人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書20章 メシヤ論争

2024年05月20日 13時05分23秒 | 福音書
ルカの福音書20章 メシヤ論争

1.権威についての論争(20:1-19)
昨日読んだ19章では、イエスは、群衆の喝采を浴びてエルサレムに入場しました。そして、神殿から、両替人や商売人たちを追い散らし、そのことを知ったユダヤの宗教家と真っ向から対立した様子が描かれていました。この20章は、祭司長、律法学者、そして長老と、ユダヤの指導的な立場にある人々が総出で、イエスと論争する様が描かれています。紙面からは感じにくいものがありますが、よくよくこの場面を思いめぐらすと、それは、実に、緊迫した状況だったと言えます。
彼らはイエスに、あなたは何の権威でこんな騒ぎを起こすのか、と尋ねます。するとイエスは、逆に質問するのです。ヨハネのバプテスマは何の権威で授けられたのか?と。イエスをメシヤと認め、それを当時の人々に声高に喧伝したのは、バプテスマのヨハネでした。となれば、そのヨハネの権威を否定することはイエスの権威をも否定することになります。しかし、この論争を見守り、周囲に集まっていた群衆は、ヨハネを神に遣わされた預言者と見ていました。自分たちを取り囲む群衆を敵にし、暴動が起こることを恐れた指導者たちは、返答に戸惑いました。
さらにイエスは、畳み掛けるかのようにたとえ話を語ります。農夫にぶどう園を貸して出かけた主人が、収穫の分け前を得ようとしもべを遣わした、と。すると、農夫はしもべたちを辱めて相手にしない、そして最終的に送られた農夫の息子も殺してしまうのです。それは、ユダヤ人の預言者に対するこれまでの歴史的な態度を指摘するものでした。確かにユダヤ人は、神に遣わされたエレミヤやイザヤなどの預言者のことばに耳を傾けようとせず、終いには、神の子であるイエスのことばも受け入れず、殺してしまったのです。まさに、イエスは指導者たちの思いを鋭く指摘したのです。
そして、詩篇(118:22)や、ダニエル書(2:34-35、44-45)のメシヤ預言に触れて、警告を発します。さすがに旧約聖書に通じていた指導者たちも、イエスの語っていることに気づき、そこで悔い改めるのではなく、むしろなんとしてもこの男を痛い目に合わせ、葬り去ろうと決心するのです。
2.イエスのメシヤ性(20:20-47)
イエスの主張に反感を抱いた指導者たちが問題にしたのは、イエスのメシヤ性でした。しかも彼らは、イエスがご自分を、政治的な解放者としてのメシヤではなく、霊的な救い主としてのメシヤであることを主張していることにも気づいていたのです。
続く二つの議論は、それを確認するようなものでした。つまり神殿に税を納めるべきか否かの議論は、ローマ皇帝の権威に対するイエスの態度を確かめるものです。それに対して、イエスははっきりとこの世の権威に興味はなく、神の権威に基づいた領域があることを示すのです。そして、復活の議論においても、38節「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神」と語り、神は生きていて、今なおこの世界を支配しておられること、その神と神のご計画を信じないなら、信仰する意味がない、と語るのです。
さらに44節、イエスはご自分が神に遣わされたメシヤ、救い主であることを明言します。もはや、イエスが、「真理に基づいて神の道を教えておられる」ことは明らかでした。キリスト教信仰を持つというのは、イエスは、神が遣わされた最後の預言者であり、さらに、神に遣わされたまことの約束の救い主であることを認めることを意味するのです。この方以外に救いはないと信じることなのです。では今日も良き一日であるように祈ります。
Luke 20: The Messianic Controversy

1. controversy about authority (20:1-19)
In chapter 19, which we read yesterday, Jesus entered Jerusalem to the cheers of the crowds. He drove away the money changers and merchants from the temple, and was confronted head-on by the Jewish religious leaders who learned of his actions. In this chapter 20, the chief priests, the scribes, and the elders, all of whom were in leadership positions in Judea, are depicted as arguing with Jesus. It is hard to get a sense of this from the paper, but if you think about the scene carefully, it was, indeed, a tense situation.
They ask Jesus, on what authority do you cause such a commotion? Jesus then asks the opposite question. On what authority was John's baptism conferred? He says, "I am the Messiah. It was John the Baptist who recognized Jesus as the Messiah and loudly proclaimed it to the people of that time. Then, to deny the authority of John would be to deny the authority of Jesus as well. However, the crowd that was watching and gathered around the controversy saw John as a prophet sent by God. The leaders, fearful of antagonizing the crowd that surrounded them and causing a riot, were at a loss for a response.
Jesus then told them a parable, as if to press the point. The master went out to rent a vineyard to a farmer and sent his servants to get a share of the harvest. The farmer humiliates the servants, refuses to deal with them, and eventually kills the farmer's son who was sent to him. This pointed to the historical attitude of the Jews toward the prophets up to this point. Indeed, the Jews refused to listen to the words of God's prophets, such as Jeremiah and Isaiah, and eventually they did not even accept the words of Jesus, the Son of God, and killed him. Jesus pointed out the thoughts of the leaders.
Then, referring to the Messianic prophecies of the Psalms (118:22) and the book of Daniel (2:34-35, 44-45), he issues a warning. The leaders, who were familiar with the Old Testament, realize what Jesus is saying and decide not to repent, but rather to hurt and bury this man at all costs.
2. the Messiahship of Jesus (20:20-47)
The leaders who took issue with Jesus' claims took issue with his messiahship. Moreover, they were aware that Jesus was claiming to be the Messiah, not as a political liberator, but as a spiritual savior.
The two arguments that followed seemed to confirm this. That is, the debate over whether or not taxes should be paid on the temple confirms Jesus' attitude toward the authority of the Roman emperor. In contrast, Jesus makes it clear that he is not interested in earthly authority, but in the realm of divine authority. And in his discussion of the resurrection, he says in verse 38, "God is not the God of the dead, but of the living," that God is alive and still rules this world, and that if we do not believe in him and his plan, there is no point in believing.
Further in verse 44, Jesus makes it clear that He is the Messiah, the Savior, sent by God. It was no longer clear that Jesus was "teaching the way of God in truth." To have Christian faith means to acknowledge that Jesus is the last prophet sent by God and, moreover, the true promised Savior sent by God. It means believing that there is no salvation other than in Him. I wish you a good day today.

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書19章 エリコからエルサレム入場

2024年05月18日 08時46分08秒 | 福音書
ルカの福音書19章 エリコからエルサレム入場
1.ザアカイの救い(19:1-10)
昨日の18章では、イエスは、「いつでも祈るべきで、失望してはいけない」と教えられました。そして、その祈りを励ますように、一人の目の見えない人に起こったエピソードが加えられていました。また、人にはできないことが、神にはできるのです」(18:27)とイエスは語られました。この19章では、その具体例が語られています。
取税人ザアカイに起こったエピソードです。このザアカイは、たくさんのお金を持ちながら、親しい友が一人もいない実に寂しい人でした。お金があれば幸せになれると思っている人は多いでしょう。しかしお金があっても人は幸せにはなれないし、お金がなくても人は幸せでいられるものです。お金では決して手に入らないもの、それは心から愛し愛される関係です。実に、ザアカイは、たくさんのお金を持ちながら、そのような関係を持てず、満たされない思いで、人生を歩んでいたのです。
そんな彼の心を救ったのがイエスでした。イエスはザアカイの友となられました。お金では決して買うことのできない、心の関係を喜んで与え、お金の呪縛から彼を解放したのです。18章の指導者は、自分の財産を手放すことができず、悲しみながらイエスのもとを去りましたが、ザアカイは違いました。ザアカイは、誤魔化した財産を清算し、イエスに友になっていただき、正しいお金の使い方を学びました。そして、もはや、開かれた心で、人生を歩み始めるのです。人にはできないこと、しかし神にできることというのは、そういうことです(ピリピ4:12)。
2.ミナのたとえ(19:11-27)
そこでルカは、11節以降、人が与えられているもの、たとえばお金を正しく用いるべきことをイエスの例話を用いて語ります。この例話、一つの歴史的な実話が背景になっています。つまり、ヘロデ大王がBC4世紀に死んだ時のこと、息子のアケラオスは、相続の承認を求めてローマへ赴くのです。ところが、14節、ユダヤ人はアケラオスが王位を継承することを望まず、ローマ帝国に訴えました。結局ローマ帝国のカエサルは、アケラオスに「王」という称号を与えず、土地の相続のみを認めたのです。ユダヤ人はイエスの話を聞きながら、まずその歴史的実話を思い浮かべました。イエスは実に巧みに、時事問題を取り上げ、皆の興味あることに関連付けてお話をしたわけです。
それでこの話では、10人のしもべが、同じ1ミナを預けられています。1ミナは、ローマの貨幣で100デナリ、当時の100日分の労賃です。王は、しもべにそれで商売をせよと命じ、出かけるのです。しかし10人のしもべの内、これに応えたのはたったの2人でした。これは神に多くのものを与えられている人間の状況をよく言い表しています。つまり、神に与えられたものを誠実に受け止めて、それらを活かして生きる人はほんの一握りです。ほとんどの人は、神を認めず、神に与えられたものも、神の目的に沿って用いることもなく生きているのです。
さて28節以降、イエスのエルサレムへの旅の終わりが描かれています。45節、イエスは、神殿に入りました。今日神殿の丘と呼ばれている場所の南側には、神殿に入る当時の階段が発掘されています。神殿に入る道は、三通りありましたが、その階段は、貧しい人、一般の人が通るもので、イエスもそこを通ったとされています。そして階段を登り切ったところに、現在はアールアクサモスクが建っています。しかし当時は、そのあたりにイエスが追い散らした商売人の出店が並んでいた回廊がありました。理解すべきことは、そこにいた人々も、実際には、神を認めず、神に与えられたものを活かすどころか、悪用し、「強盗の巣」とする人々だったということです。まさに「王になることを望まなかったあの敵ども(27節)」という者たちでしょう。神に与えられたものを覚えてそれを正しく活かす、これが人間の務めです。では今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 19: Entry into Jerusalem from Jericho
1. the salvation of Zacchaeus (19:1-10)
In yesterday's chapter 18, Jesus taught that we should pray at all times and not be disappointed. Then, to encourage us to pray, he added an episode that happened to one blind man. And what man cannot do, God can do" (18:27), Jesus said. In this 19th chapter, we are told of a specific example of this.
It is an episode that happened to Zacchaeus, the tax collector. Zacchaeus was a lonely man with a lot of money and no close friends. Many people may think that money makes you happy. However, money does not make people happy, and people can be happy without money. What money can never buy is a relationship in which people love and are loved from the bottom of their hearts. In fact, Zacchaeus had a lot of money, but he could not have such a relationship.
It was Jesus who saved his heart. Jesus became Zacchaeus' friend. The leader in chapter 18 left Jesus in sorrow because he could not give up his possessions, but not Zacchaeus. Zacchaeus liquidated his mishandled possessions, made Jesus his friend, and learned how to use money properly. And now, no longer with an open heart, he begins to live his life. That is what man cannot do, but God can (Philippians 4:12).
2. the parable of the minas (19:11-27)
So from verse 11 onward, Luke uses the parable of Jesus to talk about the proper use one should make of what one has been given, money, for example. This parable is based on a true historical story. That is, when Herod the Great died in the 4th century BC, his son Achelaus went to Rome to seek recognition of his inheritance. However, in verse 14, the Jews did not want Achelaus to inherit the throne and appealed to the Roman Empire. In the end, Caesar of the Roman Empire did not grant Akelaos the title of "king," but only the inheritance of land. As the Jews listened to Jesus, they first thought of that historical fact. Jesus was very clever in taking a current event and relating it to something that was of interest to everyone.
So in this story, ten servants are entrusted with the same amount of 1 mina, which in Roman currency was 100 denarii, or 100 days' wages in those days. The king orders the servants to go out and do business with it. However, only two of the ten servants responded. This is a good illustration of the situation of human beings who have been given so much by God. In other words, only a handful of people sincerely accept what God has given them and live with them. Most people live without acknowledging God and without using what God has given them or using them according to God's purposes.
Now, verse 28 onward describes the end of Jesus' journey to Jerusalem; in verse 45, Jesus enters the temple. On the south side of what is today called the Temple Hill, the original steps into the Temple have been excavated. There were three ways to enter the temple, but the stairs were for the poor and common people, and that is where Jesus also went. At the top of the stairway, the Aru Aksa Mosque stands today. But at that time, there was a cloister around it lined with the stalls of the merchants that Jesus drove away. What is to be understood is that the people there were also, in fact, people who did not recognize God and who, instead of taking advantage of what God had given them, misused it and made it a "den of robbers. They would be the very ones "those enemies who did not want to be kings (v. 27). It is the duty of human beings to remember what God has given us and to make the most of it. I pray that today will be another good day.

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書18章 祈りの教え

2024年05月17日 09時35分51秒 | 福音書
ルカの福音書18章 祈りの教え
1.祈りの教え(18:1-17)
マタイとルカとでは、祈りについて教える内容にいささか違いがあることは、既にお話をしました。今日の箇所でも、ルカは、異邦人であるテオフィロに、神に祈ることが何であるかを教えようとしています。
まず、一人のやもめの例。当時女性は一人で裁判所に出向くことはできず、仲介者を必要としていました。しかしこの女性には、訴えを仲介してくれる人もいなかったのでしょう。結局彼女がしたことは、なりふり構わず裁判所の外から、叫び声をあげることだったのです。その大声と執拗さに、正義の執政官である裁判官は、重い腰を上げたのです。そこでイエスは言います。人情に欠けた裁判官がそうなら、まして愛の神は、昼夜訴えられる祈りに心を動かさないわけがない!と。
問題は、8節、そのような愛の神を認める心があるかどうかです。さらに、そのような神に向かう低い心があるかどうか、それが続くパリサイ人と取税人の祈りが意味するものなのです。傲慢な心で神に祈るパリサイ人に対して、自分が神に近付くことも許されない罪人であることを弁えながらも、神に必死に寄り縋る取税人の姿が語られます。祈りは、神のあわれみを受ける行為なのです。神に自分を認めてもらう行為ではないのです。
さらに幼子のたとえ、普通子どもは、親は、自分に何かしてくれることを当たり前のごとく考えています。基本的に祈りにも、神に対してそのような当たり前感がなくてはなりません。神は必ず動いてくださる、と。しかし、現実は、18節、ある指導者のことばにあるように、「何をしたら」という取引的な気持ちが働くのです。神の祝福を恵みではなく報酬として考えてしまうのです。しかし、神は、雇用主ではありません。私たちを深く愛する父親です。これが本当に理解できていれば、神に対する私たちの態度も変わることでしょう。
2.心の中を見られる神(18:18-43)
実際、神を雇用主ではなく、父親として見るなら、信仰を、教義を守る宗教としてしまうこともないでしょう。ここに出てくる指導者は、神の戒めである十戒のすべてを守っていると豪語するのですが、では、22節、それほど心から神にささげた人生をあなたは歩んでいるのか、と問われると、これには答えられないのです。表面的に敬虔な信仰者を装って生きることは、それほど難しくはありません。しかし、家族が互いに心を察するように、神も私たちの心を感じておられるとしたら、いったい誰が、私は間違いなく神の国に入ることができる!と言いうるでしょう?誰もいないでしょう。けれども、イエスは27節「人にはできないことが、神にはできるのです」と言います。
つまり、先の取税人のように、私を憐れんでください、私は十戒も守れないし、何一つ神に気に入られるようなこともできない屑のような人間ですが、助けてください、神の国に入れて下さいと神にしがみつくときに、神はこれを受け止めてくださるのです。これは気休めのことばではありません。32節、イエスの十字架によって確約されたことばです。イエスの十字架を見よ、あれが罪人に対する神の愛のししであり、祝福の証拠だと言っているのです。
最後の、盲人のエピソードは、祈りの教えのまとめです。彼こそ7、8節、信仰を持って、神に叫び続けた者の良い例です。彼は阻止されればされるほどに、叫び立てました。そして神はこの人の訴えに応えられたのです。さあ、あなたも神に心の内を知っていただきましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 18: Teaching on Prayer
1. teaching on prayer (18:1-17)
We have already mentioned that Matthew and Luke differ somewhat in their teaching on prayer. In today's passage, Luke is trying to teach Theophilo, a Gentile, what it means to pray to God.
First, the example of one widower. At that time women could not go to court alone and needed an intermediary. But this woman probably had no one to mediate her appeal. In the end, all she did was to scream from outside the courthouse, no matter what she had to do. The loudness and persistence of her cries made the judge, a righteous intercessor, sit up and take notice. So Jesus says. If the judge lacked humanity, how could a God of love not be moved by the prayers that are pleaded day and night? And.
The question, verse 8, is whether we have the heart to recognize such a God of love. Furthermore, whether there is such a lowly heart toward God, which is what the ensuing prayers of the Pharisee and the tax collector imply. In contrast to the Pharisee who prays to God with an arrogant heart, we are told of the tax collector who desperately clings to God, even though he knows that he is a sinner who is not even allowed to approach God. Prayer is an act of receiving God's mercy. It is not an act of having God acknowledge you.
Furthermore, in the parable of the little child, children usually take for granted that their parents will do something for them. Basically, prayer must also have such a sense of taking God for granted. God will always move. In reality, however, as a leader says in verse 18, "What if I do something? We think of God's blessing as a reward, not a blessing. But God is not an employer. He is a father who loves us deeply. If we truly understand this, our attitude toward God will change.
2. a God who sees into our hearts (18:18-43)
In fact, if we see God as a father rather than an employer, we will not make our faith a religion that defends doctrines. The leader here boldly states that he keeps all of God's commandments, the Ten Commandments, but then, verse 22, when asked if you are living a life so sincerely devoted to God, he cannot answer this. It is not that difficult to live superficially as a devout believer. But if God feels our hearts as families feel each other's hearts, who is to say that I can enter the Kingdom of God without a doubt? Who can say that? No one. But Jesus says in verse 27, "What no man can do, God can do.
In other words, like the tax collector, when I cling to God, asking Him to help me and let me into His Kingdom, He accepts me, even though I am a human being like a piece of trash who cannot keep the Ten Commandments or do anything that will make God like me. These are not words of comfort, but words confirmed by the cross of Jesus in verse 32. He is saying, "Behold the cross of Jesus, a sign of God's love for sinners and evidence of his blessing.
The last episode, the blind man's episode, is a summary of the teaching on prayer. He is a good example, verses 7 and 8, of one who cried out to God in faith. The more he was prevented, the more he cried out. And God answered his appeal. Now, let God know what is in your heart. I wish you a good day today.

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書17章 弟子であること

2024年05月16日 20時47分20秒 | 福音書
ルカの福音書17章 弟子であること
1.悔い改めと赦し(17:1-10)
1節、イエスは弟子たちに向けて話をされましたが、宗教家たちも、その話に聞き耳を立てていました。彼らは、何か神学的で高尚なレクチャーでも聞けるのか、と思ったのでしょう。しかしそうではなかったようで、思わず、ばかばかしいと失笑してしまいます。
けれども、イエスは全くおかまいなし、いや、どうも立ち聞きを意識して、わざと語ったようです。というのもここで言う、「つまずきをもたらす者」は、まさに立ち聞きしている宗教家たちのことです。イエスは公然と、彼らの教えを批判したのです。確かに、宗教というのは、山道の標識と同じです。方向性が間違っていたら、信仰を持った人も、またその周囲の人々をも巻き込んでめちゃめちゃにします。そしてそのように宗教を利用して人の人生を誤らせるような宗教家は、呪われよ!と言うべきでしょう。
そこで3節、イエスは、弟子たちにも宗教家としての心得を語るのです。どうでしょう。宗教家には宗教家としての倫理がある。イエスの教えを吟味する意味でもその心得に耳を傾けてみましょう。
その第一は、自分自身に気を付けること、そして「悔い改めと赦し」を大事にすることです。神が人間に期待していることは、完璧な善人になることではありません。キリスト教信仰をもって、クリスチャンらしく生きなくちゃ、なんて考える必要はありません。罪の根は深く、人が変わるとしたら、神の力あればこそです。自分の力で自分を変えようと努力することは愚かなことです。むしろ、3節、日々神の戒めを受け、悔い改めること、そして神の赦しに立つ心を持つこと、そのように神により頼む心を大事にすることです。人生の難題を解決する鍵は神にあるのです。信仰が弱いからあなたは変われないのではありません。変わる時も神に委ね、ただよくしてくださる神に縋りついていくだけです。ですから何事かが成就したら、それは自分ではない神がなさったことと謙虚な心を持つ、これがイエスの弟子の道です。
11節、さらにルカは、イエスの弟子らしいあり方をテオフィロに語るため、もう一つのエピソードを取り上げます。つまり、自分を弁え謙虚であると同時に、感謝を大事にしましょう、と。十人のツァラアトという皮膚病に冒された人がイエスによって癒されました。しかし、癒されたことがわかって、イエスに感謝するために戻った人はたった一人でした。なんてことでしょう!親が小さな子に教える第一のことは、ありがとう、どうぞ、ごめんなさいですが、信仰者の初心者が学ぶことも同じです。まず、いい人になることを目指すよりも、ありがとう!どうぞ、ごめんなさい、と神様に言えるようになるこれがイエスの弟子の道です。
2.神の国と世の終わりについて(17:20-37)
そして信仰はあの世のことではなくて、今ここでのことです。イエスは言います。21節「神の国は、あなたがたのただ中にある」と。神の国は、神の支配と読み替えたらよいのでしょう。神を認めるところに、神の国は存在しているのです。しかしそれが物理的に完成するのは、世の終わりの時です。
ルカは、いささか荒唐無稽なイエスのお話を、テオフィロにありのままに語ります。それは、ルカ自身もまだ掴めきれていなかったからでしょう。確かに聖書が語る世の終わりについては不確かで、わからないことが多いのです。わかったふりをして話すよりも、わからないままに伝えるところもあります。ただわからないものもいずれわかる。37節「死体のある所には禿鷹が集まる」、つまり条件が整えば、その結果も生じるのです。つまりイエスの弟子は世の終わりについて結論を持った人間ではなく、神の業の観察者として生きてもいるのです。では、今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 17: Being a Disciple
1. repentance and forgiveness (17:1-10)
In verse 1, Jesus spoke to His disciples, and the religious people were also listening to what He was saying. They probably thought they were going to hear some kind of theological, lofty lecture. But they didn't. They laughed at the ridiculousness of it all.
But Jesus didn't seem to mind at all, or rather, he seemed to have spoken intentionally, with an eye on the audience. The "stumbling blocks" here are the very religious people who are eavesdropping. Jesus openly criticized their teachings. Indeed, religion is like a sign on a mountain path. If it is misdirected, it can mess up both the believer and those around him or her. And curse the religious people who use religion in such a way to mislead people's lives! should say.
So, in verse 3, Jesus also tells his disciples how to be religious. What do you think? Religious people have ethics as religious people. Let us listen to that ethos in the sense of examining Jesus' teaching.
The first of these is to take care of ourselves and to value "repentance and forgiveness. God's expectation of man is not to be a perfectly good person. There is no need to think that we have to live like Christians with the Christian faith. The roots of sin run deep, and it is only through God's power that a person can change. It is foolish to strive to change oneself by one's own strength. Rather, verse 3, we are to take God's commandments daily, repent, and have a heart that stands on God's forgiveness, and in this way, we are to cherish a heart that asks for God's forgiveness. The key to solving life's challenges lies in God. It is not because your faith is weak that you cannot change. You just have to surrender to God and put your trust in Him to make things better. Therefore, when something is accomplished, have a humble heart that it is God who did it, not you, and this is the way of a disciple of Jesus.
In verse 11, Luke goes on to tell Theophilus about another episode that illustrates the way of a disciple of Jesus. In other words, be self-effacing and humble, but at the same time cherish thanksgiving. Ten people with a skin disease called tzara'at were healed by Jesus. But only one returned to thank Jesus when he found out that he was healed. What a surprise! The first thing parents teach their little ones is thank you, please, and I'm sorry, but the same is true for the novice believer to learn. First, instead of trying to be a good person, say thank you, please, and I'm sorry, to God.
2. about the Kingdom of God and the end of the world (17:20-37)
And faith is not about the other world, but about the here and now. Jesus says, v. 21: "The kingdom of God is yours in your midst." The Kingdom of God could be read as the reign of God. Where we acknowledge God, the Kingdom of God exists. But it will not be physically completed until the end of the world.
Luke tells Theophilo the somewhat ridiculous Jesus story as it is. This is probably because Luke himself had not yet grasped it. Certainly there are many things about the end of the world that the Bible tells us are uncertain and unknowable. There are some things that we tell without understanding rather than pretending to understand. But what we don't know, we will know eventually, v. 37: "Where there are corpses, vultures will gather," that is, if the conditions are right, there will be consequences. In other words, Jesus' disciples are not people with conclusions about the end of the world, but they also live as observers of God's work. So, I wish you a good day today.

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書16章 神のことばに心を留める

2024年05月16日 20時39分55秒 | 福音書
ルカの福音書16章 神のことばに心を留める
1.不正な管理人のたとえ(16:1-18)
イエスの使命は、まずユダヤ人に救いを語ることでした。この16章の最初に出てくる、一般に「不正な管理人」と呼ばれるエピソードもその試みの一つです。主人の財産を無駄遣いしている管理人は、まさに、神に選ばれた民、ユダヤ人を象徴するものでしょう。そして、この管理人は、その不正を摘発され窮地に陥るのです。
解雇を言い渡された管理人は、この困った事態を乗り越えるためにあれこれ考え、最終的に主人の権限を使って、主人に借金をしている人々の借金を帳消しにしました。自分が首になっても恩義をかけた人が自分を助けてくれるだろう、と考えたわけです。なるほど賢い管理人だと思います。そして主人も、この管理人の賢さを褒めたと言いますが、実は、主人が認めた賢さは、そこではありません。
ユダヤ人には、同胞に金銭を貸しても利息を取ってはならない律法がありました。つまり、管理人は、借金を帳消しにし、その証文を書かせましたが、それは主人の不正の証拠を集めたということなのです。これには主人も慌てて、彼の賢さを認めざるを得ない。つまり自分の不正が暴露されそうになって、彼は、管理人をほめて赦すことで、自分の評判を保とうとしたのです。
13節、神と富とに仕えることはできないと言います。いずれ、人は、その現実をはっきり認識します。富が通用しない死を迎えるのです。そして、神の裁きの座に立たせられます。神のものを無駄遣いしてきた人生を暴露される時が来るのです。その時あなたはどうやって身を守るのか?自分を救い出すためには、どうしたらよいのか、あの世を支配する主人である神の心を動かすことを考える他に、道はありません。
2.金持ちとラザロ(16:19-31)
しかしこの話を聞いていたユダヤの宗教家たちは、目配せをして嘲笑いました。まったくばかばかしい限りの話だ、唐突で、何を言いたいのだ、と言うわけでしょう。確かにテレビには、不正な管理人のような話は、あり触れています。いや、テレビの報道など氷山の一角で、皆同じようなことをしているのだ、あのように不正を摘発されるような者は、要領が悪すぎる。運が悪いやつなのだ、と人は思うものでしょう。しかし、それは、物事を地上のことだけで考えて生きているからそう思われるのです。
後半金持ちとラザロのお話は、そのような人々の心に踏み込んでいくたとえ話です。生きている間に良いものを受けた金持ちは、死後苦しみと悶えの中にあり、生きている間に悪いものを受けた貧乏人のラザロは、死後慰めと安息の中にあると言います。そして金持ちは、その苦しみの中で、せめて自分の子孫が同じ運命に合わないように死後の世界から警告する使いを遣わすように神に願うのですが、それもかなわぬわけです。聖書の神は、正義の神で、やはり人生の帳尻は最後には必ず合わされるという、イエスの考えがはっきりしています。
私の母は、私が幼い頃、よく公園伝道をしました。まあ、あの時代であるから許されたことでもありましたが、トラクトもろくにない時代、母のやり方は、いつも聖書を片手に、このラザロと金持ちの箇所を開いて、公園にたむろしている人にイエスのことを語り掛けるのです。実にストレートなやり方でした。ですから母が語ることも、イエスと同じほどストレートでした。
イエスは言うのです。どんな時代、どんな境遇に生を受けたとしても、人間の一生はこの地上だけのことで終わらないのです。神が授けられたいのちを大事にし、それが永遠に続くものであることを意識し、この地上で生きている間にすべきことをなしたのか、やがて問われる時が来るのです。それは、小さくいのちを任された人も、大きくいのちを任された人も、神の前に立って、報告と清算をする時になるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 16: Be Mindful of God's Word
1. the parable of the unjust keeper (16:1-18)
Jesus' mission was first to speak salvation to the Jews. The episode at the beginning of this chapter 16, commonly referred to as the "unjust custodian," is one of His attempts to do so. The caretaker who is wasting his master's property would be emblematic of the very people chosen by God, the Jews. The caretaker is then caught in the act of dishonesty and finds himself in a difficult situation.
After being fired, the superintendent thought of ways to overcome his predicament, and finally used his master's authority to cancel the debts of those who owed him money. He thought that even if he was fired, the people to whom he owed money would help him out. He was a wise administrator. The master also praised him for his cleverness, but in fact, that is not the cleverness that the master recognized.
The Jewish people had a law that they were not allowed to charge interest when they lent money to their fellow countrymen. In other words, the caretaker wrote off the debt and had it attested to, but this meant that he had collected evidence of his master's dishonesty. At this, the master panicked and had to admit that he was wise. In other words, his own injustice was about to be exposed, and he tried to preserve his reputation by praising and forgiving the caretaker.
Verse 13 says that one cannot serve God and wealth. Eventually, one will clearly recognize that reality. He will die a death in which riches will not serve him. And he will be made to stand before the judgment seat of God. The time will come when you will be exposed for a life of squandering what belongs to God. How will you defend yourself then? There is no other way but to think about what you can do to save yourself and to move the heart of God, the master who rules the other world.
2. the rich man and Lazarus (16:19-31)
But the Jewish religious leaders who heard this story looked at each other and scoffed. They would say, "This is ridiculous, it's so abrupt, what are you trying to say? Surely, stories like the one about the corrupt administrator are commonplace on television. No, TV reports are just the tip of the iceberg, and everyone is doing the same thing. People think that those who are caught cheating like that are too bad, that they are the unlucky ones. But they think that because they live their lives thinking only of earthly things.
The second half of the story about the rich man and Lazarus is a parable that goes into the hearts of such people. The rich man who received good things while he was alive will be in suffering and agony after death, and Lazarus, the poor man who received bad things while he was alive, will be in comfort and rest after death. And the rich man, in his suffering, asks God to send a messenger to warn him from the afterlife so that at least his descendants will not suffer the same fate, but that too will not happen. The God of the Bible is a God of justice, and Jesus' idea is clear: the books of life will be settled in the end.
My mother used to evangelize in the park when I was a little girl. Well, it was allowed in those days, when tracts were scarce, but she always had a Bible in her hand, this Lazarus and the rich man passage open, and would talk about Jesus to people hanging out in the park. It was a very straightforward way. So my mother's story was just as straightforward as Jesus'.
Jesus says, "I am the one who is living in all times and in all circumstances. No matter what time period or circumstances you are born into, your life does not end here on earth. There will come a time when we will be asked if we cherish the life God has given us, if we are aware that it is eternal, and if we have done what we should have done while we were alive here on earth. It will be a time for both those who have been entrusted with a small life and those who have been entrusted with a great life to stand before God and make a report and a reckoning. I pray that today will be another good day.