アマチュア無線局 JO1KVS

運用やグッズ、その他思いついたことを書き込んでいます。役に立たない独り言ですがよろしくお願いします。

かごの中の鳥がかごごと飛ぶ

2018-11-16 12:55:09 | アマチュア無線


人気のトイドローン、Tello専用のかごです。
セイフティガードですね。
これごと飛ばします。
多少ぶつかっても大丈夫。
激しく当たると緊急停止して落ちますが、ノーマルのガードより落ちにくいです。
室内での安心度が高まりました。
コメント

Sメーターが振らなくても 7MHz

2018-11-15 00:00:00 | アマチュア無線
先日、車で待機する時間があったので7MHzを聞いてました。
SSBでSメーターが9振る移動局とはまず交信出来ますが、3くらいだと相当厳しくなります。
ほとんど振らない、QSBの谷間では了解できない信号とは交信することはとても難しい。
コンディションがいいときは逆にもっと厳しくなる。+振っている者同士で交信する世界に。

この日はたまたま全く駄目でもなく、すごくコンディションがいいほどでもない、中間的な状態でした。微かに聞こえるCQ、山岳移動らしい。呼んでも応答無いだろうな~。ん?でも恐らくQRPだろうから、先方のコンディションも程々ならこちらの信号が聞こえるかも。

交信成功

出来ちゃいました。

その後CWモードで聞こえてくるCQを呼びまくり。こちらもSメーターの振りが弱くてもみんな応答いただけました。

正直、SSBで頑張って呼び回っているよりCWで呼び回る方が5倍くらい交信数が稼げます。こちらがアンテナやパワーが非力な時程顕著です。
なのでCW、まだやっていない方は是非やってほしいと思います。

かつては大混雑で最低でもフルサイズダイポール、100ワット、S9振らないと交信出来なかった7MHzも、拡張されたのもありますが、コンディションによっては非力な局にもチャンスありです。
コメント

タワーの上のアンテナの鳥よけに

2018-11-14 00:00:00 | アマチュア無線

立派なタワーにFBなアンテナ。
エレメントに鳥がずら~ってシーン、たまに見ることがあります。
タワーお持ちの方は鳥にも悩まされるようです。

こんなニュース見ました。

https://web.smartnews.com/articles/fm4MYoCWWPT

風車、カラスに効果あるそうです。

そう言えばある展示会に鳥よけグッズのブースが3つくらい出ていたのを見たことがあります。
立ち寄って、ハムフェアに是非出店してください、と言っておきました。 

コメント

ZOOM H4n アクセサリを追加

2018-11-13 00:00:00 | アマチュア無線

ZOOM社のH4n、高性能なステレオマイクの付いたレコーダーで、4トラック録音も出来る優れものです。
すでにかなり前の製品となっていますが、まだまだ最前線で使用出来ます。

先日の航空無線もこれで録音しました。
ただ、電池だといくらスタミナモードと言っても限界がありますから、ACアダプターも欲しいなぁと思っていたのですが、流用できそうな手持ちのものがありませんでした。
ネットで検索してみると、いろんなアクセサリーがセットになって、それほど高いわけでも無く売られていたので導入することにしました。

このレコーダー、森林の小鳥のさえずりや沢の流れの音、楽器の演奏の録音など、本格的な録音が想定されているものです。
あのファンタム電源もオンに出来るので、スタジオ用のコンデンサーマイクも使用できます。
パソコンにUSBで接続すればインターフェースにもなりますし、内臓ステレオマイクの音がパソコンに送れます。
録音後もいろいろ出来るのでバンドやっている人は遊べそうです。

以前、航空祭の予行にこれを持っていって、内臓ステレオマイクで現場の音を、外部入力端子で航空無線をと4トラック録音したことがあります。

このレコーダーをそのまま一眼レフデジカメに乗せて、出力をカメラに入れながら録音、というのも想定されています。
ただ、今はもっと小型のレコーダー、しかも超指向性マイク付き、なんてものもあるので、この使い方はもう古いかなぁ。

コメント

ARRL HANDBOOK 2019

2018-11-12 00:00:00 | アマチュア無線
アメリカのアマチュア無線連盟、ARRLが毎年発行している分厚い本です。
かつて何回か買ったことがあります。
今年はハードカバーの分冊バージョンが発行されました。
CQ誌の記事にもなってますね。

欲しいな~と思いましたがお値段もそれなり。送料を考えるとつらい・・・。

電子版もあるようで、amazonKindle版だと各号別で購入出来ます。

Volume 1: Introduction & Fundamental Theory
Volume 2: Practical Design & Principles PART 1
Volume 3: Practical Design & Principles PART 2
Volume 4: Antenna Systems & Radio Propagation
Volume 5: Equipment Construction & Station Accessories
Volume 6: Test Equipment, Troubleshooting, RFI & Index

私が一番読みたいのは4冊目の号なのでとりあえずこれだけ購入してみました。

内容は、文字が9割。全部英語。学術書のような本です。日本語でも難しいのにさらに英語ですから全然読み取れません。雰囲気を楽しむだけです。(^^ゞ

とは言え、アマチュア無線家ならこれくらい解っていましょうね、せめて調べられるくらいになってね、的な精神を感じる一冊(6分の1ですが(笑))です。
先日紹介した電波新聞社の最新アマチュア無線開局・運用マニュアル2018にはこれに通じるものを感じました。
コメント (2)

入間航空祭 いつもと違った点

2018-11-11 00:00:00 | アマチュア無線

ブルーインパルスの離陸が南向きR/W17だった。
ずっと通っていて、たまたま行けなかったときは知らないけど、自分は初めて見ました。

ブルーインパルス、演技中断。
影響でプログラムが少し変更になりました。かつて中断からそのまま終了してしまったこともあったのでヒヤヒヤしましたが、最低限の影響で済んだようです。
このところ毎年トラブル続きです。

C2初登場。
あの大きなC1より遥かにでかい国産ジェット輸送機。これから毎年来る事でしょう。楽しみです。

コメント

航空祭に最適なアンテナ

2018-11-10 00:00:00 | アマチュア無線

航空祭にはIC-R6を持っていきます。
アンテナは
これ!

山本無線の CYM-Air1 です。

この組み合わせがとてもいい感じです。
お試しください。

コメント

ドローンでアンテナ点検

2018-11-09 00:00:00 | アマチュア無線
プロの世界では始まってますね。

ドローンでインフラ点検 ソフトバンク、劣化検知や災害被害予測

コメント

入間航空祭 2018 ブルーインパルスの写真

2018-11-08 00:12:24 | アマチュア無線

入間航空祭2018 ブルーインパルスの写真です。

楽しかった~ (いいネ はブログランキングのバナーのクリックで~)

コメント

無線を録音するには

2018-11-07 18:25:29 | アマチュア無線
無線を録音するには無線機とレコーダーが必要です。
最近は録音できるトランシーバーやレシーバーが出てますね。それなら簡単です。

レコーダーはわざわざ用意しなくても皆さんお持ちのパソコンで出来ちゃいます。パソコンだと巨大なHDDに長時間録音できますし、ソフトの機能で音声が入ったときだけ録音とか後で編集も簡単です。

パソコンのマイク兼外部入力は凄くてマイクもラインもそのままつなげちゃいます。どちらなのかはパソコン側で自動認識してくれます。どんな仕組みなんでしょうね。

トランシーバーと無線機をつなぐ方法はスピーカー端子から直接パソコンにつなぐ方法が考えられるのですが、これだとモニターが出来ませんね。
イヤホン分岐のコネクタを用意すればイヤホンでモニター出来ますが・・・

最近の固定機だとUSB端子から
音声取れます。これだとモニターに影響が無いので便利。ただ、設備がどうしても大袈裟になってしまいますね。

録音はパソコンで楽になりましたがハンディ機の音を録音するには接続に一工夫が必要ですね。
コメント