大矢公子 イエスさまと共に歩む足跡

「脊髄小脳変性症」の長男を2015年10月から自宅介護。
介護をとおして思いがけない出会い、恵み、感謝を綴ります。

お得なじもと応援券

2020-10-28 | 個人的なこと

JAセレサに野菜を買いに行った折、販売していたのを偶然見つけ、持ち金はたいて2冊購入。

 

今日はお一人さまランチで「初代」噂の一品「白いカレーうどん」

1万円で13枚綴りのチケット1枚を使ってお支払い! 

とってもお得、ウキウキ気分です。

 

コメント

ついに我が町にも! 憧れのパン屋さん

2020-10-26 | 個人的なこと

夫が整体から帰るなり、「隣が凄い行列」と1枚のチラシを魅せてくれました。

「LA PAN 本日オープン」

ついに我が町武蔵新城にもできました。あの憧れの紙袋 オッと・・パン。

夫に「直ぐに並んで」と頼み、あと9名で売り切れのところを2斤ゲット!!

大変美味しゅうございました、紙袋 オッと・・パン。

コメント

朝ドラ 感動の言葉

2020-10-23 | 個人的なこと

朝ドラ「エール」 吉岡秀隆の演技に魅了されました。

寅さんの甥っ子光男君、素晴らしい役者になったと感じ入りながら観ていました。

 

中でも忘れられないセリフに感動!

「何故、どうしてと問うているうちは希望は生まれません。」

 

コメント

あれから5年

2020-10-20 | 長男のこと

長男は今日から「川崎みどりの病院」にレスパイト(介護者休息のためのステイ)です。

聖マリアンナ医科大学病院を退院するとき、「家に連れて帰るのは無理、3日で3人ともダウンする」と許可がおりず、泣く泣く介護/看護型のここに入りました。

数ヶ月して「在宅介護にチャレンジしてみませんか」と院長から打診が有り、嬉しくて嬉しくて介護の大変さが何かも知らず、二つ返事で了解しました。 

2015年10月 こうして在宅介護が始まったのでした。

「一週間、一週間頑張れれば何とかなる!」と看護師さんに励まされ

あれから5年! 

 

何とかなりました。

・・・とは言っても当初は私自身が熱をだしたり、喘息がでてしまったり。

山あり谷ありでしたが、何にもまして恵みありの5年でした。

 

 

コメント

お薬がチョッと減って嬉しい!

2020-10-16 | 長男のこと

長男は昨年末、急な硬直発作や高熱などで薬が一気に増えました。

その後落ち着いてから少しずつ減薬の予定でした。が・・突然のコロナ騒ぎで在宅医も減薬を躊躇、私も言い出しにくく。

お薬が効きすぎでしょうね、ボーッとしていることが多かったこの一年です。

 

今日の診察でやっとお薬を少~し減らして頂くことになりました。主に感謝!

 

コメント

久し振りに電車に乗りました

2020-10-15 | 個人的なこと

電車の写真なんか撮って・・恥ずかしいんですけれど。

慈恵医大皮膚科の定期受診をコロナ渦で延ばし伸ばし、さらに延ばしてやっと今日行ってきました。

電車に乗るのは10ヶ月ぶり、何だか子どもみたいに嬉しいものです。

慈恵医大に着いたら何とリニューアルされていて広い空間にこれまたビックリ。

まるでお上りさん、実に新鮮な一日を過ごしました。

コメント

久々のスリーショット

2020-10-12 | 個人的なこと

ファミリーの写真をとリクエストが有り、ヘルパーのY.Iさんに撮っていただきました。

コメント

若い人に教えられたこと

2020-10-10 | 長男のこと

シックスパッド フットフィット

 

なくなった私、効果有りで毎日使っています。

 

なくなった長男にもと勧めてくださったヘルパーのY.Iさん。

若い人の頭は柔軟で発想が豊か、全く思いもよらない事でしたから”目がテン”です。

教えられることが多く、また感謝が増えました。

 

 

コメント

日本学術会議

2020-10-06 | 長男のこと

「日本学術会議」が最近頻繁にニュースで流れています。

長男がかつて主治医としてお世話になった故金澤一郎先生、それはそれは数々の尊い役職に就いておられ、お世話になっている頃は国際福祉大学大学院長、宮内庁皇室医務主幹、日本学術会議会長等々を勤めておられました。

皇室医務主幹は大旨分かりますが、「日本学術会議」っていったい何だろう?

ここへ来てやっとガッテン!

 

なお、金澤先生は2014年に膵臓ガンが見つかりそれを機に私たちも先生とはお別れとなりました。

金澤先生の受診日を楽しみにしていたまだまだ元気な頃の長男です。

 

コメント

日本の言葉は美しい!

2020-10-03 | 個人的なこと

昨日(10月2日)の月をスマホで撮りました。

 

中秋の名月の翌日の月を十六夜「いざよい」と言うのだそうです。

ススキも月見団子もありませんが何とも幻想的。

それにしても「いざよい」とは・・・日本語は美しいですね。

 

    「十六夜は わづかに闇の 初哉(はじめかな)」 松尾芭蕉

コメント