抹茶コーチのFOOTBALLあそびLIFE

サッカー・メンタルコーチとして「教えない指導」を実践中!毎日の試行錯誤をお届けします。

ドーハの悲劇からのドーハの歓喜

2022年12月02日 07時56分00秒 | W杯
どうも抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

日本代表!
勝ちました!!

私自身は
ドイツ戦ほど
びっくりしませんでしたが
スゴイ戦いでしたね

ドイツ、スペインを破り
グループリーグ1位通過で
決勝トーナメント進出
スゴイことだな〜

次のクロアチア戦も
応援します!!

スペインは一人一人の止める蹴るが安定してました。

そして
サッカーの原理・原則に沿った
結構真面目なサッカーだな
と個人的には感じました。

日本は
前半の押し込まれてる時は
真面目に
根気よく
守備をして

後半
攻撃力が上がり
攻勢に転じた時間帯は
ちょっとヤンチャな攻撃にみえました。

堂安選手の爆発的なシュート
三笘選手のラインギリギリからの折り返しを田中選手のゴール

VARから判定決まるまでは
まるで
中山競馬場で
有馬記念の
写真判定を待ってるようでした。w

組立が上手い
というより
個の能力が爆発した感じ

個人的にこういうの大好きです!


しかし
三笘選手は
守備が上手いですね
ポジションと相手との距離感
奪ってからのスピードアップも素晴らしい

攻撃に特徴がある選手って
世間的にはあまり守備のこと気にされないですけど
攻撃上手は守備上手ですね。

これからも
こんな個性的な選手の育成をしたいですね


それにしても
アディショナルタイム7分は
ドキドキし過ぎました。

コスタリカvsドイツの結果も
どんどん入ってきて

ドローでは決勝トーナメントにいけない

この状況は…


ドーハの悲劇を
学生時代に目の当たりにした世代としては

何度も
あのシーンが
頭をよぎりました

しかし
今回は
そのままタイムアップ

やっと呪縛から解かれたかな?

さらに厳しい戦いが待ち受けていますが
みんなで楽しんで勝ちましょう!!

ワクワクする試合をお願いします!

ではまた。


ポーラスターでは
一緒にサッカーを楽しむ仲間を募集中
ワールドカップ観て
興味持ったら
まず始めてみよう!!
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大人の【せっかくだから】は要らない

2022年11月09日 11時54分00秒 | 遊びがモノをいう
どうも抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

今年度、ご近所あそびコーディネーター養成講座へ参加しています。

お隣、浜松市での開催なんですが、
毎回いいこと聞いて、
気分良く街から帰ってくるのが楽しいです。

こんなことでもないと街に出ない生活なんで…

先日は、講師のお話聞いた後、
来月、万ごく庄屋公園で開催する
「おためしプレーパークで遊ぼう!!」
でどんなことやるのかを
グループディスカッションしました。

いろんな年代の方達と
昔の遊びやら、自分がしていた独自の遊びなど聞いているのも楽しいですね。

皆さんも、子どもの頃どんな遊びしてたか?
思い出してみるのもいいですよ

そんなディスカッションで
私たちのグループは田んぼの辺りを使用するということで

私なんかは、
子どもの頃、稲刈り後の田んぼに入って
凧揚げや一人サッカーしてたこと思い出しました。

あんまり友達いないんで
一人遊びが多かったな〜

たまには仲間と野球もしましたけどね

最近では田んぼも減ったし、
入っちゃダメだよって言われたら
しっかり守って入んない子も多いでしょ

なんで、ただ田んぼに入るだけで楽しそうかな〜

なんて思ってると

「何か用意しておかないと、今の子達
フリーズしちゃうから」

んん?!

わからんでもないけど、
この集まりの前に講師の方が言ったワードの中に

・子どもは本来自ら育つ力を持っている
・大人の【せっかくだから】は要らない
・暇が遊びを生み出す
などなど

良いワードなんですが
実行しようとすると

どうしても
大人が演出したがるんだな〜

田んぼに座ってみるだけでもいいじゃん
きっとズボン濡らしたゃうから
汚しちゃうから

それで良いか
って

大人が余裕を見せたらいいだけ

そうすれば、
「田んぼに座るとお尻が濡れる」
ということを覚える

それがイヤ?か楽しい?かは子ども次第

その反応を楽しめると良いな

大人だから

そんな感じでいいんじゃない


ちょっと前のビーチdeボルビでは


ティラノサウルスが襲来w

これも盛り上がる子や怖がる子など千差万別、十人十色

「人が入ってるんでしょ?」

って言いながらも
怖くて近づけない子も

いろいろ反応があるのが楽しい


まずは
あれこれ大人が決めないで
余裕を持って見守ろう!


そんな大人の関わりや子どもの居場所について一緒に学びませんか?

みんなの居場所づくりセミナー開催!
申込締切間近!11/11締切
ご興味ある方は是非
【講演&ワークショップ】大人のマナビバ2022 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

【講演&ワークショップ】大人のマナビバ2022 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

みんなの居場所づくりセミナー NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスターでは、磐田市地域デザイン室のご協力のもと、大人にとっての学びの場を提供すべく、磐田市こ...

ポーラスター

 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストライカー養成〜自分の強みを見つけよう!

2022年11月02日 09時40分00秒 | 遊びがモノをいう
どうも抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

昨日、カタールW杯のサッカー日本代表メンバーが発表されました。

こういった発表の後には、いろんな方がメンバーだけで批評したりしますが、あれって良い気持ちはしないですよね。

選ばれた皆さんには全力で大舞台を楽しんでもらいたいですね。


さて、先日、指導者講習会に参加しました。

講師は、元日本代表FW前田遼一氏

現在はジュビロ磐田U-18監督として、プレミアリーグWESTで3位と好調です。

テーマは、ストライカーに特化したもの

さすが2010年Jリーグ得点王

デモがやたら上手いww

特にボールのない状況(いわゆるOFF)での動きについて熱血指導でした。

言葉かけにも優しそうな人柄が出ていました。
こんな方々に講習会をしていただけるのは、本当にありがたいことですね。

ところで、
この「ストライカー」って言葉

意味はなんだろ?

調べてみたら
「叩くもの」
と出てきました。

サッカーでは、
「点取屋」
ってところでしょうか。

「点取屋」にも
いろんなタイプがありますよね。

・自分一人でドリブルなどで打開して得点するタイプ
・突如ゴール前に現れるワンタッチゴーラータイプ
・長身でヘディングの強いタイプ
・周りの選手も上手く使うタイプ
などなど

サッカーでの得点確率が高いのは
ペナルティエリア内

どんな形でここへ進入するか?
どんなシュートでゴールするのか?

自分の得意な形に持っていきたいですね。

様々なタイプがある中で
自分らしい点の取り方を見つける

自分の強みを見つけることが大事


コーチとしては、
選手の強みを引き出してあげられると良いですね。

それは、ストライカーに限ったことではないですね。

選手みんなが自分の強みを見つけ、
自信を持って、
堂々とサッカーができると良いですね。

では、また。


サッカーあそびスクール
秋の無料体験キャンペーン実施中!!

お子さんの可能性をひろげたいあなたへ。 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

あなたのお子さんは、夢中になっているものはありますか? こんにちは、抹茶コーチこと永田厚です。   あなたは、お子さんのことで、こんな悩みはありませんか? 家の中で...

ポーラスター

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「負けず嫌い」より「勝ち好き」になろう!

2022年10月26日 08時34分00秒 | 遊びがモノをいう
どうも抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

唐突ですが、
よく「負けず嫌い」って言いますよね。

意味は、
他人に負けることを嫌う勝気な性質であること。また、そのさま。まけぎらい。-goo辞書より

最近『岡田メソッド』という本を読んでいるんですが、その中のコラムに、
テニスプレーヤー、ロジャーフェデラー選手は「自分は勝つことが好きだ」というといった記述がありました。

「勝ち好き」「負けず嫌い」
似ているようで、違いがありますね。

日本のスポーツの世界では、
この「負けず嫌い」の子どもは誉められます。ww
「負けず嫌い」である方が良いと考えられているのではないでしょうか?

どちらが良い悪いではなく
違いを考えてみましょう。

例えば、子ども達がサッカーの試合をしたとしましょう。

「負けず嫌い」の子は
【負け】が嫌いだから【負け】にフォーカスしています。

したがって、試合中は
負けないように懸命になる

そして結果、
勝った時→負けなくて良かった!
負けた時→負けてしまった

反対に「勝ち好き」は
【勝ち】が好きなので【勝ち】にフォーカスしています。

したがって、試合中は
勝つために懸命になる

そして結果、
勝った時→やった!勝った!
負けた時→残念、勝てなかった

どちらがポジティブで
どちらの雰囲気が良さそうでしょう?

良い悪いではないと言ったくせに
雰囲気良いとか言っちゃいました。


やはり【勝ち】にフォーカスする方が
雰囲気良くなりそうだと個人的には思うので

これからは、
「勝ち好き」
って言葉を使っていこう!

このところ試合で感じる
他チームの子ども達の悲壮感漂った表情

うちの選手達は
とっても元気ですよ。
試合中は声デカすぎ、笑いすぎですからww

ベンチの大人からの声は
ミスしたプレーへの指摘ばかり
もちろん強い口調ではありませんよ。

でも
「何やってんだよ」
「なんで出来ないんだよ」

これでは、暴言と変わりません。

おそらく本人達は気づいてないんじゃないでしょうか?

怒ってないからね。ww

ベンチの大人こそ
【勝ち】にフォーカスして
勝つために
具体的に
どうしたら良いのか?
どうプレーしたら良いのか?
伝えてあげないと
子ども達は困りますね
その困惑の顔が悲壮感として出ちゃうんだろうな。

私自身は、
【勝ち】にフォーカスして
「勝ち好き」
になるように
子ども達が笑顔でプレーできるように促していこう!!


皆さんなら、どんな「勝ち好き」を育てますか?



サッカーあそびスクールでは
無料体験実施中!!

お子さんの可能性をひろげたいあなたへ。 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

あなたのお子さんは、夢中になっているものはありますか? こんにちは、抹茶コーチこと永田厚です。   あなたは、お子さんのことで、こんな悩みはありませんか? 家の中で...

ポーラスター

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日はスポーツの日〜スポーツ基本法って知ってます?

2022年10月10日 21時07分00秒 | 遊びがモノをいう
どうも抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

今日は10月10日
スポーツの日
国民の祝日です。

昭和世代には「体育の日」が馴染みがあるでしょう。

1964年東京オリンピック開会式が行われたこの日を「体育の日」の定め、祝日となりました。

その後2000年に移動祝日の第2月曜日となり、
2020年に「スポーツの日」と名称変更されました。

体育って言葉を変えたかったんでしょうね。

各地域にある体育協会という名称も
「スポーツ協会」
に変わってきていますね。

そんな「スポーツの日」に
「スポーツ」って言葉について考えてみましょう。


「スポーツ」の語源は、
ラテン語の「deportare」(デポルターレ)
とされています。

「あるところから物を移す、運ぶ」
という意味で、
そこから転じて
「気分を転じる」「気を晴らす」
なんて使うようになったそうです。

そこから
「義務からの気分転換、元気の回復」
という意味になった説が有力らしいです。
(日本スポーツ協会HPを参考)


さあ、どうでしょう?

今の子ども達のスポーツは
「気分転換」や「気晴らし」
「元気の回復」になっているでしょうか?

競技力向上や試合の勝利のみが目的とされていないでしょうか?

皆さんは、
スポーツ基本法というものをご存知でしょうか?

文部科学省のHPに掲載されています。

その中で、スポーツを次のように定義しています。

スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、精神的な充足感の獲得、自律心その他の精神の涵(かん)養等のために個人又は集団で行われる運動競技その他の身体活動

さらに
国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠のものとなっている

そして
スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利であり、全ての国民がその自発性の下に、各々の関心、適性等に応じて、安全かつ公正な環境の下で日常的にスポーツに親しみ、スポーツを楽しみ、又はスポーツを支える活動に参画することのできる機会が確保されなければならない

あなたのスポーツ団体は、
これらを守られていますか?

また、あなたやその家族のスポーツ活動は
これらによって守られていますか?

こんな法律があるのです。

法律により、
スポーツを楽しむ権利が与えられています。

自発的に関心や適性に応じて
みんなに公正な環境で
スポーツを楽しむ
機会が確保されなければならない

のです。


明日からもこれを噛みしめながら
活動します。


そんなスポーツを楽しむ機会を日常的に提供しているサッカーあそびスクールでは
新しい仲間を募集中です!!

お子さんの可能性をひろげたいあなたへ。 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

お子さんの可能性をひろげたいあなたへ。 | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

あなたのお子さんは、夢中になっているものはありますか? こんにちは、抹茶コーチこと永田厚です。   あなたは、お子さんのことで、こんな悩みはありませんか? 家の中で...

ポーラスター

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする