宇宙機のペーパークラフトやプラモデル等の製作日記です。
宇宙機模型製作日記



 「石」が完成しました。
  表に見える「宝石」の下に、裏がメッキ加工されたビーズを埋めてあるので、ペンライトで上から照らすと光ります。
 アニメでは横から照らしており、そうしても光るのですが、上から照らした方がキレイでした。
 「依頼者」からは喜ばれましたが、ここ数年、宇宙機から離れまくっています。ブログの題にふさわしいものを何か作らねば。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回の依頼は、「耳をすませば」に出てくる「石」でした。
アニメを見直したのですが、アップになると細部が結構違います。
そこで、この一枚の写真だけを参考に作りました。
もう少し手を入れれば完成です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




粘土を一気に盛りました。同時に、庭で拾った小石も埋め込みます。粘土の色が強くて、石も私の手も茶色に染まってしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 試作を経て、いよいよ本格的な製作に取りかかりました。

 まず安い紙粘土で芯の部分をつくり、その上に石粉粘土を盛ります。紙粘土で重量感を出し、ブラウンの石粉粘土(色付き粘土があって本当に良かった……)で細部を作り込む、という作戦です。

 手芸店で大きめのアクリルビーズも見つけて、早速埋め込みました。期待通りの「働き」をしてくれますように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回のお題は「石」です。

手前の二つは、前回の部品を使った試作品です。いつもの石粉粘土に絵の具を混ぜ、ビーズを埋め込みました。

色は二種類作ってみましたが、「オリジナル」に近い右側で製作を進めることに。

早速、もう少し大きなものを作りました。クリヤーの塗料を右側に塗ったところ、イメージに近づきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ヴァイオリンを「納品」し、大変気に入っていただき安心していたら、新たなミッションが。

 メインの材料は紙粘土ですが、その他は使えそうなものを百均で購入しました。

 さて、この組み合わせで試作品を作ってみます。

 
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 弓が完成しましたので、ヴァイオリンと並べて記念撮影をしました。

 弓のためのケースも、白ボール紙で作り、一番奥に置いて一緒に撮影したのですが、よく分からないですよね。

 でも、弓をその白い箱に入れて見てみると、細部が見やすくて、結構いい感じでした。

 ともあれ、ヴァイオリンのセットが完成しました。次は何を作ろうかな、というところです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ヴァイオリンの弓が完成しました。久しぶりに塗装を楽しみました。

 ヴァイオリンは、タミヤのクリヤーイエローの塗り重ねで仕上げましたが、弓はクリアーレッドで。後は細部を、ホワイト、フラットブラック、セミグロスブラック、チタンシルバーで塗り分けました。

 問題は「毛」の部分で、薄いプラバンにサンドペーパーで縦線を入れ、クリヤーイエローを薄く溶いて塗り、さらにサンドペーパーで塗装を剝がしてそれらしく。

 これで完成ですが、「納品」のために、さらに工作をするつもりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 根元を太くするために、タミヤのサーフェイサーを何度か塗り重ねてみました。水ペーパーをかけて表面を滑らかにしたところ、一気に弓らしくなりました。

 ラッピングもサムグリップもサーフェイサー厚塗りで再現。ラッピングはデザインナイフで筋を入れるつもりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「ヴァイオリンのミニチュアに足りないもの」……弓ですね。

 依頼された以上は作るしかありません。手元にあった、0.8mの黄銅線を芯にしました。プラ板でヘッドとフロッグを作って、瞬間接着剤で固定し、サーフェイサーを塗って、一体感を出します。

 問題はスティックの太さの変化です。手元にいくほど太くなるのをどう再現しましょう?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ