抹茶コーチのFOOTBALLあそびLIFE

サッカー・メンタルコーチとして「教えない指導」を実践中!毎日の試行錯誤をお届けします。

最優秀審判員とフェアプレー賞のダブル受賞

2024年06月04日 08時40分00秒 | 審判
こんにちは
抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

今日はうれしいニュースをお伝えしたいです。

先日、地域サッカー協会のさらに小さな地区の総会が行われました。

静岡県サッカー協会西部支部
天竜東地区サッカー4種委員会総会

そこで
2023年度最優秀審判員をFCポーラスター磐田所属の高校生、土屋大駕君が受賞。
同じく、フェアプレーチーム賞にFCポーラスター磐田が受賞しました。

とてもうれしいダブル受賞でした。

大駕君は、中学2年生の時に
「審判をやりたいです!」
とクラブにやってきました。
競技としてのプレー経験はほとんどなかったのですが、熱意がすごかったのを覚えています。

その後は
小学生の8人制や社会人での主審や副審と
クラブ内での審判経験を積みながら、
3級審判員資格を取得し、
協会からの派遣も担当して
様々なカテゴリで活躍してくれています。

受賞後の挨拶も
ここまでの感謝と
トップレフェリーを目指す
これからの夢を語り
本当に立派な挨拶でした。
これからの成長も楽しみです。
おめでとう!!

そして
もう一つ
フェアプレーチーム賞

これは昨年6年生だった
今の中学1年生を中心にいただいた賞だと思っています。

彼らには
「正直にプレーしよう!」
常々伝えていました。

本当に真面目な子達で
レフェリーが自分達のゴールキックを指しているのに
「オレに当たったから、コーナーだよ」
そう言って、相手にボールを渡したり、

ライン際でミスして割ってしまったら、
すぐに止めて相手にボール渡したり、

勝ち負けだけ考えたら
不必要なかとかもしれません。

しかし
人間としてはとても大事な心だと感じています。

「笛がなるまでプレーする」

これも確かに大切なことです。

しかし、こればかり強調してしまっていませんか?
子ども達個々の判断はできていますか?

私もレフェリーをしていて
気になることがあります。

ライン際でドリブルでミスをし
明らかに大きくラインを割っても続けてプレーしている選手が多くいます。

ボールが
割っていることをわかっていて
嘘ついてプレーを続けている

それなら
子どもらしい部分だからまだ良いけど
(ホントは良くないけど)

ボールが割っていることに
気づいていなくて
プレーを続けているんじゃないか?
そんな風に思ってしまう
状況を目にするので
そこが心配です。

うちのクラブは
これからも「正直にプレーすること」を求めます。


今年度は
磐田市市民活動センター主催の
中学生ボランティア講座へ協力をします。
継続的なスポーツボランティア育成を目指し、
サッカーボランティア養成講座を開催します。
新たなチャレンジになりますが
今回の受賞を自信として
思いっきりチャレンジしたいと思います。


小学生サッカーチーム
FCポーラスター磐田では新規会員募集中です。
初心者大歓迎!!
一緒にサッカーを楽しもう!

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オレ、キャプテンやりたい

2024年05月31日 08時05分00秒 | 試合
こんにちは
抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

今日も自慢の選手達のエピソードですww

6年生のリーグ戦で
「次の試合、キャプテンやりたい!」
という子が2人現れた。

一人は時々やっていますが
もう一人は、はじめて言ってきました。

そんな時は
迷わず、はじめての子を選択
そりゃそうでしょ

通常、私の関わるチームは
ゲームキャプテンは固定していません。

その時の雰囲気や、やる気を優先

キャプテンやりたい理由は
・学校の友達が相手チームにいるから
・相手チームとの相性が良いから
・キャプテンマークつけると調子いいから
などと様々

意外にも
他チームだったら毎回キャプテン任せられそうな子が、
あんまりやりたがらないこともあるんです。

本人曰く
「キャプテンマークしてると気になる」
そうで
プレーに影響するようです。
それなりのプレッシャーを感じるんですね
おかげで、今シーズンもすでに10何点もゲットしているようです。

私自身も
ほとんどキャプテンなんてしたことないし
やりたいと思うこともないですww

今回はじめてのキャプテンは
5年生の時に入ってきました。

以前は他チームで
試合にも出られず
4年生の時にはサッカーをやめてしまったそうです。

それでもサッカーは好きなようで
うちのクラブをホームページで見つけ
やってきました。

スピードも技術もあり
入ってそうそう
うちの仲間から
「お前、うまいな」
とすぐに受け入れられ、
頼りにされてました。

ボール扱いは
ホントに上手く
私もこれで試合出場出来ないなんてウソでしょ?って思いました。

ただ、本人に自信がなかったり
仲間とサッカーしたりすることが
足りないと感じていました。

5年生で1年間
みんなとリーグ戦に出場し
自信もつけ
なかなか出来なかった
仲間を意識しながらのプレーも
着実に身につけて

今年6年生で
かなり成長してきました!

この日の「キャプテンやりたい」
という前の試合では
フィジカルに優れた相手キャプテンを
DFとしてシャットアウト
疲労感はハンパなかったが
自信は大いについたんじゃないかな。

その次の試合で
キャプテンを懇願
これもストーリーだね。
うれしくて仕方ないよ

これで任せない大人はいないよね!

まだまだ楽しみ
伸び代しかないな!


試合に出場出来なかったり
指示命令で自信を無くしていたり
そんなサッカー楽しくなくなっている子はいませんか?
また、やったことないけど
サッカーやってみたいと思ってる子いませんか?

そんな初めての
自信のない子にオススメ!
小学生サッカーチーム
FCポーラスター磐田では、新規会員募集中!!
特に小学4年生以下を大募集中!!
興味のある方はこちらを↓↓

サッカーチーム 7才~おとな | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

サッカーチーム 7才~おとな | いつでも遊びがモノをいう ポーラスター

サッカーチーム・FCポーラスター FCポーラスターのエンブレム NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスターは、サッカーチームFCポーラスターを運営しています。 FCポー...

ポーラスター

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

衝撃のノールックパス

2024年05月28日 08時46分00秒 | 遊びがモノをいう
こんにちは
抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

新年度から2ヶ月が過ぎようとしていますね

4月から始まったU-12リーグも
セカンドステージが始まりました。

ちょっと早いかな?

ファーストステージの結果から
似たような順位のチームが集まるセカンドステージは
拮抗した試合が多くなり
私にとっても、子ども達にとっても
大きな成長のチャンスと捉えています。

最初のゲームから
素早いプレッシャーと
身体能力が高く
スピードを活かした攻撃に耐えながら
撃ち合い、終盤に仕留められ
惜しくも敗戦

ちなみに
子ども達との話から
7チームリーグ6試合の今回の目標は
最低勝ち点6
達成したら上方修正していくことにしました。

てことで
最短での達成は出来ませんでした。

続く2戦目で
見事勝利し、勝ち点3をゲット!

この試合で
観客もどよめく衝撃プレー

センターバックが相手ボールを奪い
2人3人スルスルと相手をかわし
ドリブルで中央を抜け出し
その瞬間に両サイドのプレーヤーが
スピード上げて裏取りの素晴らしい動き

どちらに出すのか?

なんと彼は
右サイドに顔を向けながら
左サイドにスルーパス
ノールックパスです

その瞬間
「おーっ!」
歓声が上がり
見事得点に繋げました。

このプレーの素晴らしさがわかる
観客の保護者の皆さんの観戦力の高さも素晴らしい!

最近なかなか見ないプレーで熱くなりました。
ノールックパスってこんな感じです。
要は、パス出す方向を見ないってことです。



練習ではもちろん
味方を見てパスしています。

でも試合中には
パスする方向見ないで逆に出したら
大きなチャンスを作れます。

練習をすることはほぼ無いでしょう。

これは応用
余裕がないとできません。

試合中に余裕があること
これが大事です。

練習の時でも
試合の時でも

そして一番は
近くにいる大人が余裕があること

いや
余裕があるように見せるだけでも
いいかもしれない

私は常に
そんなこと考えています。
余裕なフリをしていることもあります。

余裕を持ってプレー出来るように成長してきたのがうれしいですね。

まだまだ成長途中なんで
どこまで伸びることやら
楽しみで仕方ない

大人も子どもも成長を楽しもう!!




子どものやる気を引き出す
サッカーあそびスクール
園児、小学生低学年
募集中!!
詳しくはこちら
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビジネス書籍はスポーツ指導や育成に役立つ

2024年05月21日 08時10分00秒 | 指導者
こんにちは
抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

最近の私
結構本読むのが好きです。

このところは
読むというか
聴いています。

子どもの頃は
あまり本読むことが
好きではなかったけど

大人になって
仕事するようになり
さらに転職したらして

読んだ方が良いかな?
読まないといかんかな?
なんて思い
やや無理やりに読むようにしましたが

読み出すと
今は知識量が増える実感もあり
とても楽しくなっています。

子どもが今読まないからと言って
あまり気にしない方が良いかもしれませんね。

やっぱり
自らの思いで
自ら行動した結果なんで
人がなんといっても難しいですよね。

最近は
本を『聴いている』
と言いましたが

オーディオブックというアプリで
徒歩通勤中や車移動中に
聴いています。

聞いてみて
良いこと言ってるな〜
なんて思ったら
実際に本買って
も一回読む
なんてこともしています。

この辺も
ガッチリマンデーで
星野リゾート、星野社長の話を聞いて
真似してるだけですけどね。

読む?聞く?ジャンルの多くは
ビジネス書や自己啓発本
もちろんサッカー系やスポーツ系も多いですが
脳科学や心理学、哲学者などの学問

苦手だった小説家も
オーディオブックなら
ラジオドラマみたいで
楽しく聞けちゃいます。

ビジネス書は仕事のみならず
サッカー指導や育成にとても役立つんです。
どんな組織の運営も
会社経営などとも通じるとも感じています。


そんな最近のオススメを
ご紹介します。





これらのビジネス書に興味のある方
きっと指導や育成のセンスありますよ
私たちクラブと地域貢献しませんか?
ポーラスターではボランティアスタッフを募集中です。
指導や審判、運営のサポート等
子ども達や大人と一緒に
サッカーを楽しんでみませんか?
ご興味ある方はこちらから↓↓
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大人は子ども達の疲労を感じとれているのだろうか?

2024年05月17日 09時43分00秒 | 指導者
こんにちは
抹茶コーチこと遊びの伝道師、永田です。

先日のとんぼカップから
しばらく経ち
このところトレーニングがしっかりできている印象です。

リラックスした雰囲気のトレーニングからも成長を感じます。

先日の大会も
2日間で5試合とハードスケジュール過ぎ

毎回1日2試合組まれているリーグ戦にも
疑問を持ちつつ
参加している自分にジレンマを感じている。

2日間での5試合目
子ども達の疲労感はなかなかでした。

表情が疲れていたし
思考が停止して
考えたプレーが減っていってしまう。

20人近くを毎試合みんな交代していても
やっぱり疲れるんですね

出場時間もまちまちなんで
その時間にフルパワーで挑もう!

と常々子ども達に伝えているので
それが出るんでしょうね

この5試合目に感じたこと

相手の選手には
さほど疲労感を感じなかった。
という疑問が

何でだろ?

理由を知りたいので
仮説を立ててみよう

①1日何試合も乗り切るのが当たり前で、毎試合セーブしながらプレーしているのか?

②普段から思考しないでサッカーするため、パターン化されたプレーは上手くいくことが多いのか?

③ただただ、こちらの持久力不足で差があったか?

④相手チームの子は、普段の様子を知らないから、表情で疲労感を感じられなかったか?

試合の中で
身体の疲労は
走るスピードが落ちてきたり
コントロールミスが増えてきたりするので
見ていてわかりやすいです。

頭の疲労はどうでしょう?

サッカーは思考のスポーツでもあります。

相手がどうしてるか?
自分はこの場所でOKか?
仲間はどうしてるか?
パスが来たらどうしようか?
ゴールはどの辺りだ?

などなど
たくさん考えることあります。

昔、ジュビロや日本代表監督を務めた
ハンス・オフト氏も
サッカーには4つのスピードがあるって
言ってたな

走るスピード
ボール扱いのスピード
考えるスピード
決断のスピード

大事なこと言ってますね。

下2つのスピードにも
疲労は影響します。

見えにくいですけど

だから休ませてあげようと
交代します

もちろん
子ども達は試合に出たいので
「大丈夫!まだやれるよ」
そう言います。

脳の疲労は
ちょっとやそっとじゃ
抜けないようです。

脳の疲労には
睡眠が必要です。

だから
試合間に昼寝すると良いって
子ども達には言うんですけどね

だいたい遊んじゃいます。ww

だから
試合中に脳の疲労が顔に出ます。ww

そういった経験も
成長の過程であると信じて
これからも
ゆっくり
楽しんでいきます!!

ただ
小学生も
そろそろ1日1試合
試合時間を30分ハーフ位にしてくれないですかね

1日の疲労が多過ぎます。

子どもの環境は
大人が変えていきましょう!!


そんな
ゆっくり成長する
子ども達と一緒に
スポーツで社会貢献しませんか?

ポーラスターでは
ポランティアスタッフを募集中です。
普段は会社勤めや自営業の人も
子ども達と楽しんでくれる仲間が必要です。
興味ある方は、こちらのページをごらんください↓↓
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする