GRの戯れ言日記2

途中まで元々閉鎖された別会社のブログを引用して来た物。2017年2月から本格始動。それ以前は、はてなブログに書いてます。

拙ブログ閲覧にあたっての諸注意

2022-11-29 10:08:46 | ミックス

・2017年1月31日までは、閉鎖された他社サイトで行っていた「リングの戯れ言日記」の内容や文章です。したがって"リングとGRは、同一人物(=管理人)"です。ですので、途中からコメントの返事もリングからGRになってる分岐点が、生じていると思いますんで、ご了承ください。

・ハンドルネームは、戦後間もなくに在った「近畿(近畿日本)グレートリング」(現:福岡ソフトバンクホークス)というプロ野球球団のニックネームから拝借。本来は「グレートリング」と名乗るべきなのですが、この名称はアメリカのスラングでは、怪しい言葉を指すので、暗に"GR"と名乗りました。この事から僕は、旧南海ホークスのファンと思われるかも知れませんが、旧近鉄からのオリックス・バファローズのファンです。しかし、左記にも書いてある通り日本プロ野球のファンです。この詳細は、過去の「はてなブログ」内の2009年3/11の記事に書いてあります。あと残念ながら終了してしまいましたが、かつて存在したテレビ番組『爆笑オンエアバトル』・『オンバト+』の大ファンでした・・・URLもこれに関するもので設定。拙ブログをご覧の皆様も何か意見等がございましたら、称賛・批難・批判・ものいい・クレーム・異論・賛同・同意、何でもござれのコメント等をお寄せ頂きたいと存じます。

・プロフィール写真は向かって左端が、阪急ブレーブスのホーム用ユニフォーム(1972年~1974年まで使用・2011年復刻版)、真ん中が、大阪近鉄バファローズのホーム用ユニフォーム(1997年~2004年まで使用)、右端が、"むやみやたらに盗塁してた訳ではなく、ここ一番という時に走ってこその盗塁"という信念を持ち日本プロ野球での歴代2位(日米通算では歴代4位)の通算盗塁数(596盗塁)を誇り通算安打数も名球会資格者の2000安打以上を超える2157安打を放った、野村克也氏をして「天才」と言わしめた広瀬叔功(よしのり)[<現役時代>南海<監督>南海]氏のTシャツ。

 

・特技?:野球知識ネット検定6級・5級・4級、野球知識公式検定5級・4級・3級・2級(会場試験の為カンニングは不可!)→何れも履歴書に書ける代物ではない(汗)、なお1級は、一度受験したが、得点は26点。高校野球でサイクルヒット記録者は、澤村通やメジャー通算勝利数最多で来日した投手のリッチ・ゴセージとOPSの計算問題は、いけとったな(しかもフルネームで書けんかったし・・・)。それでも30点台前半~35点でどっちにしろ不合格!/お笑い芸人の所属事務所の暗記。

・このHP内のどちらかが、僕の文章なんですよね。http://www.89kentei.com/news/20181001.html

・書く必要があるとは思えないが、前ブログのプロフィールに書いてたんで(汗)似ている有名人:小笠原満男(元:鹿島アントラーズ)・中田賢一(元:中日、ソフトバンク、阪神)・勝村政信(自己分析)・梅宮辰夫・亜生(ミキ)[三木亜生]

以下:私的意見

・"それらの世界(野球界やお笑い界)全体の繁栄・発展を願わない人は、大嫌い"である。並びに"そういった思想・思考・信念・理念がない意見・人は、大嫌い"である。*根本的に"野球は、1チームだけでは、試合が成立しない"んだよ!だから"ファンのチームさえ良ければ・強ければ良いという「思想」"は、捨てるべきだし、そういう人は大嫌いだ!!

・"ファン・応援してるチームが、試合に負けた時は、その日のスポーツニュースを観ない人は、大嫌い"である。それはあまりにも「ご都合主義」で"勝った時だけしか観てないって事は、問題点を見付けてない・反省もしてない(ファンが、反省してもしょうがないとはいえ)"し野球を観てる(捉えてる)事にはならない。"ファンのチーム以外は、語る資格も無い!!"そもそも他チームの経過・結果は、どうやって捉えるの?文字だけ見るという手もあるが、個人的には「動いてる画」を観たいですしね。

・プロ野球を観るにあたって、"毎週の週べのチェックと翌日の新聞などの全チームのボックス(どの選手が何打数何安打やったか、どの投手が何イニング投げ被安打・自責点やったか等が書かれている欄)のチェックをする"ぐらいは「最低限の作業」である。逆に「これらをしてない人に、語る資格があるんか!?」とも思ってる。しかし"誰でも最初はにわか"であるし、仕事や学業で多忙のかたもおられるから、一概にそうとは言えんし思わん所もある!大きくは否定せんけど、あまり真面目に取り組んでるとは思えませんなぁ(汗)だからビギナーは、徐々に成長してもらいたい・成長を見たいですね。「そうは思わんというかた」は、僕とは"意見が異なるし、立ち位置の違い・ものの捉え方が違う"んでしょう。

 

・野球の勝敗・応援には、あまり興味が無い。身も蓋もないかも知れませんが、1対1の対戦であるから"引き分けでない限り、絶対どっちかのチームは負けるんです"!"どのチームも勝率は、1/3"!!だから"ファンのチームが負けたからといって、機嫌が悪くなる人の気持ちが、解らん"。"勝った・負けたに一喜一憂するなんて、「小学生でも出来る」事"!野球とは、僕の中では"雑学"である。というか人間に於いて「全ては、雑学からスタートする」と言っても過言ではない!野球知識検定にしても、日本プロ野球はもちろんの事・ファンのチームだけでなく全チーム網羅しなければならないし、さらにはメジャー(米)・社会人・大学・高校・中学・小学・歴史・記録・ルール・エピソード・裏話・秘話・・・(出題範囲は、一応韓国・台湾・中国・日本を含む各国の独立リーグも)と野球だけをとってみても際限無くありますわなぁ・・・まぁ真正面から取り組んだら、ノイローゼになるでしょう、僕も既にややなってる(爆)

・歴史に関しては"その当時、自身は生まれてなかったから"というのは、「理由」にならない。大体、野球の歴史はおろか"ファンのチームの歴史も知らない・知ろうとしない"のは、ファン失格と思う!ちょっと調べれば分かりそうなものであるし、選手名鑑にも「ミニ球団史みたいなもの」が、載ってるのに。僕がそういった事が好きなだけとはいえ、"あまりにも無頓着では、ありませんか?"!

 

・プロ野球のオールスターゲームの「ファン投票」についても私見。僕が"オールスターの意味を取り違えてるのかも知れん"が、僕は"もう何度もこの檜舞台に上がってる選手はわざわざ選ぶ必要が無い"という思考!「出来るだけもし出場となったら、初出場の選手を選ぶ」という投票の仕方です!「それはオールスターの価値を下げる発言でもあり、希少価値が落ちる!」って意見もありますし、言われそうですが、良いんです!米と違って"日本は1年間で2・3試合もある"し、今や交流戦もありますし、"元々米よりは、価値は落ちる"んです・・・しかし!!そうは言っても、やはり「夢舞台」ですし、何より"出来るだけ多くの人に幸せになってもらいたいから"!だからよく球場で他の人のファン投票をチラ見しますが、"ファンの球団の選手ばかりマークしてる人が多い"ですね・・・この「手法」など、僕には"もっての外"ですわ!ファンの球団の選手ばかりマークするのは、オールスターのコンセプトともずれているし、他球団にファン投票で選ばれた選手より実力の上の選手が居ても、出場出来ないという異常事態が起こる。オールスターは実力ではなく人気投票だという意見もあるだろうが、それでは人気球団(ファンの数が沢山いる球団)の選手が有利になり、不人気球団の実力選手やプロ野球に夢を膨らませて入団して来た選手も浮かばれないのではないだろうか?本来オールスターというのは、1球団のものではなく全球団・みんなのものである。そういう面からみればそのような事をする人は、了見が狭過ぎるのではなかろうか?と思うのである。「考えが、浅い!!」とも言いたいですね!大の大人がやる事では、ないですよ。僕がオールスターのファン投票をする際、成績等に準じて必ず全12球団から選手を投票している。それはオールスターが、みんなのものであるという理由からである。

 

・ネタ番組にテロップ表示は、天変地異が起ころうとも許さない(大X100激怒)!特に日テレ系の番組!!『ぐるぐるナインティナイン』内の「おもしろ荘へいらっしゃい!」のコーナー・『エンタの神様』・『お笑いカードバトル 笑札』・『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』内の「山―1グランプリ」の企画に然り(ただ近年は、おもしろ荘・ガキ使といった番組にテロップ使用の頻度は、減って来ているとはいえ)!!「障がい者の事を考えたら、しょうがない面もある。」→はい、その通りです!それやったら"全部のセリフ・くだりにテロップを入れなさいよ!"って話ですよ。重要でない所やよう解らんくだり・タイミングや中途半端にテロップを入れるからおかしくなるんやないか。"こんな解りやすい話"はないし、解ってない人が多すぎる!!"ネタにテロップが入ってる所を観て「何とも思わん」人の神経が、解らん"!!

・お笑いのネタは、"芸術の一つ"である!換言すると、「ネタにテロップを入れる行為」は、"画家が描いた画に素人があとで勝手に書き足す行為と同じ"であり、「そんな事が許されて良い訳ない」でしょう(激怒)そもそもテロップ表示は、ネタばれはするし、笑い所を他人に勝手に決められる(もちろん演者・制作者側にも「ここが笑い所」という意図・くだりがあって、正解みたいなものは、若干存在するとは思ってるけど)し、笑いの威力も落ちるし、億害あって一利なしでしょう!テロップ表示は、芸人にとっても視聴者にとっても被害者であり、誰も得しないものである。

 

・昨今というかここ30年ぐらいのお笑い界は、吉本興業が、番組・芸人が独占・席巻している状態にある事に警鐘を鳴らす!!それは"吉本だから"という理由ではなく、"一社独占"の弊害は、"その世界の繁栄や活性化を妨げるから"である!加えて"どうしても会社の特色(色・いろ)って出てしまう"んですよね~。「様々な会社が、時にはしのぎを削り・時には協力し合う形が、理想」だと思いませんか!?加えて吉本は、どちらかというと"他人を悪く言ったり、下に見るというか「他人を落として取る笑い」が多い"という点で"下品"とも言えます。下品=悪でもないし、実際にそういう笑いの手法として"手法の1つには、違いない"んですが(汗)確かに吉本の芸人に面白い・実力者も多いのは、認めますよ(実力を観る・賞レースでジャッジを下す時は、僕は絶対にフラットで評価してる!)。ただ"お笑いをしてる・お笑い界を支えてるのは、吉本だけやない!!!"って言いたい訳です!よしもとでなくても、実力者は、各プロダクションに絶対(確実)に居ます!!個人的にも?世間的にも事務所・プロダクションは、「群雄割拠」が、理想でしょう!!!

 

・"ゴールデンタイムやプライムタイムに「ショートネタ番組」オンエアは、反対"である!!やろうとしてる事が薄っぺらいし、普段お笑いを観ない人に"昨今の芸人はあんな短いネタ時間でしかネタが出来ない!"と思われてしまうから!!大体"ショートネタに向いてる芸人が、どれだけ居るか!?"って話ですよ!殆どおらんでしょう!この件に関しては、過去の記事や日頃拙ブログの行間から感じる部分が、あると思いますので、省略(汗)本音としては、深夜や早朝でもショートネタ番組自体を「反対」と言いたい所!百歩譲って"やるなら深夜か早朝にやれ!"ですな・・・

 

・ビッグ3(ビートたけし・タモリ・明石家さんま)が聖域的で揺るがないのはさる事ながら、加えて萩本欽一・志村けん・笑福亭鶴瓶・引退したが上岡龍太郎もレジェンドに加わると思う!お笑い芸人のステイタスを上げた分岐点はいくつも在った(ザ・ドリフターズの台頭・漫才ブーム・『お笑いスター誕生!!』・『オレたちひょうきん族』・とんねるずの台頭・『ダウンタウンのごっつええ感じ』の社会現象・『M-1グランプリ』等の賞レース・『爆笑オンエアバトル』・『笑いの金メダル』とか)とは思うが、やはり最初に芸人の地位を少しばかりでも向上させたんは、コント55号(欽ちゃん)が最初である(=芸人がMCを張り、ゴールデンタイムに番組を持つようになる)と思われるから、偉大である!志村けんは、"笑いの方向性・価値観"は違えど松本人志が、"ドラマに出ず、お笑い一筋な点は、立派"と尊敬の念を止まない点も、生き様としては格好良かったな。笑福亭鶴瓶は、上沼恵美子・松本人志が嫉妬心・敗北感を抱くほどの才能!それでいて計算や努力があまり見えない(ああ見えて、色んな人を恐れさせている)のは、やはり才能か!?上岡龍太郎(漫画トリオ)は、引退してしまったが、説明不可能というかこれほど才能もあり、衰えてた訳でもないのに潔く辞めた芸人も居ないであろう。ただ今現役で活動していたら、どうなっていたかは判らないが、ユーチューバーの出現を予期していた辺りも嗅覚に優れていたのではないか!?僕は今でも時々、カムバックして来てほしいと思ってるし、大卒ではなかったが、大卒並みの知識と頭の回転の速さは、非凡であった!コント55号として考えるなら、4人の内2人は鬼籍に入ってしまいましたが・・・あとは下記に上げる面々もレジェンド級。

・個人的には、ダウンタウン・ウッチャンナンチャン・爆笑問題は、レジェンド的存在で、"好き・嫌いレベルでは、語ってはいけない存在(レベル)"であると定義しています。多くは語りませんが、絶対に外せない存在ですね!!

 

・ファンの芸人は、特に設けてない。"ファンの芸人を作ると、評価がブレそうになる・ブレるのが、嫌"なんで!"フラットに評価出来なくなる・肩入れしてしまいそうになる"からです!!だから"「好き」レベル"に留めてます。

 

・拙ブログは、プロ野球の巨人・阪神とお笑い界の吉本への論調・口調は、シビアに書いてると思われます!"これらの企業は、僕が持ち上げんでも、マスコミが勝手に持ち上げてくれる・取り上げてくれる"んで!"これらの企業は、我々ファンが、冷たくあしらって(扱って)やっとバランスが、取れる存在だ"と思われるんで!!これらのファンのかたは、気分が悪くなると思われるので、読まない方が得策だと思います!

 

*この様に拙ブログに限らず、僕は日頃から「大変こだわりが強い」と言われ(僕は、こだわりとは思ってない!「こだわりではなく、正論だ!!」と思ってる)文章を読んでると、意見が合わないかた達は「人の勝手でしょ、それぞれでしょ」とイライラ・憤怒が、とてつもなく増大すると思うんで、読まない方が良いと思われます。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無題

2022-11-29 10:03:18 | 野球

実は三ツ俣と同じタイミングで尾仲(神)・沼田(巨)をヤクルトが、獲得してました(汗)まぁ書かれ方が、三ツ俣メインでネット記事やスポーツ紙が書いてるからな・・・それと同じくトライアウトを経て渡邊佑樹(楽)をソフトバンクが、獲得。狭すぎる門とはいえ、トライアウトもやらんより・無いよりは、ええんか!?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ただ今、コント中。

2022-11-27 19:46:26 | お笑い考

第5弾みたいやな、初回から2回観たけど、あとの回はもうええかなと思って観んかったんやわ(汗)石塚英彦(石ちゃん)[ホンジャマカ]と三村(さまぁ~ず)が出るっていうから、若干期待しましたが。まぁ所々面白い所もあり、無いよりは良い番組やったけど、至って普通やったかな。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勘違いであって勘違いでない

2022-11-27 03:04:28 | 野球

 年一では常連とは言えませんが、豊中の壱番館に行って来ましたが、その前に蛍池の1駅前の豊中駅近くの「高校野球発祥の地記念公園」に行って来ました!歴代優勝校・準優勝校がプレートに掲げられてましたが、夏だけかい!まぁセンバツは、豊中グラウンドの時には、まだ開催が始まってませんでしたからな(汗)若干ショボかったけど、讃えられてはいた・大事に扱いは、されてたかな!"豊中ローズ球場は、正式な発祥の地ではないっていう事をもっと喧伝せんと、勘違いする人もおんで"!現に僕は、2年前にそうやと思ってて、ローズ球場に行ってしもた訳やし、正真正銘の場所は、あの住宅街の中やったんやな!

 あと3週間ほど前ぐらいにネットでも物議を醸した・議論の的となった話が、朝ドラのセリフ内でぐっさんが"バッファローズ"と言った件で、"ここまでせっかく順調に忠実に近鉄を描いてたのに、この発言で台無しになった!"っていう寄りの意見が、僕の意見かな(怒)ただ"昔の人程、当時はバッファローズと言ってたおっちゃんやおばちゃんが、結構おったで!"という反論もヤフコメで散見されました(汗)やから「どっちも正しい」や「どっちでもええやん」という意見も占めてました・・・それでも"表記上は、バファローズ"となってるから、やはり"バファローズ"と言って欲しいし、こっちが正しいと思いますよ!ただオリとはいえ日本一になっても、未だにバッファローズと言われたりするから、"(日本一も達成した訳やし)いっその事これを機に名前を変えたら?"とも思わなくもない・・・ただそうすると、近鉄の"バファローズという名が残ってるから"、"バファローズやからファンを留まっているという人々が、ファンを辞めたり離れて行く可能性大やから、変えん方がええ"やろな・・・朝ドラのプロデューサーには、しっかり反省してもらいたい!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

捕手シャッフル第2弾

2022-11-26 08:09:03 | 野球

 森(西)をオリックスが、獲得。ハーパーがメジャーで条件が合えば、行ってまうし寅威が抜けたから、その抜け穴要員にはなるけど。捕手として出るんなら、イチから投手陣を覚えなイカン(まぁ同一リーグやから打者としては、対戦・観て来てるけど)し、守備面やリード面や体格を考えると、そう大手を振っては喜べんなぁ・・・まぁ小学・中学の後輩やし、今獲るんならプロ入団前のドラフトの時点で獲っといて欲しかったですね!それか2015年の時みたいに外野やDHとして考えるなら、心強いな。それで日本一胴上げ捕手なり損ねの伏見寅威(オ)が、ハムへ移籍(汗)日シリ7戦目の9回表に二塁打を打った際に、どの時点でねん挫したんか知らんけど、代走を送られて、ベンチに・・・で、ケンケンが胴上げ捕手になってしもたんは、ずっと気の毒・気になってたんやけど、ビールかけの様子を見てると、本人はさほど気にしてなかったようやな(少笑)何回も巻き戻して観たけど、ベースを踏んだ瞬間に故障したようには見えんかったけどなぁ、だから打った瞬間かなぁとも思ったけど、全力疾走してなかったとはいえ、どこか痛めてる訳でもなかったっぽいから、どこでやったんやろう(汗)?ラジオでガンちゃんが言及してた事によると、テレビカメラの角度でやっぱりベースを踏んだ時やったらしいな!胴上げ投手はよく注目され、目立つけど、胴上げ捕手なんて意識する・注目する人なんて、殆どおらんやろうけど、何か引っ掛かった・・・まぁ大事なんはそこやなくて、寅威は北海道出身やから、しゃあないか・・・それよりも宮城・山岡・タジが登板(先発)する時、来季から誰が捕手をやるんか・それで彼らの投球内容が落ちないかどうかが、心配な訳です・・・ここは「杉下理論」で"誰がキャッチャーでも同じ様に投げれなきゃダメだ!"の精神で、彼らには、投球の面で頑張ってもらうしかない!!寅威!オリックス・バファローズでお疲れ様でした、ありがとうございました!!日ハムでも、頑張って来てください。それと嶺井(D)をソフトバンクが、獲得したな。後半戦メインやったけど、ソフでの立ち位置は甲斐キャノンのリザーブ捕手やろうな。DeNAは来季は、スッパマン・光の争いか併用やろう。

 あとは、まだ近ちゃん(日)の去就が決まってないけど、彼も元捕手として考えたら、捕手関係が移籍しまくりの年になりますなぁ(汗)2013年のオフは、FAで各球団の捕手の移籍が相次ぎ「捕手シャッフルの年」やったからな。鶴岡慎也(日本ハム)が、ソフトバンクへ、山崎勝己(ソフトバンク)が、オリックスへ、鶴岡一成(DeNA)が、阪神へといった具合に。それ以来のシャッフルやな・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暴言が入るので、要注意を・・・

2022-11-22 23:09:57 | 野球

 結局エスコンフィールドは、来季は特例でこのバックネットまでの距離は、この規格のままシーズンを通して実施するとの事!!クソメジャーなんか参考にして、アメリカの会社なんかに設計を丸投げするから、こうなるんや(怒)!ハムも依頼する前にしっかり確認して、設計図が提示された段階で気付かんと。どうも先に造ったもん勝ちで、あとから野球規則を改訂・変更しようとしたんやろうし、そう思われても仕方ないで!ただこれを言い出したら、ホームベースから外野フェンスまでの距離の規格も、怪しい球場が出て来ますがね(大汗)今の一軍の本拠地の球場なら、殆ど基準を満たしてるやろうけど。特に昔の球場なんて、狭い球場ばっかりでしたからね(涙)後楽園・ナゴヤ・神宮・広島市民・日生・藤井寺・大阪(特に改装後)・川崎・・・特に巨人・ハムの本拠地やった後楽園なんて、両翼79mで、箱庭も箱庭!ワンちゃんは年間の半分ぐらいはこの球場を使ってたから、そら868本もホームラン打てるわな・・・エスコンに話を戻すと、来季のオフから改修工事に入るらしいけど、来年でも未完成らしいで・・・来年・再来年のオフに回収して、3年後のシーズンにようやく完成のようです(涙)何とか頑張って来年までで工事を終わらせて欲しいけどなぁ・・・

 それと答え合わせ。セ・パの優勝チームは、的中させられませんでしたし、優勝チームを当ててなんぼ?なんかなぁ?・・・半分的中の5/12やったな。おー、何やかんや言うて、当てとるやないか!?セの阪神の3位・中日の最下位、パのソフの2位・楽天の4位・ハムの最下位が、当たってますね。ヤクルトが2位に予想してたから、全くの眼鏡違いやないな。DeNAの飛躍は、見事でした!投手陣は先発はそうでもないけど、救援陣の頑張りやったな。打線もソトがあまり出場してなかったうえ、オースティンが後半からしか戦線復帰出来んかったし、代打でしか出場出来んかった割には、日本人野手の佐野・蛯名・楠本が、頑張ったからやな。巨人はホームラン20本以上が、4人(カルテット)も出たけど、繋がりが無く単発やった証拠は、総得点がセ・リーグ最下位やったからな・・・さらに防御率もセ最低(困)でも20発4人なんて、そう出ませんよ!これで打線が悪いとか打てないと言ってはいけませんし、贅沢な話です!やはり投手に問題があったし、投手陣の年齢構成が若すぎました(経験不足)ね・・・パは、ソフの世代交代の遅れが露呈したな。それとシーズン序盤での栗原の離脱が、痛かったな・・・西武は投手が踏ん張ったけど、最後はバテが来たな(汗)何よりチーム打率、最下位・・・やたら打ってたのはアグーぐらいで、あとは森・愛斗ぐらいやったもんな・・・楽天は、毎年同じ失敗(=夏場に失速)の繰り返しをしとるでなぁ、デジャヴやな・・・ハムの最下位は、松本剛の首位打者とファイターズガールのきつねダンスのヒットがサプライズなぐらいで、見えてたからな。

 あとマスター(中)内・外野手⇔ワクワクさん(楽)投手!これは、驚きましたね!チーム打撃成績2位のマスター流出は、ワクワクさんの年齢的に考えても、痛いでしょう(涙)同じ様なタイプの中距離打者として福田の復活を腹積もりにしてて、さらにマスターをセカンドとして考えてなく、セカンド・周平として見てるから、出す踏ん切りがついたんやろうな・・・これは立浪監督が、腹をくくって若手と心中するつもりの算段で完全に若手に切り替えたんか!?このチームも左打者、偏重になりつつある・・・多分、楽天はマスターをセカンドとして、考えてへんでしょう。それかアサ(浅村)をDHで考えてるか。来年も一久監督の構想は、アサ・銀次・島内で日替わりDHの起用らしいけど。楽天にとっては、待望の右打者やしな!それだけでなく京田(中)内野手⇔砂田(D)投手・・・立浪監督は、京田を嫌ってますねぇ・・・まぁ中日は、福が難病で暫く戻って来ん、岡田もかげりが見られて、確かに中継ぎ左腕の人材は、不足してるもんなぁ。京田は、環境を変えればあり得るかもな!倉本を戦力外にしたし、その補填人材かもな、大和・森と勝負だ!"中日は、「究極の守りの野球」を目指してる"んかも知れん!!1対0で勝つ(高校野球の様な)チームでも目指してるんかね?・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラフトコント 2022 ユニットコントNo.1決定戦

2022-11-20 22:05:27 | お笑い考

 1年も経って忘れてるけど、コンビなどでこの番組に出る事は少なく、結構各コンビやトリオの片割れだけの出演が、多かったな(汗)ドラフト1・2・3巡目までは、一切競合無しの一本釣りに成功してたから、各チーム希望通りの編成が出来たんやろうな!4巡目に唯一イワクラの獲り合い(小籔、田中)になって、小籔が獲得し、雅紀が残り者になってもうたな・・・

ジュニア(中岡・西村[バイきんぐ]・小宮・稲田[アイン]) 62

長田[チョコプラ](KAZMA・嶋佐・賀屋・岡野) 55

春日(斉藤[ジャンポケ]・野田・ナダル・松尾[チョコプラ]) 56

★小籔(和田・原田[ビスケット]・秋山[ハナコ]・イワクラ) 65☆

田中[アンガ](岩崎う大[かもめんたる]・かたまり・アタック西本[ジェラードン]・長谷川[錦鯉]) 64

 チームジュニアは、ジュニアが書いたネタなんやな。メンバーの中に書けるメンバーも、居たけど(汗)小宮のツッコミやコントの展開が、漫才っぽいな・・・出オチやし!小宮は、細かい事にツッコむなぁ。一番頑張ってたけど(笑)客ウケは、デカい。小宮以外も会話のくだりが多くて、漫才っぽかったな・・・オチの伏線回収は、まあまあ良かった。チーム長田は、長田がネタも演出も。美術セットの割には、"ニュアンスで見せる笑いやから"なぁ・・・伝わらなければ、意味の無い笑い!確かに"三振かホームランかのネタ"ですな・・・客ウケが、若干弱かったかな(汗)チーム春日は、ある意味リズムネタかも知れん。思い切ったネタやな!完成度で言ったら、そら低いやろうな(涙)じわじわ笑いも来てたし、悪い笑いではないと思うけど、高得点を付けたら怒られそう・・・最後何かあっても良かったと思ったけど、最後オチドカンとあったら、高評価になったかも知れん・・・チーム小籔は、"新喜劇っぽいのは、一切やらん"って言っといて、小籔の状況説明・細かいツッコミが、思い切り新喜劇でしたが(汗)ただ完成度が高くて、良いネタやった!最初は、軽くて安易なネタに見えたけど・・・チーム田中は、事前Vでは、う大ベースのネタのようやな。"気持ち悪さ・尖ったテイスト"は、う大ワールドやな(少笑)設定はある程度勝ってるから、あとは展開次第やな!完成度も高め。展開は多くあった(ありすぎた)けど、飛躍しすぎでサイコパス的で客がやや引いてた分、終盤は笑いが弱かったな・・・雅紀の使い方が、良かった!

 結果は、審査員と一緒で一致したな。ジュニアや田中で迷ったんかな(汗)?ネタ披露前は、チーム長田が、優勝候補やと思ったけどなぁ・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元を辿れば・・・

2022-11-20 02:36:54 | お笑い考

 喜劇俳優・芸人の白木みのる 氏が、2年前に亡くなられた事が、公表されましたね・・・歌手志望であったが、笑いの才能を見出され、舞台デビュー。小柄な体格とハイトーンボイスでお茶の間の人気者となった。 白木さんは草創期の吉本新喜劇で活動。1961年放送開始・関西発信の全国ネットのコメディー番組『スチャラカ社員』で注目され、翌年から『てなもんや三度笠』は、大ヒットした。小坊主「珍念」役を演じ、長身の藤田まことが演じる渡世人「あんかけの時次郎」との掛け合いで人気を爆発させた。ただ"てなもんや三度笠といえば、藤田まことのイメージが強すぎた為、やや2人の間に溝が生まれる"・・・それも2007年に和解!その後も舞台を中心に関西喜劇界で活躍。ドラマや映画にも多く出演、2014年に映画『テルマエ・ロマエ2』にラーメン屋の店主役で出演したのを最後に、芸能活動から遠ざかっていた。きよし師匠が藤田さんに断られたからかは、分からないが白木氏の付き人をしていた時代もあった。

 何故か親父が、「お前は、てなもんや世代でリアルタイムでこういうの好きやったやろう」と言われてたけど、全然世代やないしこの言葉好きやないけど"まだ生まれてない時代"やけどな(大汗)てなもんや やこの番組から派生した藤田さんのCM「当たり前田のクラッカー」ぐらいの流行語の知識は、知ってるけどな。こっから先は、白木氏とはあんまり関係の無い話になるけど・・・知っての通り藤田さんは、こういった事を足掛かりに時代劇や『はぐれ刑事 純情派』といった俳優業に転身して行く訳やけど、"元を辿れば、彼はお笑い芸人"なんですよね。のちに俳優として君臨するのは、彼だけやなくて、かの渥美清も森繁久彌も元を辿れば、芸人。晩年のいかりや長介も石倉三郎(元:コント・レオナルド)も。もっと言えば、長さんはバンド・ミュージシャンやけど、そこは置いといて(爆)今や板尾創路の様に芸人である事すら、忘れられかけてる場合もあるしな。板尾の場合は完全に冷めてるというか本質を突いてるかも知れん、彼は芸人っぽくなく"芸人哲学・お笑い観というものを持っていない"という経緯は、"芸能の世界にそんな世界を分ける必要あるか?人間のする事・やる事やから、お笑いだろうが歌手だろうが俳優だろうが、そう変わりはない、こだわる必要は無い"という思考から来るそうやから。一方で松本氏や志村さんの様に"別世界"と捉える芸人も居んねんな。志村さんもかつてはいかりや長さんを"あの人は、結局お笑い・コントから俳優に逃げた(お笑いからは逃げた)"と証言してたし、加えて"俳優になったり、ドラマに出演するなんておこがましいし、恐れ多い!コントで演じる役とドラマで演じる役とは、全く違うものなんだよ。演技力があって器用に役をこなせそうに見えるのに、どうしてドラマに出ないんですか?ってよく聞かれるけど、そう見えるだけで、僕はお笑いしか出来ないんで・・・と答えてる。友近さんとかみたいな器用なかたなら、コント・ドラマどっちもこなせるんだろうけど、僕は出来ないんで。"とも語ってましたからな。ただ死直前には、俳優業に軸足を置きかけてたんですが・・・まぁどう考えるかは、僕を含めてその人次第ですな。ただ俳優としても活動してるつかっちゃん(ドラドラ)や坪倉(我が家)や児嶋(アンジャ)や角ちゃん(03)とかも含めて"原点は、お笑いにある"という事を少しは、皆さんに留めて欲しいな!『デイリー新潮』に"M-1戦士やファイナリストよりKOCファイナリストの方が、ドラマ界で重宝されてるし、今後ドラマ界で飛躍する"って書いてあったけど、当たり前の話やないか!コントをやってる方が、やってる事が似てるから直結するに決まってるやないか!記事にするような話でもないし「当たり前のような事を書くなよ」って思ってまいましたな・・・ともかく白木氏、お悔やみ申し上げます・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ytv漫才新人賞選考会 ROUND2

2022-11-16 22:28:12 | お笑い考

 審査員は、武智・大村・久馬・巨人師匠。

20世紀 54

フミ 56

◎ダブルヒガシ 59○

たくろう 52

丸亀じゃんご 54

マーメイド 55

天才ピアニスト 57

爛々 54

オーパスツー 53

◎フースーヤ 55

ラニーノーズ 55

○チェリー大作戦 60

 20世紀は、細かいボケが多い割には、"もっとそのくだりを引っ張ったらええのに、流してる"所もあったな。全体的にオーソドックスやったな。客ウケは、まあまあ。フミ(男コンビ・吉本)は、初見かな?ちょっと自信無い・・・"声のトーンの塩梅を逆にするという発想"、面白いし、良いネタやったな!ただ客ウケが、弱かった・・・個人的には、好きやったで。ダブルヒガシは、落ち着いたネタ運びやったな。発想もまあまあ。たくろうは、ツカミが際どかったんは、ありなんか(汗)?ここもボケが、細かい=大きくない。畳み掛けてた割には、終盤があっさり終わったな・・・丸亀は、"旅館の女将と客"という設定が、ベタ中のベタやったし、中身も意外性が無く、ベタやった!けども、客ウケは、まあまあ あった。マーメイド(男コンビ・吉本)は、初見。架空の天使と悪魔のやり取りという切り取り方以外は、"道で財布を拾った時"っていう設定とかは、ベタやったけどな(汗)完成度は低いけど、確かにクセの残るタイプかな。その分、ワザとらしい(汗)

 ピアニストは、ボケの数もツッコミに数も、ハンパないな。ただ笑いのツボが違うというか、そもそも僕は笑いたいから観てるんやなく、感心や感動や納得の為に観てるから、客や審査員と"良いなと思うポイント"が、違うようやな・・・爛々は、若干聞き取り辛いし、ドヤボケ・ドヤツッコミが、ワザとらしい・・・中にもたまにヒットする意外性がある、少ないけど・・・オーパスツー(男コンビ・松竹)も、初見。最後はウケてたけど、客ウケが弱いのは、吉本との経験値の差か(涙)?"夫婦生活"というベタな設定なんかなと思ったけど、"味噌汁だけに焦点を当てたネタ"やったんは、秀逸やったけど、良かったんはそこだけ!フースーヤは、何も言う事ないで!悔しいけど客ウケは、大きいし認めなイカン所は、認めなイカンねんけど・・・"子どもチャレンジ"のくだり、しつこい!!ラニーノーズは、"マリオが一基減る(死ぬ)くだり以外"特に特徴の無いネタやったな・・・やはりこの賞レースでは、亜流か?・・・チェリーは、まぁあんまりインパクトには残らんかも知れんけど、ギャグ以外は、しっかり考えて来てるネタで納得行くかな!2016年のM-1のカミナリ以来の「川柳」ならぬ「俳句」をネタチョイスしたのも、秀逸。

 フースーヤが1位通過するなんて、真面目に構成とか考えるだけ無駄というかアホらしくなる、そんな気もするよな、僕は認めたくないけど、結局ウケたもん勝ちの世界やからな(号泣)オーパスツーは、最下位こそ免れたけど、ブービー賞で11位・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

既定路線すぎる気もするが

2022-11-15 22:14:26 | 野球

 西武の一軍監督に来季(今オフ)から松井稼頭央(和夫)一軍ヘッドコーチが、就任する事になりました。稼頭央監督は、1993年オフにPL学園高から西武へ入団。高校時代は投手で、入団後は野手へ転向した。高校時代は、故障過多ばっかりであまり本領を発揮出来ず・・・ただ身体能力は高く、1995年後半から頭角を現し、スイッチヒッターにも挑み、1996年には田辺徳雄から遊撃手のレギュラーを奪い全試合出場し、さらに日米野球で攻走で大活躍し、各球団のファンにも知れ渡る。翌年には背番号を32から7に変更し、完全無欠の存在となり、リーグ優勝に貢献!初の3割超をマーク。翌年も3割以上をマークし、2連覇に貢献。翌年以降は、長打力もつきクリーンナップや4番も務めるようになる。2002年は、1番打者に戻りトリプルスリーを達成!!さらにリーグ優勝。2003年は、広い守備範囲でアテネ五輪予選で活躍(宮本慎也をセカンドに、二岡智弘をサードに追いやる、もっともこの布陣はショートの選手ばかりを集めた為、誰かをショートにしなければならなかっただけの話やとも思うけどな・・・)。これを置き土産にした訳やないけど、2004年からはメジャーへ!!超大物と鳴り物入りで入団し、初打席でホームランを放つなど、華々しいデビューも長続きせず、天然芝の対応にも手こずりエラーを連発(涙)しかしPLの上下関係などに耐えただけあっての不屈の闘志や反骨精神でメジャーでも、しがみ続け、何とか脇役レベルであるが在籍し続ける!2011年にNPBに復帰して楽天に移籍。期待値よりは劣ったが、キャプテンシーや良い脇役に徹し、2013年には7番・ショートとして日本一に輝く!!2014年のシーズン途中にサードに転向。2015年に、日本の記録だけで2000本安打を達成!!!また同年に本格的に外野手に転向(2014年に21試合外野で出場)している(汗)2018年に西武へ復帰。ただもうさすがに衰えは隠せず、引退・・・翌年から二軍監督やヘッドコーチ。期待のスター選手&メジャー経験者の監督やけど、今の所、指導者として光る所は見当たらんし、ファンも期待してる空気や歓迎ムードや無さそうですね。ただこればっかりはやってみんと、判らんからな!この就任は既定路線やから、驚かんけど。平石ヘッドと将来ゼロになり得るPL野球部OBコンビが、どう球界に影響を与えるか?

 あと阪神の一軍監督に野球解説者の岡田彰布(どんでん)氏が、就任する事になりました。前回のオリの就任時に書いてないんで(謝)どんでんは、1979年オフに阪神に入団。正ポジションは、サードであったが、絶対不動の掛布雅之が居た為、セカンドにコンバート(汗)ただ当時の監督のドン・ブレイザーが、"ルーキー(新人選手)は、1年間一軍で起用しない方針"の為、二軍スタート(汗)さらに今後役立つからという理由で、外野手の練習もさせる・・・しかも間の悪い事にヤクルトから移籍して来た、デーブ・ヒルトンが全く結果が出ず、ファンや球団内部から"地元出身のスター候補・岡田のセカンド起用騒動"が、巻き起こり、ブレイザー監督は解任・ヒルトンも退団!これらの事でしがらみが消え、満を持してセカンド・岡田が実現する。鬱積(鬱憤)晴らしの様に、どんでんも期待に違わぬ活躍を見せ、新人王を獲得!ブレイザーに代わって監督に就任した中西太の方針でもあった。結果だけ見れば、監督解任&どんでん起用は、成功に終わる。ただ長い目で見ると、これが正解やったかどうかは、分からない。確かにブレイザーは監督としてはイマイチやったかも知れんけど、ヘッドコーチやコーチとしては優秀でしたからな!広島・南海で結果が、出てた訳やし。江本孟紀 氏も"中西監督が原因でベンチがアホと批判した張本人やから何とも言えんけど、ブレイザーが監督のままやったら、もっと早くに優勝出来てたし、阪神の歴史も変わったであろう"と証言しているのは、人によって見方や評価の仕方が、異なるから・・・まあそれはともかくとして、選手・どんでんは、順調に生え抜きスターとして成長し、途中故障もあって外野に転向した時期もあったが、1985年には故障も癒え、真弓明信と入れ替わりセカンドとして、日本一の立役者の1人となる!しかも書きたくないけど、"そら俺が一番大変やったし、偉いやろ"の対巨人戦の「バックスクリーン3連発」のトリを務めた!あと掛布4番降格&引退後の4番を務める。ただチームが優勝争いをしていた1992年頃の春には、故障もあり代打・亀山努を送られたりした事で、プライドをズタズタにされ、成績が急降下・・・1993年オフには、涙の阪神退団。去就が中々決まらぬも、代打要員&優勝経験者&集客の為に仰木彬 監督が声を掛け、オリックスに移籍。関西の球場で行われる試合・右の代打要員として重用され、1995年のリーグ優勝に貢献!ただこれを置き土産に引退。

 翌年の1996年には、オリックスの二軍助監督兼打撃コーチに就任。著書によると"意外とプロでもバットの握り方を知らない、そっから教えた!"と証言してるけど、プロやで!ほんまかいな(汗)?・・・1998年に阪神に移籍(オリ時代と同じポジション)。翌年は"助"が取れる。翌年からは、二軍監督専任。毎年の様に優勝を飾る(汗)2003年は、一軍内野守備走塁コーチ(サードベースコーチ)。2004年に優勝チームの後を引き継ぐ形で、阪神一軍監督に就任!1年目はビッグボスと一緒で"選手の適性や戦力になるか否かの見極め"に徹する。2005年には、リーグ優勝!「JFK」の確立が大きな柱!あとは4番・金本知憲の打撃と先頭打者の赤星憲広の盗塁だけは、自由にという方針。ただ日シリでは、0勝!その後もCSには進出するも、殆ど勝利は出来ず、"あまり短期決戦が得意ではない"んかも知れん・・・2008年は13ゲーム差をひっくり返され、2位にも拘らず引責辞任・・・よく言われるんが、「阪神は後半勝率5割で割と普通やったけど、巨人の追い上げが異常で凄すぎただけ」とも(汗)2010年には、オリックスの監督に就任。オリでも救援陣を重視する姿勢は、変わらず。「平野佳寿ー岸田護」のリレーを確立する。ただ2012年からは、2人を入れ替える(汗)阪神で存在が浮いていたアーロム・バルディリスを育て上げたりT-岡田を和製大砲候補として抜擢するなど、野手の見る目は確かではあるけど、パワハラが過ぎて気に病むコーチ陣や選手も続出(号泣)残り9試合を残して、解任・・・僕は当時知らんかったけど、あさってさんによると選手らから吊るし上げにあったらしい・・・まぁこの2012年は、夏場から投手交代の際に投手コーチがマウンドに行かんと、バッテリーコーチの山田勝彦が行ってましたからな・・・

 かねがね噂に上ってたけど、落合博満さんの阪神の監督就任が実現せんかったな(涙)阪神は、生え抜きというか学閥・既定路線の悪しき伝統を何度繰り返すんでしょうか?今回は、親会社の阪急側の意向が、反映された人事らしい・・・オリが阪急系やから、オリに在籍経験のあるどんでんになったんやろうか?対する阪神側は、平田勝男 二軍監督を推してたという噂やが、はたして?・・・どんでんでは、何も変わらんというか・・・どうして二軍は別ものとはいえ、二軍実績のある平田 二軍監督じゃイカンのでしょうか?実績だけでなく、阪神にぴったりなシビアな鬼教官やし。あそこはファンやマスコミが甘やかすから、怖い人を監督に据えなきゃ、ダメ!もっとも平田氏には、「一軍だけは絶対に嫌!」と断られてるという話もあるんやけどな。あるいは、時には外部の血を入れる為に落合さんとか。ただ落合さんは、10年以上前の野球ですから、投手は150kmを投げるのが当たり前になりつつある現代で、どんでん(彼が監督をしてた時代も10年以上前で150kmを投げるのが、当たり前の時代やなかった)や落合さんの時代の理屈が、今にも通用するのかは、疑問ですね・・・はてさて今回のこの時代錯誤の"パワハラ采配"が、今回の阪神に通用するのやら?確かに怖い監督が必要な球団やけど、こういう怖さやない気が、するけどな・・・年齢的にも今回の岡田監督は、短期政権な気がするし、どんでんが退陣になったら、今度こそ平田監督やないか?と思ってるわ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする