人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の視野😊【聖書】哀歌4章 刑は執行された

2023年12月03日 17時30分34秒 | エレミヤ書
4章 刑は執行された
1.技巧的な書の意味
 既に述べたように哀歌は、各節の最初の文字がヘブル語の22文字のアルファベット順に揃えられた技巧的な詩、いわば「いろは歌」となっています。またその構造も技巧的で、一章と五章、二章と四章が思想的に対応し、真中の3章に最も重要な思想を置く、キアスムス(交差配列法)構造となっているのです。
なぜこのような技巧を凝らした詩として哀歌が作成されたのか、色々な説があります。記憶を助けるため、というものは、十分考えられます。しかし、私にとって最も理解できる理由は、そのような技巧性が、深い感情を抑制し、冷静に自分たちの悲しみを振り返る歌にするため、というものです。そもそもこの哀歌は、忘れてはならない霊的な教訓として、公の礼拝で朗読されることを意図して書かれたのでしょう。ですから、深い悲しみを呼び覚ます内容を、技巧的な詩にすることによって、いたずらに感情を刺激せず、むしろ冷静にその詩の内容から神の語り掛けを受けるようにした、と言うのはよく理解できることです。実際その内容は、古代イスラエルのものであるのに、時代を超えて、今なお私たちの心にも深く、染み入るように、語り掛けてくるものがあります。
2.刑罰は果たされた
1節は、ネブザルアダンが神殿を燃やした出来事(2列王記25:9)を回想しています。イスラエルの国は、バビロンに踏みにじられ、辱められました(2節)。悲惨なのは、乳飲み子でした。食料が尽き、母親たちは子どもの腹を満たすことができないでいました(3、4節)。そしてこの時、お金持ちも、貧しい者も、皆同じ運命を辿ったのです(5節)。さらに、母親が自分の子どもを煮て食べる最悪の事件も起こりました(10節、2:20に対応します)。実に心痛む出来事ですが、技巧的な詩文であるために、淡々と読み進んでいくことができます。
 ともあれ、この凄まじい出来事は、あらゆる罪を犯し続けたイスラエルの指導者に対する神の刑罰でした(13節)。しかし、なぜ神は、ここまでの懲らしめを与えたのか、ここまでしなくてもよいのに、と思わされるところもあるでしょう。確かにそう思わされるところもあるかもしれませんが、注目しましょう。詩人は言います。22節「あなたへの刑罰は果たされた。主はもう、あなたを捕らえ移すことはなさらない」この凄まじい状況をもって神の怒りが終わった。神の刑罰は果たされた。もはやこれまで。これ以上の災いはもうないのだ、罪の償いが必要ならば、それは十分償われた、もうすべては終わったということです。
イエスの十字架も同じです。イエスの十字架は、実に凄惨な出来事でした。一人の人間がよってたかって、なぶり殺しにしていくのです。そしてしまいには、神の子なんかではないことを印象づけるために、二人の極悪人と一緒に十字架につけ、悪者扱いにし、捨て去っていくのです。人を愛し、助け、力づけ、救った、あのイエスがなぜあのような仕打ちを受けなければならなかったのか。それは、私たちの罪の赦しのためであったと言います。あの十字架の犠牲によって私たちの罪が償われたと言うのです。そしてイエスは十字架で、そのことを確認するかのように「完了した」と語られて息を引き取られました(ヨハネ19:30)。もはや、これで終わり、これ以上の神の災いは、私たちに及ぶことはない。大切なのはその信仰に生きるかどうかです。神の赦しを信じ、新しい命が与えられていることを信じて立ち上がって、新しい人生の一ページを進んでいく、それが私たちの次のステップなのです。では、今日も良き一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>       
最初に、昨日のクイズです。ユダヤ人は、今日でも、この哀歌を特別な日に朗読するために用いている。〇か×か?答えは〇です。実際には第5の月(アブの月で、現在の7-8月)の9日、つまり神殿の滅亡を悲しみ、断食をする日に朗読するためにこの哀歌を用いています。では、今日の聖書クイズです。ペカ、レツィン、アハズの時代に活躍した預言者は、誰でしょうか?①エリヤ、②イザヤ、③エレミヤ。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。
Chapter 4: The Punishment Was Served
1. the meaning of the technical book
 As already mentioned, Lamentations is a technical poem, or "iroha-uta," in which the first letter of each verse is aligned with the alphabetical order of the 22 letters of the Hebrew language. The structure is also elaborate, with chapters 1 and 5 and chapters 2 and 4 corresponding in thought, and the most important thought being placed in the middle three chapters.
There are various theories as to why Lamentations was created as such an elaborate poem. One might well be that it was to aid memory. But the reason that makes the most sense to me is that such craftiness would help the poets to suppress their deepest emotions and calmly reflect on their sorrows. In the first place, the lament was probably written with the intention of being recited in public worship as a spiritual lesson that should not be forgotten. It is therefore quite understandable that the poet did not want to provoke undue emotional response to the deeply sorrowful content of the poem by making it a technical poem, but rather calmly let God speak to him through the content of the poem. In fact, the content of the poem, even though it is from ancient Israel, still speaks to us deeply and penetratingly, as if it has transcended the ages.
2. the punishment has been fulfilled
Verse 1 recalls the incident in which Nebuzar Adan burned the temple (2 Kings 25:9). The nation of Israel was trampled and humiliated by Babylon (v. 2). Wretched was the suckling child. Food was running out and mothers were unable to fill their children's bellies (vv. 3, 4). And at this time, the rich and the poor all suffered the same fate (v. 5). Then there was the worst incident of a mother boiling and eating her own child (v. 10, corresponding to 2:20). These are truly heartbreaking events, but the technical versification allows the reader to read along without hesitation.
 At any rate, this terrible event was God's punishment of Israel's leaders who had continued to commit all kinds of sins (v. 13). But why did God go to such lengths in punishing them? It may indeed seem that way in some places, but let's pay attention. The psalmist says, v. 22: "The punishment for you has been fulfilled. The Lord will no longer take you captive and transfer you. "With this horrendous situation, God's wrath has ended. God's punishment has been fulfilled. No more. There are no more plagues, if there is any need for atonement for sins, it has been fully paid for, it is all over.
The same is true of the cross of Jesus. The crucifixion of Jesus was a truly gruesome event. A single human being rushed to his death and beat him to death. And finally, to impress upon them that He was not the Son of God, they crucified Him together with two other evil men, demonized Him, and threw Him away. Why did Jesus, who loved, helped, empowered, and saved people, have to suffer such treatment? He says it was for the forgiveness of our sins. He says that our sins were atoned for by the sacrifice of the cross. And on the cross, Jesus breathed His last, saying, "It is finished," as if to confirm this (John 19:30). It is no longer done, and no more plagues of God will befall us. What matters is whether we live in that faith. Believing in God's forgiveness, getting up believing that we have been given a new life, and moving forward on a new page of life, that is our next step. So, I pray that you have a good day today.
<Quiz Corner> 
First, yesterday's quiz. The Jews still use this lament to recite on special occasions today. Zero or X? The answer is 0. In fact, they use this lament to be recited on the 9th of the 5th month (the month of Ab, now July-August), the day of mourning and fasting for the destruction of the Temple. Now for today's Bible quiz. Who were the prophets active during the time of Pekah, Rezin, and Ahaz? (1) Elijah, (2) Isaiah, and (3) Jeremiah. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.

人生💯倍の視野😊【聖書】エレミヤ書52章 エレミヤ書の付加文

2023年12月01日 09時45分33秒 | エレミヤ書
エレミヤ書52章 エレミヤ書の付加文
1.52章の背景と内容
エレミヤ書最後の章となりました。この章は、預言書の続きというよりは、一つの史実を描いており、エレミヤの預言が真実であったことを伝える内容となっています。実際、51:64には「ここまでが、エレミヤのことばである」とあり、52章は、別物の記録とされているのです。
実際52章に書かれたことを概観してみましょう。まず1節、エレミヤにその未来を予告されたゼデキヤの結末が記されます。ゼデキヤの母は、リブナ出身のエレミヤの娘とされていますが、このエレミヤは、預言者エレミヤとは別人です。それはよいとして11節、ゼデキヤはネブカドネツァルに反逆した報復を受けています。また、17節から23節、祭儀用の器物、つまりイスラエルの財宝がすべて神殿から運び出され持ち去られたこと記されています。さらに、30節、三度に渡って、総数4,600人の捕囚民がバビロンに連れ去られたと言います。ここで述べられていることは、2列王24:14、16と同じことですが、ただその記録されている人数は随分異なっています。それは、恐らくエレミヤ書は、成人男子の実数を、2列王記は、全体の人数を記録したためではないか、と考えられています。そして31節にはエホヤキン王の恩赦が描かれていますが、それはネブカドネツァルの死後のこと、もはやエレミヤは既に死んでいたと思われる時代のことです。つまり52章は、明らかにエレミヤ以外の誰かが加筆したものなのでしょう。
2.神の確からしさを覚えるために
ともあれこの52章の記録者は、「実に、エルサレムとユダが主の前から投げ捨てられるにいたったのは、主の怒りによるものであった」(3節)と、この記事の解説を加えるのです。つまりゼデキヤやイスラエルが反逆したのは、ネブカドネツァルに対してではない。単に同時代の勢力均衡を崩す、暴挙に出たからではない。まさに、目に見えざる天地の造り主、かつてイスラエルに格別の憐れみを注ぎ、エジプトから救い出した神に反逆したためであると言うわけです。
エルサレムの城壁も神殿も破壊し尽くされ、町は瓦礫の山と化していました。恐らくこの後に、ネヘミヤ書、エズラ書を読めば、それがいかに壊滅的で、絶望的なものであったかがよく理解されるところでしょう。52章の著者は、神のことばの確からしさを私たちに伝えようとしているのです。神は歴史に働き、導いておられる。この神を覚えることなしに私たちの未来もありえないということです。
またこの52章は、エホヤキンの恩赦に後半焦点を合わせ、イスラエルに回復の希望を与える書き方となっています。繰り返しになりますが、神は物事を裁いて終わりとするお方ではありません。怒りをぶちまけて終わりという方ではないのです。そのような意味では、エレミヤの預言は、エルサレム崩壊の時代を生きた人々にとっては耳痛いものでしたが、実際に崩壊後の70年の捕囚期を生き抜いた人たちにとっては、慰めと励まし、また希望を与えるものであったはずです。今日、私たちがこの書を同じように、耳痛いものとして読むのか、あるいは、慰めと励まし、また希望を与えるものとして読むのか。それは私たちの魂が神の前にどうあるかにかかっていると言えるでしょう。旧約聖書は、どうも耳痛い、心を責められてかなわないと言う人は多いものです。しかし、置かれた状況にあっては、それは慰めと励まし、また希望を与える書です。まさに、遜り、砕かれた心をもって読む時にそうなのです。では今日もよい一日であるように祈ります。
<クイズコーナー>           
最初に、昨日のクイズです。聖書の中で、ユーフラテス川が出てくる最初の箇所はどこでしょうか?①創世記、②列王記、③エレミヤ書。答えは①創世記でした。創世記2:14には、エデンの園の四つの川の一つとして出てきます。では、今日の聖書クイズです。ユダ南王国で最も長い政権を握ったのはマナセ、では最も短い人は誰であったでしょうか?①ヨシャパテ、②アハズ、③エホヤキン。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。
Jeremiah 52 Additional Text of Jeremiah
1. background and contents of chapter 52
This is the last chapter of the book of Jeremiah. Rather than being a continuation of the prophetic book, this chapter describes a single historical fact and conveys the truth of Jeremiah's prophecy. In fact, 51:64 says, "So much for the words of Jeremiah," making chapter 52 a separate record.
Let us take an overview of what is actually written in chapter 52. First, verse 1 describes the outcome of Zedekiah, whose future is foretold by Jeremiah. Zedekiah's mother is said to be the daughter of Jeremiah from Libnah, but this Jeremiah is not the same person as the prophet Jeremiah. Be that as it may, in verse 11, Zedekiah is avenged for his rebellion against Nebuchadnezzar. In verses 17-23, all the ritual vessels, or treasures of Israel, were removed from the temple and taken away. In verse 30, we are told that a total of 4,600 captives were taken to Babylon on three separate occasions. What is described here is the same as in 2 Kings 24:14, 16, only the number of people recorded is very different. It is thought that this is probably because the book of Jeremiah gives the actual number of adult males, while 2 Kings gives the overall number. And verse 31 describes King Jehoiachin's pardon, but this was after Nebuchadnezzar's death, when Jeremiah was no longer supposed to be dead. In other words, chapter 52 was clearly an addition by someone other than Jeremiah.
2. to remember God's certainty
Anyway, the recorder of chapter 52 adds the following commentary to the article: "Indeed, it was the Lord's anger that caused Jerusalem and Judah to be thrown down from His presence" (v. 3). In other words, it was not against Nebuchadnezzar that Zedekiah and Israel rebelled. It was not simply because they were outraged, upsetting the balance of power of their contemporaries. It was precisely because they rebelled against the invisible Maker of heaven and earth, the God who once poured out His exceptional mercy on Israel and delivered them from Egypt.
The walls of Jerusalem and the temple were destroyed, and the city was reduced to a pile of rubble. The author of chapter 52 is trying to convey to us the certainty of God's Word. God is working and guiding history. Without remembering this God, there can be no future for us.
Chapter 52 is also written in a way that gives Israel hope for restoration by focusing the second half of the chapter on the pardon of Jehoiachin. Again, God is not one to judge and be done with things. In that sense, Jeremiah's prophecy, while painful to those who lived through the fall of Jerusalem, should have been a source of comfort, encouragement, and hope to those who actually lived through the 70 years of captivity that followed the fall. Do we read it today in the same way, as an earworm, or do we read it as a source of comfort, encouragement, and hope? It depends on how our souls are before God. Many people say that the Old Testament is painful to listen to, that it is condemning and unappealing. But in the context of our situation, it is a book of comfort, encouragement, and hope. This is true when we read it with reverence and a broken heart. I wish you a good day.
<Quiz Corner   
First, yesterday's quiz. Where is the first place in the Bible where the Euphrates River is mentioned? (1) Genesis, (2) Kings, and (3) Jeremiah. The answer was (1) Genesis. It is mentioned in Genesis 2:14 as one of the four rivers in the Garden of Eden. Now for today's Bible quiz. Manasseh held the longest reign in the southern kingdom of Judah, then who was the shortest? (1) Joshapate, (2) Ahaz, and (3) Jehoiachin. The answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

人生💯倍の視野😊【聖書】エレミヤ書49章 四方が確かであっても

2023年11月28日 22時16分21秒 | エレミヤ書
49章 四方が確かであっても
1.アモンへの宣告
エジプト、ペリシテ、モアブと、イスラエル周辺諸国に対する裁きのことばが語られてきましたが、49章では、アモン、エドムとさらに神の裁きのことばは拡大していきます。まずアモンですが、アモン人はアブラハムの甥ロトの子孫で、イスラエルとは親族関係にある民族です(創世記19章)。ラバ(現在のヨルダンの首都アンマン)を中心に定住しました。1節「ミルコム」とあります。新改訳第三版は、ヘブル語の本文通り「マルカム」つまり「彼らの王」と訳していました。新改訳2017では、欄外の注釈にあるように、七十人訳に倣って「ミルコム」と修正されました。文脈は、アモン人の民族神、モレクとも呼ばれた偶像礼拝への非難にあると見たためなのでしょう。「アモン人のあの忌むべきミルコム」あるいは「モレク」は、旧約聖書の中に繰り返されるフレーズです。それは、幼児を偶像への生贄として献げる宗教であり、イスラエルにはソロモン時代の政略結婚の慣習と共に入ってきたものです。この忌むべき悪習は、ヨシヤ王の宗教改革時代に一旦排除されましたが、再び復活しています。神はこのような忌まわしい偶像崇拝に熱中するアモン人にさばきを宣告されます。しかし、アモン人を滅ぼそうというのではありません。神の願いは、このような残虐な人身供養を行うような偶像崇拝を捨てて、まことの神に立ち返り、人間として当たり前の感覚と、まことに平和な社会を取り戻すことです。ですから、神は、偶像崇拝を捨てるアモン人の繁栄を回復されると約束されるのです(6節)。
2.エドムへの宣告
 次にエドム人。エドム人はアブラハムの孫エサウの子孫で、パレスチナ南東部に定住していました。7節「テマン」はエサウの孫の名ですが、ここでは地名となっています。テマンに住む住民は知恵によって知られ、「岩の住みか、丘の頂き」(16節)と自然の地形に守られて暮らしていました。つまり四方を岩に囲まれ、安全な住処に住んでいると思っていたのです。しかしどんなに四方が守られていても、彼らの滅びは上からやってきたのです。神はエドム人をも徹底して裁かれると語られます。エドムが裁かれる理由は、その高慢さのため、脅かしのためとされます。エドムに対してはアモンのように再生されるというメッセージはありません。
3.そのほかのパレスチナの町々への宣告
 23節からはダマスコをはじめ、パレスチナの北部や東部に散在する種々の町々についての裁きのメッセージです。23節、ハマテはパレスチナ北部、ダマスコの北オロンテス河畔の町、アルパデはさらに北に位置する町です。28節のケダルはパレスチナの東の町、シリヤ・アラビヤ砂漠に住んでいる遊牧民、つまりベドゥイン族を指します。同じ28節のハツォルはパレスチナ北部の町。34節のエラムはパレスチナから遠く離れた場所、バビロンの東、ペルシャ湾に面する町です。エレミヤの預言は実に広範囲です。というよりも、神が、全ての国々に、目を配られているということでしょう。
 その神があわれみをもって、ユダヤ人、モアブ人(48:47)、アモン人(49:6)、エラム人(49:39)に回復と元の繁栄を約束されています。しかし、実際に、バビロンに滅ぼされてその恵みに与ったのはイスラエルのみです。なぜか。種々の理由があるでしょうが、やはり神のことばを信仰をもって受け止め、その回復を待ち望んだイスラエルと他の国々との違いがそこにあったのではないでしょうか?堅固な四方に守られても滅びが上から来るように、四方八方窮したとしても救いも上から来る。たとえ倒されても神のことばを信頼し、再生する機会を待つ者を、神は約束どおりに、立たせてくださると言うべきでしょう。では今日も良き一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>           
最初に、昨日のクイズです。モアブ人の神、ケモシュをイスラエルに導入した人物は誰でしょうか?①ソロモン、②アハブ、③ヨシヤ。答えは①ソロモンでした。ケモシュ礼拝は、ヨシヤの宗教改革の時まで続きました(2列王23:13)。では、今日の聖書クイズです。エラムの首都は、次のどれでしょうか?①スサ、②ニネベ、③ツロ、答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。
Chapter 49 - Even if all sides are certain
1. the sentence against Ammon
In chapter 49, God's words of judgment are further expanded to Ammon and Edom. The Ammonites, descendants of Abraham's nephew Lot, are a people related to Israel (Genesis 19). They settled mainly in Rabbah (present-day Amman, the capital of Jordan), verse 1, "Milcom." The New Revised Version 3 translated "Malqam" or "their king" as in the Hebrew text. The New Revised 2017 corrected it to "Milcom" following the translation of the Seventy, as indicated in the note outside the column. This may be because the context was seen as a condemnation of the idolatry of the Ammonites, who were also called Molech, the national god of the Ammonites. The phrase "that abominable Milcom of the Ammonites" or "Molech" is a recurring phrase in the Old Testament. It is the religion of offering infants as sacrifices to idols, which came to Israel along with the practice of political marriage in Solomon's time. This abominable practice was once eliminated during the Reformation period of King Josiah, but has been revived again. God pronounces judgment on the Ammonites for their infatuation with this abominable idolatry. But God does not intend to destroy the Ammonites. God's desire is to abandon the idolatry that leads to such cruel human offerings, and to turn back to the true God and restore a sense of what is natural for human beings and a truly peaceful society. Thus, God promises to restore the prosperity of the Ammonites who abandon idolatry (v. 6).
2. pronouncement to the Edomites
 Next, the Edomites. The Edomites were descendants of Esau, grandson of Abraham, and settled in southeastern Palestine. v. 7 "Teman" is the name of Esau's grandson, but here it is a place name. The inhabitants of Teman were known by their wisdom and lived protected by the natural terrain, "the dwelling place of the rock and the top of the hill" (v. 16). In other words, they thought they were living in a safe dwelling place, surrounded on all sides by rocks. But no matter how protected they were on all sides, their destruction came from above. We are told that God will thoroughly judge the Edomites as well. Edom will be judged because of their pride and because of their threats. There is no message that Edom will be regenerated like Ammon.
3. the sentence against the other Palestinian cities
 From verse 23, the message of judgment is directed to Damascus and various other towns scattered in the northern and eastern parts of Palestine, including Hamath, a town on the Orontes River north of Damascus in northern Palestine, and Alpadeh, a town further north. and refers to the nomads, or Beduin, who live in the eastern town of Palestine. Hatzol in verse 28 is a town in northern Palestine, and Elam in verse 34 is a town far from Palestine, east of Babylon, on the Persian Gulf. Jeremiah's prophecy is indeed far-reaching. Rather, it is a sign that God is looking out for all nations.
 In his mercy, God promises restoration and restored prosperity to the Jews, Moabites (48:47), Ammonites (49:6), and Elamites (49:39). However, in fact, it is only Israel that was destroyed by Babylon and received its blessings. Why? There may be various reasons, but I think the difference between Israel and the other nations was that Israel accepted the Word of God with faith and longed for its restoration. Just as destruction comes from above even if you are protected on all sides, salvation also comes from above even if you are in trouble on all sides. I should say that God will let stand, as He promised, those who trust in His Word and wait for the opportunity to be regenerated, even if they are knocked down. I wish you a good day today.
<Quiz Corner      
First, yesterday's quiz. Who introduced Chemosh, the god of the Moabites, to Israel? (1) Solomon, (2) Ahab, and (3) Josiah. The answer was (1) Solomon. Chemosh worship continued until the time of Josiah's Reformation (2 Kings 23:13). Now for today's Bible quiz. Which of the following was the capital of Elam? (1) Susa, (2) Nineveh, (3) Turo, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

人生💯倍の視野😊【聖書】エレミヤ書48章 モアブに対する裁き

2023年11月26日 17時12分16秒 | エレミヤ書
48章 モアブに対する裁き
1.イスラエルとモアブの関係
46章はエジプト、47章はペリシテ、そしてこの48章はモアブに対する裁きのメッセージです。モアブは、民族的には、イスラエル民族の祖、アブラハムの甥ロトの子孫ですから、イスラエルとは血のつながった関係にあります。後にモアブ人の女ルツが、イスラエル人のボアズと結婚し、イスラエル建国の王とも言うべきダビデにつながっていきますので、モアブとイスラエルは、深い関係にありました。しかし実際には、モアブとイスラエルは、それほど友好な関係にはありませんでした。
出エジプト後、ルベン族が、その土地を自分たちのものと主張して以来イスラエルとモアブは衝突を繰り返してきたのです。そして、ユダ南王国末期、エホヤキム王の時代、モアブはバビロンの同盟軍となってユダに対抗しましたが、バビロンそれ自体に滅ぼされています。こうしてモアブという国が滅びていくことは、預言者アモス(2:1-3)やイザヤ(15、16章)によって、百年以上も前に、既に預言されていましたが、エレミヤのメッセージはその繰り返しです。
2.モアブへのメッセージ
そこでこの48章、読み進めてみると、裁きのメッセージが長いのです。神の怒りと報復のメッセージが続くので、どうも早く読み飛ばして、先へ進みたいような気にもなってきます。しかし、このようにくどくどと神のさばきを語られなければならなかった、当時の時代の難しさ、悪さもあった、と言うべきなのでしょう。
ですから、忍耐をもって耳を傾けてみると、その厳しくも、単純なメッセージが実に、人間社会の核心をつくものとなっていることがわかります。例えば7節、モアブは、神ではなく、ものに頼ったが故に、足をすくわれたと言います。また29節、モアブは、高ぶったが故に低められたと言います。こうした指摘は、ある意味で普遍的な真理とも言うべきでしょう。お金やものを第一にする価値観、拝金主義、物質主義は、いつ足をすくわれるかわからないような脆い人生基盤です。お金があれば、ものがあれば安心と人は考えるものですが、お金やものでつながる人間関係ほど脆弱なものはありません。最終的に人を助けるのは、しっかりとした人間関係のみということがあるものです。
また、高ぶる者は低くされる、もそのとおりでしょう。モアブはワインの酒造でよく知られていました。12節、「それゆえ、見よ、その時代が来る。そのとき、わたしは彼に酒蔵の番人たちを送る。彼らは彼を桶から移し、彼の桶を空にて、壺を砕く。」とあります。現代的に言えば、ワイン酒造の生産ラインが停止し、工場を解体している、廃業となったイメージが語られています。モアブが自ら自分を低くしていれば、このように神によって砕かれることもなかったということです。
結局人間は謙虚に生きる時に最も安定した歩みができるのです。人が人の上に立とうとする結果、人は、尊大になるのみならず、神の座に土足で上がり込んでしまうのです。しかし、崇められるべきお方は神のみです。結局、人間は、神によって造られた者であることを弁え、苦難にあっては、神とともにこれを耐え忍び、順境にあっては神とともにこれを喜び、感謝する、そのような存在であることをよく理解して歩むことが大切なのでしょう。人間であるからこそ、こう歩むという聖書的な人生観をしっかりもって歩ませていただきたいものです。では今日も良き一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>       
最初に、昨日のクイズです。次のうち、ペリシテの五大都市に入らないものはどれでしょうか?①ガザ、②アシュケロン、③カフトル。答えは③カフトルでした。ちなみにペリシテの五大都市は、ガザ、アシュケロン、アシュドデ、エクロン、ガテになります。では、今日の聖書クイズです。モアブ人の神、ケモシュをイスラエルに導入した人物は誰でしょうか?①ソロモン、②アハブ、③ヨシヤ、答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。
Chapter 48: Judgment on Moab
1. the relationship between Israel and Moab
Chapter 46 is a message of judgment against Egypt, chapter 47 against the Philistines, and this chapter 48 is a message of judgment against Moab. Moab is ethnically descended from Abraham's nephew Lot, the founder of the nation of Israel, so it is related to Israel by blood. Later, Lutz, a Moabite woman, married Boaz, an Israelite, leading to David, the founding king of Israel, so Moab and Israel had a deep relationship. In reality, however, Moab and Israel did not have such a friendly relationship.
After the Exodus, the tribe of Reuben claimed the land as their own, and ever since then Israel and Moab have been in conflict. Then, at the end of the Southern Kingdom of Judah, during the reign of King Jehoiakim, Moab became an ally of Babylon against Judah, but was destroyed by Babylon itself. The destruction of the nation of Moab had already been prophesied over a hundred years earlier by the prophets Amos (2:1-3) and Isaiah (chapters 15 and 16), and Jeremiah's message is a repeat.
2. message to Moab
So, in this 48th chapter, as we read on, the message of judgment is a long one. The message of God's wrath and retribution goes on and on, so much so that one is tempted to skip the rest of the chapter and move on. However, it should be said that there were difficulties and evils in those days when God's judgments had to be spoken so much.
Therefore, if you listen with patience, you will find that the harsh, yet simple message really goes to the heart of human society. For example, in verse 7, Moab says that he relied on things and not on God, and thus his feet were shod. In verse 29, Moab is brought low because of his exaltation. In a sense, these points are universal truths. Values that put money and things first, worship, and materialism are fragile foundations for life that can be swept away at any moment. People think that money and things make them feel secure, but there is nothing more fragile than relationships connected by money and things. Sometimes it is only solid relationships that ultimately help people.
It may also be true that he who is exalted is brought low. Moab was well known for its wine brewing, and verse 12, "Therefore, behold, his days are coming. Then I will send to him the keepers of the wine cellars. They will take him out of the vat, empty his vat, and break the jars." The same is true of the wine cellar. In modern terms, we are told of an image of a wine brewery that has gone out of business, with the production line shutting down and the factory being dismantled. If Moab had lowered himself, he would not have been crushed by God in this way.
In the end, human beings can walk most stably when they live humbly. As a result of man's attempt to be above others, he not only becomes arrogant, but he also steps on God's throne. But God alone is the One to be revered. In the end, it is important for human beings to walk with the understanding that they are created by God, that they endure with God in suffering, and that they rejoice and give thanks with God in good times and bad times. It is important for us to walk with the biblical view of life that we should walk in this way because we are human beings. I pray that today will be another good day.
<Quiz Corner   
First, yesterday's quiz. Which of the following is not one of the five major cities of the Philistines? (1) Gaza, (2) Ashkelon, and (3) Kahfurtl. The answer was (3) Kahfutol. By the way, the five largest cities in Philistine would be Gaza, Ashkelon, Ashdod, Ekron, and Gath. Now for today's Bible quiz. Who introduced Chemosh, the Moabite god, to Israel? (1) Solomon, (2) Ahab, (3) Josiah, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

人生💯倍の視野😊【聖書】イザヤ書47章 ペリシテに対する預言

2023年11月25日 13時52分37秒 | エレミヤ書
47章 ペリシテに対する預言
 ペリシテに対する預言です。ペリシテ人は、ヤフォとガザの間にある地中海沿岸の平野に住み着いていた民族です。パレスチナという名前は、このペリシテということばから来ています。
1.ファラオがまだガザを討つ前に 
エレミヤは、ペリシテ人に、バビロンの攻撃があることを伝えました。表題には、「ファラオがまだガザを討つ前に」とあります。それは、おそらくネブカドネツァルがガザを攻撃したBC604年の春と考えられています。この時、ペリシテはエジプトに援助を求めています。しかしエジプトはこれに応じることができませんでした。その後、BC601年に、ファラオは勢いを回復し、ガザを取り戻しています。ですから、「ファラオがまだガザを討つ前に」というのは、この時のことなのだと言うわけです。
2.バビロンの猛攻
3節、バビロンは北から起こる水にたとえられています。洪水のように襲い掛かる、バビロンの勢いに、フェニキヤからの援軍も助けにならないと言います(4節)。「カフトル」は、「クレテ島」のことで、もともとペリシテ人はそこからやってきたとされています。つまり、彼らのルーツまで、徹底してバビロンの攻撃にさらされる、ということです。5節、ガザは「頭を剃られ」これは敗戦の嘆きを象徴しているのでしょう。ガザの北にあるアシュケロンも廃墟とされる。つまりペリシテの主要都市が、ことごとく壊滅状態に追いこまれるということでしょう。何とも絶望的な記述です。そこにエレミヤのことば、祈りが挿入されています。「ああ。主の剣よ。いつまで休まないのか。さやに収まり、静かに休め」(6節)。注目すべきことは、エレミヤが、「北から起こる水」を「主の剣」と言い換えているところでしょう。悲惨な国際紛争を、それは単なる帝国主義の侵略戦争ではなく、神の裁きの道具としてバビロンが用いられたものであると語るのです。エレミヤのこのような戦争の捉え方に、わけがわからないと思う人もおられるかもしれません。
3.神の正義
昨今の国際紛争のニュースを見聞きしながら、これが神の裁きの手であると考える人は誰もいないことでしょう。もし、これが神の裁きであると思うところがあるならば、エレミヤと同様に、「主よ、あなたの御手を止めてください」と私たちは、神に祈りの声をあげざるを得ないのです。しかし、そのようにはならないものです。むしろ、私たちは優勢な立場にある国に対して、停戦を求めるのです。ただ、戦争が長引くに連れ、紛争の最中にある国の事情が明らかになるにつれ、これが、優勢な国、強国に停戦を求めればよいという問題ではないことを次第に感じてくるところもあるでしょう。これが一方の国の横暴で起こっているというよりも、長年の敵対、憎しみ、衝突の結果起こっているもので、本来まことに正しい神に、裁かれなければならないものがあることをも感じさせられるのです。
エレミヤは言います。7節「どうして、休めるだろうか。主が剣に命じられたのだ」裁かれるべきものがある。そうした人間の罪の状況に目をつぶって、表面的な平和を求める落とし穴があるというべきでしょう。宗教の役割は、戦争のイデオロギーに利用されるものではなく、むしろ、戦争を起こす人間の魂の状況を明らかにすることです。本当に人間が自らの内にも潜む、争う心を認め、その罪からの救いを求め、神にあって新しいものとされていく。そこに、新しい世界秩序も生じるというべきではないでしょうか。神の正義が現わされることが求められる世界の状況があるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>                                                    
最初に、昨日のクイズです。カルケミシュの戦いに向かうエジプト軍を阻止しようとして、殺された王様は誰でしょうか?①アモン、②ヨシヤ、③エホヤキン。答えは②ヨシヤでした。では、今日の聖書クイズです。次のうち、ペリシテの五大都市に入らないものはどれでしょうか?①ガザ、②アシュケロン、③カフトル。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。
Chapter 47: Prophecy Against the Philistines
This is a prophecy against the Philistines. The Philistines were a people who lived in the Mediterranean coastal plain between Jaffa and Gaza. The name "Palestine" comes from the word Philistine.
1. before Pharaoh struck Gaza 
Jeremiah told the Philistines that Babylon was attacking them. The title says, "Before Pharaoh has yet struck Gaza. It was probably the spring of 604 BC when Nebuchadnezzar attacked Gaza. At this time, the Philistines asked Egypt for aid. Egypt, however, failed to respond. Later, in 601 BC, Pharaoh regained his momentum and regained Gaza. So we say that "before Pharaoh had yet struck Gaza" refers to this time.
2. the onslaught of Babylon
In verse 3, Babylon is likened to water coming from the north. Babylon's onslaught is like a flood, and the reinforcements from Phoenicia are of no help (v. 4). Kahfutol" refers to the island of Crete, from which the Philistines are said to have originally come. In verse 5, Gaza is "shaved on the head," perhaps symbolizing lamentation over the defeat. Ashkelon, north of Gaza, is also considered to be in ruins. This would mean that every major city in the Philistines is driven to ruin. This is a desperate description. Then Jeremiah's words, a prayer, are inserted. Ah, O sword of the LORD! O sword of the Lord! How long will you not rest? Rest quietly in your sheaths" (v. 6). It is perhaps noteworthy that Jeremiah refers to the "waters that arise from the north" as "the sword of the Lord. He speaks of the disastrous international conflict as not merely a war of imperialist aggression, but one in which Babylon is used as an instrument of divine judgment. Some may find Jeremiah's view of the war confusing.
3. God's Justice
No one who watches and listens to the news of recent international conflicts can possibly think that this is God's hand of judgment. If there is any part of us that thinks that this is God's judgment, then like Jeremiah, we are compelled to say to God in prayer, "Lord, stop your hand. But it does not work that way. Rather, we call for a cease-fire against the country that has the upper hand. However, as the war drags on and the circumstances of the countries in the middle of the conflict become clearer, some of us will gradually realize that this is not a matter of simply asking for a ceasefire from the superior or stronger country. Rather, it is the result of long-standing hostility, hatred, and conflict, which must be judged by a true and righteous God.
Jeremiah says, verse 7: "How can I rest? The Lord has commanded the sword." There are things that must be judged. It should be said that there is a pitfall in turning a blind eye to such a situation of human sin and seeking a superficial peace. The role of religion is not to be used as an ideology of war, but rather to reveal the situation of the human soul that causes war. Truly, man recognizes the warring spirit that lurks even within himself, seeks salvation from his sins, and is made new in God. In this way, a new world order will arise. There is a situation in the world that demands the manifestation of God's justice. I pray that today will be another good day.
<Quiz Corner</div>
First, yesterday's quiz. Who was the king who was killed trying to stop the Egyptian army heading for the battle of Carchemish? (1) Amon, (2) Josiah, and (3) Jehoiachin. The answer was (2) Josiah. Now, here is today's Bible quiz. Which of the following is not one of the five major cities of the Philistines? (1) Gaza, (2) Ashkelon, and (3) Kahfutol. See you tomorrow for the answer. Well, I wish you a good day today.