季節の移ろいin絵手紙 Ⅱ

 絵手紙&水切り絵&パステルアートに日々の出来事を添えて・・・

瀬戸内の春の風物詩が・・・

2019-03-17 07:40:47 | 日記
 毎年 2月末から3月中旬ころにかけて、
瀬戸内に住む多くの主婦は色めき立っていました。
 イカナゴ漁解禁に伴い主婦たちは、朝網が上がると一番に運ばれてくる水産業者の店先に列をなし、7時を過ぎるころから入荷を今や遅しと並んだものです

 私も、息子が赤ちゃんの頃、おぶって漁業組合の(イカナゴの釘煮講習会)に足を運び、
この地に伝わる(イカナゴの佃煮)の作り方を習いました。

 基本の佃煮に、ゆずの皮、山椒、クルミ等々を加えて主婦たちは、数十年かけて(我が家の味)を育ててきたのです。
 ところが10年ほど前から、イカナゴの量が急減し、それに伴い価格が高騰。
今年初めて売り出された時の値段が今まで最高(@_@;)
大阪湾では3日で漁を打ち切ったとか。
まだ、播磨灘等々では、漁は続いているものの、水産業者の処にも人は並んでいず、
スーパーに数個置かれている1キロパックにも誰も知らん顔(笑)

 1キロのイカナゴを佃煮にすると、7~800グラムに仕上がります。
この量を入れるプラスチックの密封容器が、
魚屋さん、スーパーーは勿論の事、郵便局でもどっさりと積み上げ売られていたものです。
 そして大きな魚屋さんには、郵便局職員が出張してきて、炊いたイカナゴを送る手配もしてくれていた時代もありました。

 これら、イカナゴで皆が浮かれていたのも今となっては昔の事。。。。
(海峡大橋ができたので流れが変わった)とか
(海底の砂を、建築資材としてとりすぎたから、稚魚が育たなくなった)等々の理由を聞いていましたが、
先日の新聞を見て(@_@;)
 (海がきれいになり、プランクトンが居なくなり餌が無くなったのが大きな原因!と・・・

 瀬戸内の春を告げる風物詩も、
海がきれいになったからと、喜ぶべき理由で消えようとしています。

 さてさて (365日絵手紙)を楽しんでるなおちゃんから、毎日きっちり絵手紙が届いています。
 
 

 昨日の段階で34枚です。
後、321枚です! 頑張れ~~~^^

 私の絵手紙は・・・
なんだか園児の絵のようですが(゜_゜>)
 
コメント (41)

やはり野に置け・・・

2019-03-11 18:19:03 | 思い出
 この辺りでは、めったに見ないので、ふと見かけると嬉しくなり佇んでしまいます。
 
♬ レンゲ摘もか 花つもか
   今年のレンゲはよう咲いた~
 

 数十年の時を隔てて、おばあちゃんが唄ってくれたわらべ唄が聞こえてくるようです。

 レンゲソウを少しずつ束ねて編んでいき、花の冠や首飾りを作って日がな一日遊んでいたあの頃。。。
 世の中は貧しい時代でしたが、
思い出の中の幼い日々は、なんて心豊かなのでしょう。

 若いころ、
   
手に取るな やはり野に置けレンゲ草

 この俳句が大好きでした。
私は単純に、野の花は自然の中でこそ美しいのであって、摘んで家に持って帰るものでないと
いう意味の句だと思っていました。
 ところが、短歌を習ってるある日、
遊女の見受けを戒める意味でもあると教わり吃驚しました。
でも、それはそれで粋な句ですね。

 ちなみに私は、子どもの頃から、野に咲くレンゲ草を(レンゲ)と言っていました。
しかし、野に咲くのは、レンゲソウ。
レンゲは蓮華、つまり蓮の花の事であると、これも大人になってから知ったことでした。
 (このわらべ唄も間違っていますね)

 そういえば、中華料理の陶器のスプーン散り蓮華(チリレンゲ)と言いますが、
これも蓮の花びらからきたネーミングとか。
 ひとつの花から、いろんなことが繋がり楽しいですね。

 という事で、今日の絵手紙は・・・
 
コメント (48)

フレイルって・・・

2019-03-07 05:40:39 | 日記
 医療、栄養のセミナーには夫婦で定期的に参加しています。
聴いたからには、即実行しよう!なんて熱心さはみじんもなく、
「知らないより、知っていた方がいいかな~」程度のゆる~~~い受講生です。

 さて、そこでここ一年ほど、よく聞かれるようになった言葉に(フレイル)があります。
(フレイル)は(虚弱)と訳されるそうです。

 つい先日まで、メタボ対策と世間では、10代から、70、80歳代の高齢者まで、
ダイエット、ダイエットと叫ばれてきましたが、
メタボ対策がこれまでと同じように必要なのは、60歳まで。
それ以上はフレイル対策なのだそうです。

 フレイルになると、体重減少の他に、低体温、低血圧があるそうです。
そしてその先には、認知症という脅し(笑)までついています。

 とにかく60歳以上は、良質の高たんぱく、高カロリー摂るように指導されるのですが、
ここでも言われるのが、糖質、塩分の怖さです。

 これらをきっちり守ろうとすると、食べることに気が重くなり楽しくありませんが、、
やはり、心のどこかに意識しておくのは大切かもしれませんね。

   今日の絵手紙です。
 
 先月教室で習ったのですが、アップするのを忘れていました。

 

 毎年11月になるとシクラメン色違い2鉢を購入します。、
3年前は何故か、5月までの半年間も元気に咲き続けた年もありましたが、
殆どの年は、少し暖かくなり始めると共に元気がなくなり駄目になってしまいます。

 でも今年は、2月になるころからまったく駄目で、
諦めて汚い葉を取り、茎もきれいにしてベランダに出すつもりでしたが、
ふと思いつき、底の水を受ける処に、10円玉を入れて今まで通り窓辺に置いてみたのです。

 2週間ほどして(@_@;)
2鉢とも、たくさんの蕾が上がってきて、
今では購入した時よりも色よく、花も多いのです\(~o~)/。
 銅が雑菌を取る作用があると言うのが功をなしたのでしょうか~ ???です。
コメント (44)

降りしきる雨の中を・・・

2019-03-01 06:21:58 | お出かけ、旅行
 あいにくの雨の中、昨日は(365日絵手紙)のピッチャーのなおちゃんと姫路であっていました。
 まずは、お定まりに(東急ハンズ)へ~
ハンズ大好き! 特に文具は見てるだけでも楽しいですね。

 さてここから、いつものように穴子料理専門店柊さんに行くのだと思っていたら、
なおちゃん曰く「ランチを食べると、ティセットが入らなくなりますよ。それくらいボリュームあるティセットなんですよ」と。

 そこで車で移動して(ティー&アンティーク琥珀)へ。

 激しい雨が路上をたたいてる中、大慌てで撮った一枚(あぁ、下手^^)
  
 お庭を楽しみながらいただきます。
 

 

 さて私たちが頼んだのは(ピーターラビット アフタヌーンティーセット)
 
 ほんと、なおちゃんが言うとおりボリュームに笑います^^
人参ケーキ、セレクトケーキもあり、私はナッツケーキをオーダー(香ばしくて美味しい!)
人参のサラダ、ピクルス、フルーツ等々が可愛い小皿に並んでいます。

 いろんな味が楽しめてお洒落~~
それに味が細やかで調和しあっています。

 中でも嬉しかったのが紅茶です。
10数種類の小瓶に入った茶葉から、香りで選べるのです。
 なおちゃんと違った紅茶を頼み、二つの味を楽しみました。

 コーヒーの美味しいカフェは時々ありますが、
紅茶の美味しい処にはなかなかなか出逢えず、又、必ず来たい!! と思いました。

 季節が変わればまた来ようね~と約束して・・・

 ここには、11時くらいから2時くらいまで食べてしゃべって、静かに流れる時を楽しみました。

 
 さて、2月にいただいた絵手紙です。
 

 お雛様の絵手紙もたくさんいただいていますのでお楽しみくださいね。
 

 私の絵手紙、、、ですが、
お正月明けから、暇に任せては作っていたお雛様絵手紙。
楽しくて、楽しくて 他の絵手紙が描きたくなくなり(笑)
2週間前程前に(これでおしまい!)と言い聞かせ^^おしまいにしました(^○^)
 

 私の中では(お雛様)はすっかり終わってしまいましたが、
お雛祭りはこれからですよね~(笑)

なおちゃんのブログ(ささゆり日記)←こちら
コメント (50)

キャッチャーとして

2019-02-25 05:27:48 | 日記
 というタイトルでも野球の話しではありません(笑)

 ブログ友のなおちゃんから「絵手紙協会主催の365日絵手紙にエントリーしたいのでキャッチャーになってもらえませんか」と頼まれたのは今年に入ってからでした。
「いいよ、私で良ければ・・・」とOKし、2月10日からスタート。。。
 
 まず最初、彼女からきた絵手紙です。
 

そして金曜日(22日まで)で12枚の絵手紙が届いています。 一部ですが・・・
 

 

 来年の2月9日まで毎日絵手紙が届く予定です。後353枚(笑)

 私 キャッチャーとしてすることは、受とって楽しんでファイルするだけ(夫も毎日楽しんでいます)


 そういえば、今を去ること30数年前のある日、
一人の友から、大きなチューリップを描いたハガキが舞い込みました。
初めて見たとき(何、これ!)と吃驚しました。
 まだ世間で絵手紙と言うものが知られていない時代です。
勿論 私も初めて見るモノでした。
 
 でも楽しくて、私も封書で毎月返事を書き送り続けました。
徐々にわかってきたのですが、彼女は絵手紙協会に通信生として入会した1期生。
初めて行われた(友の会全国大会)にも参加したとか・・・

 30数年というのは、振り返ると驚くほど長い年月でした。
その間に、お互い両親をそれぞれの介護をして送り、
小中学生だったお互いの息子たちは、皆結婚し小学生から高校生の子どもを持つ親となっています。

 彼女は10年ほどして、色鉛筆画に方向を変えて、
今ではハガキのすみにちょこっと挿絵を描いたり、淡い風景画をバックに近況を書いたハガキを、
これまたハンで押したように毎月一枚送り続けてくれています。
 私は、最初封書だったのが途中から(絵手紙もどき)やパステルアートのハガキも加わって折々の事を綴って彼女にむけて投函しています。


 さぁ~今日は、土日配達がなかったので、
なおちゃんからは3枚の絵手紙が届くことでしょう♬
コメント (44)