MATTのひとりごと

ご覧いただいた際に何か一言でもコメントを残していただけると励みになりますのでよろしくお願い致します!!

第136回オハナ・ウクレレ・パーティー(2018年1月28日)の報告と第137回(2018年2月25日)へのお誘い

2018年02月25日 | オハナ・パーティー
東京と同様6日前に降った雪がまだ融けずに残っている浦和での136回オハナ・パーティーも30名の参加者により賑やかに開催されました。(ちなみに湘南からお越しのみどりさんは「雪が残っている」ことに驚かれたとか、やはり地域で融け方が違うのですね。)恒例のyonakaさんとrankoさんによる「グッディーズのテーマ」に続いて昨年11月からスタートした「今月の一曲」は皆さんよくご存じの名曲でのあまり知られて . . . 本文を読む
コメント (6)

第135回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年12月24日)の報告と第136回(2018年1月28日)へのお誘い

2018年01月28日 | オハナ・パーティー
今回のオハナ・パーティーは私の事情により前半だけ担当し、後半はyonakaさんにお願いいたしました。写真撮影はsusumuさんにお願いし、私が早退した後も撮影を続けていただけので、全部の写真を残すことができました。今回の開催日は12月24日ということでテーブルにはサンタの帽子とTAONさんが提供された広島銘菓、そして先月からはじまった「今月の歌」第2回の楽譜を用意いたしました。まずはオープニングの . . . 本文を読む
コメント (4)

第134回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年11月26日)の報告と第135回(2017年12月24日)へのお誘い

2017年12月24日 | オハナ・パーティー
前回のオハナ・パーティーは運悪く台風21号の直撃時刻に開催したため、皆様は会の終了後帰宅を急がれましたが、今回は平常どおりの会でしたので、有志の皆様は二次会を楽しみました。今回はいつもオープニングを盛り上げてくださるyonakaさんとrankoさんが欠席されたので、くろさんと西田さんにオープニングのテーマ曲を歌っていただきました。今回もトップバッターはkouhaさん。「ヘッドライト・・・・」の演奏 . . . 本文を読む
コメント (18)

第133回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年10月22日)の報告と第134回(2017年11月26日)へのお誘い

2017年11月26日 | オハナ・パーティー
巨大な台風21号がこの日の深夜に関東地方を直撃するという予報にもかかわらず、第133回オハナ・ウクレレ・パーティーは別な用事で欠席された方以外全員参加という会になりました。もっとも電車が止まってもいけないので終了時刻よりも早めに切り上げ、皆さん家路につかれましたが・・・まず私の開会の辞に続いて自作の「テーマ曲」の演奏では「ナンチャッテピアノ」に移ります。来月はステージのお二人が欠席予定ですので、先 . . . 本文を読む
コメント (12)

安井前NUA副理事長の記事(2000年12月 医道の日本)

2017年10月31日 | NUA
本日(2017年10月31日)現在、我が家を耐震補強のためリフォームすべく荷物の仕分けや梱包、廃棄、保管当の作業を実施中なのですが、17年前の2000年12月号の「医道の日本」という雑誌にNUAの前副理事長であった安井鏡観(本名進一郎)さんの記事がありました。おそらく現在のNUA会員の半数以上の方々がご存じないかも知れませんので、このブログに残しておくことにいたしました。トップの写真は1999年の . . . 本文を読む
コメント

さらばピアノよ(2017年10月16日)

2017年10月16日 | 身の周り・暮らし
我が家を改築するに当たり、たくさんの楽器や機材を処分いたしました。エクセルシャーのプロ用アコーディオンなど2台をはじめTEACの38cm/s、2trackのオープンデッキ、アイワのリボンマイク3台、ソニーのプロ用マイク3台、ヤマハのDX-7、サンスイの大型スピーカーシステム1対等々合計30点近くを引き取ってもらい、この日がその最終日としてヤマハのグランドピアノやエレクトーン、そしてアップライトピアノなど重量級の楽器を引き取ってもらいました。雨の降るなか、さすがは専門家です、わずか1時間とちょっとで引取りが完了しました。 . . . 本文を読む
コメント (10)

第132回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年9月24日)の報告と第133回(2017年10月22日)へのお誘い

2017年09月24日 | オハナ・パーティー
 第132回のオハナ・ウクレレ・パーティーはお休みされる方が多くあって開催が心配でしたが、4名もの初参加があったおかげもあり20名を超えるパーティーが開催できました。トップバッターはおなじみのkouhaさん、余裕を持った演奏でオープニングを盛り上げてくださいました。 続いてつゑちゃんがしっとりとハワイアンの弾き語りとシャンソンの演奏をご披露されました。今回り加のおひとり山道さんはこれま . . . 本文を読む
コメント (6)

第131回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年7月23日)の報告と第132回(2017年9月24日)へのお誘い

2017年07月23日 | オハナ・パーティー
先月の第130回/12周年記念会の余韻が醒めないうちに第131回オハナ・ウクレレ・パーティーの当日がやってきました。この日はおりしも地元の夏祭りに遭遇し、お店の中も外も大変賑やかな一日でした。今回も29名もの参加者があり、その中には「東京組バンド」の4名さまをはじめ、計6名もの新規参加者を得て、内容的にも大変充実した会となりました。常連で前の幹事さんのiisanが手術直後ということで欠席されたこと . . . 本文を読む
コメント (11)

第130回オハナ・ウクレレ・パーティー(2017年6月25日)の報告と第131回(2017年7月23日)へのお誘い

2017年06月25日 | オハナ・パーティー
2005年4月に茨城県古河市にあったハワイアン・スナック「オハナ」でスタートしたこの「オハナ・ウクレレ・パーティー」も今年で満12年、そして今回が第130回という節目を迎えましたので、特別ゲストをお招きしての演奏を交え、記念の催しを実施いたしました。この日のプログラムです。(画面をクリックすると拡大します)実際の式次第(!)は機材搬入と撤収の都合で変更がありましたが、ほぼ予定通りの午後8時半に終了 . . . 本文を読む
コメント (9)

ウクレレ快読本(かいとくほん)の改訂新版のご紹介(2017年6月20日)

2017年06月20日 | MATT本
上記の紹介文にありますように、「ウクレレ快読本」を初めて出版してから10年を経過いたしました。おかげさまで出版社の在庫がゼロとなったことを受けてこの本の「改訂版」を出版することといたしました。表紙は初版本と同様五十嵐仁之さんにお願いいたしました。 左が初版本の表紙で、右が今回の改訂新版の表紙です。今回の表紙は初版と同じイメージでありながら青を基調とした涼しげな表紙になっています。この青い階段を降 . . . 本文を読む
コメント (6)

5弦ウクレレ

2017年06月08日 | ウクレレ
ウクレレの調弦方法としては昔ながらの「ハイG調弦」すなわち4弦G音を1弦A音から1音低く調弦する方法と、4弦G音をそれより1オクターブ低く調弦する「ローG調弦」の二通りが一般的におこなわれています。「ハイG調弦」はストラミングをしたときに「ウクレレらしい音」で鳴ってくれるので、特にハワイアン音楽の伴奏に向いているとともに、例は少ないのですが1弦と4弦の音程が近いことを利用したハイG独特のウクレレ・ . . . 本文を読む
コメント

二つの水道道路(2)荒玉水道道路:早朝徘徊シリーズ(2016年8月19日)

2016年08月19日 | 徘徊
今回の徘徊(!)はもうひとつの水道道路である「荒玉水道道路」を辿ったようです(ひとごとのようで・・・)。この道路は地図でもお分かりのように定規で書いたような直線で続いています。JR(昔は国電、その前は省線)の中央線と同様、未開拓の土地にこのような道路を通すための設計図を書く技師は楽しいでしょうね。・・・・なんて気楽なことを言っていますが、実際には実現に至るまでの測量や、地主との交渉や立ち退きの補償 . . . 本文を読む
コメント (8)

二つの水道道路(1)井の頭通り:早朝徘徊シリーズ(2016年8月16日)

2016年08月16日 | 徘徊
私の自宅の周辺には「水道道路」と呼ばれる道がふたつありますが、もちろん名前の由来はその道路の下に太い水道管が埋められていたことから来ています。今回はそのうち「井の頭通り」と呼ばれる水道道路を辿ってみました。 [この「徘徊シリーズ?」は文字通り「歩き回る」記録なので、遥か遠くの場所に行くには制約があります。(もちろん電車やバスのお世話にはなりますが・・・)そこで今回も「グーグル・アース」や . . . 本文を読む
コメント (2)

駒場学校群:早朝徘徊シリーズ (2016年8月9日)

2016年08月09日 | 徘徊
家族からは「身分証明書とケータイを持って出かけるように」とクギを刺されながらの徘徊シリーズです。「徘徊」ですから 当然ながらどこへ向かうかは本人にもわからないという適当な「散歩」ですが、途中撮影した写真では全体がよくわからない建物を「グーグル・アース」という衛星写真の力を借りてご紹介します。これ以外にも「グーグル・マップ」や「ウィキペディア」さらにはネットにアップしておられるたくさんの研究家の資料 . . . 本文を読む
コメント (12)

ERUへのお誘い

2016年05月15日 | ウクレレ
1.はじめに 「ERU」という楽器というか調弦法はおそらくどなたもご存じないと思います。なにしろ私が勝手に名づけたのですから。 ERUはExtended Range Ukuleleの略で、もともと狭い音域しか持っていないウクレレの音域を何とかして拡張しようと、バリトン・ウクレレの1,2コースにエレキ・ギターまたはアコースティック・ギターの1弦と2弦を、そして3,4コースにはクラシック・ギターの . . . 本文を読む
コメント (6)