人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二21章 普通の人

2022å¹´08月26日 07時09分49秒 | åˆ—王記
21章 マナセ
1.神を認めない悪王マナセ
ユダ南王国では、悪王の場合、その政権は短いのが一般的でした。しかし、悪王マナセの場合は、55年という長期政権を誇っています。善王とされたアザルヤの52年をゆうに超しているのです。そしてマナセの悪王ぶりも抜きんでています。彼は、父ヒゼキヤが打ち壊したバアルやアシェラのための祭壇を築き直し、エルサレムの主の宮に、アシェラ像や異教の祭壇を設置しました。もはや、初代の王、ダビデやソロモンが、主の宮にかけた祈りと願いは忘れられてしまいました。イスラエルの信仰は、もはや形式に過ぎませんでした。
しかしながら、こうしたマナセについての記録は、何を物語っているのでしょうか。というのは、列王記は単なる王の年代記ではありません。それは、申命記的歴史と称されるものです。つまり、申命記に現わされた神の愛に、それぞれの王がどのように応え、その報いを受けたかを示す記録です。それは単純にイスラエルの王には、道徳的、倫理的に善い王と悪い王がいたと書き記しているのではありません。それは、神を認め、神に従った王とそうではない王との記録です。ですからマナセが「異邦人よりもさらに悪いことを」した、というのは、異邦人よりも道徳的、倫理的に悪かったというのではありません。彼は、神殿にわざわざ偶像を安置したのですから、積極的に、先祖代々伝えられてきたイスラエルの神、天地創造のまことの神を否定したのです。ヒゼキヤが積極的に神を認め神に従ったとするならば、マナセはまさにその逆、積極的に神を認めず、従わなかったのです。
ただ、マナセがそのようになっていく背景もあったのでしょう。彼は、ヒゼキヤの病の後に生まれ、アッシリア帝国の最も栄えた時代に生きた人です。それは、アッシリアがユダ南王国を属国とし、上エジプトまで支配し、地中海沿岸のウィア・マリス(海の道)を自由に行き来した時代です。もはやアッシリアを中心とした世界秩序が出来上がった時代でした。アッシリアは、征服した国に対して、彼らがアッシリアの偶像を神殿に安置することを受け入れるなら、その国の存続を認めました。ですから、マナセは、個人的に積極的に神を否定したといよりも、抗しえない世界秩序に順応する他、考えがなかった、普通の人間であったということです。確かに、目に見える現実をひっくり返すほどの神のビジョンに生きるような人は稀です。普通の人間は、目に見える現実に順応して生きる者でしょう。そして普通を脅かすものに対しては、抵抗をします。つまり彼は、いわゆる普通の感性の持ち主でした。ですから、たぐいまれな感性を持った父ヒゼキヤは、ビジョンを持って世の流れに逆らって新しい時代を起こそうとしました。しかし、その子マナセは、世の中の流れる方向に向かって改革の流れを留め、他の国に合わせてイスラエルをも異教化させていくのです。さらに、伝承によれば、彼は預言者イザヤを弾圧し、殉教させたとも言います。彼は、世の流れに乗っかって安泰に生きようする人であって、世の流れに逆らって杭を打ち、その流れを変えるような人ではなかったのです。
2.神のマナセに対する忍耐
しかし神は、そのようなマナセに55年の歳月を与えられました。ダビデの故に、また父ヒゼキヤの故にというところではないでしょうか。人は見込みがないと思えば、もはやこれまで、とバッサリと切り落としてしまうものですが、神はそうではありません。神はマナセに55年の猶予を与えられたのです。ほぼ人の全生涯というべきでしょう。そして彼を待つ甲斐はあったのです。マナセは、晩年に悔い改めています(2歴代33:12)。彼の悔い改めのために50年待たれた神の真実があると言うべきでしょう(2ペテロ3:9)。
神を知ってはいても、神に応答しようとしない人は珍しいことではありません。むしろそれは人間として普通のことです。宣教というのは進みにくいものです。しかし、神は忍耐深いお方です。列王記は、王たちの信仰、不信仰を描きながら、実質、神の忍耐と愛、そして誠実さを語っていると言えるでしょう。ですから、たとえ50余年が過ぎようとも人は、この神の期待と愛に立ちながら、隣人のために祈りを捨ててはならないのです。そしてその愛は、まず自分自身に対して向けられたことを覚え、心から神に従う者でありたいものです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。ヒゼキヤの業績が記録されたシロアム碑文の実物は、今日どこにあるでしょうか?①イスラエル考古学博物館、②大英博物館、③トルコ考古学博物館、答は、③イスタンブールにあるトルコ考古学博物館にあります。では、今日の聖書クイズです。ユダ南王国で最も長い政権を握ったのはマナセ、では最も短い人は誰であったでしょうか?①ヨシャパテ、②アハズ、③エホヤキン、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 21 Manase
1. Manasseh, the evil king who does not recognize God
In the Southern Kingdom of Judah, it was common for evil kings to have short reigns. However, in the case of the evil king Manasseh, he boasts a long-term regime of 55 years. He is well past the good king Azariah's 52 years. And Manasseh's villainy is also outstanding. He rebuilt the altars to Baal and Asherah that his father Hezekiah had destroyed, and installed the statues of Asherah and pagan altars in the house of the Lord in Jerusalem. The prayers and requests made to the house of the Lord by the first kings, David and Solomon, have been forgotten. Israel's faith was no more than a formality.
But what do these records about Manasseh tell us? For the Book of Kings is not just a chronicle of kings. It is called Deuteronomic history. In other words, it is a record that shows how each king responded to the love of God revealed in Deuteronomy and received its reward. It does not simply write that there were morally and ethically good kings and bad kings of Israel. It is a record of kings who acknowledged and obeyed God and kings who did not. So to say that Manasseh did "worse than the Gentiles" is not to say that he was morally or ethically worse than the Gentiles. Because he deliberately placed idols in the temple, he actively denied the God of Israel, the true God of creation, who had been handed down from generation to generation by his ancestors. If Hezekiah actively acknowledged and obeyed God, Manasseh did the exact opposite, actively not acknowledging and obeying God.
However, there must have been a background for Manase to become like that. He was born after Hezekiah's illness and lived during the height of the Assyrian Empire. It was a time when Assyria made the Southern Kingdom of Judah a vassal state, ruled as far as Upper Egypt, and traveled freely along the Via Maris (Road of the Sea) along the Mediterranean coast. It was an era when the world order centered on Assyria was completed. Assyria allowed conquered nations to remain if they accepted the installation of Assyrian idols in temples. Therefore, rather than actively denying God personally, Manasseh was an ordinary human being who had no idea other than to adapt to the irresistible world order. Indeed, few people live a vision of God that overturns visible reality. Ordinary people are those who live by adapting to the visible reality. And they resist anything that threatens the ordinary. In other words, he was a so-called ordinary sensibility owner. Therefore, Father Hezekiah, a man of extraordinary sensibility, had a vision to go against the tide and bring about a new age. However, his son Manasseh stops the flow of reform in the direction of the world and makes Israel pagan to match other nations. Furthermore, according to tradition, he persecuted and martyred the prophet Isaiah. He was a man who wanted to live in peace with the current of the world, not a man who drove a stake against it and changed it.
2. Patience to God's Manasseh
But God gave Manasseh 55 years. Is it not because of David or because of his father Hezekiah? When people think there's no hope, they cut it off, but God doesn't. God gave Manasseh 55 years. It should be said that it is almost the entire human life. And it was worth waiting for him. Manasseh repents in his later years (2 Chronicles 33:12). It should be said that God's truth waited fifty years for his repentance (2 Peter 3:9).
It is not uncommon for people to know God but refuse to respond to Him. Rather, it is normal for humans. Evangelism is a difficult thing to do. But God is patient. While describing the faith and disbelief of the kings, it can be said that the Book of Kings actually speaks of God's patience, love, and sincerity. Therefore, even if more than 50 years have passed, one should not give up prayer for his neighbor while standing on the expectation and love of God. And I want to remember that his love was directed to myself first, and I want to be a follower of God from the bottom of my heart. I hope you have a good day today.
<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. Where are the actual Siloam Inscriptions that record Hezekiah's accomplishments today? (1) Israeli Archaeological Museum, (2) British Museum, (3) Turkish Archaeological Museum, the answer is (3) Turkish Archaeological Museum in Istanbul. Here's today's Bible quiz. Manasseh reigned the longest in the Southern Kingdom of Judah, but who was the shortest? (1) Jehoshaphat, (2) Ahaz, (3) Jehoiachin, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.


最新の画像[もっと見る]