世界的備忘録

世界中で見れる私の競馬関連備忘録。中央競馬全開催のメイン、最終を淡々と予想。

第25回フェブラリーS

2008年02月24日 02時13分50秒 | 競馬予想関連
東京11RフェブラリーS

今回のフェブラリーSがいつもと違う点。

1.5歳馬がいないということ
2.G1連勝の15ヴァーミリアンが中間一頓挫有りおよび距離不安であること

という状況。現在どう考えてもダート界王者である15ヴァーミリアンに不安な状況があるが、しかし、これに対抗するメンバーも閉塞している。

フェブラリーSといえば、1分36秒台の時計が出る、高速スピード戦。この状況で現在のダート界上位を形成している馬達に閉塞感があるということで・・・

スピード能力の証明を求める為、思い切って芝の実績に注目したい。

あくまで可能性を拾うだけ。だから各馬の精査は詳しく行わないこととする。。。

◎14デアリングハート →府中牝馬S2勝、クイーンS○15ヴァーミリアン →ラジオたんぱ杯2歳S
▲4フィールドルージュ →実績なし(未勝利3着)
△6メイショウバトラー →小倉大賞典
☆11ヴィクトリー →皐月賞

ほんとに、やる気なし。
コメント

ある意味器用

2008年02月17日 22時51分49秒 | 競馬雑記
2着固定12。
相手10、15。


ただし馬券は馬単。


3連単にしとけば・・・。


ま、2万ついたから、いっか。
コメント

20080217展望

2008年02月17日 02時22分17秒 | 競馬予想関連
風邪気味+休出でテンション下がり中です。

東京11RダイヤモンドS
流れとしては、以外と12秒台で流れるペースが多い。スタミナの証明と今の府中向きなキレを備えた馬をチョイスしたい。

どうも軽ハンデ馬が人気しすぎている状況なだけに、1コンラッド、4トウカイワイルドを中心視。

1コンラッドは大型馬だが、前走でスタミナを証明した。展開的に前崩れ待ちだが、方向性としては合っている。4トウカイワイルドはスロー展開から速い脚を使えるタイプで府中コースは合う。

後は混戦模様。府中合う5チェストウイングと1000万勝ちだが軽ハンで横山典騎乗の6ミストラルクルーズ。
◎1コンラッド○4トウカイワイルド△5チェストウイング△6ミストラルクルーズ

京都11Rきさらぎ賞
ポイントは「去年の教訓を生かしましょう」。これに尽きる。

オーシャンエイプスの可能性を無尽蔵に考えてしまった反省を最大限生かすこと殻始めたい。

要はきちんとした厳しいレースキャリアがない馬を期待だけで人気に押し上げてはいけないということ。

過去のレース履歴から判断する方法として、半笑い氏の提唱している中盤ラップに注目したい(パクリですみません・・)

消す馬から。

13アルカザン→京都2歳S、中盤は12秒台後半のラップが続き、終い3Fだけの上がり勝負。新馬はそこそこ流れる展開では合ったが、小頭数でもあり、レース圧の経験がない。
14ダイシンプラン→新馬、中盤13秒台が入る極端な展開。徹底的な上がり勝負である。若駒Sは終い4Fから徐々に速くなる流れで対応できず。

では拾う方。

◎2ブラックシェル。まだ不器用さは残っており、必ず勝ちきれるとは言い切れない。しかし、自分で動いて5F12秒前後のラップを刻んで2着したホープフル、きちんとタメが利いて最後脚を伸ばせた福寿草特別とレースキャリアはこの中なら図抜けている。

○15レインボーペガサス。芝キャリアは北海道のみ。ラップ的にはある程度長く脚を使うことを強いられる展開が続き、勝ちきれなかったがダートで開眼。しかし、芝も直線長いコースで変わり身を見せる可能性はあるはず。ダート戦の内容と、札幌で見た印象も良かった。

▲12スマイルジャック。どうも勝ちきれないイメージから人気を落としているが、レースはいずれも息が入らなかったり11秒台のラップが入ったりして流れとしては厳しい場を踏んでいる。実力的には示せており、問題はない。

あとは10ヤマニンキングリー(黄菊賞)や3オースミマーシャル(中京2歳S)のようにある程度の流れになった展開の着順をまとめた組を拾いたい。
◎2ブラックシェル○15レインボーペガサス▲12スマイルジャック☆3オースミマーシャル☆10ヤマニンキングリー

東京10R金蹄S
12ヶ月ぶりだけど9ピースデザインの可能性を。左回りは得意にしており、展開的に少し速くなるここで人気のないうちに狙っておきたい。相手は堅実15ストラディヴァリオがこのペースなら。
◎9ピースデザイン○15ストラディバリオ▲16ヴァンデグローブ

コメント

20080211展望携帯より

2008年02月11日 09時56分06秒 | 日々々報
府中に向かってます。携帯から簡単に。

東京11
◎10○15▲11△4
マイラーが毎年活躍するレース。上位人気も強く、特に荒れないっぽい。

京都10
2月9日展望参照。レジネッタで勝負予定。

京都11
◎12○7▲9☆4、3
時計1分09秒半ば
荒れ馬場適性重視ならコンゴウ。外差しになった馬場味方に。

以下つぶやき。
京都8
ショウケイ1人気は相当危なそう。ローカルのみでしか実績ない。
東京9
なんぼなんでも13オリオン人気なさすぎ。時計掛かる馬場は適性。

東京10
最低人気くさいが9ヒシハイ狙う。冬場の荒れ馬場なら楽押切あり得る。
コメント

20080210展望京都

2008年02月10日 13時50分23秒 | 競馬予想関連
京都はシルクロードのみです。

京都11RシルクロードS
時計想定:1分9秒フラットくらい

12アストンマーチャンは消し。やはり時計が掛かり過ぎている今の京都の馬場だけに、最後の粘りが期待できないこの馬の56キロでなんとかできると思えない。

狙う馬は少しいつもと趣向を変えて15ステキシンスケクンを狙い撃ち。案外体力がある馬で、馬場は向いているはず。コース取りの自分で選べる外枠も良い。

相手は7テイエムノブシオーの粘りこみを。馬場はピッタリなのは前走を見れば分かる。初重賞だが、とんとん拍子で来ており、このハンデはむしろ恵まれた。

6ペールギュントも上がりかかる馬場で最後まで脚を伸ばせるだけに好都合。

なにせアストンを消せば広くいけそうなので、いろいろ悩める。
◎15ステキシンスケクン○7テイエムノブシオー▲6ペールギュント△10プリンセスルシータ
コメント

20080210展望小倉

2008年02月10日 11時43分44秒 | 競馬予想関連
また昨日に引き続き中山競馬場で勝負中です。月曜競馬は行けるけど、次の日休みじゃないからなあ。

フユコクもついに最終日。昨日予告どおり?最終でホームランをかっ飛ばせたので、気合入れていきます。

小倉9R
時計想定:1分10秒台

基本的にもう外伸びだけになっていると考えて、差し味ある15フェルロッサー中心。小倉キャリアがまだ浅く、バレ過ぎていないので狙える。

18センシュアルドレスも単調だがまだキャリア浅く、外から粘り脚を見せられれば。前残しの傾向がもし続いていれば1リキアイカザンも出番があるけど。
◎15フェルロッサー○18センシュアルドレス▲1リキアイカザン

小倉11R
時計想定:1分10秒台前半

基本は外から狙いたいのだが、ここは内に実力馬が固まる形。馬場傾向を見ながらアジャストしたい。実力的には2ライトグランデュアの先行力を期待。あと5ソルジャーズソングも確かにまだキャリアが浅く、人気するのは分かる。

しかし、これらの実力馬は他の条件で土が付いていないだけ。他の条件で土が付いている馬の中にも、小倉ポテンシャルを秘めた馬がたくさんいそうでこれらはパドックでアジャストしたいが、可能性を秘めていると思う馬はピックアップしておく。

<内の実力馬>
◎2ライトグランデュア
▲5ソルジャーズソング
△1ウインファンタジア
△3メイショウイッテキ

<外の一発期待馬>
○17アグネスドーン→体力馬場得意、脚は遅い
☆18トッケンショウブ→脚長で時計早い決着はダメ。小脚は続く
☆14タノニハイクレア→福島時計かかる状況で好走
☆6クインズプレイヤー→新潟時計かかる状況で好走

小倉12R
時計想定:1分49秒台

ここは実力的に上位拮抗気味だが、狙いたいのは14グッドキララ。基本スタミナ型で脚は続くタイプ。先手取れて外枠だけに、コース選べるのは有利。

相手もスタミナ証明を基本として。2マイネコンテッサは時計かかる馬場が好きなタイプで人気でも。11ツアーフォースも開催後半の実績の方が良い。一発期待としては外伸びにのって捌けたときの4アグネスマクシマムとハナ切れたときの8コアレスウィーク。
◎14グッドキララ○2マイネコンテッサ▲11ツアーデフォース△4アグネスマキシマム☆8コアレスウィーク

京都は後ほど追記します。
コメント

20080209展望

2008年02月09日 02時38分11秒 | 競馬予想関連
今週末は久々にどっぷり競馬できそうです。雪なんで明日は中山でぬくぬくと。

小倉11R小倉大賞典
確かに時計は掛かる。しかし、より求められるのは「立回り力」。みんな外外に意識が行き過ぎる余り、不器用な馬は大きく外にはじかれることとなってしまう。

ということで最低限のSP能力は持っている、立回り可能な先行馬という観点で考えてみる。

◎は2ロジック。そもそもがローカルのイメージは全くないが、なんせG1馬。それもマイルG1。SPの証明はある。馬場的にも時計掛かる流れはこなせるだけに、人気の盲点ではないか。

○は順当に15アサカディフィート。いつまでも人気にならない素晴らしい馬。スタミナ戦持って来いで今回も。
現実的な狙いどころとしては16フィールドベアー。案外上がりが掛かる流れの方が得意なタイプでキャリア的にも未知数部分多い。一発なら小倉重の逃げ切り暦がある8デンシャミチ。
◎2ロジック○15アサカディフィート▲16フィールドベアー☆8デンシャミチ

東京9R春菜賞
参考Vセレクトで2コスモミネルヴァ。脚は効率よく回るタイプで重対応可能っぽい。動きだけでもこのメンバーなら上位。
◎2コスモミネルヴァ

東京11R白富士S
みんな重賞から格落ちしてきたメンツで人気が偏らない。

東京の馬場が今イチつかめていないが、重でスタミナ方向なら9ヤマニンアラバスタの舞台。メンツ的にも上位を取れる相手構成。他はやや適性外と思われるだけに5タガノデンジャラスくらい思い切ってもいいかも。この馬キレは持っているがあまりSPがなく、適度に湿った府中馬場は実はピッタリかもしれない。
◎9ヤマニンアラバスタ○5タガノデンジャラス▲3グラスボンバー☆6ヨイチサウス

小倉10R小石原特別
ここは3アキノパンチ。フィジカルかなり見せるタイプ。SP面では開幕週だと少し劣ったが、断然時計がかかる馬場が得意そうなだけに。このクラスでモタつく馬ではないと思う。

14リリウオカラニは荒れ馬場得意で外から上昇イメージがピッタリ。一発期待は6テイエムカチボシ。走り方を見るとやや上ずるピッチタイプで小倉荒れ馬場で来るイメージにかなりしっくり来る。
◎3アキノパンチ○14リリウオカラニ▲6テイエムカチボシ

小倉12R皿倉山特別
時計は2分46秒くらいを想定。みんな3角で動くだろうし、みんな振られるだろうwということで1テイエムサッカー。去年のこのレース2着。徹底的に時計がかかって特殊状況が生まれないと絡めない馬。だけにこの極端状況はピッタリ。同じく時計掛かる流れ大好きな12マイネルアンセムと7セタガヤフラッグを絡めて3連流し的に攻めたい。
◎1テイエムサッカー○12マイネルアンセム▲7セタガヤフラッグ

京都10RエルフィンS
確かに7ポルトフィーノは未知数。ただしこの若い時期の8ヶ月はレースセンスキャリアという観点で考えるとかなり痛い。この状況ならまだ飛びつくのは早い。

正攻法のレースをして、前回は明らかに力負けといえる4レジネッタが普通に最右翼でいいんではないだろうか。小脚を使うタイプで馬場も合いそう。3ラベもこの中ではかなり実力上位。
◎4レジネッタ○3ラベ▲7ポルトフィーノ

小倉でホームラン打ちたい・・・
コメント

20080204代替分展望

2008年02月04日 00時33分22秒 | 競馬予想関連
えーっと、順延ですので、明日の東京について追記します。根岸Sは前記事参照で。予想は特に変えません。

東京1R
上位やや差なし。先行SPと内有利生かして1ケイアイモーガン。
◎1ケイアイモーガン○12アクセプトアゲン▲3アイビスデージー

東京2R
上位はソコソコ固まっているメンツで。ここも先行馬からチョイスしたく、12ベニノアイ。小柄SP型でこの距離はちょうど合うかも。2アメリカニーグルは少し不器用だが体力はある。
◎12ベニノアイ○2アメリカンイーグル▲4ラビットヒビキ

東京3R
雪後の湿った状況で、芝出走馬が揃っており、普通はこちらから入りたいところだが、あえてダート組の6ヴィクトリアルイゼから。ペースが速くなっての耐久性はあり、流れ込める。3メイショウグラナダが先手取れればこちらの頭もイメージ。
◎6ヴィクトリアルイゼ○3メイショウグラナダ▲9アクトオンザターフ

東京4R
重い芝で横並びのメンバー構成。たたき2戦目の上昇度に期待して、11ギムレットアイ。やや走りは雑だが、重い芝で非サンデー血統を敢えて。同じく非サンデーの2戦目から3トリビュートソング。
◎11ギムレットアイ○3トリビュートソング▲4トミケンブロード

東京7R
指数的に14イイデシンゲンと16セイカアレグロが抜けており、前者は芝経験、後者は時計経験がある。素直に。割って入れそうなのは距離短縮で良さが出せたら8ナムラハーンあたり。
◎14イイデシンゲン○16セイカアレグロ▲8ナムラハーン

東京8R
やや上位拮抗。1ヤエノアカハチは時計対応ができるタイプでコース相性もある。7マイニングゴールドも線効力と時計対応あり。基本はこの2頭上位と見るが、それ以降はかなり混戦気味。穴としては芝から転向の6サニーケーティング。脚長薄身タイプで馬場合いそう。
◎1ヤエノアカハチ○7マイニングゴールド▲6サニーケーティング

東京9R箱根特別
時計はやや掛かる。素質期待で13ウエイクアイランド中心。東京の成績がまとまっているように直線キレはあるタイプ。パワー感はありそうで大トビですべる競馬にならなければ。きちんとスタミナ対応なら16コスモオースティン。
◎13ウエイクアイランド○16コスモオースティン▲9ウイドーハンター

東京10R早春S
4マイネルキッツが人気している。この馬、常に人気過剰なタイプでここ何走かは相当に相手に恵まれた結果であった。前走も直線詰まった、ということで一気に人気集中しているが、相手もかなり骨っぽく、セールスポイントであるキレは馬場に殺がれるためカモとしてみて良い。

ただし後は大混戦。一発狙いで何頭か上げる。まず9コスモテナシャスは重い馬場の函館巴賞で3着。楽に行ける展開になれば馬場を生かせる。2マルタカハーモニーも冬場の芝で先行粘りこみで実績あるタイプ。不良事跡のある8ショウワモダンも含め、特にやりあう要素がないのでこのまま隊列変わらず、はありえそう。
◎9コスモテナシャス○2マルタカハーモニー▲8ショウワモダン△3ホクレレ

東京12R
勝ちきれるイメージまでは明確にもてないが、上位争いという意味では、9ヴィヴァチッシモがイメージ合う。府中でしっかりキレ脚を使い実績を残しているし、バクシンオー産駒で多少パワー方向に働いても、か。

ヒモは穴目を。14チアフルワールドは北海道で実績ある重芝向きタイプだが府中芝も2連対でダメなわけではない。ここは人気落としすぎかも。
◎9ヴィヴァチッシモ○14チアフルワールド▲2ベルジュール

コメント   トラックバック (1)

20080203展望

2008年02月03日 01時48分14秒 | 日々々報
眠いので今日も1鞍。。。

東京11R根岸S
いつもはフェブラリーSへのステップレース。しかし、今年のフェブラリーSはヴァーミリアンの緊急参戦とダイワスカーレットのダート殴りこみが控えている。つまりは根岸Sに出る馬にとってはかなり分が悪い相手となる。

よって、今年のこのレースは、G1のステップと機能するのではなく、あくまで根岸Sとしてのタイトルを奪いを奪い合う戦いになるのでは、と仮説を立てている。なおかつ、メンバーがあまり揃わずにビッググラスに初タイトルとなった去年とは違い、きちんと重賞を戦えるメンバーが揃っている。下から上がってきてポッと勝てる相手じゃない。

そこで中心は1リミットレスビッド。前走兵庫GTはハンデ戦となり、酷量59.5キロを背負わされたにも関わらず、過去GT史上最高タイムで勝ちきる内容。相当中身は濃い。はずなのに地味で評価されていない。距離的にマイルは明らかに不安がある馬で、陣営的にもココメイチ。実績を示して近走もまとめているのに評価が半端となれば絶好の狙い目。

ヒモはあくまで逆転があるとしたら、という観点でまだ変わり身がありそうな馬中心。5トラストジュゲムは距離短縮がモロに良い方向に出ている形。6トーセンブライトは府中実績しっかり。あとはいきなりしれっとダートに来ている13シボリグラン、ダ替わりで新境地開いた7マイネルスケルツィあたり。

◎1リミットレスビッド
○5トラストジュゲム
▲6トーセンブライト
☆7マイネルスケルツィ
☆13シンボリグラン
コメント

20080202展望

2008年02月02日 10時23分15秒 | 日々々報
久々です。

重賞だけでもかいとかないと。きっかけがない。。。

東京11R東京新聞杯
案外みんな控えてスロー→上がり勝負となりがち。

人気は実績馬で形成されてるので、キレを使える、かつまだ上り途上のこの馬を狙いたい。
◎13カネトシツヨシオー
コメント