MY FOOTBALL LIFE

少年サッカークラブのコーチ。
わが人生、全てをサッカーに捧げる。

楽しいだけじゃ…

2018年11月13日 21時12分54秒 | クラブ運営
11月13日火曜日
前回のブログ、書いた後に同じタイトルで書いたことあるような…と思い、検索してみると。
全く同じタイトルで、なんと!!同じ日付11/2に書いてました。
ちょっとビックリ!
この時期に感じるんですかね〜。


今日は、若手コーチとの会話の中から出た話を。

自分が指導の際に気をつけることは"楽しさ"を追求して、子ども達と常に遊んでいる感覚です。
そんな風に"楽しさ"を強調すると、
「楽しいだけじゃ強くならない!厳しさも必要だ!」とよく言われます。

本当にそうなんでしょうか?
楽しいだけでは上手くなったり、強くなったりしないのでしょうか?

自分は特に厳しさを与える必要は無いと考えています。
厳しい状況なんて与えなくても向こうからやってきますよ。

"楽しさ"には段階があると思う。
例えば、キック。
園児などサッカーはじめたばかりの子どもなら、遠くにポーンと飛ばすだけで楽しいでしょ。
もっと小さい子なら足を振って前に転がれば、楽しいでしょ。
その後、コーンとかあれば、当てようとする。
遠くへ飛ばす楽しさから、狙って当てる楽しさにレベルアップする。
その後、GKなど相手の存在を知ると、GKの届かないところを狙ったり、タイミング外したり、駆け引きを楽しむようになるでしょう。
その先にも壁が現れ、その度にそれを乗り越えるために考える。

楽しさの先には壁が現れ、その壁を越える工夫をするようになる。
もっと先には、誰からも与えられることなく厳しい現実を突きつけられることでしょう。
そうなった時に、この"厳しさ"さえも楽しむことの出来る大人になってるんじゃないでしょうか?

よく言う、「プレッシャーを楽しむ」というのは他人から与えられたプレッシャーでは無く、楽しみの先に現れたプレッシャーだからこそ楽しめる。

これからも、とことん楽しんでプレー出来る選手育成を心掛けていこう!!

そのためには、『待つ』こと大事。
じっくり待てる指導者を目指そう!!

では、また。
コメント

喜びの表現

2018年11月02日 17時43分46秒 | トレーニング
11月2日金曜日

スクールがお休みなのにスクールでの写真。ww

今年度は地域の技術委員長なるものに就任しまして、各地区のトレセン活動を見に行く事が多いです。
先日もトレセン活動にお手伝いとして参加しましたが、楽しそうな雰囲気ではあるんだけど、どこか気を抜いているような雰囲気が伝わってきました。
トレーニング前の準備などもあまり積極的では無いようです。
やはりトレーニング中でも自発的な意欲が足りないように感じられました。
最後のゲームでも、得点してもシラーっとしていて何とも物足りないものでした。

そこで、ゴールしたら、
「ゴーーール!!」
とアナウンサーのような雄叫び上げて自分からガッツポーズしてみましたが、反応はイマイチ…
「あれ?ゴール入ってなかったかな?喜んでないから?」
というと、
「イェーーーイ!!」
と半ば無理矢理言わせた感じです。

すると慣れてくればどんどん声も出て、終いには
「やっぱり、このくらい盛り上がらないとね」
なんていう子もいました。
すると、プレーの質も、いわゆるインテンシティもどんどん上がり、素晴らしいプレーの連続でした。さすがに地域から選ばれた優秀な子ども達だね。

この"喜びの表現"は、小さい子の方が自然ですよね。サッカー始めたばかり、いや、全くはじめてみたいな園児達ともサッカーしたりしますが、この子達はゴールするとホントに心から喜んでいます。

みんなはじめはそうだったんだよね。
いつからか、こうなってしまう。

それでは残念だ。
一番良いのは、何も言わなくても、子ども達自身が喜びの表現を勝手にすることだけど、自然に出来ないなら、少し手を加えて習慣になるまで待つ必要があるよね。
そして、喜びの表現が習慣になった時、子ども達はとてつもない力を発揮することでしょう。

明日は担当学年の大会に参加。
どんな喜びの表現を見せてくれるかな?

その前にゴールしなくちゃいけないか。
それは難しい課題だ。

では、また。
コメント

なでしこひろば開催しました

2018年10月28日 10時49分38秒 | 女子サッカー
10月27日土曜日
午前中には予報通りの雨。
前日のうちに体育館を予約してトレーニングしました。

この磐田市内にはフットサル出来る体育館が限られています。小学校体育館は全て禁止。
なのでこの日も動きづくりトレーニング。

体育館だからできる事

マットや跳び箱、様々なボールなど利用させてもらいながら、この日はサッカー以外の身体の動きを中心にトレーニングしました。

フロアはボールが転がりやすく、止まりにくい。
外でのプレーと違いが出る点も身体のためになるね〜。
これからも時々体育館を確保して室内で動きづくりトレーニングが出来るようにしていこう!!

午後からは、JFAなでしこひろばを開催!

フットサルコートでのフットサル教室。

参加人数少なめでしたが、小さな子から大人まで一緒に楽しくプレーしました!!

月に1回ペースで開催してますが、こちらもなかなか会場確保が大変です。

来月はまだ確保できていないので、小学校グラウンドか、体育館なんかもイイかもね?
ただ体育館ではフットサルは出来ないので、こちらも動きづくりトレーニングで楽しむ方法を考えよう。
バルシューレを活用するもの良さそうだな。

11月なでしこひろばの会場確定したら、またこちらでも告知しま〜す!!

では、また。
コメント

審判なしで、どんどん成長

2018年10月21日 21時20分37秒 | 試合
10月20日土曜日
U8ミニサッカー交流マッチを開催しました。
この交流マッチは今年度から審判なしで試合をしています。


元々、低学年の試合は8人制でなくて良いと思って6人制のミニサッカーで始めました。
人工芝のフットサルコートならサイズもちょうどいいし、準備や片付けも楽だしね。ww

環境も最高!
さらに、以前からやりたかった審判なし。

この本読んで勇気を持って始めました。

子ども達はホント楽しそうにイキイキ、ワクワク試合を楽しんでいます。
時間が来たら整列して、握手して、どっちのボールかじゃんけんして、終わったらまた集まって握手して。
大人は見守るだけで、どんどん試合していきます。
うちの子ども達なんかは、「コーチ、おれはいつ交代だ?」と出たい出たいと若手コーチを困らせてました。ww
こんな気持ちのまんまサッカー続けていれば、嫌になってサッカーやめるなんてこと絶対にありえませんよね。
教えることををやめて、子ども達を信じる!!

趣旨に賛同して参加していただいたチームの皆様、子ども達のプレーを温かく見守ってくれる保護者の皆様、運営スタッフの皆さんも、本当にありがとうございました!!

また開催しますので、是非ご参加ください!

では、また。
コメント

早期の専門化はダメ!

2018年09月28日 09時53分02秒 | サッカー以外
9月28日金曜日
週末に台風が近づくようですね。
うちのクラブの子も沢山いる磐田北小の運動会は開催出来るか微妙ですね。
楽しみにしている子もいるから、延期になるのは残念だね。

そんな中、こんな記事見つけました!
磐田で卓球U-7合宿 11月末、トップ選手育成 (静岡新聞9/27記事より
すごいねww
U-7って…
つい最近、西部支部主催でU10キッズリーダー養成講習会の講師をつとめました。参加者の方は、低学年のコーチの方から、指導者ではないお父さんまで幅広く、皆さん講義では真剣に話を聞いてくれて、実技でも楽しくボールコーディネーションに取り組んでくれました。
その中でも自分が強調したのは、
「スポーツの早期の専門化が良くない!
「やり過ぎも良くない!」
そんな事でした。
子どものうちは、いろんな身体運動を体験させて、動きづくりをしましょう!って事なんです。
それってすごく重要なんだけど…
こんな身近で、ちょっと意味わかんない事が行われてると、ガッカリします。

たしかに磐田市は卓球メダリストの街です。
水谷隼選手に伊藤美誠選手。
なんと共に磐田北小出身。ww
あくまでも彼ら、彼女らはたくさんの卓球少年少女の数少ない成功者。偉大な選手達の陰で卓球嫌いになった子だって沢山いる。
これら選手達が早い年代から卓球をがっつりプレーしたからメダル取れたと思ってる。
これ卓球に限らず、どのスポーツでも同じように思われてる。サッカーでも然り。
「楽しい!」「もっとやりたい!」いつまでもこの気持ちを持っていなかったら上手くも強くもなれないし、その多くは続いていない。

恐らく反論もたくさんあるでしょう。
でもそれは、間違ってるって思うから伝えたい。

U-7なら、卓球場のあるかぶと塚公園の中を鬼ごっこやかくれんぼで楽しんだ方が豊かになるし、運動もできるようになる。

早期の専門化が子どもにとって良くない事だと気付いてくれる人をもっと増やさないと。
せめて今回集まる小学1年生から園児20名のその後は、しっかりと10年後、20年後も全員をずっと見守ってあげてほしいです。途中で投げ出したり、切り捨てたりしないで。

では、また。
コメント