人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二19章 気づき

2022å¹´08月24日 07時26分31秒 | åˆ—王記
19章 ヒゼキヤの信仰(2)
1.弱さの中の信頼
イスラエル北王国を滅ぼしたアッシリヤは、ユダ南王国に迫り、ユダ南王国も存亡の危機に立たされていました。信仰者ヒゼキヤはどうするのか?すべてを身ぐるみはがされて、降伏を迫られる中で、普通でしたら、もう終わりだと諦めてしまうところでしょう。しかし、ヒゼキヤは、諦めないのです。人は、諦めないで神にしがみついたところで、どうなるのか、と思わされることがあるものですが、そこで敢えて踏み込んでいく。極限まで弱められて、もう望みはないとしても、なおも、粘り強く、神のあわれみを求めて祈っていく。それが彼の信仰でした。彼のこのような不動の信仰は、どこから来たのか。それはやはり、「高き所を取り除き、石の柱を打ち砕き、アシェラ像を切り倒し、モーセが作った青銅の蛇を砕いた」徹底した神への従順の日々と言うべきでしょう。「彼はすべて父祖ダビデが行ったとおりに、主の目にかなうことを行った(2列王18:3)と神も彼を認める、彼の日々があったからだ、と言えます。
やはり神との関係があやふやになることは、人間として当然あることです。それは不思議なことではありません。人間は弱い罪人です。しかしそうであっても、主に従っていくのなら、日々の生活の中で、ここぞ主の御言葉に立つ時だ、と教えられる時があり、さらにヒゼキヤにイザヤのことばがあったように、そのような気付きを支える神のみことばも与えられるのです。全てよきものは上から与えられるのです。
3.ヒゼキヤの祈り
大切なのは、ここぞ信仰に立つべきと気づかされた時に、どのように祈るかです。14節、ヒゼキヤは、ラブ・シャケの脅迫状を手に、主の宮に上って行って、それを主の前に広げて祈った、とあります。別に大それたことではありません。彼は、ありのままに自分の窮状を訴えたのです。悩まず、嘆かず、ただ、事実を示し、望み得無き状況で、自分に神の奇跡を産み出す力すらないことを認めていく。ヤコブがそうであったように、主の祝福なくして、もう一歩も先に進めない、と神にしがみついて、祝福の神を去らせないようにするのです。
4.義しい神、契約を守る神
こうして神の奇跡が起こりました。アッシリアの軍隊は一夜にして崩壊しました。一体何が起こったのか、赤痢あるいはペストのような疫病が蔓延したのではないか、種々推測されているところですが、確かなことはわかりません。それは、まさに主のあわれみを示す歴史的出来事でした。ただ、ルーブル美術館所蔵のセンナケリブの年代記の断片には、この出来事は一切記録されていません。
主は、万物の創造者であり、保持者です。センナケリブが自らの実績として誇示したことばも、それは、神のご計画とみ許しの中で起こっていたことです。主はセンナケリブの一挙手一投足を見て(27,28節)、そこに高慢さを認め、アッシリアに引き戻されることを決意された、と語ります。ヒゼキヤが願ったことは、センナケリブの圧力が解除されることでした。しかし、主の関心はユダを圧迫するセンナケリブの横暴よりも、センナケリブ自身の高慢でした。ユダはユダで、センナケリブはセンナケリブで、主は裁かれるべきことがあるとみられたのです。
 また、ユダはこの危機を回避しましたが、全てをはぎ取られ、ユダ再建の歩みには暗い前途が漂っていたというべきでしょう。しかし主は哀れみを加える約束をしておられます。荒れた畑は修復され、しばらく途絶えていた収穫が再開する、と(29節)。「下に根を張り、上に実を結ぶ」(30節)。下に根を張る時の余裕を与え、さらに、実を結ぶ力を備えてくださると言うのです。それは「わたしのしもべダビデのために」(34節)という契約に基づく神の決意でした。人生には、身内も友人も助けにはならない、組織も助けにはならないことがあるものです。人には孤立無援の中でなすすべ尽きてしまうことすらあります。しかし、神に望みがあることを忘れてはなりません。ここぞ信仰に立つべきなのだ、と気づき、神の哀れみにしがみついていく、それが信仰成長の始まりなのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。イスラエル北王国が滅亡した際、アッシリアの戦勝などが描かれた、聖書外資料は、どれになるでしょうか?①メシャ碑文、②ティラー・プリズム、③シロアム碑文、答えは②ティラー・プリズムです。高さ38.5センチの六角柱の石碑で、センナケリブの功績がアッカド語で記録されています。1830年英国人のテイラー大佐によって発見されたことからティラー・プリズムと呼ばれています。では、今日の聖書クイズです。センナケリブの時代、借用証書や荷札などに使われた世界の公用語は、何語であったでしょうか?①アラビヤ語、②アラム語、③ヘブル語、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 19 Hezekiah's Faith
1. trust in weakness
Assyria, which destroyed the northern kingdom of Israel, was closing in on the southern kingdom of Judah, and the southern kingdom of Judah was also in danger of survival. What will believer Hezekiah do? With everything stripped away and pressured to surrender, one would normally give up and think it's over. But Hezekiah does not give up. People sometimes wonder what will happen if they don't give up and cling to God. Even though we are weakened to the limit and have no hope, we will still persevere and pray for God's mercy. That was his faith. Where did his unwavering faith come from? After all, it should be said that it was the days of thorough obedience to God that "the high places were removed, the stone pillars were broken, the statue of Asherah was cut down, and the bronze serpent made by Moses was broken." "For in his days we may say that he did all that was right in the sight of the Lord, just as his father David did (2 Kings 18:3), and God also acknowledged him.
After all, it is natural for human beings to have a vague relationship with God. It's no wonder. Humans are weak sinners. But even so, if you follow the Lord, there are times in your life when you are told that this is the time to stand on the word of the Lord. God's word that supports such awareness is also given. All good things come from above.
3. Hezekiah's Prayer
What is important is how you pray when you are reminded to stand in faith. Verse 14 says Hezekiah, taking the threatening letter of Rab Shakeh, went up to the house of his Lord and spread it out before the Lord to pray. It's not a big deal. He was frank about his plight. Don't worry, don't lament, just show the facts and admit that you don't even have the power to create God's miracles in hopeless situations. Just like Jacob did, we cling to God, saying that we can't take another step without the Lord's blessing, and we don't let the God of blessing go away.
Four. righteous god, covenant-keeping god
Thus a miracle of God happened. The Assyrian army collapsed overnight. There are various speculations as to what happened, whether it was an epidemic like dysentery or the plague, but no one knows for sure. It was truly a historical event that showed the mercy of the Lord. However, none of this event is recorded in the fragments of Sennacherib's Chronicle in the Louvre Museum.
The Lord is the creator and keeper of all things. The words Sennacherib touted as his own achievements also happened in God's plan and will. The Lord saw every move of Sennacherib (vv. 27, 28), recognized his pride, and determined to bring him back to Assyria. All Hezekiah wanted was for Sennacherib's pressure to be lifted. But the Lord was more concerned with Sennacherib's own pride than with Sennacherib's oppression of Judah. Judah was Judah, Sennacherib was Sennacherib, and the Lord was seen as having something to judge.
In addition, although Judas avoided this crisis, it should be said that everything was stripped away, and the path to rebuilding Judas had a dark future. But the Lord promises to add mercy. The devastated fields will be restored, and the harvest that has been interrupted for some time will resume (v. 29). “It takes root below and bears fruit above” (verse 30). He says that He will give us time to put down roots, and that He will give us the strength to bear fruit. It was God's covenant decision "for my servant David" (v. 34). There are things in life when relatives and friends don't help, and organizations don't. Sometimes people run out of things to do in isolation and helplessness. But don't forget that there is hope in God. Realizing that this is the time to stand in faith and clinging to God's mercy is the beginning of faith growth. I hope you have a good day today.

<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. When the northern kingdom of Israel fell, which non-biblical source would be depicting Assyria's victory in war? ①Mesha Stele, ②Tiller Prism, ③Siloam Inscription, the answer is ②Tiller Prism. A 38.5-centimeter-high hexagonal stone stele, in which Sennacherib's deeds are recorded in Akkadian. It is called the Tiller prism because it was discovered by British Colonel Taylor in 1830. Here's today's Bible quiz. In Sennacherib's time, what was the official language of the world used for deeds of credit and bills of exchange? ① Arabic, ② Aramaic, ③ Hebrew, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]