ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「笑うハーレキン」

2013年05月21日 | 書籍関連

*********************************

経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住み着いた家具職人・東口太一(ひがしぐち たいち)。ホームレスの仲間達と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活を送っていた。

 

其処或る日、謎の女・奈々恵(ななえ)が転がり込んで来る。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫り来る危険。

*********************************

 

道尾秀介氏の小説「笑うハーレキン」を読了。恥ずかしい話だが、此のタイトルを最初に目にした時、「バイクに関連する話かな?」と思った。「ハーレキン」という言葉の響きが、「ハーレーダヴィッドソン」を思い起こさせたから。「ハーレキン(harlequin)」は「道化師」を意味するというのを、此の小説で初めて知った。諸説在るのだろうが、「道化師」と「ピエロ」の違いは、「目の下に涙が描かれているかか。」とか。ピエロは目の下に涙が描かれており、同じ人を笑わせる存在で在っても、ピエロの方が道化師よりも哀愁を背負っているとも言える訳だ。

 

人は誰しも、何等かの“仮面”を被って生きている。他者から触れられたくない部分を隠す其れ其れが異なった仮面を被り、違う自分を演じている面“も”在ったりする。道化師も顔にメークをする事で、普段の自分とは異なる人間を演じており、「笑うハーレキン」に登場する人々も又、普段の自分とは異なる人間を演じるべく、顔にメークを施した道化師なのだ。

 

非現実的なシチュエーションも幾つか見受けられるが、先が気になって、ついつい捲ってしまう内容。「思い込み」を逆手に取り、読者をミスリードさせる絶妙な記述が2ヶ所在り、自分はまんまと騙されてしまった。又、或る人物の意外な正体が最後の最後に明らかになるのだけれど、此れも驚きで、尚且つ「張られていた伏線の数々」には、「上手いなあ。」と唸るのみ。

 

ネット上の評価はそんなに高く無い様だが、個人的には近年の道尾作品の中では「良い出来の部類」だと思う。総合評価は、星3.5個

『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「懐かしい。」と感じるのは... | トップ | 大きい事は良い事だ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。