人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二17章 信仰と宗教

2022å¹´08月22日 06時07分34秒 | åˆ—王記
17章 北イスラエルの最期
1.イスラエル最後の王
 ソロモン王以降、イスラエル北王国では、19代目の王としてホセアが王位に就きました。彼に対する評価は、「主の目に悪であることを行ったが、彼以前のイスラエルの王たちのようではなかった」です。つまり、ホセアは悪い王様でしたが、先の王ほど悪くはなかった、ということです。ということは、イスラエルが悪に悪を重ねて、末期症状となっていたものの、最後には、いささか改善の兆しを迎えて終わった、ということでしょうか。そうではないのでしょう。既にイスラエル北王国は、アッシリアに剥ぎ取られ、散々弱体化していました。つまりもはや以前の王のように派手な悪を行う力もなかったということでしょう。イスラエル北王国は、エネルギーを失い、やることなすこと、おとなしくならざるを得ない状況にあった、と言うわけです。実際ホセアのすることは、さしたる考えもない、向こう見ずの行動でした。彼はアッシリアに隷属しながら、エジプトにも頼ろうとするのです。
これに気づいたアッシリアの王は、サマリアを占領し、イスラエル人を捕虜として捕らえ移し、それと引き換えに、バビロン、クテ、アワ、ハマテ、そしてセファルワイムからの人々を連れて来て、住まわせる政策をとりました。いわゆるBC722 年に起こったアッシリア捕囚でした。それは、預言者ホセアによって預言されていたことの成就でした(ホセア13:16)。聖書の著者は、「こうなったのは、イスラエルの子らが、主に対して罪を犯し」たからである(7節)と明言します。まことの神に背を向け、偶像礼拝を犯した罪が、結果的にイスラエル北王国の滅亡を導いたのだ、と。イスラエルの国の出発点は、彼らの国の祖アブラハムに対する神のご計画、つまり彼らを通して地上の全ての民が祝されるというものでした。しかし、彼らがその使命に立ちえないとしたら、まさにその役割を取り去られることも致し方なし(ルカ14:35)、と言うべきでしょう。
2.イスラエルの新しい住人
 さて、アッシリアは、イスラエル北王国に、様々な地域から新しい住人を移住させました。アッシリアは、イスラエルに対する支配権を強めるために、民族融合政策を取ったのです。しかしながら、新しい住人は、イスラエルの神を恐れない人々でした。そこで神は獅子を送り、これを殺したと言います(25節)。そしてアッシリアの王は、この事態に対処するため、サマリアから捕らえ移された祭司を送り返し、「どのようにして主を礼拝するか」を教えるようにした、と言います。イスラエルにはイスラエルの神がいるのだから、その神を怒らせてはならない、と言わんばかりです。けれども、実際に祭司が来て色々と教えても、彼らは、めいめい自分たちの神々を造り(28、29節)、イスラエルの神も礼拝するけれど、自分たちの神々にも仕えていたと言います(33節)。いわゆる宗教も混交主義になっていた、というわけです。教会で聖書を教えられて、それはそれとして受け止めるものの、自分の考えもあって、最終的には自分の考えで人生を歩むようなものでしょう。信仰を持つということは、何でも信じていればよいのだ、というのではなくて、信じる対象をただ一つ、はっきり決めることです。お釈迦様もよいし、アッラーの神もよいし、キリスト様もよい、というのではなくて、信ずべきお方は唯一です。36節、「主だけを恐れ」「ほかの神々をおそれてはならない」という言葉が繰り返されます。この世には、八百万の神があると言えども、信ずべきお方は天地をお造りになり、万物を支配しておられるまことの神のみです。その神を恐れ、その神に心を向ける、そして、恐れる必要のないものを恐れないことです。しかしその単純なことが人にはできないでいることがあるのです。ただ主を恐れ、主に従う歩みをさせていただきましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。アッシリアの首都は、どれでしょうか?①バビロン、②ニネベ、③ダマスコ、答えは②ニネベでした。では、今日の聖書クイズです。アッシリア帝国が、バビロンに滅ぼされる時に、最後に手を組んだのはどの国でしょうか?①エジプト、②イスラエル、③モアブ、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 17 The End of Northern Israel
1. last king of israel
After King Solomon, Hosea came to the throne as the 19th king of the Northern Kingdom of Israel. The assessment of him is, "Though he has done what is evil in the sight of the Lord, he was not like the kings of Israel before him." So Hosea was a bad king, but not as bad as the previous king. Does that mean that Israel, who was in the terminal stages of illness after one evil after another, ended up with some signs of improvement in the end? Probably not. The Northern Kingdom of Israel had already been stripped off by Assyria and was weakened. In other words, he no longer had the power to do spectacular evil like the previous king. It is said that the Northern Kingdom of Israel lost its energy and was in a situation where it had no choice but to be quiet. In fact, what Hosea did was a reckless act without a second thought. While being a slave to Assyria, he is trying to rely on Egypt as well.
Aware of this, the king of Assyria seized Samaria and deported the Israelites as captives, in exchange for which he set up a policy of bringing in people from Babylon, Cute, Awah, Hamath, and Sepharvaim. I was. It was the so-called Assyrian captivity that took place in 722 BC. It was the fulfillment of what had been prophesied by the prophet Hosea (Hosea 13:16). The author of the Bible declares that "it happened because the children of Israel sinned against the Lord" (ver. 7). The sin of turning one's back on the true God and committing idolatry led to the destruction of the northern kingdom of Israel. The starting point for the nation of Israel was God's plan for their nation's father, Abraham, through whom all peoples of the earth would be blessed. But if they can't stand up to that mission, they're just as likely to be taken away from that role (Luke 14:35).
2. new inhabitants of Israel
Now, Assyria brought new inhabitants from various regions to the Northern Kingdom of Israel. Assyria adopted a policy of ethnic integration in order to strengthen its control over Israel. The new inhabitants, however, were unafraid of the God of Israel. So God sent a lion to kill it (verse 25). And the Assyrian king says that in order to deal with this situation, he sent back the priests who had been deported from Samaria to teach them "how to worship the Lord." It's like saying that Israel has a God, and that God shouldn't be offended. However, when the priests actually came and taught them various things, they said that although they had created their own gods (ver. 28, 29) and worshiped the God of Israel, they also served their own gods. (ver. 33). In other words, so-called religions were also mixed. You are taught the Bible at church, and while you accept it as such, you also have your own ideas, and in the end, it's like going through life on your own terms. To have faith does not mean that you can believe anything, but to clearly decide what you believe in. It's not that Buddha is good, God of Allah is good, Christ is good, but there is only one person to believe in. In verse 36, the words "fear the Lord alone" and "fear no other gods" are repeated. Even though there are eight million gods in this world, the only one to believe in is the true God who created the heavens and the earth and rules over all things. Fear the God, turn your heart to the God, and fear not the things that need not be feared. But there are some things that people can't do that simple. Let us just fear the Lord and follow the steps of obeying Him. I hope you have a good day today.
<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. What is the capital of Assyria? ① Babylon, ② Nineveh, ③ Damascus, the answer was ② Nineveh. Here's today's Bible quiz. When the Assyrian Empire was destroyed by Babylon, who was the last country to join hands? ①Egypt, ②Israel, ③Moab, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]