ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

ツアーボールが競い合うって嬉しいねぇ

2018年12月19日 09時33分32秒 | 用具



スリクソンの新ボールの
追加情報です。
両方共、飛距離性能が
ワンランク上がった印象です。
現在のスリクソンボールと
比較すると、
ドライバーで8ヤード、
アイアンだと4ヤードぐらい。
微妙な差ですが、
ツアーボールとしては
この差が大きいんです。

『Z-STAR』の最大の特徴は
柔らかさです。
特にショートゲームでは
今市場に出ている
ツアーボールの中では
ぶっちぎりでソフトで
静かです。
弾くのではなく、
フェースに乗せて
推していくような寄せと
パットをしたい人には、
「これしかない!」
というボールに
なる可能性があります。

『Z-STAR XV』は
明らかに後継機種として
足りない部分を補って
パワーアップしました。
ショートゲームは、
プロV1やTOUR Bのように
高音で弾きます。
それでいて、スピン性能は
トップレベルです。

結局、ツアーボールは
個人の好みなのです。
違いがわかるゴルファーには
選択肢が多いことは
本当にラッキーです。
自分のために用意されたと
感じてしまうようなボールに
出逢えるゴルファーは
神様に感謝しましょう。

画像の手前は
使用球の『TOUR B X』です。
赤いドットは、
マイボールだとわかるように
つけたマーキングです。
このボールも強いぬめり感が
特徴ですけど、
並べてチェックしてみると
新スリクソンの2つと
ほとんど変わりない感触です。

ツアーボールには
ぬめり感が必要だと
こだわるゴルファーが
少なからずいますが、
国産メーカーの2社が
この分野で
しのぎを削るというのは
なかなか興味深いです。

さて、年末から来年にかけて、
新製品が出ます。
試打をする機会が増えます。
同じボール、
それも慣れ親しんだボールが
なければ、
詳細なインプレはできません。
何も我慢せずに使える
頼もしい相棒がいることは
幸せ者です。
『TOUR B X』と一緒に
頑張ります! 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント