekiah did not trust the word of God spoken through Jeremiah, and as a result he also rebelled against the Lord (2 Chronicles 36:12, 13). However, the temptation of the false prophets around Zedekiah was also great. Hananiah's words of Babylon's fall were easier for him to accept than Jeremiah's message (Jeremiah 28). It was an endorsement of his own aspirations. But Zedekiah was not the only one with such weaknesses. People are always looking for words to support their thoughts. Although it is called counseling, in reality, there are times when you are just looking for a counselor who will support your thoughts. Faith is not a wish-fulfillment tool.
2. Hope for the rebirth of Israel
Jerusalem is destroyed. After meeting the hopeless end, the author of Kings adds two episodes. One is Governor Gedaliah's message to serve the king of Babylon and be happy. Since the truth of Jeremiah's words had been revealed, it should have been accepted. Unfortunately, it is said that there were people who did not accept it.
Another episode is the release of Jehoiachin, king of Judah, and his change of position.
In March 562 BC or April 561 BC, the Babylonian throne was changed from Nebuchadnezzar to Evil Merodach. Although Jehoiachin's treatment is thought to have been a deliberate reaction to the policies of his father Nebuchadnezzar, rather than a coronation amnesty, Jehoiachin's obedience also paid off. 
These two episodes tell us that God is not only a harsh judge. God is a merciful Judge. God doesn't stay angry forever. God has shown hope for the rebirth of Israel. In fact, Israel will eventually be brought back to his hometown and rebuild Jerusalem and its temple. Even if we are subject to God's judgment and become slaves, we are obedient to the Lord and participate in the plan of the Lord. Humbleness, openness to the word of God, and walking faithfully are the path to blessing. I hope you have a good day today.

<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. What is the famous battle in world history in 605 B.C. where the King of Babylon defeated Pharaoh Necho of Egypt and in the process Josiah was killed by Pharaoh Necho of Egypt? 1) Battle of Carchemish, 2) Battle of Karkar, 3) Battle of Kadesh, 1) Battle of Carchemish. Here's today's Bible quiz. What is the name of the people who built the Babylonian Empire? 1) Ammonites, 2) Philistines, 3) Chaldeans, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.


最新の画像[もっと見る]