人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二20章 そんなつもりはないのに

2022å¹´08月25日 06時40分03秒 | åˆ—王記
20章 ヒゼキヤの病と癒し
1. ヒゼキヤの病と癒し
アッシリヤの侵略にさらされたこの時期、ヒゼキヤはさらに主の奇跡を経験することになります。二つのエピソードが描かれます。一つは、病気になって死にかかっていたヒゼキヤがその命を15年伸ばされた奇跡です。そして病気が治るしるしとして、ヒゼキヤが日時計の陰が10度後に戻すように求めたところ、それが戻された奇跡です。万物をお造りになった神に時や人のいのちに手を加えることなど容易いことでしょう。注目すべきは、神との間に揺るぎのない信頼関係を築いていた彼の姿でしょう。ヒゼキヤは「顔を壁に向けて、主に祈った」と言います。ヒゼキヤは、イザヤの言葉を受けて、神に心を向けて訴えました。彼にとって、アッシリアの脅威、またイスラエルの再建と多くのすべきことがありました。ここで死ぬわけにはいかない、そのような思いもあったことでしょう。神は、そのヒゼキヤの祈り、そして、涙に心を動かされるのです。神が人の涙に心を動かされるというのは、人間にとって希望です。ともあれ、神は、「三日目には、あなたは主の宮に上る」と約束されました。つまりヒゼキヤが、再び神に礼拝を献げることができると語られるのです。確かに、ヒゼキヤが取り組んでいたことは、国の再建であり、その中心に神礼拝の再建でもあったのです。神を第一とする、神を礼拝する民の形成にありました。神はその志を承認し、その姿勢を後押しされたわけです。そして、さらに神は、アッシリアからの救いを予告されました(6節)。
2.ヒゼキヤの失敗
 さて、その後のこと、神に心から仕えたヒゼキヤですが、ヒゼキヤは思わぬ大失敗を犯しています。彼はアッシリアの敵バビロンの使者を歓迎し、見舞いを喜び、全ての宝物蔵にあるものを見せた、と言います。そこに、ヒゼキヤの人間的な弱さが露呈されていたと言えるでしょう。つまり、こうした高価な品々の宝物庫を披露することは、同盟国に対しては、普通のことのようでした。しかし彼は、アッシリアの脅威に直面している中で、やはり、バビロンというもう一つの強国への依存心をちらりと見せているわけです。
信仰者というものは、何者からも自由である、人間というのは、本来ただ一人であり、他人に頼む依存心は警戒すべきものであると言えるでしょう。一人にはできないことも、二人ならできる、誰かと手を組むなら心強し、と思われるものですが、そこに過度の期待を抱いてはならないのです。協力者が与えられたならばそれは、喜ばしいことです。しかし、協力者の協力の結果を出してくださるのは神です。協力があるからと言って、夢が実現するわけではありません。すべての結束に実りを得させてくださるのは神です。そこを間違えてはなりません。頼るべきお方はただお一人、主のみである、その思いからぶれてはなりません。
3.ヒゼキヤの業績
最後にヒゼキヤの大きな業績が記録されます。特筆されたことは「トンネル工事」です。昨日もお話しましたが、それは「ギホンの泉」から涌き出る水をセンナケリブに利用されないように隠し、城内までトンネルを掘って引き入れるものでした。1880年シロアムの池に水を注いでいるトンネルに少し分け入った壁に8世紀頃の古代ヘブル文字で刻まれた「シロアム碑文」が発見され、その工事の事実は裏付けられています。今日は、観光客が訪れ、そのトンネル内を潜り抜けるお楽しみコースもあり、もともとここにシロアムの碑文があったとされるところに、そのレプリカも確認できます。イスラエルの一つの歴史を形作った、ヒゼキヤの信仰に学ばせられるところです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。センナケリブの時代、借用証書や荷札などに使われた世界の公用語は、何語であったでしょうか?①アラビヤ語、②アラム語、③ヘブル語、答えは②アラム語でした。では、今日の聖書クイズです。ヒゼキヤの業績が記録されたシロアム碑文の実物は、今日どこにあるでしょうか?①イスラエル考古学博物館、②大英博物館、③トルコ考古学博物館、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
Chapter 20 Hezekiah's Sickness and Healing
1. Hezekiah's Sickness and Healing
During this period of Assyrian invasion, Hezekiah experienced more miracles from the Lord. Two episodes are depicted. One miracle was that Hezekiah, who was sick and dying, had his life extended by 15 years. And as a sign of healing, Hezekiah asked for the shade of the sundial to return 10 degrees later, and it was miraculously returned. God, who created all things, can easily move people's lives and time. What should be noted is the figure of him who built an unwavering relationship of trust with God. Hezekiah says he "turned his face to the wall and prayed to the Lord." Hezekiah heard Isaiah's words and turned his heart to God. He had much to do with the Assyrian threat and the rebuilding of Israel. He must have thought that he could not die here. God is moved by Hezekiah's prayers and his tears. It is hope for man that God is moved by the tears of man. God promised, "On the third day you will ascend to the house of the Lord." In other words, Hezekiah is told that he can offer worship to God again. Indeed, what Hezekiah was working on was rebuilding the nation and, at its heart, the worship of God. It was in the formation of a people who worshiped God, putting God first. God approved his will and supported his attitude. God also foretold salvation from Assyria (v. 6).
2. Hezekiah's failure
After that, although Hezekiah served God wholeheartedly, Hezekiah made an unexpected big mistake. He is said to have welcomed the messengers of Babylon, the enemy of Assyria, to visit them, and to show them all the treasury. It can be said that Hezekiah's human weakness was exposed there. So it seemed normal to the allies to show off such a treasure trove of expensive goods. However, while facing the threat of Assyria, he showed a glimpse of his dependence on another powerful country, Babylon.
It can be said that a believer is free from anyone, a human being is by nature only one person, and dependence on others should be guarded against. It is thought that two people can do things that one person cannot do alone, and that teaming up with someone is reassuring, but we should not have excessive expectations. It would be nice if a partner was given. But it is God who produces the results of the cooperation of the cooperators. Cooperation doesn't make dreams come true. It is God who makes all unions bear fruit. Make no mistake about it. We must not waver from the thought that there is only one person to rely on, the Lord.
3. Achievements of Hezekiah
Finally, Hezekiah's great achievements are recorded. A special mention was made of the tunnel construction. As I said yesterday, the water flowing out of the Gihon Fountain was hidden from Sennacherib's use, and a tunnel was dug to bring it into the castle. In 1880, the "Siloam Inscription" carved in ancient Hebrew characters from around the 8th century was discovered on the wall of a tunnel that feeds water into the pond of Siloam, confirming the fact of the construction. Today, there is a fun course for tourists to go through the tunnel, and you can see a replica of the inscription of Siloam where it is said that there was originally an inscription here. It is a place where you can learn from the faith of Hezekiah, who formed one history of Israel. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. In Sennacherib's time, what was the official language of the world used for a bond of debts, labels, etc.? ① Arabic, ② Aramaic, ③ Hebrew, the answer was ② Aramaic. Here's today's Bible quiz. Where is the Siloam Inscription today that records Hezekiah's deeds? (1) Israeli Archaeological Museum, (2) British Museum, (3) Turkish Archaeological Museum, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]