MY FOOTBALL LIFE

少年サッカークラブのコーチ。
わが人生、全てをサッカーに捧げる。

休むことは悪くない

2020年05月25日 21時40分00秒 | 遊びがモノをいう
休むことは遅れじやない!

新型コロナウィルスにより、小中高は休校になり、たっぷりお休みでした。
クラブもほぼ3ヶ月の活動休止で、自分自身もこれだけサッカーしない時間があったのは初めてかもしれません。笑

そんな休校も終了し、学校が再開しました。
待ちに待った子もいるだろうし、お家時間を堪能して学校行くの嫌になった子もいるでしょう。
そんな様々な子ども達の心にアプローチしてあげたいですね。

そんな中、あるスポーツクラブのチラシのコピーが気になりました。

「休んだ分を取り戻せ!」

休校により運動不足の子ども達に対して、運動能力の低下を心配しての言葉でしょう。

また、今日の新聞見出しも写真のように同じ文字。
こちらは、学校での授業時間が不足していることを懸念しての言葉でしょう。
記事はこちら。

>一日休養、一日教養
> (松下幸之助)

休むことを悪いと言っているわけではないでしょうが、「取り戻せ!」というと、
焦りを生むことに繋がりますよね。
今までが無駄だったような気がしますよね。

休んでいる時には、その時にしか体験できない事があったはずです。
それらを振り返るとこで学びとなり、能力を獲得したり、向上させたりすることもあったでしょう。

それはスポーツでもなく、学校で必要な学習ではないかもしれません。
しかし、人生において、社会において、重要な体験だったはずです。
また、大したことでなくても、楽しい体験だったとことでしょう。

3ヶ月遅れを取ったと考えるか、3ヶ月に貴重な体験をしたと考えるか。
「取り戻せ!」なんて焦らず、子ども達にプレッシャーかけずにいきましょう!

私たちクラブも来月から活動を再開します。
もちろん「取り戻せ!」なんて考えず、
この休みにどんな楽しい事があったか?
どんな体験をしたか?
子ども達に聞いてみよう!!



#いつでも遊びがモノをいう!
#遊びは学び

コメント

100年続くにはどうしたら良いだろう?

2020年05月15日 22時52分00秒 | Jリーグ
100年続くサッカークラブにしたい!

私が事務局をしているクラブ、ポーラスターは2021年にジュニアチームが40周年、2024年に社会人チームが50周年を迎えます。
まだまだ道半ばですが、ここまで続いていることも立派なことですが、やはり、

100年続くクラブにしたい!!

今日はJリーグの日です。
1993年5月15日ヴェルディ川崎vs横浜マリノスの開幕戦が行われた日です。
懐かしいな〜。
正式名称、日本プロサッカーリーグ。
当初10チームでスタートしたリーグもいまや3部リーグで59チームもあります。
Jリーグ百年構想というものありますね。

>とにかく考えることである。
>工夫してみることである。
>そして、やってみることである。
>失敗すればやり直せばいい。
ー松下幸之助(パナソニック創業者)

クラブを続けていくには、経済的にも豊かでないといけません。
それには「良い仕事」をして、
お客様に喜んでもらい、
スタッフにも働きがいがあって、
社会貢献している実感があることが大事だと考えています。

「良い仕事」とは、小宮一慶著『経営者の教科書』(ダイヤモンド社)によると、
①お客様が喜ぶこと
②働く周りの仲間が喜ぶこと
③工夫
の3つと定義しています。

どれも大事なことですが、私は③工夫として、100年続くポイントとして、
今を大事にして、ファンをつくる工夫をしています。

サッカークラブに限らず、100年続けるって大変なことですよね。

あなたなら、100年続けるために何をしますか?

#Jリーグ百年構想
#いつでも遊びがモノをいう

コメント

なぜスポーツしていますか?

2020年04月29日 19時52分00秒 | 遊びがモノをいう
先日、新型コロナウイルスの影響で全国高校総体の中止のニュースがありました。
また、今日の新聞では、全国中学校体育大会の中止も報道されました。


新聞記事では県内での開催種目も予定されていたことから、県内指導者や選手が落胆しているとありました。

ある程度予想はしていたとは思いますが、全国大会を目標にしていた選手にとっては残念なことでしょう。

web版では掲載されていない記事内の部活動の先生のコメントに違和感があったので紹介します。

「選手達に舞台を用意できなかったのが悔しい。さまざまな犠牲を払って憧れの場を目指したはず」(中略)
「3年生の部活動引退は"もう一つの卒業式"なんとか場をつくってあげたい」と支部大会に希望を見出す。

アマチュアスポーツにおいて、何かを犠牲にすることが必要なのか?
大会が無くなっただけであり、中学3年生にスポーツする場はしっかりあるはず。
こんな時だからこそ、何も引退なんてしないで、やれるだけ楽しんだら良いのに。
(それが出来るかどうかも現時点では難しいですが)

この際、今年のアマチュアスポーツ大会は全て中止にしたらどうだろう?
特に育成年代に関しては。

何のためにスポーツをしているのだろう?
今一度考える機会ではないだろうか?

自分は楽しいからサッカーしてます!
指導に関しても、その楽しいを伝えたい気持ちからやっています。

みんな初めは「楽しい」から。
単純にそんな理由なんじゃないかな?
それがいつの間にか大会での順位や勝敗など自分では変えられないことばかりに意識を持っていかれてしまってないだろうか?
指導者がしっかり導き、スポーツの社会性、スポーツからの学びを伝えていかないといけません。

一度、大会から離れ、なぜ自分がスポーツをしているのか?
何のためにスポーツしてるのか?
ゆっくり考える時間にしてみてはどうだろう。
自分も見つめ直してみよう!

あなたは、何のためにスポーツしていますか?




#いつでも遊びがモノをいう!
コメント

今こそ、お父さんと遊ぼう!!

2020年04月21日 21時52分00秒 | 遊びがモノをいう
活動休止の間、意識しないと運動不足に陥っています。抹茶コーチこと永田です。

普段、スクールの時に子ども達と一緒に身体動かすのは丁度良いんですよね。
今日は意識して、人通りの無い寂しい田舎道を仕事終わりに30分ほどジョギングしてみました。少し疲れましたが、心と身体がスッキリしました。
運動は大事ですね。家の中で出来ることもあるので、みんなもちょっとだけ意識してみよう!

そんな家で過ごすことが多い日々ですが、先日、ちょっとだけドライブに出掛けました。車から降りずに景色を見て帰ってきました。

その道中にちょっと気になることを発見。

河川敷の広場にお父さんと子どもの2人組で遊んでいる姿をちょいちょい見かけました。
外出することに異論がある方もいると思いますが、今回はそこは目をつぶってもらい、お父さんと子どもが遊んでいる姿が良い光景だなぁと嬉しくなりました。

指導者講習会や保護者講演、保護者向け講座などの仕事もしていますが、そこでは決まったように「最近は遊びが無くなった」という話をしています。
原因は様々ですが、その一つには、お父さんと一緒に遊ぶっていうのが減っていることが挙げられます。
仕事やら、なんやら忙しいのもわかります。
自分もサッカーコーチを長いこと続けていますので、息子や娘達とはたくさん遊んであげた父親ではなかったと思います。

感染対策として「家で過ごそう」が合言葉。家の中でも家族みんなで楽しんでみよう!
特にお父さんと一緒ってのは、良いと思いますよ。

自分も活動休止中はお父さんとして家族と楽しむ時間を増やします!


遊びは学び
コメント

私がコーチをしている理由

2020年04月15日 21時57分00秒 | 遊びがモノをいう
新型コロナウイルス感染対策として活動休止中なんで、いろいろと考える時間があり、良い時間となっています。

そんなことで今日は、私がなぜサッカーコーチをしているかをお話しします。

コーチになったきっかけは大学時代。
OBの先輩がコーチをしている少年団のお手伝いから。
「昼飯奢ってやるから手伝ってくれ」の一言で、一人暮らしの自分は二つ返事でOKしました。

さらに遡って、サッカーをはじめたのは中学1年生の時。部活を決める時、当時はまだサッカーよりも野球の方が人気でした。
ただ静岡県の中部地区はこの頃には少年サッカーは盛んになりつつありました。
決め手となったのは、野球は練習とかキツそうで、サッカーはそれほどでもなさそうだっだとこ。ww

大してやる気も無かった自分の目の前にリフティングが100回も出来る新入生達が何人も現れた。自分は10回も出来ない下手くそ。当然、試合なんか一切出たこともなく、あっという間に中学3年生。

ここで、大きな転機がやってきます。
中3になると監督が変わり、GW明け位の練習試合でしょうか、突然その監督から先発出場を言い渡され、本人は唖然。ww

いや無理でしょ。
心の底から出るの怖いですと言いたかった。正真正銘のビビリなんです。
試合中はボールを奪われるのが怖くて、ワンタッチ、ツータッチでバンバン仲間に渡しました。今思えば、タイミングもへったくれもない。とにかく奪われるのが怖い!ただそれだけ。

それでも監督からは、「いいパス出来てるから、もっと自信持ってやれ!」と言われて、ちょっとホッとしたのを覚えています。
さらに別の試合では、試合中のPKの際に突然キッカーに指名され、ビックリ!
オロオロしながら蹴ったPKは当然のようにGKに阻まれ得点ならず、その時も「自信を持ってもらおうと思って蹴らせたけどダメだったな。」
この時、はじめて失敗が悔しかったのを覚えています。
それまではホントに本気でサッカーしてなくて、テキトーに何となくやって時間が過ぎていけば良いと思ってました。

高校でもサッカー部に入り、真剣にサッカーやってきました。昭和の部活動ですから、理不尽とも付き合ってきましたが、「上手くなりたい」その一心でボール蹴ってましたね。
中学時代に失敗したPKは高校時代にはよく練習して、試合中やPK戦でもキッカーに選ばれて、一度も外さずに高校卒業しました。そのPK戦で勝ち続け選手権で上位進出したのも良い思い出だし、良い経験させてもらいました。

そして今ではホントにサッカーに本気で向き合い、サッカーの事だけ考えて良ければいつまでだって考えていられる、特殊な人間になってしまいました。ww

こうして振り返るといろいろありましたね。
人間のスイッチ入るタイミングなんて、それぞれで、いつでも大丈夫って思っています。こういう話になると、小学生の時からもっとサッカーやっとけば良かったみたいに思うかもしれません。

でも私は、小学生時代にサッカーだけでなく、野球やドッジボール、木登りや鬼ごっこ、かくれんぼなど、様々な遊びをしていたからこそ、中3の本気になるきっかけ、そして高校時代の本気のトレーニングでここまで来れたと思ってます。
今は下手だなって思ってる子も、ちょっとだけやる気があって続けてくれれば、いつか本気でやる気になってグイグイ成長を感じる時が来るでしょう。

コーチはみんなのちょっとだけやる気を引き出せるように頑張ります!!



#いつでも遊びがモノをいう!
#子どものやる気を引き出す
コメント