定年後の田舎暮らし

 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移住し、田舎暮らしを始めました。

入院2)顔面神経麻痺

2018-04-22 07:56:21 | Weblog

 7日間の治療後、8日目に退院しました。

 こんなに長い間入院したのは生まれて初めての経験です。お産などで入院したことはありましたが・・・・

 病棟は耳鼻科、消火器内科、小児科、婦人科、泌尿器科などが入った混合病棟で、時々元気な赤ん坊の泣き声が聞こえてきます。感心したのは看護師さん達がとても優しく親切なことでした。

  点滴を受けたのは初めてでしたが、年を取っているためなのか?血管が細めで、1時間の予定が途中でほとんど止まったりして、中間から生理食塩水で押し出してもらったりして2時間近くかかることもあり、腫れてくると別の血管に刺し直したりで、困りました。結局、毎日1回の頻度で刺されてしまいました(ーー;)。

  点滴以外は手足は自由に動くことが出来るため、後半は歩き回ったり階段の上り下りをしたり、筋力の低下を減らそうと努力。ステロイドの影響も37度の微熱が1度出た程度で、ムーンフェイスにもならなくて済みそうです。

  

  入院で一番の楽しみは食事。ここの病院はごはんがとても美味しく炊けていて、おかずも3種類はあり、デザートや牛乳など、期待以上に美味でした。一番嬉しかったのはある日のお昼の「春野菜たっぷり弁当」で、月に1度くらい、行事などの時にこのようなお弁当が出るそうでした。

   タケノコご飯に、タラの芽や野菜のてんぷら、煮物。アスパラなどに、苺のババロアと牛乳・・・少し落ち込んでいましたので、嬉しくなりました。

  退屈することだろうと、家から持ち込んだのは、本3冊「EOS5D MarkⅡ完全ガイド、人間というもの(司馬遼太郎)、れんげ荘(群ようこ)」 スマホ、miniのiPads、音楽曲をたくさん入れたウォークマン、編み物道具など・・・・特に点滴を受けながらウォークマンの音楽をいつも聴いていました。

       

    右目が乾燥するためか、涙がかなり出ていましたので、太い毛糸で簡単な「アクリルタワシ」を5枚編んで、お世話になった看護師さん達に渡して、喜んでいただきました。

       少し嬉しいこともありました!1月にスキーで転んで右肩から腕にかけて強打し、4月までは1日に2回くらい湿布薬を貼っていたのですが、入院の間、痛みが消失していました。右肩を下にして寝ることが出来ます。

    8日目に無事、退院して我が家に戻りました。だいぶ雪解けは進んで日あたりのいい場所ではクロッカスと小さな水仙が咲いていましたが、畑の方は屋根から落ちた雪でまだ、1mは積もったままです。

    あせらず少しずつ経過が良くなることを祈るしかありません・・・・夫は、食事を作らない人なので、体重が2kgも減ったと言っていました・・・・

コメント (2)

大谷選手の快挙

2018-04-08 08:12:49 | Weblog

 私は野球は余り熱心に見たことがありません。特別に応援しているプロ野球チームもありませんし、試合時間が長すぎるので、ゆっくり見る暇が無いというのが実情です。

 ただ、夫はTVで野球を良く見ているため、一緒にちらちらと見ている程度です。しかし、最近は少し違います。連日の大谷選手の快挙が続いているからです。

    

         

              

   初のピッチャーとして勝利をおさめ、昨日は「3試合連続ホームラン!」外国のアナウンサーが「信じられない!ウソ!」と叫んでいたそうですが、まさにその通りでした。オープン戦の様子では、まだ調整が遅れていると言う感じで、長打を打ってはいませんでしたので・・・・

   明日は2回目のピッチャーとして出場予定。きっと、いい成績を取ってくれることでしょう!

コメント

パラリンピックの快挙

2018-03-17 09:19:11 | Weblog

 平昌パラリンピックが開催されて、日本選手も素晴らしい成績を収めて、その戦いぶりを応援しながら、逆に励まされている日々です。

  数日前にアルペンスキー女子大回転座位の村岡桃佳選手が初の金メダルを獲ったばかりでしたが、昨日、期待の成田緑夢選手がスノーボードの男子バンクドスラロームで優勝して、先日の銅メダルに続いて金メダルを獲得しました。

  丁度TVで応援していましたが、1回目、2回目、3回目と回を重ねるごとに良い成績になり、その速さと安定性に驚かされてしまいました。これからのことではなく、目の前の、今の1分、1秒を目指して努力していますという言葉に感動しました。

     

          

             

     NHKの画面を撮影しましたが、成田選手の笑顔が明るくて、大変印象に残りました。これからもがんばって下さい。

     今大会の日本選手団のメダルは8個になりました(#^.^#)。

コメント

温泉とマッサージ

2018-03-10 07:42:34 | Weblog

    

           

  3月8,9日と雪交じりの雨が降り、これまでどうしても落ちなかった屋根の雪もほとんどの家で落雪してしまっています。国道はすっかり雪が解けてしまい、道路脇の雪の壁が黒く汚くなってしまいました。

   この時期は車がすぐに汚れてしまい、洗車しなくてはならないと思いつつ、すぐに汚れてしまうので、汚れたまま走っています。

  スキーをすることが出来ないと、本を読んだり編み物をしたりして過ごしていますが、昨日午後から温泉に行ってみることにしました。ニセコ駅前の「綺羅の湯」は、ずっと前から入浴料が500円と安く、丁度割引券を持っていましたので、400円で入浴できました。

  温泉に入った後に、予約をしていたマッサージをやっていただくことに・・・・夫は30分、私はまだ痛みが残る肩から腕周辺を20分程マッサージをしてもらいました。「両肩ともにかなり凝っていますね。」と、言われましたが、だいぶ軽くなったような気がしました。夫も気持ちよさそうで、また、やってもらおうと、言っていました。

  今日も曇りの予報で、日曜日に雪が降りそうで期待しています。丸を待ちつつ、雪を望んでいるこの頃です。

コメント

昨夜のオリンピック

2018-02-25 09:26:56 | Weblog

 冬季オリンピックゲームも終盤になって、今日は日会式です。毎日テレビ観戦して応援していますが、日本選手の活躍に感動しています。

   

      

   女子カーリングは負けが続いていましたが、運よくアメリカが敗戦となり、銅メダルを掛けてイギリスと対戦しました。最後まで息をのむような戦いが続き、勝利を諦めていた最後の瞬間に、何と、黄色のストーンが中央に!

   熱戦を制して大喜びで抱き合っている5人の姿が、印象的でした。

   

      

    引き続いて今年からとりいれられたスピードスケート マススタートで、小柄な高木菜那が見事一位となり、5つ目の金メダルを獲りました。

      

         

    高木姉妹はお互いに金、銀、銅メダルを獲って、素晴らしい戦いでした。にこにこ顔の高木選手の横で、にこりともしない韓国の選手の表情が、対照的でした。

    日本13個のメダル獲得でした(#^.^#)。写真は観戦したTVから、撮影させていただきました。

コメント (2)

日本メダル11個

2018-02-22 08:28:35 | Weblog

 冬季オリンピックで、日本はついに11個のメダルを獲得しました。

  

       

 まず、小平奈緒選手のスピードスケート500mは、1位の快挙でした。オリンピック2つ目の金メダルが取れ、日の丸が中央でたなびいていました。オランダまで行って修業して腕を磨いた小平選手の努力のたまものですが、すべての費用を負担した職場の病院の応援があったことを聞いて、感激しました。

   

         

   そして、昨夜のスピードスケート女子パシューとは、素晴らしい成績で見ごたえがありました。スピードの成績ではオランダに負けていましたが、見事なチームワークで勝利を導きました。

    

      

         

   大人と子供くらいの体格の差があったのに、良く金メダルが獲れたものだと、応援しながら感動しました。3個目の金メダルでした(#^.^#)。

コメント

感銘を受けた2冊の本

2017-08-05 06:10:55 | Weblog

 今年の春以降読んだ本の中で、感銘を受けた2冊の本をご紹介します。

             

   1冊目は現神奈川県知事の黒岩祐治氏が書かれた「末期ガンと漢方ー父に起きた奇跡ー」です。漢方専門の薬局を経営されている私の友人Yさんから「是非、読んでみて下さい」と、送られてきた本です。

  黒岩氏は早稲田大学政経学部を卒業後、フジテレビに入社し、キャスター生活21年を経て、2011年に神奈川県知事に就任されています。お父様が肝がんとなり、冠動脈塞栓療法を2回受け、その後肺がんを併発しされました。

  これまで受けた西洋医学の治療法(外科手術、放射線治療、抗がん剤)を受けるも、再発して余命2カ月と宣告されました。

  この時、中国伝統医学の劉影先生と出会い、免疫力を高める山芋などの食べ物や、様々な漢方の投与を受け、2年間、積極的な生き方を貫かれたという内容を詳細に書かれています。

  黒岩氏は、末期がんに対して西洋医学は無力であり、漢方をとりいれた「命に向きあう医療」「東西医療の融合性」の必要を説かれて、日本の医療のあり方を見直すことが必要と述べていらっしゃいます。

  がんと向き合っていらっしゃる友人2名にも本を差し上げましたが、「早速山芋を買ってきました。」「希望が持てた。」と喜んでいただけました。がんで死亡する率は年々高まっていますので、読んでおきたい本と思われます。

              

    もう1冊は木下諄一氏の「アリガト 謝謝(シェシェ)」です。

    私はこの本を読むまで、2011年3月11日に発生した東日本大震災に対して、台湾全土で支援の運動が広がり、200億円もの義援金をわが国に届けて下さったことを詳しくは知りませんでした。小学生たちの募金活動がすぐに始まり、台湾のほとんどの方々が被災者を助けるために大変な苦労をして集めて、直接に日本に届けて下さったのです。3億円の義援金を送って下さった中国にも感謝をしていますが、その70倍近くの金額なのです。

    熱狂的な支援の輪がどのように広がり、どの様にして集めたかが詳しく書かれていました。逆の立場でしたら、日本の私達にどれだけのことが出来たでしょうか?

    しかも、日本政府は1ヶ月後、6カ国の主要紙7紙に対して、世界各国から受けた支援への感謝のメッセージを伝える広告を掲載したのですが、そこに台湾が含まれていなかったのです。中国への配慮があったとも言われていますが・・・

    日本から台湾へのお礼の感謝広告をしなければ・・・と、立ち上がった人々の努力と活動内容にも感動しました。

    台湾で一時仕事をしたことがある夫が「台湾の人々の日本に対する感情は、ほとんどの人々に共通していて、とても親しみが感じられる。」と、昔から言っていました。

    私も心から「ありがとう!台湾!」と言いたいと思います。

コメント (2)

初夏の花7)

2017-06-24 06:23:39 | Weblog

 今年は「クレマチス」が野ネズミにやられてしまい、がっかりしていましたが、何とか生き延びて少しだけ咲き始めました。

    

         

    ピンクの方はまだ花をつけていませんが、白い花だけ咲いています。

     

        

           

              

    黄金色に光ってい小さな花は、「キンポウゲ」で、次は「アサツキ」です。「アサツキ」は春と秋に細い葱が出てきますので、料理にとても重宝しています。

    黄色の大きめの花は「エゾキスゲ」は、そろそろ花の時期はお終いです。花の奥にいつも蟻さんが潜んでいます。

   

         

   今年はいろいろな色の「ペチュニア」の苗を購入して、ベランダに掛けています。通りがかりの人に「綺麗ですね!」と言われると、嬉しい限りです。

    

       

          

    「マーガレット」は今でもあちこちに咲き乱れていますが、少し浮き上がるように撮影してみました。

コメント (4)

初夏の花2)

2017-06-21 07:36:59 | Weblog

 裏庭にもいろいろな花が咲き始めました。

    

       

          

   黄色い小さな花は「ミヤコグサ」で、矢車草を大きくした花は「ヤグルマギクの仲間の「モンタナ」です。

   

        

   「ルピナス」が咲くと、夏の訪れを感じます。

コメント

えぞふじ合唱団の忘年会

2016-12-13 08:41:22 | Weblog

 昨日はえぞふじ合唱団の1年間の行事も終了して、第一会館にて「忘年会」が行われました。

     

         

           

            

    和気あいあいと話をしたり、ゲームをしたり、にごり酒を飲んだり・・・・・1年間の締めくくりでこれから1月2月は雪が多いためにお休みとなり、新年度のオーラスの練習は3月からになります。

    年々年をとってきていますが、健康のためにも練習を頑張っています・

   今朝は朝から猛吹雪状態で、雪はそれほど積もっていませんが、スキーに行く気になりません。おまけに昨日から風邪をひいてしまいました(ーー;)・

コメント (2)